000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

てくてく中学受験

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

名門校をつくった偉人

2021.05.11
XML
こんにちは。

あ、ごきげんよう、ですね☆

ちょっとおいしい水です。

中学受験をするときに、
やはり気になるのが「建学の精神」

学校創設にあたって、
どのような人材を育成したいかという思いは、
各校の特色に表れていると思います。

今回は、ここ3年で受験者数が
990人から1481人と激増した、
非ミッション系女子伝統校の跡見学園中です。

■跡見学園中


<住所>〒112-8629 東京都文京区大塚1-5-9
<URL>https://www.atomi.ac.jp/jh/

跡見学園を設立したのは、
書画家としても有名な
跡見花蹊(1840-1926)という女性。

名は滝野、花蹊は画号。

歌人で寺子屋の師匠だった
重敬を父として、
大阪で生まれました。

京都で書画を学びながら、
19歳で父の私塾を継ぎます。

明治維新後に東京へ移り住み、
1875年(明治8)、36歳のとき、
神田猿楽町に跡見学校を創立

さ、36歳! わ、若い!

そして、
生涯を通して日本の女子教育の発展に
尽くしました。

■創立者・跡見花蹊とはー



こちらも丁寧につくられた
素晴らしい本です↓


跡見花蹊 女子教育の先駆者 [ 泉 雅博 ]

跡見花蹊が教育を志したのは、
幕末から明治への動乱期でした。

「自律し自立したしなやかな女性へ」

コロナで先行きが不透明な現在、
伝統校が持つ教育理念には、
揺るぎない安心感を感じますね☆

ちなみに、5/22(土)に6年生限定で
学校見学会が行われるそうです。

くわしくはこちらまで。

<跡見学園中に関係する本>


跡見学園中学校(2021年度用) 4年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2021.05.14 23:13:58


2021.05.09

こんにちは。

ちょっとおいしい水です。

中学受験をするときに、
やはり気になるのが「建学の精神」

学校創設にあたって、
どのような人材を育成したいかという思いは、
各校の特色に表れていると思います。

今回は開成学園です。

■開成中


<住所>〒116-0013 東京都荒川区西日暮里4丁目2番4号
<URL>https://kaiseigakuen.jp/


今年創立150周年を迎える開成中ですが、
創立者について書かれた
『開成をつくった男、佐野鼎』という本が
あります。


開成をつくった男、佐野鼎 [ 柳原 三佳 ]

この佐野鼎1831-1877)という人物が、
1871年(明治4年)、開成の前身の
「共立学校」をつくった方なのだそうです。

佐野鼎は、駿河国(静岡県富士市)に生まれ、
のちに加賀藩で西洋砲術を教えますが、
使節団の一員として欧米を訪れた際、
教育制度に感銘
を受けます。

そして明治になり、学校をつくるわけですが、
創立からわずか6年後にコレラが原因で、
47歳という若さで亡くなってしまいます。

47歳…。

これからというときに、
無念だったと思います。

共立学校は東京神田にありました。

現在は、記念碑が千代田区立淡路公園内にあります↓

■石碑「開成学園発祥の地」



創立者を失った学校は廃校の危機に
陥ります。

しかし、ここで初代校長として
ピンチを救ったのが、
後の内閣総理大臣、高橋是清でした…。

司馬遼太郎『坂の上の雲』の舞台、
秋山真之正岡子規が通っていたのが、
まさに高橋校長時代の共立学校。

ふたりと同級の南方熊楠も、
校長に英語を習っていて、
「ナンポウ」とか「ランボウ君」と
呼ばれたそうです。

■高橋是清翁像



1895年(明治28)、校名が「開成」に。

現在、開成が大切にしている
名前の由来になった「開物成務」
校章である「ペンは剣よりも強し」
「質実剛健」「自由」

それらすべての考え方は、
佐野鼎の建学の精神、
高橋是清の教育理念にあるそうです☆

先日ニュースで、
佐野鼎ゆかりの静岡県富士市と
開成が人的交流などの協定を結んだと
ありました。

佐野鼎の顕彰碑も建立されるそうです。

<開成中に関係する本>


開成中学校(2021年度用) 10年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)


【新品】灘中・開成中・筑駒中受験生が必ず解いておくべき算数101問 算数ソムリエ/著



にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2021.05.14 23:15:28
こんにちは。

ちょっとおいしい水です。

中学受験をするときに、
やはり気になるのが「建学の精神」

学校創設にあたって、
どのような人材を育成したいかという思いは、
各校の特色に表れていると思います。

今回は、麻布学園を創設した人物、
江原素六(1842-1922)です。

■麻布中


<住所>〒106-0046 東京都港区元麻布2-3-29
<URL>https://www.azabu-jh.ed.jp/

貧しい幕臣の家に生まれた江原素六は、
鳥羽・伏見の戦いなどに参戦。

明治維新後は、
駿府(静岡県)に移る徳川家に合わせて、
1868年(明治元)に沼津に移り住みました。

以後、起業家、教育者、政治家として活躍。

東京に移り、1895年に当時校長を務めていた
東洋英和学校から独立する形で、
尋常中学校(麻布中の前身)を創立

81歳で亡くなるまで
校長を務めました…。

下記の『麻布中学と江原素六』には、
麻布中の「自由の校風」たる所以が
詳しく書かれていますのでおすすめです☆


麻布中学と江原素六(新潮新書)【電子書籍】[ 川又一英 ]

昨年はコロナで中止になってしまいましたが、
毎年5月には、沼津市にある
沼津市明治資料館(江原素六記念館)で
「そろくまつり」

■沼津市明治資料館



銅像が建つ江原素六先生記念公園では、
「江原素六先生記念祭」が行われています。

■江原素六先生記念公園



お祭りでは、沼津の茶業も発展させたことに
ちなんだ高級茶「素六」もふるまわれるそう。


緑茶 静岡茶 沼津ブランドに認定「沼津城100g袋入」 上級煎茶 沼津茶 ぬまづ茶 静岡茶の通販 沼津・市川園

麻布中をつくった人物は、
沼津の偉人中の偉人でした☆

<麻布中に関係する本>


麻布中学校(2022年度用) 10年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)


開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす [ おおた としまさ ]


麻布という不治の病 めんどくさい超進学校 (小学館新書) [ おおたとしまさ ]

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村






Last updated  2021.05.14 23:15:46

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.