149169 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

思うところ

カリブ海クルーズ ~INDEX~


カリブ海クルーズ ~INDEX~



旅行記本編の前に、まずは旅行の基本情報をご紹介します。

利用した会社はNorwegian Cruise Line(以下NCL)で、船はNorwegian Sunでした。
旅行に当たって、ネットで色々な方の旅行記を情報源にさせてもらうことが多いのですが、
マイナーさ故か^^;、日本人でNCLで旅行した方の旅行記がほとんど見つからなかったので
これからクルーズ旅行を検討される方の参考になればいいなと思い、INDEXページを作りました。
(勿論、旅行記本編も参考にしていただければ嬉しいです^^)

NCLの特徴はなんと言っても、"Freestyle Cruising"です。他の多くのクルーズでは、
ディナー時にドレスコードがあったり、食事の時間や食べるテーブル(=食べる相手)が
決められていたりと、意外と制約があります。(勿論、そういうクルーズも楽しいと思います^-^*)

「そういう堅苦しいのはちょっと嫌だなぁ」とか、「もっと自由にしたい」「気軽に
クルーズを楽しみたい」
という方は、NCLでのクルーズを検討してみてはいかがでしょう?

今回は私が妊娠中ということもあり、自由度の高いNCLのクルーズはとても快適で
楽しかったです。食事もダンナさんと二人だけでゆっくり楽しめましたし(^-^*
(初対面のアメリカ人と1週間ずーっと同じテーブルを囲むって…疲れると
思いません?^^ゞ)



Norwegian Sunについて

処女航海は2001年、乗客1,936(最大2,400)名、クルー970名。デッキ数13。
(以上、CruiseReviews.comより抜粋。)

船自体は、目立って大きいとか、ものすご~く綺麗だということはなかったです(^^;
ちょっと古めかな?とも思いましたが、きちんと清掃されていて清潔でしたし、
快適に過ごせました。船上のプールやホットタブは期待しない方がいいです(笑)
大抵の場合、大勢の子供達に占領されていました(時間帯によっては大人もOK?)し、
それほど大きくもなかったです。デッキで日焼けして火照った体を冷やすにはいいのかも。
(泳ぎたい場合は、ビーチの方が断然いいと思います。)

その他館内施設としては、カジノ、スポーツジム、エステティックサロン、シアター、
ディスコ、免税店(品揃えはイマイチ^^;)、売店、ジュエリーショップ、シガーバーがありました。

飲食について

レストラン?は、メインダイニングが2つ(メニューは同じ)、バフェが2つ。これらでの
食事は何をどれだけ食べても無料(例えば、オードブルを1人で2つとか食べてもOK)。
アルコール類、ソフトドリンク(コーラなど)、スムージーは有料です(船上どこでも同じ)。
水、コーヒー、紅茶、アイスティー、牛乳、ハーブティーなどは無料。

他に、スペイン料理Tapasの店、スポーツバー、Pacific Hights(だったかな?)という
名前のレストランと、アイスクリームパーラーがありました。これらも全て食べ物は無料。

スペシャルレストランでは、1人当たり10~20ドル程度の追加料金がかかりますが、
この場合も何をどれだけ食べても料金は同じです。寿司、鉄板焼き、ステーキ、イタリアン、
フレンチがありました。このうち、確かイタリアンとフレンチ、ステーキレストランでは
時間帯割引があり、5時半~6時に食べ始める(?)と半額でした。

私たちは7泊で、寿司、イタリアン、フレンチの3つを制覇しました。
寿司は「まぁ、アメリカだしね…」という味でした(^^;寿司ではなく創作料理だと
思えば結構イイんじゃないでしょうか。
イタリアンは若干中途半端?な感じ。悪くはないですが、メインがちょっと残念。
一番良かったのがフレンチでした。コース全体のバランスが取れていた気がします。
デザートはイタリアンの方が美味しかったですね~。

その他、朝食時にのみ「ワッフルステーション」「オムレツステーション」、昼食時にのみ
「サンドイッチステーション」「ピザステーション」「パスタステーション」が
オープンします。それぞれ、その場で自分の好きな具で(簡単に)調理してもらえます。
「オムレツ~」「サンドイッチ~」の2つが良かったです。

ルームサービスは24時間利用可能(初日と最終日は除く)。スペシャル料理以外は無料。
コーヒー、紅茶やフレッシュジュース類、パン、フルーツなどの朝食っぽいメニューが
中心だったような気がします。私たちは朝食に1回だけ利用しました。温かいものが
食べたい場合は、外に出ましょう。

バーは船内にオープンエアのところや、広々としたラウンジなど何ヶ所かありました。
そのうちいくつかは生ビールもありました。(…が、私は禁酒中だったため詳しいことは
分かりません^^ゞ)


ドレス・コードについて

NCLの場合、他のクルーズラインよりドレス・コードは緩いです。大抵のクルーズの場合、
7泊の旅行だと2回はフォーマルナイト(女性はカクテルドレス、男性はタキシードなど着用)が
あるようですが、NCLのHPをみると「メイン・ダイニングのみ1夜はフォーマル。それ以外は
リゾート・カジュアルでOKです」
というようなことが書かれていました。

実際のところ、私たちの旅行中は1回もフォーマル・ナイトはなかったように思います。
(あったら船上新聞に書かれていたと思うんですが、一度も見なかったので)
普通の日は、ディナー時でも結構ラフな人が多かったです。Tシャツやジーンズの人も
いました(入り口には「ディナー時にはTシャツ、タンクトップ、ショートパンツ…は
ご遠慮下さい」
と一応書かれていましたが、実際は無法地帯でした(笑))。
逆に、スーツやドレスでビシッと決めている人もちらほらいました(カッコいい!)。

結局は、"Freestyle"ってことですね(笑)
NCLでは特に服装に気を使う必要はないかな~?と思います。(路線や船によるかもしれませんが…)
極端に汚かったりせず、常識の範囲内の服装であれば全然大丈夫でしょう。


旅行全般について

私たちが参加したのは、New Orleans港を出発してミシシッピ川を下り、
メキシコ湾~西カリブ海沿岸を巡る7泊8日の旅行でした。下が行程表です(その日の旅行記が
書け次第、港名とリンクさせていきたいと思います。)

Day
Port
Arrive
Depart
Sun (Day1)
New Orleans
--
5:00 PM
Mon (Day2)
At Sea
--
--
Tue (Day3)
Costa Maya (Mexico)
10:00 AM
6:00 PM
Wed (Day4)
Santo Tomas De Castilla (Guatemala)
8:00 AM
6:00 PM
Thu (Day5)
Belize City (Belize)
8:00 AM
6:00 PM
Fri (Day6)
Cozumel (Mexico)
8:00 AM
6:00 PM
Sat (Day7)
At Sea
--
--
Sun (Day8)
New Orleans
7:00 AM
--


New Orleansの空港からはシャトルバスを利用すると良いと思います。
Baggage Claim(確かNo.6)のすぐ横にチケット売り場がありますし、クルーズの
出航日には"NCL"と書いた紙をもった係りの人がいるので、聞いたら分かると思います。
エアポートシャトルの会社が、クルーズがある日のみターミナル行きのバスを
出しているようです。乗り場は他のシャトルと違い、道を渡った駐車場の方にありました。

バスに乗ってからは20分程度でターミナルに到着したと思います。
Julia Street Cruise Terminalの地図はここをクリック。(Google Mapに飛びます。)

大きいスーツケースは係りの人に預けないといけませんが、その際名前を言って
部屋番号が書かれたタグを付けてもらいます。その後、荷物はその日の夜までに
部屋の前に届けられます。(私たちは少し遅かったですが、夕食前に届いていました)

荷物を預けたら、ターミナルの入り口でチケット(Travel Document)とID(パスポート)を
見せて入館。館内ではまずセキュリティーチェックを受けます。まあ、空港みたいな感じですが
もっと甘かったです。

そしてチェックイン・カウンターに進んで手続き。部屋のカードキー(船上での色々な
支払い(お酒を飲んだときとか、買い物をしたときとか)にクレジットカード代わりに使える)を
もらいます。このカードキーを貰うために、↑の支払方法を決めないといけません。
クレジットカード、トラベラーズチェック、現金が利用可能だったように思います。
(現金の場合は何か制限があったような気がしますので、各自ご確認下さい)

このカードキーは部屋の鍵、船上での各種支払い、そして寄港地での下船・乗船時に必要です。

チェック・インが終わると、そのまま船に乗り込むことができます。

私たちは上記の流れを全く知らなかったため戸惑いましたが、実際、時間はそれほど
かからずスムーズに行けたと思います。それなりにお客さんはいましたが、どうしようもなく
混雑しているということはありませんでした。

乗ってしまうと、すでに利用可能なレストランもありますし、出航まで自由に過ごすことができます。
ターミナルには何もありませんし、サクっと船に乗ってしまうのが良いですね。


以上、思いつく限りの情報を書いてみました。
旅行を検討中の皆様のお役に立ったら嬉しいです(^-^*

2007/04/05






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.