041359 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばにらいふ

ばにらいふ

ALBUM

バニラとの出会い

以前から、ず~~っと犬が飼いたいと思っていました。そして、何となくだけど「ダックスがほしいな~~」と思ってました。
そう、まさか本当に飼う事になるなんて、思ってもみませんでした・・・


あれは12月のはじめごろ・・・ダ-リンと高速で茨城から岐阜へ帰る途中でした。
どこかのサ-ビスエリアで休憩していた時、富士山があまりにも綺麗だったので写真に取ろうと歩いていると、向こう側からダックスとパピヨンを連れた綺麗な女の人が歩いてきました。
ずっと犬がほしいと思っていた私は、あまりのかわいらしさに、ついその女に人に話しかけてしまいました。

私:「かわいいですね~、何歳くらいなんですか?」
女性:「1歳ですよ」
私:「ミニチュアですか?」
女性:「カニンヘンって言うんです。もうこれ以上は大きくならないんですよ!」

その時初めて私は「カニンヘン」という種類のダックスがいることを知りました。
そしてその後の車中では、ダ-リンとダックスの話に・・・『絶対犬を飼う!カニンヘンじゃなきゃイヤ!!』そう決めたのがこの時でした。


家に着いて、すぐにダ-リンとペットショップに行きました。しかし、どこへ行ってもミニチュアしかいませんでした・・・
あの手この手で調べ、隣県のある犬舎でカニンヘンをブリ-ディングしていることを知り、そこに出向いたりもしました。しかし、なかなか色々な条件にマッチする子に出会えませんでした・・・

そんな時、東京のブリ-ダ-さんのHPでカニンヘンの出産情報を見つけ、何の迷いもなく電話をしました。
『この子しかいない!』そう思いました。これがバニラとの出会いでした。

今思えば、もしもあの時、サ-ビスエリアであの人に出会っていなかったら・・・ 
カニンヘンを見なかったら・・・ 私は犬を飼うことはなかったかもしれません。
そして、もしもあのHPで出産情報を目にしていなかったら・・・ 
バニラとは出会ってなかったのかもしれません。出会いって不思議だな~と、最近よく思います。
バニラとの出会いは運命だと信じたい。
そう、バニラは私の元へ来るべくして来たのだと・・・

next


© Rakuten Group, Inc.