000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ママs‘ダンニング 

美しくなりましょう。

美しい人には、理由があります。


1、美しい肌づくり。

まず外観を美しく見せる、外観から整えることから考えてみましょう。
大切なのは、毎日正しいスキンケアを行い、素肌を美しく整えること。
外部環境から肌を守り、皮膚の代謝やメカニズムの乱れを整え、トラブルを未然に防ぐなど、正しいスキンケアは肌の健康持続に不可欠です。


2、体の中から美しく。

内側からのケアも必要です。内蔵の働きが悪いと、皮膚にも色々な変化が起こります。
「皮膚は内蔵の鏡」と言われるように、皮膚からは内蔵の調子が、ある程度見てとれます。
逆に、体全体を健康に保てれば、皮膚の働きも順調に営みを続ける、と言えるのです。
バランスのよい食生活や、適度な運動・睡眠など、毎日の積み重ねに気を配ることです。

1、2は原則を確認しました。さらに、大事なことがわかってきました。

3、アタマと皮膚、ココロと肌のつながり医学界では、皮膚の中で免疫をつかさどる細胞が、脳につながる神経細胞と接触していることが研究発表されています。

皮膚と神経は、そもそも同じ細胞組織からできあがってくるもので、密接な関係を持っています。
円形脱毛症や精神的緊張によるジンマ疹など、皮膚病の中には精神的要素に支配されているものも少なくありません。
また、化粧が心身の奥に与える影響は、予防医学的なさまざまな処置としても、重要な働きを果たすと考えられ、注目されています。

4、アタマの中から美しくなれる。「肌はココロの鏡」と言います。
肌の鏡が映し出すのは、一人ひとりの異なる生き方、ココロのあり方そのものです。
それをルールにすることはできません。
けれども、精神的なことや、考えることの影響がいかに大きいか。その意識があれば、私たちはもっともっと美しくなれるのではないでしょうか。

5「上手なトラブル予防が大切です」

◆アレルギー。
春は空気が乾燥し、強い風によってホコリや花粉が舞うため、花粉症などのアレルギーが発症しやすくなります。
鼻粘膜だけでなく肌にも刺激となるため、肌をしっかりと保護し、汚れを長時間残さないことかま大切です。

◆紫外線。
冬は照射量が減るとはいえ、紫外線は一年中降り注いでおり、肌にダメージを与える要因の一つです。

冬であれUVケアにてを抜かないこと。
春先な紫外線が急激に強くなる反面、
肌の防御機能は鈍い状態なので注意が必要です。

この後に商品紹介をしましょう。

1番 アミノ酸オイルクレンジング
2番 洗顔プランパウダー
3番 薬用UVエッセンシャルベール
4番 薬用MKオウゴンパック
5番 薬用美白プランジェル
6番 弱酸性プランローション
7番 リエジプランパック
8番 リップベールエッセンス
9番 リンクルケアファンデーション
10番 薬用養毛エッセンス。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.