000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

うずらの小部屋

2008.02.18
XML
カテゴリ:TS小説
結局、候補から選別するまでに2時間近く費やしてしまった。
心地よい疲労感を味わいながら、レジにカゴを二つ持っていく。
元値は4、5千円ってところだけど、安いのは7割引だし知れてるはず。
精算をしていると、どこかへ行っていた田原さんが戻ってきた。
シックを通り越してゴシックな黒い布を手にしている。
「ねぇねぇ、これなんか、どう?」
ジャーンっと自分で効果音をつけながら、私の前で広げてきた。
満面の笑顔だ。
初見通り、ゴスロリって呼ばれるタイプの衣装だ。
そんな嫌がらせ的なの、あったらカゴに入れたと思うんだけど……どこにあったんだろう?
「いいですね」
ついついひなたに着せた時を想像して、顔がにやけそうになってしまう。
って、なんだか大きくないですか、それ。
ひなた用、というより、えっと。
「ね? 千鶴ちゃん好きでしょう、こういうの?」
言葉に詰まった。
好きなのは好きだけど、ゼッタイ似合わない。
こういう服は、文字通り小さい人向けだというのが私の信念だ。
っていうか、なんで私の趣味を知ってるんだろう、この人。
ぬいぐるみだって、ひなたが部屋に来るときは隠してる。
本間はここ数年、家に呼んだことすらない。
「あの、お客様……?」
私がぐるぐるしてる間に、レジ打ちが終わっていたらしい。
店員が困った顔をしていた。
「す、すみません」
慌ててカバンから財布を取り出す。
その間に、田原さんは別のレジでお金を払っていた。
あああ……。
「着て帰るので、タグを」
なんて、私がひなたのときに言ったのと同じことまで。
一言も良いなんて……。
喜色満面な様子で田原さんが引き返してくる。
その笑顔が怖い。
「ほら、せっかくだし」
何がせっかくですか。
「わ、私は別に、そういうのは」
「今だったらひなたくんも勝ちゃんもいないし、ね?」
着てみたいって気持ちはある。
昔から、ひらひらした服に憧れは強かったし。
だけど。
「でも……」
「私からのプレゼント、もらってくれないんだ」
目に見えて元気が無くなる田原さん。
戸惑っていると、ちらちらと上目遣いでこっちを伺ってくる。
神様、これはひなたで遊ぼうと思った私に対する罰ですか?
「わかりました。でも、着てみるだけですからね」
だめだ、彼女には勝てない。
まとってる空気が柔らかすぎて、なんだか逆らえない。
本当に年上なのかと疑いたくなってきた。
「わぁっ、ありがと! それじゃ、試着室借りますね」
店員さんに了解を得て、ボックスに連れ込まれた。
って、なんで一緒に?
「あの、田原さん」
「どうかした、千鶴ちゃん?」
「な、なんでもありません」
やっぱりだめだ。
なるようにしかならないってわけね。

そこから先は、思い出したくもなかった。
ひなたに制服を着せたときを彷彿とさせた。
ただし、立場が反対。
しかも私は意識があるのに。
脱がされ、見られ、着せられた。
「わぁっ……」
「も、もう良いですか?」
やっぱり変だ。
私にはこんなの無理。
鏡も見れない。
「だめよ、ちゃんと自分で見ないと、ね?」






Last updated  2008.02.18 17:04:43
[TS小説] カテゴリの最新記事


PR

X

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

=うずら=@ 下から二番目さん わざわざ恐竜くんまで……。 この作品が一…
下から二番目@ ふにゅ・・・(ちょっとぷれっしゃ~) To うずらさま まったりとおまちくだ…
=うずら=@ 下から二番目さん わ、ほんとですかー? 期待していいんで…
下から二番目@ (*^-^*) ふに~。 はぐ~♪ うずらさんのために…
=うずら=@ 下から二番目さん いえいえー。 来ていただけてることが分…

Favorite Blog


© Rakuten Group, Inc.