婆裟羅砦のブログ

全159件 (159件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >

乗り物で遊ぶ

Feb 2, 2014
XML
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
師走の出張4 12月25日



シクラメン
シクラメン posted by (C)婆裟羅大将


笠岡のこのホテル もうダメだな。きれいにしているのですが、、、





IMG_1295_edited-1
IMG_1295_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


朝食がバフェット、ビュッフェスタイルでいろんなものが食べられたのに、
今回行ったら 洋食/和食選択の朝定食スタイルに変わってました。
しかも連泊したら 前日と寸分変わらぬものを出されました。

これでは連泊者はたまりません。
次は遠くても福山に泊まるしかないな。そもそも田舎で設備も古いのにお値段はかなり高めなのですが
タクシーに乗れば通勤が10分なのと朝食のバラエティがあるのが このホテルの取柄だったのに。



昨夜が遅くまで夜なべ仕事したので、今朝はのんびり朝ごはんを食べてから神奈川の会社まで移動します。
自分一人なら無理やり飛行機ですが、連れがいるので新幹線に乗ります。
たまには日本の新幹線も乗らないとね。(笑)

まず山陽本線で福山まで移動します。


IMG_1299_edited-1
IMG_1299_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ホームから見える福山城です。昼間見るのは初めてかな。
駅から見える城と言うか、城の中に鉄道を引いて駅を作ったのかな。

いや、城の跡に鉄道を引いて駅も作り、その後 城を殆ど観光用に再建したのか。



IMG_1304_edited-1
IMG_1304_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ゴシック建築の教会のような建物が見えました。
悪いのですが ヨーロッパで本場のを見たことが無いので 韓国の江南(カンナム)区の教会を思い出してしまいました。

ホーリーザイオンズパーク セント ヴァレンタイン という結婚式場なのだそうだ。




IMG_1305_edited-2
IMG_1305_edited-2 posted by (C)婆裟羅大将


今日のカーが来ました。
700系か、新幹線も種類が増えて良くわかりません。


伊吹山
伊吹山 posted by (C)婆裟羅大将

米原を過ぎたあたりで雪を頂いた山が見えました。
滋賀県と岐阜県の境にある伊吹山だそうです。






富士山1
富士山1 posted by (C)婆裟羅大将




富士山2
富士山2 posted by (C)婆裟羅大将


静岡の富士市のあたりから 富士山が良く見えました。
お正月用写真もこの日に撮ったものです。

しかし、岡山から神奈川まで新幹線は遠すぎるなあ、腰が痛いです。








Last updated  Feb 14, 2014 06:29:39 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 14, 2013
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
大阪 堺へ移動 4月7日
通天閣の行列並びで 結構時間を使ってしまいました。本日の第一レグです。

題して

ばーさんへのサプライズ・プラン その3 チンチン電車に乗ろう


IMGP6029_edited-1
IMGP6029_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


天王寺の駅と言うか停留所で電車を待つスーパー・ファナティック・ばーさん。

実は 昔から前を通っていて 自分が乗りたかっただけですけどね。


通天閣のジオラマにあった阪堺電気軌道は 阪堺電車と名前を変えて 今でも2路線の路面電車を走らせています。 


IMGP6033_edited-1
IMGP6033_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


来ました、かなり新し目の車両ですね。以前は古いうえに車種がばらばらで2台と同じ電車が走ってないと思うような路線でした。



IMGP6034_edited-1
IMGP6034_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


にぎやかな中学生の一団が乗ってきました。日曜なのでクラブ活動でもあったのでしょうか。
この電車も運転手さんの一人乗務、ワンマンカーです。


IMGP6039_edited-1
IMGP6039_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将



途中で乗り換えて 堺もよりの停留所 宿院まで来ました。

阪堺電車は堺トラムと称する低床車両を2013年夏から走らせる計画もあるらしいです。


IMGP6041_edited-1
IMGP6041_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


いつかも写真を撮った宿院交差点。


IMGP6040_edited-1
IMGP6040_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


宿院ですな。  ところで薬院というのは博多でしたか。
昔レンタカーを借りて福岡を旅行したとき、この薬院の駅前の安宿に泊まったことがありました。



この宿院のある街、堺を最初に訪れたのはもうずっと昔、 2008年の冬だったから、もう4年半前か。



誰であれ 家族と一緒に来る日が来ようとは思わなかったな。
2013-07-01 誤字訂正 サプライズ、 再度訂正






Last updated  Jul 1, 2013 10:36:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 13, 2013
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
渋滞マニア 1月13日

1月13日は 渋滞に捕まるの分かっていながら クルマで出かけました。

Enoshima
Enoshima posted by (C)婆裟羅大将


江の島に着く前にすでに混んでます。


Enoshima_Aquarium
Enoshima_Aquarium posted by (C)婆裟羅大将

江の島水族館が見えてきました。ここ50年ほど行ってないので また行ってみますかね。
年の暮れの大掃除に 「子供たちもお父さんも手伝わないなら どっか行きなさい」と母に怒られて 父は子供二人連れて行ったんだそうだ。


Enosui_Yoko
Enosui_Yoko posted by (C)婆裟羅大将


「江の水」を通り過ぎます。今日は雲がすごいです。ばら肉みたいというか、畑の畝みたいというか、層積雲になるのかなあ。



Bicycles
Bicycles posted by (C)婆裟羅大将

七里ヶ浜もたっぷり写真撮れるくらい混んでます。
自転車良いなあ、乗りたいなあ。


Zushi_Coast_1
Zushi_Coast_1 posted by (C)婆裟羅大将


逗子海岸は ほど良い風でウィンドサーフィンをやっている人がたくさんいました。


Zushi_Coast
Zushi_Coast posted by (C)婆裟羅大将

ほど良い風というのがポイントです。ちょっと強いと 初心者は立てないまま風下に吹き流されて危険です。



Nagisa_Bridge
Nagisa_Bridge posted by (C)婆裟羅大将


元 逗子デニ つまり2009年まではデニーズだったカフェ。
逗子デニは昔々 奈々ちゃんと夜ご飯食べたことあったなあ。 テント借りに来たかなんかの帰りでしたが。
奈々ちゃん、いや袰岩奈々先生は いまや心理学者として本を書いたり 不登校や子育てカウンセラーとして講演したりで忙しいらしい。



Red_Lobster
Red_Lobster posted by (C)婆裟羅大将

渚橋の向こうのレッドロブスター。 ここは入ったことないですが 結婚したてのころ、毎年クリスマスは かみさんと 私の両親とで横須賀のレッドロブスターに行ってました。
親父はもういないけど また行ってみますか。




Nagisa_Bridge_Caution
Nagisa_Bridge_Caution posted by (C)婆裟羅大将

渚橋のここから飛び込むと危ないの看板。
飛び込む奴いるのかねえ、浅いのは分かってるのに、ああそうか酔っぱらい対応か。



Futagoyama
Futagoyama posted by (C)婆裟羅大将


長柄の交差点を抜けて 逗葉新道へ向かう道。 だいぶ流れてきました。
向こうに見えるのは 二子山。 この山を貫くトンネルをくぐって行きます。

二子山は中学のころから生物の先生に連れられてキャンプして生物観察してました。
高校の時もこの先生と高校の生物部の連中と遊んでいた山なので 思い出深いです。


Tunnel
Tunnel posted by (C)婆裟羅大将

それがトンネルで5分で抜けられると また考えさせられます。
トンネルは二つに分かれていて、中間では山の間の沢に出られそうなので、いつか行ってみたいです。







Last updated  Jan 22, 2013 06:29:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 13, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
防大の開校祭6 11月10日

神奈川県 横須賀市の小原台にある 防衛大学校の開校祭に来ています。
創立60周年というと全日空、ANAと同い歳 ですね。


Cheering_squad
Cheering_squad posted by (C)婆裟羅大将


応援団と言うのがあるのは知りませんでした。
大きな旗が翻るだけの風があるので 旗持ちの人は大変そうです。


girl_student
girl_student posted by (C)婆裟羅大将

防大が昔と一番変わったのは 女子学生がいることでしょう。
ただ、ばーさんの言うには 「 冴えない子ばっかりねえ 」 だそうです。 いや不美人という話ではなく、背が低くお勉強ばっかりしてた感じの子が多いです。

その中では この子は背丈のある方です。





Stained_Glass
Stained_Glass posted by (C)婆裟羅大将

ステンドグラス
これは初めて見るので 思い出は有りません。防大生は卒業式の時に(米士官学校、ウェストポイントのマネっこの)ハット・トスで帽子を投げた後、両親や同期とここで記念写真を撮っていくのでしょうか、その為の椅子がならべてあるようです。

ばーさんの写真は撮ってあげました。これから思い出作りますか。

まだ明るいですが 疲れたというばーさん連れて帰ります。




Keikyu_red
Keikyu_red posted by (C)婆裟羅大将

京急で帰ります。クルマで実家に帰るのが普通なので 京急に乗ること自体が久しぶりです。
これは800形というらしいですが、 高松琴平電鉄では京急のお下がりの 700形に乗りました。



Keikyu_edited-1
Keikyu_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

京急の青い車両を初めて見ました。青いからってANAと同じスター・アライアンスに加入したわけではありません。
JALやアメリカン航空、ブリティッシュ航空、大韓航空 が加入する ワンワールドアライアンスの広告の為に青く塗ったようです。
ただ これは純粋に広告のようで、京急に乗ってもマイレージがたまるわけではないようです。
JALなら赤で良いだろうにと思うのですが、いつも赤い電車が青いから注目を集めるので、広告効果が無いですか、そうですか。

Fold_flat_seat
Fold_flat_seat posted by (C)婆裟羅大将

折り畳みシート 朝晩渋滞時は しまうのでしょう。
羽田からこのシートに隣り合わせて座った行き摺りのアメリカ海軍のおっちゃんと話したことを
思い出しました。
韓国からの帰りだったかな、やはり韓国から帰りのおっちゃんとの会話。

・・・なんだ政府の仕事って海軍かい? 安心しろ婆裟羅は海軍に偏見ないぞ、チョコレート食べるか?
何?このチョコ苦いって? ママのチョコレートはもっと甘かった?、おっさんいい年してマザコンかい?

海外から戻った直後って割と英語が喋れ(る気がし)ます。 いや相手が外国人と話すのに慣れてる場合だけですけど。



Dahlia_imperialis
Dahlia_imperialis posted by (C)婆裟羅大将

皇帝ダリア の咲く 晩秋の良い天気の日でした。








Last updated  Dec 23, 2012 08:58:34 AM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 9, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
防大の開校祭2 11月10日

ゲートガードつづき

Type_93_Torpedo
Type_93_Torpedo posted by (C)婆裟羅大将

九三式酸素魚雷というやつです。直径61cmの水上艦用の魚雷です。
それは良いんですが 錆びてぼろぼろじゃないですか、もう少し手入れしたら良いんじゃないですかね。


Mine_Anchor
Mine_Anchor posted by (C)婆裟羅大将

機雷係維器だそうです。何かと言うと機雷を固定する錨(いかり)アンカーですな。
なんかマニアックな世界ですねえ、機雷本体の展示なら自衛隊が世界に誇る、朝鮮戦争にも出動した掃海艇部隊の展示として分からないでもないですが。



Type_74_1
Type_74_1 posted by (C)婆裟羅大将

三菱74式戦車です。世界の主流の第二世代主力戦車に追いつこうと努力した結果がこれです。
かなりキャッチアップできたとは思いますが、同じ70年代の ソ連のT-55T-72あたりと比べると
まだ半世代くらい 後を走っているのは否めないでしょう。

ようするに 後出しじゃんけんだな。 他人の良いところ悪い所良く見て作るから良いものはできるけどできた時点で時代において行かれてる、、、。

ただ各国の第2世代~2.5世代を着実に追いかけていて転輪の構成、砲塔形状などソ連の戦車に似た様なカタチでもあります。
アクティブ型の暗視装置、つまり赤外線を投射するのも60年台標準ですが70年台としてはちょっと遅れているかもしれません。


Type_74_2
Type_74_2 posted by (C)婆裟羅大将


先代に比べて格段に低くなった車高、低いシルエットと避弾経始(装甲に傾斜を付けて等価的に装甲を厚くしたり、跳弾を期待)の良い流線型の砲塔、
空冷V10、ターボ過給2サイクルディーゼルは 720馬力、、、良く出来ていると思います。


Type_74_4
Type_74_4 posted by (C)婆裟羅大将

まあ、技術のキャッチアップはコピーから始まるのは普通の流れで、その後どうやってオリジナルを越えるかが踏ん張りどころですが、
韓国のK-2戦車なんかの例では、彼ら ちょっと背伸びしすぎで技術を自分のモノにできてないようです。




Type_61
Type_61 posted by (C)婆裟羅大将

こちらは 戦後国産第一号の61式戦車です。
M-41 ウォーカーブルドッグと 似たような印象ですが どこが違うのかという問いは禁じ手です。

Mountain_Gun_M4
Mountain_Gun_M4 posted by (C)婆裟羅大将

山砲、野砲、M4戦車など。



M4_1
M4_1 posted by (C)婆裟羅大将

M4A3E8 シャーマン 通称イージー・エイト ですな。
アメリカが同盟国にレンドリースで配った戦車で、創立間もない自衛隊もこれで一挙に形が整いました。


M4_3
M4_3 posted by (C)婆裟羅大将

婆裟羅は子供の頃この近所に住んでいたので、この戦車で遊んだ記憶があります。
この戦車の腹の下には脱出口があって そこから中に入れました。
今は安全面からそんな遊び方は許されないでしょうね。

ここでの経験が婆裟羅が戦車に郷愁を感じる理由なんです。
また どこの戦車展示でも手を触れると「ワタシは帰ってきた」とつぶやきたくなるという。(笑)
(つづく)







Last updated  Dec 18, 2012 06:24:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 24, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
ソウル戦争記念館10 10月6日 地を這うもの3

出張帰りの土曜日、時間調整に ソウルの戦争記念館に寄って飛行機や戦車をたくさん見ました。



戦車の群れは続きます。次はアメリカ製を拾ってみましょうか


M36
M36 posted by (C)婆裟羅大将


M36ジャクソン 対戦車自走砲、または戦車駆逐車 です。
前から見ると戦車と区別がつきませんが 仮設の雨除けはあっても 装甲のある屋根は有りません。


M_46_Patton
M_46_Patton posted by (C)婆裟羅大将

M46 パットン です。 M4の後継として52年ごろから使われています。
時期的に朝鮮戦争には来ていないのでしょうか。
さすがに空冷星形エンジンは止めて V型12気筒ですがやはりガソリンエンジンのターボ付きです。
まあ質量あたり出力はディーゼルをしのぐかもしれませんがねえ。

M_47
M_47 posted by (C)婆裟羅大将

M47 パットンです。書き間違えではなく パットンのペットネームはM46、47、48、60とずっと使われました。
ただこの愛称は非公式らしいです。


M48A2C_Patton
M48A2C_Patton posted by (C)婆裟羅大将

M48A2C これもパットンです。このサブタイプあたりがガソリンエンジンの最後でして、A3、A5からはディーゼルエンジンに変わりました。

たぶん50年代半ばになっての改修で、40年には形になっているT-34に対し遅れること10~15年というところでしょうか。
米陸軍が燃料をガソリンで統一していたと言う事情もあるようです。





K1_1
K1_1 posted by (C)婆裟羅大将

K1 です。 初めての韓国国産戦車だそうです。  いろいろ不具合が続き、手直しが続いているそうです。
まあ少しは自分で苦労してください。(笑)

戦車ではこの展示のみ 人形の乗員が乗っており、週末のみ500ウオン硬貨を入れると 無限軌道が動いて、砲塔が回り、主砲発射音がスピーカから流れます。


ちょっと引いてみると 緑がきれいです。ところが何か懐かしい匂いがします。




Ginkgo
Ginkgo posted by (C)婆裟羅大将


銀杏でした。誰も実を拾ってないのは韓国の人は 銀杏は好きじゃないのかな。

そう言えば厚木基地の連中も拾ってなかったな
2012-11-04 加筆、誤字修正






Last updated  Nov 4, 2012 08:57:30 AM
コメント(6) | コメントを書く
Oct 23, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
ソウル戦争記念館9 10月6日 地を這うもの2

戦車の群れの中を彷徨ってます。


SU_100_1
SU_100_1 posted by (C)婆裟羅大将


Su100 ソ連の自走砲、駆逐戦車 です。T-34の車体を使って作られました。
英語で言うところのTank Destroyer を何と訳すかは 微妙な問題ですが、言葉の考え方として
例えば タンクバスターズが Ju87やA-10や対戦車ミサイルやバズーカなどの対戦車兵器を意味して
タンク(戦車)を指さないのは明らかです。
するとタンク・デストロイヤもタンク(戦車)ある必要はなく 自走砲でよいのかもしれません。
その先は戦車の定義は何かというような 普通の人にはどうでも良いような議論になりますので、これ以上は書きませんが。


SU_100_2
SU_100_2 posted by (C)婆裟羅大将


T-34の車体からの改造が良く分かります。軽油タンクむき出しも一緒ですし。
バックは北に銃撃を受けた魚雷艇 哨戒艇(のレプリカ)。



並んでる戦車を見ていると 中国製が多い事に気が付きます。韓国はベトナム戦争に参加した国で いろんな戦利品を持ち帰っているようです。


Type59_Tank_4
Type59_Tank_4 posted by (C)婆裟羅大将

五九式 戦車と書けばよいのかな? ソ連のT-54の中国生産版です。中国ではまだ5000両くらい現役だとか。
物持ちが良い国ですねえ。(笑)


Type59_Tank_2
Type59_Tank_2 posted by (C)婆裟羅大将

59式の 砲塔、T-54の50年型がお手本なので 後部にあったせり上がり、ショットトラップも無い 完全お椀型になってます。
ショットトラップというのは ここに着弾すると砲塔リングに砲弾を誘い込むような形状の事です。



Type59_Tank_3
Type59_Tank_3 posted by (C)婆裟羅大将


操縦者用 ハッチです。でも頭を出して ぼんやりしてると 砲塔旋回時に 砲身で張り倒されそうです。(笑)




Type63_Tank
Type63_Tank posted by (C)婆裟羅大将


63式 水陸両用戦車 、これも中国がソ連のPT-76 をコピーしたもの。装甲車と言った方が良いのか微妙な所です。


しかし、戦車の鉄の質感、量感、匂いは懐かしいなあ。
婆裟羅は ほんとにおかしな環境で育ったのか 戦車もまた 子供のころのおもちゃでした。
戦車の床には必ずハッチがあって出入りできるって 知ってましたか?

2012-11-26 誤字訂正、誤記 魚雷艇を修正






Last updated  Nov 26, 2012 10:47:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 22, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
ソウル戦争記念館8 10月6日
地を這うもの

外の飛行機を 8割がた片付けたので 地上の兵器をと思ったのですが 後で事実誤認と気付きました。



M4_1
M4_1 posted by (C)婆裟羅大将


M4 シャーマン アメリカの戦車です。こちらはガソリンエンジンで 星形空冷の9気筒、つまり飛行機の為に開発されたエンジンを積んでいるという 変わった戦車です。
まあ、モンロー主義下のアメリカは あまり戦車の開発に熱心でなかったのでしょう。


T34_1
T34_1 posted by (C)婆裟羅大将

T34/85 ソ連製の戦車です。 朝鮮戦争ではこれを242両持った北朝鮮軍が一挙に南下してきました。
ヨーロッパにおけるワルシャワ条約機構軍の予行演習みたいな戦争ですが、もとはと言えば機甲師団の高機動戦術はヒットラーのときの
ドイツのお家芸でしょう。
その後 同じことをソ連がドイツに仕返しし、北朝鮮の軍隊にも教え込んだということろでしょうか。



こちら第二次大戦中にナチスドイツを押し返したという時代の戦車なのに すでにディーゼル・エンジンを積んでいるところが先進的です。
360 km 作戦行動できたとか。  
同時代の M4の190kmに比べ 2倍近く走れるのだから大したものです。


突然思い出して話を変えますが、ディーゼルについては もう10年も前ですが、篠塚さんがパリダカで言ってました。
「一日給油の無い日は アチラ(VWトゥアレグのディーゼル)は 朝 入れて出る燃料が150リットルは少ないので 午前中は 勝負にならないですよ」ってね。

篠塚さんのレーシング・パジェロは ガソリンでディーゼルのVWに比べると それなりに劣る燃費だったのでしょう。
そこで マラソン・デイで給油ポイントを設定できない日は その日の朝のスタート時の車重が違いすぎ、燃料の少なくなる午後にならないと
同じ運動性能が出ないということなのでしょう。




T34_M4_1
T34_M4_1 posted by (C)婆裟羅大将

T-34とM4 比べてみます。
M4はふざけた様な飛行機の星形エンジンを積んでおり 背が高いのが欠点と言われてますが 車体こそ高いものの 砲塔の上まででみると
そんなに大きな 違いないですね。 つまり砲塔が厚いです、T34 。

データ的にも 各サブタイプの違いによって
M4A1 高さ 2.67m
T34/85 高さ 2.72m
のように逆転する例もあります。

もちろん 装甲に避弾経始の無いM4は T34より完全に一世代 前に分類されるわけです。




LVT_P7_P3
LVT_P7_P3 posted by (C)婆裟羅大将

左は LVT-P7 水陸両用装甲車   年に一度 米軍と合同で上陸訓練をやって北朝鮮を刺激、挑発するのが 主な役割です。
目的に合ったグラフィックが施されています。(笑)

昔、二輪のラリーに出たとき レギュレーションに、「車体や衣服、ヘルメットの威嚇的なグラフィックを禁ずる」というのがあって、
何が威嚇的か 仲間内で 話題になりました。


右は LVT-P3 水陸両用装甲車 朝鮮戦争の仁川上陸作戦で使われたとのこと。







Last updated  Nov 3, 2012 04:43:44 PM
コメント(1) | コメントを書く
Jul 9, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
ウルトラな空港 2012年7月7日


出張帰りの 週末旅行ですが 生憎の雨降りの中 福島空港まで来ました。 



Ultraman_Max
Ultraman_Max posted by (C)婆裟羅大将


お出迎えは ウルトラマン!   ウルトラ兄弟の何人目かは分かりませんが 空港の警備をしてくれているようです。
オリジナル・ウルトラマン、ウルトラセブンくらいは区別がつくのですが それ以上は ちと分からんな。



空港内は いたる所で怪獣が 跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ、やりたい放題 跳ね回ること)しています。
ウルトラ兄弟が何人もいるのに こんなにたくさんの怪獣の侵入を許すとはどういうことでしょう?
ちゃんと仕事しないと 派遣会社の円谷プロに言って 派遣者を入れ替えてもらいますよ!?


gomora
gomora posted by (C)婆裟羅大将

これは 古代怪獣 ゴモラ だそうです。旧約聖書の 空襲で壊滅した都市の名前と一致するのはなぜなのでしょう。
ずいぶんと大きなものですが これを置いたからといって特に飛行機を待つベンチが足りないということも無いようです。
JALグループは撤退したままだし、空港利用者の絶対数が少ないようです。


Chamagon-2
Chamagon-2 posted by (C)婆裟羅大将

ドアの上では チャメゴンが 通せんぼをしてます。怪獣に制圧された空港を封鎖しようというのでしょうか。
チャメゴンは怪獣ブースカの 弟だったかな。黒目が無い所為か陰険な顔に見えます。


IMGP5086_edited-1
IMGP5086_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

ヒップが女性陣にうけそうな、、 後姿も凛々しいゲートガードのウルトラマンです。

ところで 大変な奇遇なんですが
今日 7月7日は円谷英二さんの誕生日だそうです。
1901年(明治34年)に福島の須賀川に生まれたので 福島空港 が熱を入れる理由の一つらしいです。
また円谷英二さん 若いころ パイロット目指して その道の学校にも入ったこともあるそうです。





IMGP5083_edited-1
IMGP5083_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


円谷プロダクションと言えば特撮の草分けです。


IMGP5084_edited-1
IMGP5084_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

戦争中は軍部に協力して 軍のパイロット向け教育映画や 記録映画、戦意高揚映画などを
たくさん作ったため、戦後は大きな映画会社を追われたらしいです。

IMGP5085_edited-1
IMGP5085_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

そんな円谷さんのことを聞くと 飛行機、飛翔体の模型には何か特別な思い入れがあるような気がしてくるから不思議です。



Ultraman
Ultraman posted by (C)婆裟羅大将

オリジナル ウルトラマン ここから始まったのですね。


IMGP5090_edited-1
IMGP5090_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

円谷プロとの関係は良く分からなかったのですが 翼長が5mくらいある大きな飛行機の模型で、異様にディテールが良く出来ているのです。


IMGP5091_edited-1
IMGP5091_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将


プロペラも木製のリアルな物がついてます。というか本物ですか?

帰ってきて調べました。これはイギリスの戦闘機 SE5a を縮小してマイクロライトプレーンにしたものなのだそうです。つまりフライアブル、飛べるんですな。
もっとも展示状態は エンジンだけ降ろしてあるそうですが。

香港空港のスピリット・オブ・シャティン も飛べるそうですけどね。


さて室内は駆け足で ほぼすべての被写体に三点バースト射(写)を加えて制圧したので、 チェックインも終わっているし、 引き上げの飛行機が来ているか 展望デッキに出てみましょうか。

(続く)






Last updated  Jul 17, 2012 10:16:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jul 8, 2012
カテゴリ:乗り物で遊ぶ
東北の休日 2012年7月7日


金曜日に 白河あたりまで仕事で来ていて 夕方帰れたのですが 泊まりにしました。
宿泊費は 会社に請求はできませんが 遊んで帰るので文句はありません。
「 公共交通機関 」を使ってる限り、事故さえなければ 問題ないでしょ、、たぶん。

ホテルは 部屋は小さいけど 安くて 快適でした。
ゆっくり朝寝坊をしてちょっとシャワー浴びて 9時ごろ朝食、バフェット、バイキングです。


IMG_7368_edited-1
IMG_7368_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

食べるものがあるような、無いような 時間が遅いので もう品切れもあるようです。
ワッフル、サラダ各種、ジャガイモのスープ、そしてカレーライスが美味しそうで 食べたらお腹いっぱいです。


IMG_7370_edited-1
IMG_7370_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

加えて ワッフルが 美味しく焼けていたので もう一枚とラズベリーとチョコのアイスクリームを載せていただきました。
いつもの合い言葉、ダイエットは明日から。 (^_^;;




郡山5
郡山5 posted by (C)婆裟羅大将

小雨降る中 本日の第一レグのスタート、郡山駅のバスターミナルに向かいます。
郡山の市街地も 緑が多く 杜の都 に負けない感じです。



郡山6
郡山6 posted by (C)婆裟羅大将


しかも ここは銀座かモトマチかといった 素敵な建物、広告もあります。
(しかし ルイ・ビトンねえ、)



どこでもドア
どこでもドア posted by (C)婆裟羅大将

駅前にある 完全自立、独立のドア。 いったい何でしょうね。やはりドラエモンのあれでしょうか。
東北地方は 昨日の東北本線の電車も一時間に一本でしたが、バスも 似た様なものでした。



郡山バスターミナル2
郡山バスターミナル2 posted by (C)婆裟羅大将

そこで 森の中のバスターミナル 繰り返しますが 雨さえ降ってなければ もっと快適だったと思います。
もっとも 降らずに照っていたら 耐えられないほど暑いかもしれませんが。




郡山バスターミナル1
郡山バスターミナル1 posted by (C)婆裟羅大将


苔むした木と バス。癒されるような緑色です。


さすがにあちこち飛び回ってると 乗り換えも手慣れたものです
(ウソです、失敗しないようにびくびくしてます。)
定刻10:00にバスは発車しました。


IMGP5080_edited-2
IMGP5080_edited-2 posted by (C)婆裟羅大将


増水した阿武隈川を渡ります。




IMGP5081_edited-1
IMGP5081_edited-1 posted by (C)婆裟羅大将

雨の中 あと1.5km で 第一レグのゴールです。

(続く)






Last updated  Jul 15, 2012 10:24:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全159件 (159件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.