週末JAZZ

フリーページ

音円盤アーカイブス(7,8,9月)


音円盤アーカイブス(10,11月)


音円盤アーカイブス(11,12月)


音円盤アーカイブス(12月1月)


音円盤アーカイブス(1月2月)


音円盤アーカイブス(2月)


音円盤アーカイブス(2,3月)


音円盤アーカイブス(3,4月)


音円盤アーカイブス(4月)


音円盤アーカイブス(5月)


音円盤アーカイブス(5月6月)


音円盤アーカイブス(6月7月)


音円盤アーカイブス(2005年7月)


音円盤アーカイブス(2005年8月)


音円盤アーカイブス(2005年8,9月)


音円盤アーカイブス(2005年9,10月)


音円盤アーカイブス(2005年10,11月)


音円盤アーカイブス(2005年11月)


音円盤アーカイブス(2005年12月)


音円盤アーカイブス(05年12月06年1月)


音円盤アーカイブス(06年1月2月)


音円盤アーカイブス(06年2月3月)


音円盤アーカイブス(2006年3月)


音円盤アーカイブス(2006年3月4月)


音円盤アーカイブス(2006年4月,5月)


音円盤アーカイブス(2006年5月6月)


音円盤アーカイブス(2006年6月7月)


音円盤アーカイブス(2006年7,8月)



伊Splaschレーベル入荷可能リスト


VENTO AZUL JAZZ ROOM


,


;


a


b


リスト


<


FSNTリスト


NAGEL HEYER コンプリート・カタログ


h


l


MUSEレーベル取り扱いリスト


ACT musicカタログ


VA


SPECIAL NEW(OLD)


Mike Pope


Allen Mezquida


BOB FERREL


RENE URTREGER


初山 博


NEIL SWAINSON


DYLAN CRAMER


SIEGFRIED KESSLER


ENZO RANDISI


田中 武久


SAXOPHONE SUMMIT


SANGOMA EVERETT


JAY HOGGARD


KLAUS SUONSAARI


JOE LEE WILSON


高橋知己


NATUREL


!


"


JAZZ訪問記


N山さんJAZZROOM


c


d


J


JAZZ雑記帳


ウェイン・ショーター・カバー曲TOP12


ウィントン・マルサリスの思い出



ジャズ批評ピアノトリオ最前線Vol.3 特集


|


k


z


アラダー・ぺゲ入手困難自主制作盤


SPECIAL NEW CD SALE!


!


f


レア本、ピアノトリオ名盤500掲載盤


[


まるごと一夜 VENTO AZUL


LP 廉価盤カタログ


3


\


MONS


ABAET FOR JAZZ


@


.


:



m


CRISS CROSS スーパー・セール


WIDESOUND取り扱いリスト


v



p


k


アケタ第2弾


VENTO AZULがクアトロのプレスで紹介!


m


セール


DRAGON RECORDS


全9105件 (9105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年11月16日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

安ヵ川 大樹(Daiki Yasukagawa) Trio / Precious
安ヵ川大樹(b) 田窪寛之(p)橋本学(ds)によるトリオ4作目。
ますます充実のトリオサウンド、美メロ満載のオリジナル曲、ジャズ、ブルースのルーツでもある黒人霊歌を3曲取り上げるなど、バラエティーに富んだ収録曲。

安ヵ川大樹 (b)
田窪寛之(p)
橋本学(ds)

1.Complex  Daiki Yasukagawa 3
2.Swingin'On The Old Street Daiki Yasukagawa
3.The Snow Song Daiki Yasukagawa  
4.タビビトノキ Manabu Hashimoto
5.雨夜花  Deng Yu Xian
6.Precious Lord,take my hand Spritual  
7.Goodbye Daiki Yasukagawa  
8.There Is A Balm In Gilead Spritual  
9.Johnny Come Lately   Billy Strayhorn
10.Give Me Jesus  Spritual  
Recorded on 11th Sep.2019 at Studio Happiness
12月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「安ヵ川 大樹(Daiki Yasukagawa) Trio / Precious」のご予約はこちらへ


ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月16日 12時45分05秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

Brian Charette / BEYOND BORDERLINE
オルガニスト、ブライアン・シャレットのオルガン・ソロ作品。
2013年にもオルガン・ソロ作品を出しているので2作目となる。
ジャズ・ピアノ・ソロ作品は数多に存在するが、ハモンドB3のソロ作品となると中々聴く機会もほとんどないでしょう。
デューク・エリントンの3、7曲目以外は自作曲。
まるで「時間と空間を自由自在に操る魔術師」といった感じで、ソウルフルでアーティスティックな演奏に引き込まれてしまう。

Brian Charette(org)

1.Yellow Car
2.Wish List
3.Chelsea Bridge
4.Girls
5.Good Tipper
6.Hungarian Bolero
7.Prelude To A Kiss
8.Silicone Doll
9.5th Of Rye
10.Aligned Arpeggio
11.Herman Enest III
12.Public Transportation
2019年作品
12月上旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Brian Charette / BEYOND BORDERLINE」のご予約はこちらへ


Ronnie Cuber Quartet / Four
相変わらずブリブリ・ゴリゴリの演奏。
約60年以上にわたって200枚以上の作品に参加しているベテラン・バリトン奏者のロニー・キューバー。
フィリー・ジョーの1、リー・モーガンの2、ホレス・シルバーの3、スタンダーズの4、5、8、トゥーツ・シールマンスの6、メル・トーメの7、スタンリー・タレンタインの9、エディヴィンソンの10。どれも豪快な演奏でここ数年は1950年~60年代のロニー・キューバー青春時代影響を受けたスタイルで、伸び伸び楽しんで演奏している様が伝わってくる。

Ronnie Cuber (bs)
Ed Cherry (g)
Brian Charette (org)
Adam Nussbaum (ds)

1.Battery Blues
2.Sidewinder
3.Motivation
4.Tenderly
5.Just Friends
6.Bluesette
7.Coming Home Baby
8.How High The Moon
9.Sugar
10.Four
2019年作品
12月上旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Ronnie Cuber Quartet / Four」のご予約はこちらへ



Yvonnick Prene / New York Moments
STEEPLECHASEから2013年以来となる2作目となる作品。
ハーモニカにオルガン、ドラムの珍しい編成でアルバム全般、ダイナミックな即興演奏をより前面に押し出したプレイが楽しめる。
フランス出身、現在はニューヨークで活動しており多くのジャズ・マスター達との共演がある。
またニューヨーク・ハーモニカ・スクールを立ち上げハーモニカに関する書籍も多数出版している。

Yvonnick Prene (harmonica)
Brian Charette (org)
Jordan Young (ds)

1.Ready, Steady, Blow
2.Newyorker
3.Very Early
4.Dear Zlap
5.Air On A Sunny String
6.A Brooklin Tale
7.Milestones
8.46th Street
9.The Owl Farm
10.Bad April Fool
2019年作品
12月上旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Yvonnick Prene / New York Moments」のご予約はこちらへ

ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月16日 12時36分06秒
カテゴリ:カテゴリ未分類
aketa's Disk

aketa's Disk
相澤徹カルテットや日野皓正初期作品など、今世界中のジャズ・コレクターに最も注目される和ジャズのカルト作品を世界初CD化して注目のDEEP JAZZ RALITY最新シリーズに日本のジャズレーベルの強力タイトルが追加ラインナップ!
アケタズ・ディスク、アナログ期23タイトル完全CD化プロジェクト第2弾!
ここに全てが出揃った!
大好評の第一弾に続く第2弾として今回は11作品がCD化!
手書きのジャケットやハンドメイドの帯などDIY精神溢れるこれらのカタログは近年世界中から注目の集まるJ-JAZZ作品の中でも幻の作品を数多く含む至高のカタログとなっている。

完全限定生産、2019年最新デジタル・リマスタリング、新規解説付き!

【アケタズ・ディスク】
明田川荘之が西荻窪にライヴハウス<アケタの店>をオープンさせたのは1974年2月。以降これまでの35年間、幾多のミュージシャンが集い、夜な夜なセッションを繰り広げてきた。まさしく日本のジャズ史が積み重なってきた“現場”である。並行してレコード制作レーベル<アケタズ・ディスク>を始めたのが1976年春のこと。<アケタの店>に出演するような、パワフルで人間臭いミュージシャンの作品を制作したい、はたまた天才・アケタの作品を世に出したいと自主制作に乗り出したのである。アナログレコードは1985年までに23タイトルが制作され、その後もCDに切り替えてリリースは続けられている。現場を映したカタログには個性的な作品が多く、厚みもあって壮観だ。ここに唯一のリーダー・アルバムを残した者、後の活躍を予見させるようなファースト・アルバムを残した者、人生最後となるラスト・アルバムを残した者・・・。また、ここでしか実現しなかった貴重な顔合わせも数多い。もちろん音楽性は多岐にわたるが、明田川の思いを映し、全ての作品がパワフルで人間臭い。それこそが、アケタズ・ディスクの最大の魅力である。(尾川雄介)



明田川荘之 / 外はいい天気
相澤徹カルテットや日野皓正初期作品など、今世界中のジャズ・コレクターに最も注目される和ジャズのカルト作品を世界初CD化して注目のDEEP JAZZ RALITY最新シリーズに日本のジャズレーベルの強力タイトルが追加ラインナップ!
アケタズ・ディスク、アナログ期23タイトル完全CD化プロジェクト第2弾!
ここに全てが出揃った!
大好評の第一弾に続く第2弾として今回は11作品がCD化!
手書きのジャケットやハンドメイドの帯などDIY精神溢れるこれらのカタログは近年世界中から注目の集まるJ-JAZZ作品の中でも幻の作品を数多く含む至高のカタログとなっている。

完全限定生産、2019年最新デジタル・リマスタリング、新規解説付き!

アケタズ・ディスク第2弾となるリリースは、再びレーベルを主宰する明田川荘之の作品。
山崎弘一(ベース)、亀山賢一(ドラム)とのトリオ編成で、アケタの店におけるライヴ録音である。
松風鉱一作曲の野趣のあるワルツ「ワルツ・フォー・アケタ」、タンゴとジャズの融合に明田川一流のペーソスを注ぎ込んだ「外はいい天気」、アケタ色に染まったスタンダード「マ・フーリッシュ・ハート」など、耳を捉えて離さない好演が並ぶ。
初期の明田川を代表する1枚である。

明田川荘之 (p)
山崎弘一 (b)
亀山賢一 (ds)

1.ワルツ・フォー・アケタ
2.ラバー・マン
3.外はいい天気
4.マイ・フーリッシュ・ハート
録音日:1976年3月29日 アケタ録音
オリジナル発売年1976年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「明田川荘之 / 外はいい天気」のご予約はこちらへ



生活向上委員会 / ライブ・イン・益田
1970年代初頭、梅津和時や原田依幸らを中心に活動を始めた生活向上委員会。
多くのミュージシャンが出入りし多角的な活動をするが、柱のひとつだったのが松風鉱一を中心とした、いわゆる生活向上委員会<松組>である。
島根県益田市におけるライヴ録音となる本作は<松組>が同メンバーで残した唯一の作品。
次第に熱を帯びる重厚なトリオの演奏に刃のように切れ込むサックス。
コルトレーン作「インプレッションズ」からして圧倒的な熱量と密度だ。

松風鉱一(as)
明田川荘之 (p)
山崎弘一(b)
高宮高史(ds)

1.インプレッションズ
2.アイ・ラブ・ユー
3.斎(いんば)
録音日:1976年6月5日島根県益田市民体育館のライヴ
オリジナル発売年1976年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「生活向上委員会 / ライブ・イン・益田」のご予約はこちらへ



つのだ☆ひろ / サマー・サンバ
つのだ☆ひろのキャリアのスタートはジャズ・ドラマーである。
1960年代半ばに富樫雅彦に師事しプロ入り、佐藤允彦や渡辺貞夫のグループにも参加した。
1970年代半ば、浅川マキのバックとしてアケタの店に出演したつのだは明田川荘之と意気投合、セッションを重ねるようになる。
この時期に録りためた音源から抜粋されたのが本作である。「1曲30分~50分なんてのザラ」と言うように、演奏は徹底的に熱くて濃い。
この炸裂感、このドライヴ感。
鬼神のドラム・ソロに昇天。

つのだひろ(ds)
明田川荘之(p)
斎藤 誠(b)

1. ストレンジ・メロ~テーマ
2. サマー・サンバ~テーマ
録音日:1978年3月20日、9月29日
オリジナル発売年1978年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「つのだ☆ひろ / サマー・サンバ」のご予約はこちらへ



明田川荘之 / フライ・ミー・トウ・ザ・ムーン
片面に1974年の録音を、片面に1978年の録音を収めた作品。
ともに山崎弘一(ベース)、宮坂高史(ドラム)という、気心の知れた盟友とのトリオ編成である。
“パワーとアイデアが微妙な接点を持って君臨する”とは明田川自身が本作を評した言葉。
優雅でいながら力感が溢れるワルツ「おばちゃまお手をどうぞ」や、ボサノヴァを取り入れアケタ流に再構築された「フライ・ミー・テュー・ザ・ムーン」など、何人たりとも真似のできない、天才・アケタが堪能できる。

明田川荘之 (p)
山崎弘一 (b)
宮坂高史 (ds)

1.ゼアー・イズ・ノー・グレーター・ラブ
2.フライ・ミー・テュー・ザ・ムーン
3.おばちゃまお手をぞうぞ
4.アケタズ・ブルース
5.ユー・ドント・ノー・ホワット・ラブ・イズ・ボサノバ
universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「明田川荘之 / フライ・ミー・トウ・ザ・ムーン」のご予約はこちらへ



丸山繁雄 / ア・ヤング・ファーザーズ・ソング
日本では数少ない、男性ジャズ・ヴォーカリストとして活躍する丸山繁雄。
その実力を世に知らしめたのがファースト・アルバムである本作『ア・ヤング・ファーザーズ・ソング』だ。
20人の気鋭のミュージシャンが奏でるサウンドは重厚にして炸裂感もあり、あたかも祝祭のようである。丸山が作詞・作曲を手掛けた4曲を含む全7曲、痛快極まりないサンバから大きなスケールで紡ぐアフリカ民謡まで、大袈裟ではなく全曲が聴き所。
文句なしの名作だ。

丸山繁雄(vo)
高坂高史(ds)
松井洋(g)
遠藤律子(p)
是安則克(b)ほか

1.スプリング・バーゲン~イントロダクション
2.ア・ソング・ファーザーズ・ソング ~フォー・マイ・ツー・サンズ
3.ロンリー・タウンンバ
4.アイ・シング・サンバ
5.太郎・ザ・キャット
6.マライカ
7.ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア
録音日:1981年7月30日 録音
オリジナル発売年1981年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「丸山繁雄 / ア・ヤング・ファーザーズ・ソング」のご予約はこちらへ



渋谷毅 / 渋やん
渋谷毅は1960年代にジャズ・ピアニストとして活躍するが、やがて不調をきたし演奏家としての活動を休止する。
作・編曲家として成功を収めるなか、1970年代半ばに明田川荘之の演奏を聴きピアニストとしての活動を再開。
この邂逅がやがて本作の誕生へとつながる。
一音たりとも無駄のない美しいピアノ。
決して饒舌ではないがその説得力は圧倒的だ。
ちなみに明田川は、本作を制作するにあたって26時間テープを回したという。
ソロ・ピアノ屈指の名盤である。

渋谷毅 (p)

1.ルナジリオ
2.オールド・フォークス
3.エストレリーター
4.マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ
5.ソリチュード
6.タリラリ・ブルース
7.ボディ・アンド・ソウル
8.ミステリオーソ
9.ジプシー・ラブ・ソング
録音日:1982年2月~7月 アケタ録音

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「渋谷毅 / 渋やん」のご予約はこちらへ



河野康弘トリオ +1 / ピース
1953年生まれの河野康弘がピアノを始めたのは19歳のとき。
その2年後には早くもキーボード奏者として矢沢永吉のバンドに加入したというから驚きだ。
バッキング・ミュージシャンとして活躍する一方、自身のグループを率いてライヴハウスなどで活動、満を持して放ったファースト・アルバムが本作『ピース』。
マッコイ・タイナーの音楽に出会いジャズに導かれたという河野。
「ライク・マッコイ」やコルトレーンに捧げられた「J.C. ブルース」に情熱と気概が滲む。

河野康弘(p)
山田晃路 (b)
藤沢博延(ds)
三品真美(vo)

1.ライク・マッコイ
2.フジ
3.グッド・フライデー・ブルース
4.ジョン・コルトレーン・ブルース
5.ダンシング・ドールズ
6.ピース
録音日:1982年11月30日 吉祥寺テイクワン録音
オリジナル発売年1983年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「河野康弘トリオ +1 / ピース」のご予約はこちらへ



明田川荘之 / 山崎ブルース
わたしあなたのなんなの~”と歌うヴォーカルに度肝を抜かれる「山崎ブルース」で幕を開ける本作。
呆気にとられるうちに、続くエモーショナルなアフロ・モーダル「アフリカン・ドリーム」に胸を熱くし、さらにはソロ・ピアノで重厚かつ端正に紡ぐ「フットプリンツ」に感嘆の溜息をもらし、終曲「ディア・オールド・ストックホルム」に落涙する。
本作をひとたび再生したなら、私たちは明田川荘之の手の平の上である。
トリオ編成による4曲とソロによる3曲を収録。

明田川荘之(p,vo)
山崎弘一(b)
高坂高史(ds)
亀山賢一(ds)

1.山崎ブルース
2.アフリカン・ドリーム
3.フット・ピリンツ
4.チロルヒナ
5.亀山ブルース
6.アイ・フォール・イン・ラブ・テュー・イージリー
7.ディアー・オールド・ストックホルム
録音日:1983年8月21日、10月2日、12月18日 アケタ録音
オリジナル発売年1983年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「明田川荘之 / 山崎ブルース」のご予約はこちらへ



河野康弘 / ローマ・イン・ザ・レイン
その内容と存在感でコレクター/リスナーから特別な1枚として寵愛される、河野康弘の傑作セカンド・アルバム。
ファースト・アルバム『ピース』の録音から2年。
ライヴ録音となる本作では、より焦点の定まった力強い自己表現がなされている。
ピアノ・トリオ+ヴィブラフォンという編成も見事にはまり、明田川荘之が“トレーン以来の迫真の熱演”と評した「ダンシング・ドールズ」をはじめとし、熱気と瑞々しさを合わせ持つまさに入魂の演奏である。

河野康弘(p)
菅野正洋(Vib)
山田晃路(b)
藤沢博延(ds)

1.For B's Smile
2,Waltz for Baby
3,Roma in The Rain
4,Dancing Dolls
6,Theme-Good Fraidy
録音日:1984年11月3日 府中バベル2nd録音

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「河野康弘 / ローマ・イン・ザ・レイン」のご予約はこちらへ



明田川荘之 / アット・ザ・バベル
明田川荘之(ピアノ)と吉野弘志(ベース)のデュオによるライヴ録音。
新たな録音機材が嬉しくて仕方がなかったこと、中耳炎を患っていたこと、お客が2ステージ目を待たず皆帰ってしまったことなど、なんとも“人間臭い”エピソードを持つ、アケタズ・ディスクらしい作品だ。しかも初回プレスは音に難ありで全て廃棄、作り直したというから極めつけである。
“即興の機微を愛する渋いツウ好み”とは明田川の言。
じわりと沁みてくる、ぜひ聴き込みたい作品だ。

明田川荘之(p)
吉野弘志(b)

1.エブリシング・ハンプス・テュー・ミー
2.ヨシノ・フェイセス
録音日:1985年4月26日
府中バベル2nd録音
オリジナル発売年1985年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「明田川荘之 / アット・ザ・バベル」のご予約はこちらへ


丸山繁雄 / Yu Yu
『ア・ヤング・ファーザーズ・ソング』から6年振りとなるセカンド・アルバム。
6曲中5曲が丸山自身による作詞・作曲である。
湧き立つようなマーチ「タックル・ダウン!」、神秘的で美しいバラード「ユーユー」、愛娘に贈った陽気な「リエのサンバ」、スキャットで攻めに攻める「ストレート・ノー・チェーサー」など、本作でも丸山の才は爆発。
“あふれる愛!きらめく知性!”の謳い文句に偽りなし。
日本産ジャズ・ヴォーカル・アルバム最高峰のひとつである。

丸山繁雄 (vo)
井上淑彦(ts、ss)
米田正義(p)
望月英明(b)
礒見博(ds)
三好3吉(g)
久米雅之(perc)
上野善巳(fl)

1.タックル・ダウン!
2.ユー・ユー
3.リエのサンバ
4.ストレイト・ノー・チェイサー
5.楕円球のゆくえ
6.ポテト・ヴェンダー
録音日:1987年1月10日、11日、2月1日、7日録音
オリジナル発売年1987年

universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介
12月11日発売予定 ご予約承り中です。
「丸山繁雄 / Yu Yu」のご予約はこちらへ

ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月16日 05時18分56秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

Roberto Tarenzi - Dario Deidda - Roberto Pistolesi / 11 Little Things
1977年ミラノ生まれの俊英ピアニスト、ロベルト・タレンツィのピアノトリオ新作。
全曲彼のオリジナルで固められた意欲作。

Roberto Tarenzi (p)
Dario Deidda (b)
Roberto Pistolesi (ds)

1. Nin
2. Morante
3. Aprile
4. Mah
5. Little Dog
6. L6L
7. Waltx
8. Little5
9. Eh!
10. Sbarco
11. I.M.
2019年5月2日、3日録音
12月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Roberto Tarenzi - Dario Deidda - Roberto Pistolesi / 11 Little Things」のご試聴、ご予約はこちらへ


ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月16日 04時50分12秒
2019年11月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類

Gaia Cuatro feat. Paolo Fresu / Lucrecia
日本のジャズ -フュージョン界を代表する人気プレイヤーである金子飛鳥、八尋知洋と、ヨーロッパきってのノンジャンル系ミュージシャンであるヘラルド・ディ・ヒウスト、カルロス ’エル・テーロ’ブスキーニ(ともにアルゼンチン出身)が結成したスペシャル・ユニットが、このGaia Cuatroです。
2003年に発足したこのバンドの最新作には、ゲストとしてパオロ・フレスが1曲で参加、いつものように素晴らしいトランペット・ソロを聴かせてくれます。
余韻を生かした心に深く滲みわたっていくGaia Cuatroの雄大な世界が見事にかみ合い、実に味わい深い世界が展開されています。

Aska Kaneko (vln.vo)
Gerardo Di Giusto (p)
Tomohiro Yahiro (per,ds)
Carlos “El Tero” Buschini (b)
Feat:
Paolo Fresu (flh on 4)

1. Iwato (A.Kaneko)
2. Blanco (G. Di Giusto)
3. Lucrecia (C.Buschini-A.Kaneko)
4. Desde Lejos (G. Di Giusto)
5. Sieptembre (G. Di Giusto-A. Kaneko)
6. Armiki (A. Kaneko)
7. Uritorco (C. Buschini)
8. Daca Colon Sucon Mate (T. Yahiro)
Recorded by Stefano Giungato at Indiehub Studi, Milano, Italy, april 2019
12月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Gaia Cuatro feat. Paolo Fresu / Lucrecia」のご予約はこちらへ


ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月15日 03時32分01秒
2019年11月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類

Marius Neset / Viaduct
ヨーロッパで高く評価され、日本でも知名度を上げている1985年ノルウェー出身のサックス奏者/ 作曲家、マリウス・ネセットのACT 第5弾は、ロンドン・シンフォニエッタとの共演!
29歳当時の第1弾から、チック・コリアやジョシュア・レッドマンとのコラボレーションでも知られるトロンハイム・ジャズオーケストラとの共演作『Lion』(2014)をリリースした期待の新星。
第3弾『Snowmelt』(2016)で既にロンドン・シンフォニエッタとの共演作をリリースしており、本作で2 作目の共演となる。
もともと“Viaduct”は2018 年コングスベルグ・ジャズ・フェスティバルのオープニング・コンサートの依頼を受けて作曲したもので、ロンドン・シンフォニエッタと再び共演する機会となった。
楽曲は全編“Viaduct”の組曲、全10曲で、大きく分けて2 パートに分かれている。
パート1 はマリウスとオーケストラが主体、パート2 はマリウスのクインテットがより中心的な役割を果たしている。
クインテットはマリウスの『Pinball』(2015) 他、過去作でも多く共演、リーダー・クインテットとして活動している信頼のメンバーである。
ピアノ、ベース、ドラムの他に、ヴィブラフォン(マリンバ、パーカッション)がいるのも特徴だ。
マリウスの作曲は、マーラーやストラヴィンスキー等の影響を受け、鬼才ジャンゴ・ベイツに師事したもので、オーケストラのシンフォニックな響きから、トリッキーなアイディア、ジャズの即興が入り混じるユニークなサウンド。
クラシックとしても細部まで作り込まれ、ジャズとしても即興要素が充実しており、クラシックとジャズのViaduc(t =細いコンクリート脚や石造のアーチで支える橋)となる音楽だ。
もちろんマリウス自身の、超絶かつ表現力豊かなサックスも聴き応えあり!
ますます目が離せない北欧ジャズ界次世代のスター、マリウス・ネセットにご注目ください。(新譜インフォより)

Marius Neset (ts, ss)
Ivo Neame (p)
Jim Hart (vib, Marimba, per)
Petter Eldh (b)
Anton Eger (ds, per)
London Sinfonietta, conducted by Geoffrey Paterson

1. Viaduct Part 1a
2. Viaduct Part 1b
3. Viaduct Part 1c
4. Viaduct Part 1d
5. Viaduct Part 1e
6. Viaduct Part 1f
7. Viaduct Part 2a
8. Viaduct Part 2b
9. Viaduct Part 2c
10. Viaduct Part 2d
All music composed and arranged by Marius Nes
2019年作品
12月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Marius Neset / Viaduct」のご試聴、ご予約はこちらへ


ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月14日 11時03分39秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

Yuri Storione - Perico Sambeat Quartet / Where Do We Start
スイスの俊英ピアニスト、ユリ・ストリオーネ率いるピアノトリオがスペインのアルトサックスの名手ペリコ・サンビートを招いてスイス、バーゼルのジャズクラブにて吹き込まれた注目のワンホーン・カルテット作品
美しいメロディーと絶妙のスイング感が織り成す推薦盤。
日本国内流通用にレギュラーCDプレス。
輸入元へ100枚ほどの限定入荷となりますので、オーダーはお早めに!

Yuri Storione (p)
Perico Sambeat (as)
Marton Juhasz (ds)
Stephan Kurmann (b)

1. Oblivion
2. Malaga
3. The Fruit
4. E Waltz
5. Be My Love
6. Be My Love (Take 2)
7. Where Do We Start
8. It's Easy to Remember
9. I Want to Talk About You
10. Un Poco Loco
11. Laeso
12. Mattenstrasse
2019年作品
12月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「 Yuri Storione - Perico Sambeat Quartet / Where Do We Start」のご試聴、ご予約はこちらへ



Yuri Storione Trio / Schonbrunn
こちらは、ユリ・ストリオーネの2015年ピアノトリオ盤が、本邦初入荷!
オリジナル3 曲、スタンダード5 曲という配分も嬉しい、スインギーで叙情性豊かなファン注目の珠玉のピアノトリオ作品となっています。
ピアノトリオ・ファンは是非この機会に!

Yuri Storione (p)
Zhu Haiming (b)
Jae Won Lee (ds)

1. Schonbrunn
2. Caravan
3. The Song Is You
4. For Beka
5. Sandu
6. Meditation On the River
7. All the Things You Are
8. On Green Dolphin Street
2015年作品
12月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Yuri Storione Trio / Schonbrunn 」のご試聴、ご予約はこちらへ

ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月14日 10時53分52秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

John Coltrane / Impression Graz 1962
1962年11月28日グラーツでのライブ音源。
レコードではIngo,、Unique Jazz、CDではMagnetic、Charly等で聴けた音源ですが今回Hat Hut RecordsがオーストリアのORFから正式にライセンスを受けCD化。
うまくいけば2枚目もリリースするとのこと。
このライブ音源、3曲目の「枯葉」はコルトレーンのセレクションとしてはレアです。

John Coltrane (ts,ss)
McCoy Tyner (p)
Jimmy Garrison (b)
Elvin Jones (ds)

1. The Inch Worm
2. I Want To Talk About You
3. Autumn Leaves
4. Impressions
1962年11月28日録音
12月下旬入荷予定 ご予約承り中です。
「John Coltrane / Impression Graz 1962」のご予約はこちらへ


ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月14日 10時48分14秒
2019年11月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類

Christopher Dal Sasso / The Palmer Suite
フランスの中堅~ベテラン作編曲家/ フルート奏者、Christophe Dal Sasso のビッグ・バンド作が登場!
2000年代、デイヴ・リーブマンの参加作や、ステファン& ライオネル・ベルモンド兄弟との共演作で話題となり、Jazz&Peopleからのリリースとなった前作『Les Nébuleuses』(2016)は、フランスの実力派ミュージシャンとのクインテットに弦楽四重奏が加わったアンサンブル作品であった。
今作のメンバーも、日本でも人気の高いPierre de Bethmann や、前作でも参加のDavid El-Malek、マルチ・リード奏者のThomas Savy をはじめ、フランスを拠点とする実力者が並ぶ。
また、チューバの参加により、低音のリッチなハーモニーが作れるのも特徴。
管楽器の色彩豊かなアレンジが印象的なコンテンポラリー・サウンド。
抒情的なバラード、爽快なスウィング、クラシカルなナンバーや、ロック・ビートなど様々。
5曲目のテナー・サックスや6曲目のバス・クラリネットをはじめ、各ソロもハイレベルだ。
知的で繊細なコンポーズと、コントロールされたクールな演奏のコンテンポラリー・ビッグ・バンド作品。
(新譜インフォより)

Julien Alour (tp, bugle)
Joël Chausse (tp, bugle)
Quentin Ghomari (tp, bugle)
Jerry Edwards (tb)
Denis Leloup (tb)
Bastien Stil (tuba)
Dominique Mandin (as, fl)
Sophie Alour (ts, fl)
David El-Malek (ts)
Thomas Savy (ts, cl, b-cl)
Christophe Dal Sasso (fl, direction)
Pierre de Bethmann (p)
Manuel Marchès (b)
Karl Jannuska (ds)

1. L'Avant Palmer
2. La Jeune Veuve et le Général
3. Le Plus Grand des Domaines
4. La Décadence
5. Une transition douloureuse
6. La Saga des frères Pereire
7. Les Vignes en danger
8. La Décennie terrible
9. Le Vin blanc secret
10. Le Renouveau
11. Palmer aujourd'hui
2019年作品
12月中旬入荷予定 ご予約承り中です。
「Christopher Dal Sasso / The Palmer Suite」のご試聴、ご予約はこちらへ

ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月13日 17時55分02秒
カテゴリ:カテゴリ未分類

45回転180g重量盤LP Cabral Foti / Prelude To A Kiss
魅惑のシルキー・ヴォイス、カラブリア・フォーティの2年振りの新作が早くも高音質45回転盤LPで登場!
LP化にあたってはアナログレコード最盛期にドイツ、ノイマン社で製造されたカッティングシステムを使用。
カッティングエンジニアは北村勝敏氏(MIXER'S LAB)。
45回転盤仕様でゴージャスなストリングスをバックにカラブリア・フォーティが目の前で唄っているような生々しいサウンドが捉えられた。
ライナーノーツは寺島靖国氏。
ニューヨークで生まれ、父親はトロンボーン奏者、母親はピアニストという音楽一家の中で育ったカラブリア・フォーティ。
2007年に『恋に過ごせし宵』、2017年にコールポーターの作品集『夜の静けさに』を10年振りに発表、世界中のヴォーカルファンを魅了した。
2年振りの本作はロジャー・ケラウェイ(p)、ピーター・アースキン(ds) 等が率いるピアノ・トリオにストリングスオーケストラが参加したゴージャスなアルバム。
各曲にゲストをフィーチャーした究極のラブソング集。
注目は“Waltz For Debb(yワルツ・フォー・デビー)”の収録。
1964年にモニカ・ゼタールンドがビル・エヴァンスのバックでスウェーデン語で唄ったバージョンが有名だが、英語バージョンではマンハッタントランスファーのシェリル・ベンティーンが自己のアルバムに
収録している。
あまり女性シンガーが取り上げることは少ない曲であるが、カラブリア自身のアレンジ、ギターカルテットのバックでしっとりと歌い上げている。
その他アニタ・オディ等の名唱で知られるバラード曲“The Man With The Horn(マン・ウィズ・ザ・ホーン)”やジョン・ピザレリとのデュエット曲“It's The Mood That I'm In”にも注目である。ジャズ・ヴォーカルファンには絶対に見逃せない名盤である。

Calabria Foti (vocal, violin solos Track 1, 10)
with Strings Orchestra
Roger Kellaway (p)
Trey Henry (b)
Peter Erskin (ds)
Larry Koons (g, Tracks 2,4,10)
Bob McChesney (tb, Tracks 1,5,7),
George Doering (g, Track 6)
Luis Conte (perc, Track 2, 6)
John Pizzarelli (vo, g, Track10)

(LP1)
[A]
1. Prelude To A Kiss プレリュード・トゥ・ア・キス
2. I Had To Fall In Love With You アイ・ハド・トゥ・フォール・イン・ラブ・ウィズ・ユー
3. On The Street Where You Live 君住む街角
[B]
1. Waltz For Debby ワルツ・フォー・デビイ
2. When I Look In Your Eyes ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ
(LP2)
[A]
1. Goodbye グッドバイ
2. The Man With The Horn マン・ウィズ・ア・ホーン
3. Backyard Medley バックヤード・メドレー
[B]
1. The Folks Who Live On The Hill ザ・フォークス・フー・リヴ・オン・ザ・ヒル
2. It's The Mood That I'm In イッツ・ザ・ムード・ザット・アイム・イン
3. I'm Home アイム・ホーム
2019年録音作品
12月24日入荷予定 ご予約承り中です。
「45回転180g重量盤LP Cabral Foti / Prelude To A Kiss」のご試聴、ご予約はこちらへ

ja_follow_me-b.png

VENTO AZUL banner






最終更新日  2019年11月13日 17時15分23秒

全9105件 (9105件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


VENTO AZUL

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.