週末JAZZ

リスト

当ショップの会員さまやいつもご愛顧いただいているお客様のみに、お知らせしている先取り情報です!


当店独占販売商品もありますので、要チェックです!


1.ピアノトリオ最新リリース情報

2.お薦めコンボ ボーカル新作リリース情報


入荷枚数は、限りがありますので、ジャズメールを配信させていただいているお客さま、優先と致します。

6月30日〆です。



  • MarcinLosik.jpg

Marcin Losik Trio / Emotional Phrasing
ポーランドの新進気鋭のピアニストがリーダーのピアノトリオによるデビュー盤。
エネルギッシュなフレーズの中に溢れ出るロマンチシズムは正に多くの同国のピアノトリオ・アルバムに漂うのと同種類のもの。
また、決して凡庸に陥らない進取の気性はリズム陣との複雑な掛け合いやめくるめくようなインプロヴィゼーションに現れています。

Marcin Losik (p)
Ksawery Wojcinski (b)
Robert Rasz (ds)

1. Modal Enterprise
2. The Portrait Of Satie
3. On The Edge Of The Millennium
4. Waiting For My Buddies
5. Emotional Phrasing
6. Her Song
7. The Last Castle
8. Both Sides
2015年作品
8月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Marcin Losik Trio / Emotional Phrasing」のご試聴、ご予約はこちらへ


  • Tarenzi Trio BA.jpg

Roberto Tarenzi Trio / Live
1977年ミラノ生まれの俊英ピアニスト、ロベルト・タレンツィ待望の新作。
一聴して目の覚めるような、鮮やかに突き抜けた音色、派手めで思い切りの良いプレイがライヴに似合う実力派ピアニストの最新ライヴ録音盤!
「With a song in my heart 」「Nice work if you can get it」などスタンダードと並び、チック・コリアの「マトリックス」トゥーツ・シールマンス「ブルーゼット」コルトレーンの「カウントダウン」など選曲も良く、彼の緩急自在で躍動感溢れるピアノが楽しめます。

Roberto Tarenzi (p)
Dario Deidda (b)
Roberto Pistolesi (ds)

1. With a song in my heart
2. Nice work if you can get it
3. a.r.t
4. Some of the thing you are
5. matrix
6. Not Yours
7. Bluesette
8. Countdown
2015年作品
7月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Roberto Tarenzi Trio / Live」のご予約はこちらへ



  • Tsunami trio BA.jpg

Carlo Ubordi Tsunami Trio / Tunamici
カルロ・ウルボディの待望の新録ピアノトリオ盤。
”FREE FLIGHT””SARA&BARBARA”の2枚の作品で我が国のピアノトリオ・ファンのハートを鷲掴みにしたウルボディ。
新作でも期待通りのプレイを繰り広げてくれております。
タイトル通り津波に呑み込まれるように、メロディアスな微妙な表現の渦の中に巻き込まれ、思わず時間が経つのを忘れてしまうような美しさを味わえる推薦盤!

Carlo Uboldi (p)
Valerio Della Fonte (b)
Massimo Manzi (ds)

1. SWINGING VIVIANA
2. RULES OF THE GAME
3. BOSSA VEGIA
4. SO STUPID TO BELIEVE IN LOVE
5. I’ M OLD FASHIONED
6. LOVING OSCAR
7. MARY FOREVER
8. YOU MUST BELIEVE IN SPRING
9. TAVEL
10. FOUR ELISA
11. ‘S WONDERFUL
2015年作品
7月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Carlo Ubordi Tsunami Trio / Tunamici」のご試聴、ご予約はこちらへ



  • MA.jpg

松本茜 TRIO / メモリーズ・オブ・ユー
松本茜の5年振りとなる新しいトリオアルバムは、世界最高峰のリズムセクション、ピーターワシントンとジーンジャクソンを率いてのNY録音。
溢れ出るピアニズム、迸るスイング。
JAZZの美しさ、楽しさを正面から表現する松本茜ニューヨークトリオは世界を虜にする。(新譜インフォより)

松本茜 (p)
Peter Washington (b)
Gene Jackson (ds)

1. Memories of You (Eubie Blake) 
2. Lowlentide Waltz (Oscar Peterson)
3. Gentle art of love (Oscar Pettiford)
4. Moon River (Henry Mancini)
5. JJ (Akane Matsumoto)
6. Danny Boy (Traditional)
7. Goodbye Mr.Miller (Akane Matsumoto)
8. Hometown (Akane Matsumoto)
Exective Producer: Wataru Hamasaki(Concept Record)
Recorded on May 5th & 6th 2015 at Bunker Studio Brooklyn NewYork
8月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「松本茜 TRIO / メモリーズ・オブ・ユー」のご試聴、ご予約はこちらへ





  • NPT.jpg

The New Power Trio / TRIO
海外代理店ストック在庫が最終入荷決定!
前回入荷時、お買い逃した方は、今回是非!
ジャズ批評133号「店頭で最近見かけなくなったCD」にも紹介された隠れピアノトリオ名盤。
ラテンテイストを多分に含むジャズピアノトリオで、ドラムよりパーカッションが活躍する場面が多いのだけど、熱血溢れるラテンという訳ではなくて、パーカスのチャカポコ具合やカウベル、コンガの音がまったりしていて、そこのところが逆に良いのですわ。
あまり、情熱的にしゃかりきに、音符とリズムで埋め尽くすのではなくて、少し離れたところからラテンとジャズを見つめて、そこから自分達がクールだと思う方法で演奏している感じ。
この感じ、悪くない。
表現がくどくないところが、新しい。
それでいて、楽曲の聴かせどころは、しっかりと壺を押さえていて心憎い。
くどくないから毎日聴ける。
毎日聴いても飽きのこないスルメ盤ピアノトリオですね、これは。
ショーターの「イエス・アンド・ノー」とカーラ・ブレイの「アイダ・ルピノ」を演ってくれているのも嬉しいではないか!

Nate Shaw(p)
John Crooks(b)
Mark Suter(per)

1.Yes and NO
2.Persons Unknown
3.Wolof
4.El Cuarto de Tula
5.Ida Doun Doun
6.You Don't Know What Love Is
7.Bembe
8.Serenade
9,Ida Lupino
10.But Not For Me
2000年録音
7月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「The New Power Trio / TRIO」のご予約はこちらへ




  • RC.jpg

ROBERT CARTER TRIO / COINCIDENCE
”ロバート・カーター”・・・不覚にも名前すら知らなかった!
当店のピアノトリオ・マニアのお客様から「こんなの入荷可能でしょうか?」と問い合わせがあり、初めて存在を知った次第。
聴きてみてこれがびっくり!!
リリカル、センチメンタル、ロマンティック・・・!
品が良く、凛とした男の佇まいを宿した、まさに英国のジェントルマン然としたピアノトリオ盤なのである。
この作品、ピアノトリオの長年のファンならば感じると思うのだけど、”名盤の品格”を持っている。
自主レーベルの知られざる作品ということで、廃盤本にでも掲載されれば、たちまち中古市場で高騰するのは、間違いない。
ブツがある今のうちに適正価格で是非手に入れてくださいネ!
ピアノトリオの世界は広く、まだまだ勉強が足りないと改めて思い知らされた一枚。

Robert Carter (p)
Tim Wells (b)
Mark Fletcher (ds)

1.Coincidence (Carter)
2.Ronan's Sister (Don Paterson)
3.Law Years (Ornette Coleman)
4.Further Out (Carter)
5.Smoke Gets In Your Eyes (Jerome Kern)
6.Bakwetha (Chris McGregor)
7.Yesterdays (Jerome Kern)
8.Alice in Wonderland (Fain/Hilliard)
9.Zingaro (Jobim)
10.Canto de Cuna Bergales (trad. arr. Carter)
1999年作品
7月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「ROBERT CARTER TRIO / COINCIDENCE」のご試聴、ご予約はこちらへ




  • thejazzprofessors1.jpg

The Jazz Professors / En Plein Air
ジャズ・プロフェッサーズは、フロリダ州オーランドにあるUniversity of Central Floridaのジャズ科の教授達によるコンボで、ビル・エバンス・トリオのドラマーとして8年間在籍したマーティー・モレルはじめ、数年前リリースされたピアノトリオ(現在廃盤)が好評でしたパー・ダニエルソン等真の実力者が揃ったプロフェッショナル集団。
本作は、彼等のサードアルバムにあたるもので、ジェフ・ルパートのムード溢れる語り口が素晴らしいゲッツ系テナーや元OTBのメンバーで、数々のアルバムを残しているマイケル・モスマンのトランペットがフロントを務めている。
完璧なアンサンブル、メロディアスで美しいソロ、流石に先生の演奏だけあってケチの付けようがありません。
ジャズは「こういう風に演奏するのだ」というような気概に溢れた作品。
日頃教鞭をとっている各々が、ジャズ・ミューシャンとしてのスピリットと見せつけた作品です。

Jeff Rupert (ts)
Michael Mossman (tp)
Michael Wilkinson (tb)
Per Danielsson (p)
Richard Drexler (b)
Marty Morell (ds)
Bobby Koelble (g)

1. In the Still of the Night
2. Black Velvet
3. The Shining Sea
4. San Giorgio Maggiore
5. Woman With a Parasol
6. La Maison Rouge
7. Follow the Monet
8. Le Rond-Point
9. Melancholia
10. When Lights Are Low
2015年作品
8月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「The Jazz Professors / En Plein Air」のご試聴、ご予約はこちらへ


  • ED.jpg

Eli Degibri Quartet / Cliff Hangin'
東京JAZZ 2015のメインステージに9月6日(日)「エリ・デジブリ・カルテット with Special Guests 山中千尋 and more」として出演決定!のエリ・デジブリの最新作が日本先行発売で登場!
RED SEA JAZZ Festival のアーティスティック・ディレクターとしても活躍するエリ・デジブリの豪快かつ繊細な芸術性を存分に楽しめる最高傑作です。(新譜インフォより)

ELI DEGIBRI (ts,ss)
GADI LEHAVI (p)
BARAK MORI (b)
OFRI NEHEMYA (ds)

1.The Troll
2.Cliff Hangin'
3.Even Bees Do It
4.Kind Of Blues
5.Suki The Cat
6.Twiced
7.Ocean View
8.Shesh Besh
9.Momento Fugaz
10.The Unknown Neighbor
11.The Unknown Neighbor
2015年作品
8月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Eli Degibri Quartet / Cliff Hangin'」のご試聴、ご予約はこちらへ



  • Uli.jpg

Uli Beckkerhoff Quartet / Heroes
40作以上のアルバムをリリースしてきた世界クラスのトランぺッターUli Beckerhoff による、Dot Time のデビュー盤。
若手アーティストを導くかのように一点に力を集中させ、自らのブローを乗っけていく堂々たる演奏。
歌心溢れる抒情性の一方で、これぞジャズと言わんばかりの剥き出しの感覚を打出して説得力ある演奏を繰り広げる、ファン納得の1枚。
パオロ・フレスやトーマス・スタンコ、エンリコ・ラバらのファンにお薦めです。

Uli Beckerhoff (tp.flh)
Richard Brenner (p)
Moritz Goetzen (b)
Niklas Walter (ds,per)
Tim Buecher (g on 4&8)

1. Bye bye, Kenny
2. Nach vorne, endlos …
3. Capo d`Orlando
4. Meteo
5. Sarah
6. My unseen movie
7. Suenado
8. Heroes
9. Don’ t throw you heart away
10. Finally free
11. Destination east
12. Das helle Hören
13. Tango tragico
2015年作品
8月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Uli Beckkerhoff Quartet / Heroes」のご試聴、ご予約はこちらへ



  • DR.jpg

David Rex Quintet / Collison Course
オーストラリアのサックス奏者DAVID REXが1998年に発表したカルテット作。
オープナーからいきなり新主流派然とした活きのいいサウンドが飛び出してくる。
DAVID REXはパワフルなファットトーンの持ち主で、ヴィンセント・ハーリングやジェシー・デイビスを少し連想させるところがある。
マクリーンのフレーズ、イントネーションを感じさせるところもマイナス評価にはならないだろう。
まだまだ発展途上の成長段階のミュージシャンなのが分かる。
1998年の録音なので、現在はもっと違った演奏をしているのではないかな?
2,3曲目はコルトレーンの「COUNT DOWN」JJの「LAMENT」と有名曲が続き、アップテンポ、スローバラードどちらも好感のもてるプレイをしている。
正面を見据えた実直でキリッとした演奏は聴いていて気持ち良い。
ジャズミュージシャンとしての大きな個性や色気はまだまだこれからだと思うけれども、期待を抱かせるに充分の演奏をしていると言える。

DAVID REX (as)
BERNEY McALL (p)
MATT CLOHESY (b)
DANNY FISCHER (ds)
TOBY MAK (tp, 1,6,7&8)

1 Gross Rexman
2 Countdown
3 Lament
4 Davros
5 Bimbo Blues
6 Collision Course
7 System Error
8 You Don't Know What Love Is
1998年作品
7月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「David Rex Quintet / Collison Course」のご試聴、ご予約はこちらへ




  • stephanieporter1.jpg

Stephanie Porter / Radio Theatre
女性ヴォーカルのコアなファンの間で、支持されている歌手ステファニー・ポーターの新作。
自主制作でリリースされている為、大きくジャズジャーナリズムの取り上げられ、話題になることは今のところはまだない。
しかし、結構隠れファンがいそうな気がする。
メジャーというか、ワールドワイドに流通するレーベルから作品が出れば一気にブレークするのではないかと10年前から思い続けている。
2005年のデビュー作「MOOD SWINGS」(現在廃盤)2010年「How Deep is the Ocean」と5年ごとに新作をリリースしていることになる。
ジャケの顔を見ると、確実に時間が経過していることが分かっていただけると思う。
妖艶さをました、成熟した大人の女性になった彼女の、素晴らしいヴォーカルが聴ける。

Stephanie Porter - Vocalist (1-10)
Marius Nordal - Piano /arranger (1-2-5-6-7)
Bill Anschell - Piano /arranger (4-9-10)
Craig Hoyer - Piano/ Electric /arranger (3 & 8)
Dan O'Brien - Bass (1-10)
Steve Yusen - Drums (1-10)
Dan Adams - Percussion (3 & 6)
Mike West - Saxophone / flute (3-6-7-8)
Steve Madaio - Trumpet (1 & 5)

1. He Thinks That I'm Wonderful
2. Into November
3. Around the World
4. Come Back to Me
5. Poor Little Child
6. No More Blues
7. Gone
8. Right On Time
9. Day Dreams
10. I'm Afraid the Masquerade Is Over
2015年作品
7月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Stephanie Porter / Radio Theatre」のご予約はこちらへ


  • LD.jpg

Lea Deman / Sings Chet Baker
コケティッシュな歌声で少しラフな歌い方が魅力のフランスの女性ヴォーカリストLea Deman が、
敬愛するトランぺッター、チェット・ベイカーに捧げた彼女のセカンド・アルバムが登場。
ピアノトリオをバックにスイングしながら、表情豊かに歌い上げるスタンダード集。
ヴォーカル・ファン必聴の一枚です。

Lea Deman (vo)
Hidehiko Kan (ds)
Bibi Louison (p)
Juan Saubidet (b)

1. How Long Has This Been Going On
2. I'm Old Fashioned
3. Everything Happens To Me
4. It Could Happen To You
5. You Don't Know Wht Love Is
6. The Thrill Is Gone
7. You Make Me Feel So You
8. Old Devil Moon
9. How Deep Is The Ocean
10. My Funny Valentine
11. Do It The Hard Way
2015年作品
8月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Lea Deman / Sings Chet Baker」のご試聴、ご予約はこちらへ


  • CTV.jpg

Chantal Thompson / Sirens & Stars
時に甘く、時に切なく、温かな表情で歌う、カナダ・ケベック州出身の女性ヴォーカリストのデビュー盤。
”You Don't Know What Love Is””I've Been Loving You Too Long”などのスタンダード曲にボビー・ティモンズ、オーネット・コールマン、ビル・エバンスらのジャズメン・オリジナル、そして現代的なセンスで仕立てられた魅惑的なオリジナル曲を、ポップなアレンジを施しながら、格好良く仕立てた推薦盤。
2014年にMP3仕様で公開はされたものの、日本のファンのために初CD化される本作、ぜひこの機会!

1. Avec Le Temps
2. You Don't Know What Love Is
3. Dat Dere
4. I've Been Loving You Too Long
5. What It Feels Like
6. Almost Blue
7. Re: Person I Knew
8. Last Night When We Were Young
9. Sirens
10. Stars
11. Lonely Woman
12. You Won't Forget Me
2014年作品
8月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Chantal Thompson / Sirens & Stars」のご予約はこちらへ


  • ZR1504002.jpg

MARJORIE BARNES / MEETS SARAH VAUGHAN - TENDERLY
米ベテランシンガー=マージョリー・バーンズによる、サラ・ヴォーン没後25周年記念トリビュート作品。
NYC出身、ブロードウェイで歌手/役者としてデビュー、1976年にフィフス・ディメンションのリードを2年務めた
あと、ジャズ・シンガーへと転向し、ロンドン、パリ、ウィーン、オランダで活動を続けてきたマージョリー・バーンズによる、サラ・ヴォーンへのリスペクトに満ちたトリビュート・アルバム。
バックを務めるのは、名手ロブ・ヴァン・バヴェル(p)率いるスタンダード・トリオ&ギター。

Marjorie Barnes (vo)
Rob van Bavel (p)
Jean Jacques Rojer (g)
Frans van Geest(b)
Niek de Bruijn (ds)
Sjoerd Dijkhuizen (sax on 9,11)

1. In A Mellow Tone
2. Easy Living
3. Misty ‒ Tenderly
4. So Many Stars
5. Speak Low
6. Street Of Dreams
7. My Favorite Things
8. The Lamps Is Low
9. East Of The Sun
10. Gershwin Medley
11. ‘S Wonderful
12. The Touch Of Your Lips
13. Passing Strangers
2015年作品
7月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「MARJORIE BARNES / MEETS SARAH VAUGHAN - TENDERLY」のご予約はこちらへ



  • MF1.jpg

Megan Fanning / Influence
カナダではコンテストで優勝するなど実力は評価されながらも、本邦では未紹介に終わったヴァンクーバー出身の実力派女性ヴォーカリスト。
現在は活動状況は不明で、これまでリリースされた2枚のCDも流通に乗らず埋もれてしまっています。
スタンダードを中心に歌いますが、本格派のような重厚さはなく、さりげなくさらりと歌いこなす様が逆に魅力。
ヴォーカル・ファンにはぜひ聴いてもらいたい、埋もれさすには惜しい自主制作盤の限定入荷です!

Megan Fanning(vo)
Miles Black(p)
Chris Gestrin(p)
Michael Guild(g)
Tim Poerter(dobro & guitar)
Tim Stacey(b)
Rene Worst(b)
Bernie Arai(ds)
Tom Keenlyside(ts/fl)
Brad Tomer(tp/flh)

1. Ain't Nobody's Business
2. Under The Influence
3. The Masquerade Is Over
4. Straight Of Georgia
5. Who Walks In When I Walk Out
6. Wonder
7. I Close My Eyes
8. Cheek To Cheek
9. Ode to Billie Joe
10. 29 Ways
11. Baby It's Cold Outside
12. Spooky
13. Guess Who I Saw Today
2005年作品
8月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Megan Fanning / Influence」のご試聴、ご予約はこちらへ



  • MF2.jpg

Megan Fanning / Wee Small Hours

Megan Fanning(vo)
Michael Guild(g)
Tim Stacey(b)
Brian Samuels(cello)
Doug Jang(ds/perc)
Tom Keenlyside(sax/fl)

1. Halleilujah
2. Dream A Little Dream
3. In The Wee Small Hours
4. Manha De Carnival
5. Black Coffee
6. Lullaby Of Birdland
7. Too Good To Be True
8. Don’ t Explain
9. Why Don’ t You Do Right
10. The Nearness Of You
11. Ain’ t No Sunshine
12. Start It Up
2000年作品
8月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Megan Fanning / Wee Small Hours」のご試聴、ご予約はこちらへ



ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.