203772 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

うずまき帖@風香堂

PR

カテゴリ

バックナンバー

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

「うずまき帖」は書家、MC、プランナーとして活動する青木美香のブログです。
仕事のご依頼、ご相談は、メインサイト「風香堂fukodo」 へお気軽にどうぞ
2017.02.12
XML
テーマ:暮らしを楽しむ
カテゴリ:父を想う
気がついたら今年もそんな季節か。2006年2月16日の記録から、今年で11年目の立春の頃。
春告鳥の声はまだ聞いていない。

rblog-20170212234526-00.jpg


午後、天神の雑踏を歩いていたら携帯がなった。珍しく田舎の父からだった。
携帯電話を嫌っていた父が、去年、母から切望されて、ついに持つことになったのだが普段はほとんどが受信専用。それも運がよければつながるといった感じで、大抵はどこかに置き忘れている。
機械オンチの父はメールはもちろんのこと、受話器のない電話にもいまだ不慣れな様子だ。

そんな父が自ら、自分の携帯から私の携帯に電話をかけてきた。定年退職しても、なんやかんやと忙しく動き回っている父が、昼下がりにかけてきた電話。
「どうしたん?なにかあった?」と思わず早口になる。

「いやあ、なんでもないよ。久しぶりにのんびり
 家におるから元気かなぁと思って。なんか周りがうるさいね」

「うん、今、天神を歩きよんよ。車とかビル風とかの音が響きよんじゃない?」

「そうねー
あ!そうそうさっきね、山に犬を散歩させにいっ たらねぇ。ホーホケキョっち、ウグイスがなきよったよ~。今年初めて聞いたばい。初啼きやね~!まだ鳴き方が下手くそやったけどねぇ。春が来よるよ~ってこりゃあ早くあんたに教えてやらなぁと思って電話したんよ。じゃあ、またね」
 
こちらの反応も待たず電話は一方的に切れた。

◆◆◆
そのときは、ふぅーん
くらいだったけれど、それから5年もたたずに、父は急な病で65歳で世を去った。
春が好きな、春告父さんの、電話口の大きな声はいまだにはっきりと耳にこだまする。






最終更新日  2017.02.12 23:52:08

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.