020026 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

骨折を隠した医師・小井土雄一・高里良男

QLOOKアクセス解析
2012/10/15
XML
カテゴリ:高里紀子
独立行政法人国立病院機構・災害医療センター(東京都立川市)で、看護師による患者傷害事件が起きた。
災害医療センター看護師・安井俊子は患者に、出血を伴う頭部外傷・足の骨折を負わせた。
災害医療センターは、診療記録で、骨折を「擦過傷」と改竄し、傷害事件を組織的に隠蔽した。
http://saigaitakasato.blog.so-net.ne.jp/

oowada1oowada2saigaioowada4.jpg
災害医療センター医療安全管理者・大和田文代
医療安全管理室の診療記録では、骨折が「擦過傷」と虚偽記載されていた。

独立行政法人国立病院機構・災害医療センター(東京都立川市)で、看護師による患者傷害事件が起きた。
災害医療センター看護師・安井俊子は患者に、出血を伴う頭部外傷・足の骨折を負わせた。
災害医療センターは、診療記録で、骨折を「擦過傷」と改竄し、傷害事件を組織的に隠蔽した。
http://saigaitakasato.blog.so-net.ne.jp/

saigaitanakatouyou72.jpg
看護師による患者傷害事件において
自称弁護士・大森勇一・田中東陽(曙綜合法律事務所)は
http://www.akebono-law.jp/top_lawyerprofile.html
裁判でカルテを改ざんして提出した。
自称弁護士・田中東陽→「電話が鳴ったから患者を放置した」(電話の抗弁)
自称弁護士・田中東陽→「歩行不能な患者が★転倒★」(妄想の推認)
自称弁護士・田中東陽は嘘つきです。

saigaitanaka2.png

医療訴訟なら
医療の素人
田中東陽
(自称弁護士)
曙綜合法律事務所 にお任せ
http://www.akebono-law.jp/top_lawyerprofile.html

saigaitakasato131.jpg
災害医療センター院長・高里良男も
自称弁護士・田中東陽に依頼。
東京地方裁判所立川支部平成23年(ワ)第3717号事件
被告 高里良男

裁判では
「電話が鳴ったので患者を放置→骨折」
という電話の抗弁を堂々と主張。
http://saigaitakasato.blog.so-net.ne.jp/

saigaihayashi4.png
骨折を隠した医師・高里良男
http://saigaitakasato.blog.so-net.ne.jp/

hayashi
骨折を隠した医師・林茂樹
http://www.shigekihayashi.com/index.html

koido1

骨折を隠した医師・小井土雄一(不倫)
http://www.nho-dmc.jp/treatment/department/lifesaving.html

saigaikoido8.png

saigaihasegawa8.png

災害医療センター長谷川栄寿・今井一徳は、
「骨折は生命に関係ないから記載しなかった。」
と裁判で言い張った。
東京地方裁判所立川支部平成22年(ワ)第2824号事件
被告 長谷川栄寿・今井一徳
http://www.nho-dmc.jp/treatment/department/lifesaving.html

saigaitakase.jpg
東京地方裁判所立川支部平成23年(ワ)第1757号事件
被告 安井俊子
頭部出血に気付いた家族に何も言わず逃げた看護師・安井俊子の行為について
「病院幹部の指示」
と裁判で言い張った。
http://saigaitakasato.blog.so-net.ne.jp/

oomori.png
患者は歩行不可能であったにもかかわらず、「転倒した」と嘘をついた自称弁護士
大森勇一(63歳)(曙綜合法律事務所)は、
平成24年2月28日の東京の大雪のために、上図のごとく、自ら転倒した。
http://www.akebono-law.jp/top_lawyerprofile.html

saigaitakeda4.jpg
武田淳一(現在、独立行政法人国立病院機構さいがた病院(新潟県)看護部長)
東京地方裁判所立川支部平成23年(ワ)2774号
被告 武田淳一(骨折を隠した看護師)
http://www.saigata-nh.go.jp/

被告小井土雄一は、患者を骨折させた言い訳として、
「固定電話が鳴ったので・・・」と言い張ったが、
現実には、院内PHSを所持していた。被告小井土は嘘をついていた。
saigaichikenPHS.jpg
院内PHSを所持する被告小井土

独立行政法人国立病院機構・災害医療センター(東京都立川市緑町)の看護師・安井俊子は、入院患者をベッドから転落させ、骨折させた。

災害医療センター部長・小井土雄一は、患者傷害の犯人・看護師安井俊子に「話すな!」と指示した後、
患者家族に「説明はしない。俺は病院職員を守るために来たんだ!」と恫喝し、
患者家族に「自分でみろよ」と罵った。

災害医療センターは、診療記録で、骨折を「擦過傷」と改竄し、看護師による傷害事件を組織的に隠蔽した。
災害医療センター医療安全管理室(高里良男・大和田文代)の診療記録では、骨折が「擦過傷」と改竄された。
傷害事件の犯人・看護師安井俊子の名前は消された。

厚生労働省や所轄警察署への報告・届出義務があったにもかかわず、災害医療センターは、故意に報告・届出を行わず、骨折を組織的に隠蔽した。
裁判所により、診療記録の証拠保全が行われたが、災害医療センターは証拠保全後に、診療記録の破棄・改竄を行った。
災害医療センター医療安全管理室長だった高里良男は、診療記録改竄・看護師による傷害事件の隠蔽後に、災害医療センター院長に就任した。
saigaitakasato16.png
満面の笑みでカルテ改ざん
災害医療センター高里良男
http://www.nho-dmc.jp/information/index.html

blogmura.gif






Last updated  2012/10/16 12:23:38 AM



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.