008388 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中小企業診断士試験のポイント by RACER X

PR

Profile


tamasan6440

Category

Favorite Blog

事例で解決、労働ト… sano4864さん
茨城県水戸から発信… ウィンドスプリントさん

Comments

育児・子育て きらり@ Re:中小企業診断士試験(09/07) 今晩わ お邪魔します。 またきます…
tamasan6440@ Re[1]:システムの提案(07/15) chinaさん >納期、コストが限られてい…
china@ Re:システムの提案(07/15) YESマンは確かにそうですね。 私も苦い経…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

全5件 (5件中 1-5件目)

1

財務・会計

2007.07.15
XML
カテゴリ:財務・会計
本日は社債の買入償還についてまとめます。

買入償還とは?
 社債の償還満期前に市場より時価で購入する事を言います。

以下のプロセスを行います。

買入償還の処理
(借)社債        ***,***(貸)当座預金  **,***
 社債発行差金   ***
 社債償還益    ***
※社債発行差金は買入償還日から満期償還日までに償却したであろう金額となります。

期首から買入償還した日までの社債利息の支払い処理
(借)社債利息  *,***(貸)現金  *,***
※社債利息は月割で計算します。

期首から買入償還した日までの社債発行差金の償却
(借)社債発行差金償却  *,***(貸)社債発行差金  *,***


以上です。






Last updated  2007.07.16 11:47:24
2007.07.12
カテゴリ:財務・会計
本日は、直接原価計算と全部原価計算を用いて損益計算書の作成例を紹介します。

■生産・販売データ
 期首仕掛品:0個
 当期投入量:20個
 期末仕掛品:0個
 当期販売量:18個
■当期の原価データ
 原材料:10円/個
 加工費(変動費):10円/個
    (固定費):200円
 変動販売費:10円/個
 固定販売費:100円
■販売単価:100円/個

損益計算書(全部原価計算)
売上高1800 (販売単価×販売量)
売上原価540 (原材料単価+変動加工費+一個当たりの固定加工費)×販売量
 売上総利益1260
販売費及び一般管理費280 (変動販売費単価×販売量+固定販売費)
 営業利益980

損益計算書(直接原価計算)
売上高1800 (販売単価×販売量)
変動売上原価360 (原材料単価+変動加工費)×販売量
 変動製造マージン1440
変動販売費180 (変動販売費単価×販売量)
 貢献利益1260
固定費
 固定製造原価200
 固定販売費100

 営業利益960

ポイントは直接原価計算と全部原価計算では営業利益に差異がある事です。差異が生じる理由は、全部原価計算の場合は、固定加工費について、販売された製品のみを売上原価に含めているのに対して、直接原価計算は当期発生した固定加工費全てを費用に含めているからです。






Last updated  2007.07.12 21:16:30
2007.07.10
カテゴリ:財務・会計

税効果会計のポイントを説明します。

1.税効果会計とは?
 企業会計上の利益や費用と課税所得計算上の益金または損金の相違を期間配分する事によって整合させることです。
2.将来減算一時差異とは?
 言葉の通り将来課税所得が減算される差異です。
3.将来加算一時差異とは
 こちらも言葉の通り将来課税所得が加算される差異です。
4.永久差異
 課税所得計算上、損金や益金とされていない利益や費用から生じる差異です。

以下具体例です。

差異勘定科目
将来減算一時差異繰延税金資産減価償却費の償却限度超過
額貸倒れ引当金の繰入限度超過額
将来加算一時差異繰延税金負債特別償却準備金
永久差異仕訳無し受取配当金の益金不算入額
交際費の損金不算入額
寄付金の損金不算入額







Last updated  2007.07.10 22:43:13
カテゴリ:財務・会計

法人税に関するポイントです。
 以下の条件よりA社の法人税額を計算します。
◆前提条件◆
 期末資本金の額:1億円
 所得金額:10,000,000円
 中間申告分法人税額:200,000円

1.法人税額の計算
 資本金1億円以下の企業は、所得8百万まで、税率22%の特例を受ける事ができるので、計算式は以下の通り。
 8,000,000×0.22=1,760,000
 2,000,000×0.3=600,000
 計 2,360,000円
2.中間申告分法人税額を控除
 2,360,000-200,000=2,160,000
よって、確定法人税額は2,160,000円となります。

本日はファイナンスの本を紹介します。理論から理解できまた、実践的です。中小企業診断士試験だけでなく実践でも使える良書です。


「道具としてのファイナンス」







Last updated  2007.07.10 18:56:23
カテゴリ:財務・会計

今月は財務会計のポイントをまとめていきます。財務会計の試験範囲は簿記2級程度の知識を全般的に網羅することで確実に試験合格できると考えます。

出版されている中小企業診断士の教科書を使うより、まずは簿記2級、3級の教科書を一通り理解する事が結局は合格の近道だと思います。さて、本日は「有価証券の評価」について説明します。

有価証券の評価額を貸借対照表、損益計算書に記載する場合はまずカテゴリを以下の通りに分類します。

(1)売買目的有価証券(2)満期保有目的証券(3)支配目的の証券

各々の評価方法は以下の通りになります。

(1)売買目的有価証券:時価で評価します。

(2)満期保有目的証券:取得原価で評価します。

(3)支配目的の証券:原則として取得原価で評価します。

 以下例外です。

  1.時価が著しく下落した場合(50%超)かつ回復見込みがある場合は時価評価

  2.時価が無く、実質価額が著しく低下した場合は実質価額で評価

以上ですが、3分類をきちんと整理できればOKです!!







Last updated  2007.07.10 09:39:59

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.