544174 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン& オペラとクラシックコンサート通いのblog

PR

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Verdiさん

カレンダー

お気に入りブログ

(09/23)のアクセス数 New! Sheva-さん

朝日カルチャーセン… CasaHIROさん

月夜の晩にハープを… 47弦の詩人さん

行け! 泡盛マイス… 泡盛マイスターさん
たくHAUSES taqkさん

コメント新着

Verdiさん@ Re[1]:10/9 エベーヌ弦楽四重奏団(10/10) あやおさん、こんにちは 個人的には、メ…
あやお@ Re:10/9 エベーヌ弦楽四重奏団(10/10) 自分もこの日聴きに行ったのですが、後半…
Verdiさん@ Re[1]:11/4 ウィーン弦楽四重奏団(11/05) あかりさんへ こんにちは。コメントあり…
あかり@ Re:11/4 ウィーン弦楽四重奏団(11/05) 軽井沢の大賀ホールくらいならサイズ的に…
Verdiさん@ Re:チェンバロ講義なう(05/04) 明日もやるようですよ〜

バックナンバー

2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月

フリーページ

ニューストピックス

2008年05月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
丁度今終わったところです。
いやー、予想に違わず面白かったです。

シューベルトの歌曲と即興曲を題材に即興演奏、ということでしたが、最後の即興曲を題材にしたのが一番印象的でした。
舞曲風の曲なのに、なんだかリズム感の悪い演奏だな、と思う内にあれよあれよという間にジャズの間合いに。途端に音楽が生き生きとし始める。予め決められた音楽で踊るのはぎこちないけれど、自分の中から湧いてくる音楽でなら自由に雄弁に踊れるんだ、というように。
小曽根さん、この演奏に入る前に、「譜面に書いてあるのに即興曲ってなんで?」という話をしていたのですが、それはこの演奏の伏線だったのかな?と思ってしまうくらい。
その前の、菩提樹をモチーフにしたゴスペル風(と小曽根さんは申しておりました)の演奏もとても良かったです。菩提樹の曲想によくあってました。
いや、面白かったです。






最終更新日  2008年05月06日 00時38分03秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.