婆裟羅砦のブログ

全159件 (159件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 16 >

乗り物で遊ぶ

Apr 18, 2014
XML
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
滝ケ原駐屯地は過去への扉(その5)  4月13日
静岡県御殿場市の滝ケ原駐屯地の40周年記念行事というのに行きました。

IMGP6582_edited-1
IMGP6582_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

観閲行進が始まれば 退屈は紛れます。 写真撮っていられるからね。
96式装輪装甲車   車長、ちょっとダイエット要?



IMGP6584_edited-1
IMGP6584_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

敬礼してます。 桜に、ではなく この横に観閲官のいるひな壇があるのです。




IMGP6585_edited-1
IMGP6585_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


敬礼してます。



IMGP6587_edited-1
IMGP6587_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


現代の歩兵は基本的に歩かずに移動できるんでしょうね。
もっともこんなものに乗って 一日に100km以上移動するのが楽とは言いませんが。


IMGP6588_edited-1
IMGP6588_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

三菱の四駆、73式小型トラック、1/2tトラック というのでしょうか。
パジェロベースですが、リアサスはリーフリジッドの貨物仕様でまあ乗り心地は良くないでしょうね。
婆裟羅のクルマはずっと板バネなので気にならないだろうけど。

エアコン付なので、国連のお仕事で出かけた海外の砂漠では各国のPKFの羨望の的だったとか。
そりゃあ、楽ですよね、今は誰もが どこでもエアコンのついた部屋で暮らしてるし。
民生用のクルマには当たり前の装備でも、自衛隊に納入すると素敵な名前が付きます。

エアコン ⇒ 熱帯仕様空調装置
外気取入れフィルタ ⇒ 生物兵器対応濾過器
外気取入れと循環切り替え ⇒ 化学兵器対応空調装置

後の方はソフトトップではだめなので、一部誇張しました。(笑)



IMGP6592_edited-1
IMGP6592_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

懐かしのジープJ24?に誘導弾を積めるようにしてます。


IMGP6594_edited-1
IMGP6594_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

HMVにミサイル



IMGP6604_edited-1
IMGP6604_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

96式装輪装甲車、海外派遣仕様として装甲を追加したII型かな。



IMGP6605_edited-1
IMGP6605_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ソ連の誇る T72 ちがうちがう 74式戦車です。T72と似ているのは確かと思います。G2はみんなこんなカタチと言えなくもないですが。





IMGP6608_edited-1
IMGP6608_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

74式はいっぱいいます。




IMGP6610_edited-1
IMGP6610_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


やっぱり ソ連の戦車じゃないか? 赤い星が描いてあるし。(笑)







Last updated  Apr 18, 2014 08:35:05 PM
コメント(0) | コメントを書く


Apr 17, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
滝ケ原駐屯地は過去への扉(その4)  4月13日
静岡県御殿場市の 滝ケ原駐屯地の40周年記念行事というのに行ってきました。

IMGP6564_edited-1
IMGP6564_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

駐屯地の中は 写真に撮るとわかりませんが ずっと坂になっています。
坂の上の方には 富士山があるということ。



IMGP6565_edited-1
IMGP6565_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

出番待ちですか?



IMGP6566_edited-1
IMGP6566_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

給油施設らしいです。燃料備蓄量が分かってしまうこの看板は防衛機密でしょうか?(笑)


IMGP6567_edited-1
IMGP6567_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

またあった、資材運搬車、クローラー。 あまり使われずに遺棄されてるように見えました。



IMGP6569_edited-1
IMGP6569_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

記念式典が始まりました。



IMGP6570_edited-1
IMGP6570_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

グラウンドの周りも桜が植わっています。
招待者席はがら空きですが婆裟羅は後ろの道路脇の芝生に座ってました。


IMGP6573_edited-1
IMGP6573_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

式典というのは、まあ部外者には退屈です。
演説がちゃんと原稿を作ってほどほどの長さなのは助かりましたが。


IMGP6578_edited-1
IMGP6578_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


国旗の入場と退場がセレモニーになっていました。全員起立の号令がかかり、芝生から立ち上がりました。
まあ、そういう習慣のある所に住んでいたこともあるので、抵抗はないです。


IMGP6579_edited-1
IMGP6579_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

96年調達の防衛庁 の備品だそうです。物持ちがよいのですね。


IMGP6580_edited-1
IMGP6580_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ふと気づくと 足の間の芝生に土筆(ツクシ)が顔だしてました。 春ですね。



IMGP6581_edited-1
IMGP6581_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


新人教育訓練中隊から1時間半の不動の姿勢(休めの時間が長いけど)に耐えられず、「戦友」に肩を借りて離脱する人がいました。(気づいただけで二人脱落)
今日は雨も風もなく、高曇りで日差しも穏やかと御殿場の4月にしては暖かくて楽なコンディションと思うけどなあ。
まあ、こっちは座っていて勝手なこと言ってますが、年寄なもので勘弁してね。
そういえばさっき 中庭で整列するときに 焼きそば食べたーい といってた連中じゃないか。 ちゃんと朝ご飯食べたの?(笑)
貧血の女子高生じゃないんだからとか、我が国の防衛は大丈夫かなんて やぼは言いませんが、これから訓練を積んで逞しくなってください。
でも新人だけはグラウンドで行進や整列する人は適性選抜した方が良いと思うけどなあ。


いやあ、終わらないなあ。






Last updated  Apr 17, 2014 08:41:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 16, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
滝ケ原駐屯地は過去への扉(その3)  4月13日

滝ケ原駐屯地の40周年記念行事というのに行ってきました。装備品展示の続き。

IMGP6550_edited-1
IMGP6550_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

道路を挟んで隣の米海兵隊から友情出演のMRAP、装輪装甲車ですね。
もうひたすらでかく日本の道路ではあまり見ない車種ですね。

でもイラク戦争ではもっと大きな20トン積めるタンカー(トラック)が一日あたり880両 燃料を補給して
戦車や装甲車、飛行機、ヘリコプターの高速機動戦を支えたといいますから、いくら石油の潤沢な土地柄とはいえ度外れてますな。
決まった場所に送るんじゃなくて毎日100km以上 前線が動いていくのに追いつけたのですから たいしたものです。



IMGP6551_edited-1
IMGP6551_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

自衛隊のカワサキ KLX250 色とガード類以外は市販トレール車と同じに見えました。
ディスクブレーキの鳴きを抑えるスポンジリングまで付いてます。
ちょっと借りて演習場の中を走ってきたいんですがねえ。


IMGP6552_edited-1
IMGP6552_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

軽装甲機動車



IMGP6553_edited-1
IMGP6553_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

迫撃砲



IMGP6556_edited-1
IMGP6556_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将



IMGP6559_edited-1
IMGP6559_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

米海兵隊のロボット兵達。 おそらく爆発物処理用の奴だね。

おそらく日本製(日本ブランド)の 充電式ハンドボール(ドリル)や丸ノコがついてます。
といいますか、この手のロボットは日本の得意分野のような気がするのですが、原発事故の時はあまり役に立ったような話は聞きません。








そんな映画がありましたね。人が近づかなくてもできる仕事の時はロボットが担当します。(8分あたりでそんなこと言ってます)
イラクであまりに爆弾処理の人の損耗率が高くて、たくさん予算が付いたのかな。(いや皮肉じゃなくて)
 確か海外出張の飛行機の中で見たな。



IMGP6560_edited-1
IMGP6560_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

装備品展示を終わらせてグラウンドの方へ坂を上っていきます。 ここは敷地全体が富士山に向かって上り坂になっているのです。
クレーン車? 工兵隊用のようです。



IMGP6561_edited-1
IMGP6561_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

駐車場、というか ガレージはないのかな? 御殿場の冬はほんとに寒いのに。



IMGP6562_edited-1
IMGP6562_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

このクローラー? クレーン? たくさんあるのですが もうあまり使っていないようでした。
まるでプラモデルの戦車のようなゴムの一体型履帯なので 本格的な不整地走行は無理のように見えました。


IMGP6563_edited-1
IMGP6563_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

殆どの建物が駐屯地創設以来40年 更新していないような古さでした。
古いだけじゃなく手入れ、ペンキ塗りさえ満足にしてないというのは 何故だろう、そんなに貧しいのか、自衛隊。
ハイテク装備の導入だけで精一杯なのかな。

まだまだ続く






Last updated  Apr 16, 2014 10:32:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 15, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
滝ケ原駐屯地は過去への扉(その2)  4月13日

御殿場にある滝ケ原駐屯地の創立40周年記念行事というのに行きました。
装備展示の続き。

IMGP6539_edited-1
IMGP6539_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

有名なヒトマル式 10式戦車です。第4世代のMBT、主力戦車の形してます。



IMGP6540_edited-1
IMGP6540_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

10式は陸上自衛隊富士学校から出張なんですかね。ここに展示してあるだけで訓練で走るところは見られませんでした。
砲塔周囲の複合装甲は外側の物入れ兼用モジュール装甲(空間装甲)の下に肝心なところは隠されて見えないのが残念。
まあ、そんなものに興味ある人はあまりいないか。

IMGP6541_edited-1
IMGP6541_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

もう一枚。 履帯(いわゆるキャタピラー、本当は商品名)は銀色に光ってました。
アルミですか鉄ですか?と立ち番の人に聞くと鉄ですね、とのお答え。
ちなみに舗装道路移動の時は、道路を痛めない為にゴム足を付けるそうです。
滑り止めなら舗装道路でもスパイクの方が効果的だと聞きましたが?とほのめかしてみましたが、それについては言葉を濁してました。

この履帯の上の黒い部品はゴム製でようするに マッドフラップですね。
いかにもとってつけたような造作は自衛隊の人の自作かもしれませんね。

IMGP6543_edited-1
IMGP6543_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

装軌装甲車、89式装甲戦闘車 ライトタイガー、FVというのかな。
履帯は10式と共通部品に見えました。


IMGP6555_edited-1
IMGP6555_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

もう一枚。
エリコン社の90口径35mm機関砲KDE(ライセンス生産)を積んでます。
こいつはAPDS弾を撃つと1000で40~80mmの貫通力を持つといわれていますから、
ライトアーマー・クラスの装甲では簡単に「抜かれます」。
HMMVなどは論外です、歩兵の発射するライフル弾を防げない物を装甲車と呼んだら乗る人がかわいそうです。
APDS弾ですが、砲身の内径は35mmでも20mm径のタングステンや劣化ウランのペネトレータ(侵徹体)という「槍」を飛ばす仕掛けです。
戦車の主砲用のAPFSDSの侵徹の様子はソウルで写真撮ってきましたのでお暇ならご覧ください。


IMGP6544_edited-1
IMGP6544_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ようするにミサイルキャリアだね。



IMGP6545_edited-1
IMGP6545_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

軽装甲機動車と迫撃砲と装輪装甲車(ハンビー、HMMV)



IMGP6546_edited-1
IMGP6546_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

対戦車誘導弾。17kgだかの重さを人手で運ぶのは大変そうです。
ミサイルというか弾薬は持ってきてないの? と質問したのですが 「お答えできません」だって。何を警戒してるのだろう。


IMGP6547_edited-1
IMGP6547_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ミニミ 軽機、軽機関銃も5.56mmになったと。


IMGP6548_edited-1
IMGP6548_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

狙撃銃です、こちらは7.62mm。 ボルトアクションですねえ、一発ずつボルト操作が必要ということです。


IMGP6549_edited-1
IMGP6549_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

89式 突撃銃で良いのだよね、アサルトライフルの訳語。
とても小さくて軽そうです。米軍の基地公開と違って持たせてはくれませんが。
左翼団体がクレーム付けてからそうなったのかな。

(つづく)






Last updated  Apr 15, 2014 08:48:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 14, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
滝ケ原駐屯地は過去への扉(その1)  4月13日


滝ケ原駐屯地の40周年記念行事というのに行ってきました。

結局、阿修羅王とも知り合いともスケジュール合わず、一人で行く羽目に。 まあ近いし 気楽で良いですけどね。


陸上自衛隊の滝ケ原駐屯地は静岡県御殿場市にあって、普通科教導連隊等が駐屯する。
隣は米海兵隊キャンプ富士で、そちらには教育支援飛行隊富士飛行班および東部方面管制気象隊第2派遣隊の施設の一部が間借りしているそうな。

1908年(明治41年)陸軍滝ヶ原廠舎設置。 という歴史を聞くまでもなく、滝ケ原駐屯地というよりは 滝ケ原厩舎という言葉の方が耳に馴染んでいるな。


IMG_1626_edited-1
IMG_1626_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


寝坊して6:40ごろ出発しました。 まずはR134から西湘バイパスに乗ります。
もう四半世紀も前ですが 毎週のようにオフロードバイクで富士山の林道を走りに行っていたころと同じ道を行きます。




IMG_1629_edited-1
IMG_1629_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


大磯プリンスの下。 朝なので自車の影が前(西)に伸びます。
久しぶりの高速なのでタイヤの空気圧を0.42Mpa(4.2kgf/cm2)くらいまで上げてきたのでゴツゴツと乗り心地悪いです。
ハイエースのタイヤはライトトラックなので空荷:0.35MPa、荷物満載:0.45MPa となってますが、乗り心地的には0.3MPaくらいが良いです。
でも高速はパンクが怖いので上げます。
ところで二輪ラリーも鬼のように固いビード、固いコンパウンドのタイヤにこれでもかと空気入れて走ります。
ムース(チューブ代わりのスポンジみたいなの)が画期的だったのはパンクレスもありますが、乗り心地良いんです。



IMG_1636_edited-1
IMG_1636_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


  
海は凪いでおり、ルアーを投げている人が目立ちます。 今日は釣りにしようかな、いやいや御殿場へ行くんだ!
料金所を過ぎてすぐ 国府津で降ります。
そして松田まで上がり R246を下ります。道はずっと登り坂ですが。




IMG_1640_edited-1
IMG_1640_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


御殿場に近づくと 気温がちょっと下がり、湘南ではもう散った桜が咲いていました。
途中一か所だけ15分くらい渋滞しましたが 60kmを1.5時間くらいですからかなりスムーズに走れました。 



IMGP6528_edited-1
IMGP6528_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

招待者以外は駐屯地外の演習場内の 駐車場に誘導されます。
周りの火山礫の地面と亜寒帯の林が懐かしいです。 ハイエースから自分のバイクを降ろして混合ガスを作って給油して走り出したいです。

自分のバイクなんてもう無いのに。

車を停めると目の前が富士山。カメラを持っている人はみんな1枚撮るよね、私も撮りました。
微妙にガスっていて、露出アンダーにしただけでは雪の諧調出ませんでした。



IMGP6530_edited-1
IMGP6530_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

同駐車場から、ツアイス・ディスタゴン28mmで。
ここから駐屯地内会場までは400mくらいで歩けない距離ではないですすが、 陸自さんがシャトルバスを運行しているので乗せてもらいました。
雨が降ったり風が吹いたら無いと辛いですね。 足がだるくなった帰りもか。




IMGP6531_edited-1
IMGP6531_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

軍用車両マニアかな。
キューベルバーゲン?、ツェンダップかウラルのサイドカーですか。 お金を出せばこんなのが買えるのはすごいことです。
もっともサイドカーはロシア、中国、北朝鮮ではまだ実用品かもしれませんね。


IMGP6534_edited-1
IMGP6534_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

桜に富士、花札の世界だな。
あまりにもステロタイプだけど、美しいと思います、やっぱり日本人ですね。


IMGP6536_edited-1
IMGP6536_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

満開の桜、 ここは新人訓練をする教育隊もありますが
こんな景色を原風景として心に刻んだ教育を受けると、どんな自衛官が育つのでしょうか。


IMGP6537_edited-1
IMGP6537_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

廃屋の陰でアンブッシュ(待ち伏せ)している 戦車と装甲車発見。
ちがう ちがう 装備展示で 建物は対戦車中隊 とかが使っている現役らしい。
戦車のハイテクぶりと建物のみすぼらしさが好対照です。

しかし建物にペンキ塗る予算もつかないのでしょうか。


IMGP6538_edited-1
IMGP6538_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

消防車
色が駐屯地らしくないです。
形もなんか これ見よがしにハイテクです。 (続く)






Last updated  Apr 14, 2014 07:22:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 13, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
滝ケ原駐屯地は過去への扉 4月13日(速報版)

滝ケ原駐屯地の40周年記念行事というのに行ってきました。写真を失敗したので今日は速報版のみアップします。

陸上自衛隊の滝ケ原駐屯地は静岡県御殿場市にあって、普通科教導連隊等が駐屯する。
隣は米海兵隊キャンプ富士で、そちらには教育支援飛行隊富士飛行班および東部方面管制気象隊第2派遣隊の施設の一部が間借りしているそうな。

1908年(明治41年)陸軍滝ヶ原廠舎設置。 という歴史を聞くまでもなく、滝ケ原駐屯地というよりは 滝ケ原厩舎という言葉の方が耳に馴染んでいるな。


IMGP6528_edited-1
IMGP6528_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


演習地の中に一般の見学者用駐車場が作られており、車を停めると目の前が富士山。
カメラを持っている人はみんな1枚撮るよね、私も撮りました。



IMGP6534_edited-1
IMGP6534_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

御殿場は湘南と比べて 5度くらい気温が低く、桜も2週間くらい遅いようで4月13日が ちょうど満開でした。





IMGP6540_edited-1
IMGP6540_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


言わずと知れた 10式戦車です。



IMGP6545_edited-1
IMGP6545_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

高機動車、HMMV、ハマーですな。 アメリカと装備共用化するのは良いのですが 日本の国状には今一つ合わないように見えます。




IMGP6552_edited-1
IMGP6552_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


こちらの軽装甲機動車、ライトアーマーに置き換えて HMMVはトラックの位置づけに変えていきたいように見えます。




IMGP6550_edited-1
IMGP6550_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


隣の海兵隊から 友情出演? のトラック。 ばかでかいです、砂漠や富士山の演習場では良いのでしょうが、日本では入れない道がたくさんあると思います。




IMGP6608_edited-1
IMGP6608_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ソ連の誇りT72、、じゃなくて 74式戦車。 久しぶりに2サイクル・ディーゼルの煙の臭いをかぎました。



IMGP6653_edited-1
IMGP6653_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ヘリコプターもたくさん飛んでました。 カワサキOH-1ですね。



速報は以上です、詳細版はおいおい書いていきます。






Last updated  Apr 13, 2014 10:13:28 PM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 31, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
潜水艦状態
明日から消費税が上がるという3月31日、夕方 仕事帰りにガソリンスタンドに行きました。
もう400km近く走っているので、3年前のあの日のように ばかげた行列が出来ていなければ給油しておこうと。
200円ほどの節約ではありますが、明日にすればそれだけ余計に出て行くのですから。

相変わらず 前世紀の技術で作られたダーティ・ディーゼルに乗っているので、街道沿いのセルフスタンドでは
いつもトラック用の軽油専用ポンプで入れます。
こいつのメリットはいつも空いている事とトラックの大きなタンクに合わせてポンプの吐出量が大きい事の相乗効果で、
短時間で入れられます。
セルフのスタンドのガソリンのポンプは、素人向けに1/3くらいに 吐出量下げてるという説もありますが、
確かにそんな気がします。



IMG_1496_edited-1.jpg

いつからかその軽油専用ポンプの横にかけてあったこの看板、今は姿を消したプレミアム軽油やら低硫黄軽油かしらん、と思っていたのですが
ちゃんと調べたら 尿素水のことでした。
ディーゼルの排ガスをきれいにする為に尿素噴射し、発生したアンモニアでNOxを還元するしかけです。
日野や日産(今はUDトラックス?)のバスやトラックはみな使っているので ガソリンスタンドでも販売しているということですか。

ところでこのしかけ、尿素SCRシステムの SCRですが Selective Catalytic Reduction 選択触媒還元と訳されるようですが
何故だろう?
婆裟羅の乏しい化学知識によると触媒というのは 自身は化学反応に直接関与せず反応速度だけを変えるものだったはずです。
例えば白金、パラジウム、ロジウム触媒がガソリン車の排ガス中の有害物質を酸化、還元させて浄化するときに触媒の貴金属は
直接化学反応するものではなかったはずです。

アンモニアNH3を使ってNOxを還元する仕掛けがどうして触媒なんだろう。

選択的「接触」還元と訳したほうが良いのかな。 いや、やはり英語からしておかしいような気がするな。
30年ほど前から 排気系統に入れて排ガスをきれいにする仕掛けをショクバイ、Catalyst と呼ぶことに言語が変質したと見た方が
良いのかもしれません。




さてさて、消費税率アップ狂想曲は 阿修羅王が過剰適応して踊り狂ってまして、家中に食料品、日用雑貨があふれています。
トイレットペーパーをいくつ買っても何十円も節約できないのになあ、と思うのは婆裟羅が主婦で無いからでしょうか。
他にもコーヒーの1ポンド缶や各種缶詰、乾物は各々1ダースずつはあったなあ。



それらの補給品が部屋、廊下の区別無く家中に積み上がって居住容積を減らし、さながら出航直後の潜水艦のようです。
そうそう、ビルトインのガスレンジや混合シャワー水栓とか 営繕作業用の物資も積みあがってます。
こちらの金額なら3%が有意差になると説得して買ったものです。
今週末くらいから生存空間確保のためにも作業開始です。

そして、カニ缶を開けた日が最終決戦でしょうか?(笑)


以前読んだ日本の潜水艦小説にそんなのがありました。うなぎ缶を開けた特別料理が出たので、いよいよ 年貢の納め時かと覚悟するという。

 【中古】文庫 雷撃深度一九・五【画】

 【中古】文庫 雷撃深度一九・五【画】
価格:59円(税込、送料別)



確か これだったかなあ。
2014-04-06 小説名追記






Last updated  Apr 6, 2014 09:42:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 30, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
埼玉 日帰り出張 3月28日


IMG_1594_edited-1
IMG_1594_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将
西武池袋線、これは帰りの写真ですけどね。
西武沿線異常なし、なんちゃって。


期末の忙しいときに日帰りで出かけました。
埼玉ですから 近いような気になってますが2時間もかかると先日の長野新新幹線に
乗ったら 軽井沢辺りまで行ってしまいますよね。

昔、学生時代に富山の剣岳等に登るのに、
宵の口に上野から信越線経由の金沢行きの夜行急行に乗ると、軽井沢は真夜中過ぎだったかな。
寝つきを良くするためのビールで一寝入りしたあと、ふと目が覚めると長く停車しているので
ちょっとホームに降りて水など飲んでたような記憶があります。


昔語りはさておき 期末で同行する人間の都合つかず、婆裟羅一人でした。
もういい加減慣れたよ、日本でも中国、韓国、台湾でも 一人で出かけて行って 打合せなり交渉をやるはめになる、
そういう星のもとに生まれたのでしょう。
電撃戦 Blitzkrieg の体現者 といえばかっこ良いですが、 ようするに切り込み隊長、華と散る神風特攻隊じゃねえか。
ま、そんなもんでしょ、うまく行っても行かなくても全て自分一人の責任、そういうのが性に合ってます。


IMG_1592_edited-1
IMG_1592_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

軽い昼食を、と入ったハンバーガー・ショップにいた介助犬。おとなしい良い子でした。
犬は嫌いじゃないですが、狭い店なので踏みつけそうになったよ。


IMG_1593_edited-1
IMG_1593_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

埼玉なのに 駅前には 佐渡島の案内板がありました。



IMG_1595_edited-1
IMG_1595_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

帰りは西武線が入間基地の中を通るのが分かっていたのでカメラを構えてました。


IMG_1597_edited-1
IMG_1597_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

今日はT-4は見えず YS-11が二機見えました。でも遅い表示の液晶モニターだけじゃシャッターチャンス掴めません。




IMG_1598_edited-1
IMG_1598_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


穏やかな日でした、もう一週間あとなら桜がきれいに咲いていたことでしょう。



IMG_1599_edited-1
IMG_1599_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

晩御飯要らないと言ってきたので また茅ヶ崎BUBUでとんこつラーメン食べて帰りました。今日は「黒」。
2014-04-05 夜行の所、登山を追記






Last updated  Apr 5, 2014 08:25:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 13, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
寒い出張 1月10日

だいぶ時間が経ってしまいましたが 1月も出張がありました。
珍しく国内、新幹線。たぶん初めて乗る長野新幹線です。



IMG_1399_edited-1
IMG_1399_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


東京駅まで 東海道線の湘南ライナーで座っていきます。
指定席料金がかかるのですが 朝の通勤ラッシュ時 立ちんぼだとその先の移動もあるので 奮発しました。
昔、ウチの近所では 東京まで通勤する旦那さんの為に 前日ライナー券を買い求める奥さんというのは
献身的な良妻と言うことになってました。

ウチは電車通勤してなかったので阿修羅王は知らないんだろうなあ。
ところで驚くべきことに 未だにライナー券は ネットでも携帯でも買えず 駅の専用券売機で買うのでした。
新幹線が乗車券も指定席券も PCや携帯で予約、発券が簡単にできてしまうのに比べて いかにも前時代的です。

ええ、自分で買いに行きましたよ、ライナー券。


IMG_1401_edited-1
IMG_1401_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


青ピンクは E2系 



IMG_1403_edited-1
IMG_1403_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


青緑はE5系



IMG_1406_edited-1
IMG_1406_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


異種連結 E2とE3系




IMG_1407_edited-1
IMG_1407_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

E3系は新しいだけあって洗練された形してます。



IMG_1411_edited-1
IMG_1411_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


逆光はダメよ、CANON S110



IMG_1416_edited-1
IMG_1416_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

浅間山かな。お天気は良いですが かなり雪が付いています。



長野新幹線は 東京駅を出ると上野、高崎、 軽井沢、佐久平、上田、を通って 長野まで行きます。
長野新幹線の正式名称は北陸新幹線で 2015年春には、長野駅 - 金沢駅まで延伸し、
最終的には富山、金沢、敦賀を通って大阪まで行く計画なんだそうだ。

この日は長野で降りて車で目的地まで行きました。

とっぷり日が暮れるまで仕事をして 帰りましたが、東京駅まで1時間40分しか かからないので 夜8時前に帰れました。


軽井沢シンドロームSPROUT episode7 NEXT LEVEL-【電子書籍】



軽井沢シンドロームSPROUT episode2 翼がなくても-【電子書籍】


そんな漫画もありましたねえ。
その舞台の一つ 小諸は新幹線の経路から外れて ゴーストタウン化しつつあるそうな。


軽井沢、上田、佐久 方面の出張や遊びはクルマで行った記憶が多いです。






Last updated  Mar 23, 2014 09:11:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 14, 2014
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
また雪 2月14日

2014年2月14日は先週に続き関東地方はけっこうな雪になりました。
先週と違うのは金曜なので会社に行かなくてはならない事。めんどうだなあ。



IMG_1486_edited-1
IMG_1486_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将




IMG_1489_edited-1
IMG_1489_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将



朝の公園はまだこんな感じ。


神奈川は17時近くまで 大雪他の注意報が警報に変わらなかったので、定時まで帰宅命令は出ませんでした。


IMG_1491_edited-1
IMG_1491_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


17時ごろの様子。10cmくらいは積もったかな。
チェーンかスタッドレスタイヤを付けていないクルマは置いて行けと言う会社勧告を
あっさり無視して クルマで帰りました。

何の為の4WDだと思ってるんだ、いや1BOXの4WDって1BOX比でないと走行性能上がらないカザリなんですけどね。

一緒に無視して帰宅した同僚のクルマは2WDのミニバンでした。





会社の門を出るところで見失ったきり、2度と会えませんでした。

婆裟羅 15kmを50分で帰宅
同僚  18kmを3時間で帰宅

婆裟羅:誰も通っていない七曲りワインディング・ロードを駆け下った。
同僚:安全に留意して国道1号線に迂回した。

まあ賭けに勝ったわけです。コースアウトしたら永久につかないわけですから。
あ、同僚の3時間はお子さんを保育園に迎えに行った時間も込みだと思います。
国道は大渋滞だったそうです。たとえ4WDでも渋滞では進めません。

雪道を走るのがスリル満点で楽しくてしょうがない婆裟羅と、絶対安全でお子さんを
迎えに行かなくてはならない人の違いですかね。

賭けですからうまくいく事も行かない事もありますが、他人と同じ道は好きでないし、
全て自分で責任をとって、全て自分一人で解決するのが好きなんだな。



誰に似たんだろ、おやじかな。
(こういう人は会社向きではありません)





そうそう、国道のわきに佇んでいると ディーゼルエンジンのうなりと 履帯の回る音が聞こえる。

いや あれはバスとトラックのチェーンの音か。
23:28 誤記訂正






Last updated  Feb 14, 2014 11:28:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全159件 (159件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 16 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.