1380858 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘイルトゥ一休さんっ!!

PR

全511件 (511件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 52 >

December 23, 2007
XML
カテゴリ:レンジマン
第6巻です。最終巻です。

 


さっそく、その内容を思い起こしていきますと、この巻では、第5巻で大いにはじけておいでだった風香ちゃんが、そのイキオイのままに錬児に告白、そしてさすがに直接的な言動にてようやく彼女の想いに気付いた錬児も、また自分自身が風香ちゃんに知らないうちに魅せられていたことを自覚・・・。


とはいえ錬児、敢えて返事を一晩待ってもらうよう願い出ます。

その間に、先程フラれたリキさんや、風香ちゃんのことを自分より前から好いていた奥田さんに自分はこれから風香ちゃんとつきあい始めようという意志を伝えて、了承を取る彼。


そして、いざ返事が出されようとしていた次の日、敵の大ボス・メガネスター自らが来襲・・・。


リミッターを外して戦い、恋の記憶・風香ちゃんとの思い出を、なくす錬児・・・。


待ち合わせの時間に、その場所に、錬児は来ない・・・。


・・・
数日後。

心の整理も付けられぬまま、仕事を続ける風香ちゃん。

心の中に何かつっかえたものがあるものの、それが何かは分からずに、無闇に恋に陥らないで学校生活を続ける錬児。


そんなふたりが、偶然出会う。


「大塚。」呼ぶ、風香ちゃん。


 そう・・・

 たとえあなたが私のことを忘れてしまったとしても・・・

 私はもう一度、

 はじめから・・・

 あなたとの関係をやり直せる・・・


・・・と、そういう気分で錬児の顔をじっと見つめる風香ちゃん。

で、錬児の口から出てきた言葉、当然のごとく「誰・・・ですか?」


・・・次の瞬間、コブシが落ちる。錬児の頭に。

ンモウめいっぱいの力を込めて、コブシを落とす。

「ほんとに忘れてんじゃないよ!!
 も~~~~~っ!!!」



錬児の眼にくっきり映る、風香ちゃん。

錬児は、思い出した・・・!!






・・・・・
と、いうところまでが、連載終了までの出来事。

んでも、単行本の最後のとこ、表紙カバーを折り返した部分に、その直後の話が!!

あと、カバーを外すと、さらにその直後の話が!!


びっくりです。こういうものを待っていたので、ほんと、それが叶って、わたくし読んでてとっても嬉しかったりしていました。

それと、『あとがき』では、その他、細部にわたって考えられてはいたものの、日の目を見ることがなかったステキ設定たちがところ狭しと描かれたり書かれたりしておりました。これも、なんか読んでてとっても楽しかったり。





・・・・・

これで、お粗末ながらわたくしの『レンジマン』レビューは終わりです。

読みに来てくださいました方々ありがとうございましたー。







うちの感想過去ログ
風香ちゃんの・・・
一緒にいる夜。
ゴメン
彼の部屋に、行く。
好き
大塚が、好き
前夜
集結
One Of Us
最後のコブシ


他の単行本ご紹介過去ログ
第2巻
第3巻
第4巻
第5巻














おもろかったらクリックしてねー。
web拍手

『ヘイルトゥ一休さんっ!!』は、新しいBlogに移りました。
Hail to Mr. INTERVAL!!
以後も、どうぞよろしくですー。








最終更新日  December 23, 2007 09:29:40 PM


December 18, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽天ブログの画像ファイルがぱんぱんなのと、その他いろいろなうっぷんがありまして、移転することにしました。

で、さっそく移転先で「ラブやん」レビューを書いています。

移転先:Hail to Mr. INTERVAL

(追記:「レイモンド」レビューも追加。)
(12/20追記:ナオコサン書いた。)
(12/26追記:「金剛番長」完全移行。あと「ハ!」書いた。以後の更新はもう書きません。)

で、今後のこっちの更新ですが、

・レンジマン

・あ○こら

(○のなかには「い」が入ります。)

については、もうちょろっとだけこっちで書こうかと。

あとのものについては、移転先の方で新たに取り組むことにします。

そんな感じでさらっとなんですが、よかったら、移転先でも、なんとなく、おつきあいくださいませー。






最終更新日  December 26, 2007 11:04:47 PM
December 12, 2007
カテゴリ:ハ!
ナギお嬢さま、夜中に突然目が冴えて、にっちもさっちもいかなくなってしまわれました。



 さめちゃ
 完全に目が覚めちゃわれたナギお嬢さまと、
 眠られる美しいマリアさん。




しかし、わたくしたちのマリアさんは、健やかに睡眠中であらせられたりするわけです。



 まりあ
 眠られる美しいマリアさん。



ナギお嬢さまも、こういった美しさに誘われ、ついつい指など出してしまわれます。



 ゆび
 指を出されるナギお嬢さまと、
 眠られる美しいマリアさん。

























ジャンク
眠られる美しいマリアさん。















偶然の出来事とはびびりまくったナギお嬢さま、ついつい指を解かれます。



 ねごと
 ドキドキされちゃうナギお嬢さまと、
 眠られる美しいマリアさん。







・・・この後、ひとりじゃこわいしアレなのでハヤテくんのところへたずねられ、それからプールで「なかなか可愛い」と思ったり言われたりしてちちくりあわれて、ようやく疲れて眠りにつかれたお嬢さまでございましたが、翌朝なんだかんだで睡眠不足でげっそりなのでありました。ドンマイ。











神聖マリアさんビーム killer nyancon
夜。

トラックバックお送り先

ゲームの戯言+α れろさま
眠られるマリアさんを見て悦に入ってみたり、マリアさんのお寝言からグチャグチャにされたい欲求にかられたりしてくださってます。

星の海へ行こう! 戒斗さま
どちらかというとナギお嬢さまの立場になって、夜ばいに行く心境を思ってみたり、予想的中されて腹立たしい心境を思ってみたりしてくださってます。

360度の方針転換 こいんさま
ナギお嬢さまの水着のお姿にときめきながら、彼女の入ったプールの水を飲み干さんばかりの心持ちで言葉を発していらっしゃるようにお見受けします。







おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  December 15, 2007 03:12:58 AM
December 9, 2007
カテゴリ:田丸浩史関係
●冬コミのヒロシ的な情報。

12月もまんなか当たり。今年も、いよいよ冬コミが近くなって参りました。

で、そういうわけで先日公開されました同人サークル・甲冑娘さんの情報によりますと、な、なんと今回は、田丸本が出るらしいのです・・・!!

詳しく言うと、「田丸舞踏会」という、田丸アンソロジーBook。

あと、むかしっからの田丸ファンには願ってもないうれしい本・「アルプス伝説After」たるものが、描き下ろし+豪華ゲストで、出されるとのこと!!


前者については、アンソロジーということで、恐らくは「ラブやん」とか「レイモンド」とか、その他いろいろな田丸キャラがごった煮な感じに楽しくなってるような予感!!

そして後者については、字面から判断するや、今はもはや手に入れるのさえ困難な、少年キャプテン連載だったマボロシの名作・「アルプス伝説(スペースアルプス伝説)」の続編みたいですし、これはモウ期待がふくらみまくることこの上なし!!

あの頼もしきワンゲル部長・リッチー先輩が繰り出しました無理矢理気味な宇宙オチのその後が、なんか今になって描き下ろされたりするのです。

なんというミラクル。

なんというファンタシー。

[すんません、超訂正。](12/16)
「田丸舞踏会」の中に、田丸先生描き下ろし作品として「アル伝After」が収録されてるとのことです。ごめんなさい。






・・・と、いうわけで、こういうマストバイなアイテムがある今年の冬コミ、戦えるひとはぜひ、戦ってみてくださいませ。

12月29日土曜日 シ-60・甲冑娘で、頒布されます。

甲冑バナー
(まだできてませんが、そのうち冬コミ用の特別ページが出来ると思います。)






●冬コミの情報、もひとつ。

あと、もひとつ。

わたくし、半年くらい前からてきとーに絵描いて自分でほくそ笑んでるブログもやってたりとかしているのですが、このたびゆりむんさんのんところでゲストで描かせてもらうことができました。

マリアさんやらナギお嬢さまやらがかンモウかわいらしく活躍する感じになると思われるハヤテ本・「あの星に願っているよ」ですが、こっちもなんか、もしよかったらよろしくですー。どうかひとつ、みてみてやってくださいませー。

12月30日日曜日 パ-24b・ゆりむんで、頒布されます。

ゆりむんばなー
(リンク先をもぐっていくと、冬コミページがありますがゆえ、詳しくはそちらで。)








・・・・・

というわけで、改めて言いますが、ことしもあとちょろっと。

是非ともみなさま、かぜやインフルエンザなどには十分に気をつけて、健康的に、新しい年を迎えれるよう精進しまくってくださいませ(別にこれが今年の最後の更新というわけではないですが)。

それでは、これからもよろしくお願いします。

ちなみにわたくし自身は毎度のごとく、行けません。すんごい残念。









おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手






最終更新日  December 16, 2007 12:22:00 AM
December 5, 2007
カテゴリ:ハ!

ははん1


と、あさってのほう向きながら、言っております西沢さん。

彼女の前には、恋にさまようワタルくん。

で、誰のことをば話してるのかといえば、そう、他でもない、(年齢的に)オトナな女性・サキさんについて。


この物語の核心を突く衝撃発言に動揺しまくるワタルくんに対し、西沢さんはさらにその詳細などのプロファイリングをするのです。

具体的には『オッサンとラブラブ』と・・・。





・・・

 オッサンラブなど許すまじ・・・


そんな感じでお店のほうはほっぽり出して、サキさん探しに外へ出てったワタルくん。

奇しくも彼は、オッサンとのラブコメ街道まっしぐら中のサキさんを目撃しちゃったりとか。





・・・

呆けながらもお店に帰り店番していたワタルくん。

そこに現れるのが、西沢さんの弟さんの一樹くん。

彼は、落ち込みまくりなワタルくんに、実に自信たっぷしに励まし言葉を浴びせてくれたりするのです・・・!!


ちちゃい
年上なんてアウト。


あと、もののついでに「優しくしろ」とか余計なこともアドバイスして、さっさと帰ってゆきました。







・・・

さてその晩。

優しくしながら食事に誘うワタルくん。

サキさん、この態度の急変に、恋の師匠の西沢さんに尋ねるや、



ははん2











・・


・・・


スバッと解決!!

ほんと、よかったですね!!




















プロ
プロ姉弟。










神聖マリアさんビーム killer nyancon
恋の達人。

トラックバックお送り先

ゲームの戯言+α れろさま
ワタルくんには咲夜お嬢さまが一番似合うと思いながらも、とはいえ今回のサキさんとワタルくんのお話をふりかえり、そして最後のサキさんお説教劇を大変気に入ったりとかしてくださってます。あと、最後の最後にマリアさんが出てきてくださって、本当によかったものだと、ほっと胸をなでおろしてくださっています。

360度の方針転換 こいんさま
ワタルくんの業の深さに唸ってみたり、西沢さんのプロファイリングの完璧さに唸ってみたり、マリアさんの怖さに唸ってみたりしてくださってます。

星の海へ行こう! 戒斗さま
物語の進行という観点の上ではハヤテくんやワタルくんが女性の心理に疎いということを納得しつつ、とはいえしかし読者としてはイラッときてしまうようなワタルくんのアレっぷりを丁寧に眺めていってくださってます。







おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  December 10, 2007 11:50:36 PM
December 3, 2007
カテゴリ:レイモンド
おうちの庭に妙ちくりんな、でけえ墓などたてられて、追求すると「でかいシガイを運んでいるとひと目がちょっと」と返されて、なんかどうでもよくなって、とりあえずトイレに向かった西村くん。

(「ちっさくして運ぶことは出来なかったんかい!?」とツッコんだりするのは、シロウトのすることなのだ!!)


個室にこもり、ズボンを脱いで、うんうんしようと座ったそのとき、目の前にいるハルエさん。


 ハルエさん
 うんこを見てるハルエさん。


「……ハルエさん?」と尋ねられます西村くんに対し、彼女は至って冷静に「ああ お気になさらずに」などと、そのまま脱糞し続けるのを促されたりするのでした・・・。


このハルエさんの態度の急変の全ての理由は、先日の刺客さんが一件のため。


そう、西村くんの命を奪うために派遣をされた輩どもが現実に来てしまった今、もはや少しの油断も許されないのでございます・・・!!


その後も、他にもいろいろ見張られたりするハルエさん。

もうオフロのときもネンネのときも片時離れず、いつでも人を殺す目で、見張り続けていらっしゃいました・・・。



・・・と、いうことがありまして、西村くん、さすがに疲れて相談をしに瑞希さんちに行きました。

そして提案されるナイスなアイデア「チェインジ作戦」。

どっちがどっちを守っても結果はさして変わらぬ筈だし、そういうわけで試しに数日、レイモンドとハルエさんを交代しての生活をしてみることにするのでした。




・・・

で、その晩。

西村くん、見張りがないので気楽にお風呂に入り出て、それから部屋に戻ってくると、そこにはベッドでくつろぐレイモンド。

くつろぎまくるレイモンド。

監視が緩くなったのはよいけれど、あまりの緊張感のなさにちょっと小言をおっしゃる西村くん。

そして、それに対してめっさカッコヨク答えたりするレイモンド。


 レイモンド
 四方八方に気を配ってるとかなんとか。


と、いうわけで西村くん、口笛吹きつつレイモンドの気を逸らし、隙を見て、バットを持ってひと思いに振りかぶっておろしてみたのございます・・・・・!!




















しらは
フューチャー式真剣シラッ。















・・・こうして見事バットを喰らったレイモンド。しかしそのまま終わるわけにもいかず、


 ガジャ
 痛いやんけ。


と、日本人ばりに流暢な日本語で返しましたあと、外人ばりにカタカナ言葉で言い直したりしているうちに、鼻オイル(人間でいうところの鼻血)をツツーと垂れ流し、気絶するのでありました・・・。


奇しくも、こんなところでかつてのトラウマものの拘束劇の仕返しを果たされました西村くん・・・。

そしてこの現場を「どこにでも小窓」からこっそり見ていた瑞希さんとハルエさん、問題アリと判断し、すぐさま元の状態にチェンジするのでありました。


あと、この、頭の前バリみたいなのボッコボコ事件、レイモンドったら若干トラウマになったみたいです。ドンマイ。








・・・・・
こんな、間もなく新しいのがハツバイするような時期になってアレですが、このおはなしの載ってる12月号の田丸汁詩は、田丸先生の同人誌うんぬんについていろいろ語られたりとかしている、とっても興味深い内容でした。わたくしとしては。

漫画家として、あとは編集として、そういう見方で同人誌とかどう捉えているのか、描いているのか、見ているのか、見られているのか、そういうのんが分かったりして、なんかうっとりしてました。いや、うっとりはしませんね。


・・・とにかくそういうわけで日を追うごとに弱くなってく護衛ロボットレイモンド。

次はどんなヤツラに負けるのか、あるいは勝つのか、楽しみにしながらまっていましょうね。










おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  December 4, 2007 04:51:41 AM
「レイモンド投票」というものを、2ヶ月前くらいにやってました。
放置していてすんませんでしたです。

今日はそういうものの結果を、コミケも近いことですし、おおざっぱにおさらいしてみるぞ!!



・・・・・
と、いうわけでさっそく始めます結果のおさらい。「レイモンド」で一番好きなのはだぁれ?的な内容の質問で、ひとり1回までという条件でやらしていただきましたです。

集まりました総数ですが29票になりました。なんかもうどうもです。


さて、さっそく順位に入っていきます。一気にイキます。

1位 一休さん 9票
・とりあえずコブシで語ろうとする彼に感動。
・隠れた人気キャラw
・殺人鬼一休の再登場を期待す。
・と~ぜん一休さんでしょう!
・彼を無くしてレイモンドは語れない…

2位 ハルエさん 6票
・たゆん。
・眼鏡、メイド、巨乳、女家庭教師と迷ったけど

3位 瑞希ママン 4票

4位 レイモンド 2票

4位 ショタコン女家庭教師 2票

・んもう、先生許しませんっ!

6位 コメツキムシたち(よし子、和男、和男の相棒) 1票

6位 倉橋瑞希 1票

6位 初めての刺客(魯坊さん) 1票

・浮かばれないので一票を投じてみます~

6位 一休さんを釜茹でにしてた人 1票


あまり見慣れない人にはそのひとのエピソードのあるレビューにとんでいくようにしましたです。

票数が少ないということもありまして、あまり順位がどうだというのには意味をなさないとも考えられますが、それはさておき総括させていただきますと、とにかく、一休さん強かった!!

このことは、ここが一休さんファンブログであるから当然なんだと思うのですが、とはいえほんとによかったです。

そして、最近出てきたレイモンドの妹ロボの位置にあります。ハルエさん。彼女もなんか強かった。

この先のおはなしんなかでも、レイモンドよりも彼女のほうが頼りになるし、そういう意味でこれからも目が離せないわけですが、いやどっちかって言うと、たぶん彼女の姐さんっぷりとか、オパイっぷりとか、そういうところに重きがおかれているかもしれません。隠れパツキンというのもひとつのポイントなのかも。

あとは、ええと、その、主人公ペア・瑞希&レイモンド、票が入っててホントによかったですね。

軸となる人物が全然さっぱりだったりしたらアレでしたけど、個人的に安心しましたです。

瑞希さんについては、最新号ではなんや可愛らしい瞳で西村くんの相談うけたりしてましたし、これからますますオパイとともにかわいらしさも成長していくに違いありません。刮目して、見ていきましょう。




・・・と、そんな感じんお投票結果でしたー。

生データはこっちのリンクになるですよー。

ありがとうございましたー。





おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  December 3, 2007 10:50:37 PM
November 28, 2007
カテゴリ:ハ!
遠足終わって安息日。あんそくにち。

学校休みなそんな日も、わたくしたちのマリアさんは、いつものように至って美しくお仕事とかをたしなまれておいででした。

で、その日、ハヤテくんったらお風呂にあった引き戸の中を気になりまして、それに対してマリアさん、優雅に中の世界を案内などしてくださるのでした。

引き戸の奧向こう。それは、一見すると巨大な密林。でもサウナ。ホントはサウナ。

なんでも、あまりに巨大すぎるため、なんかあったら帰って来られぬやもしれぬということもあるし、あと他にもいろいろありそうですし、そういうことを疑問に思った愚かハヤテくん、マリアさんに質問したりするのです。

しかしこんなチンケな疑問にも、わたくしたちのマリアさんはものすごーく親切に教えてくださるのでございます。


おしえる
教えてくださるマリアさん。


うんでもひっさしぶりに来たことですし、起動をさせて雰囲気などを味わっていたわけですが、な、なんとびっくり、電気が落ちて真っ暗けっけになるのです・・・!!



そんなところに自ら入っておいてなんなんですが、マリアさんったらサウナは不得意!!



そして、真っ暗なので下手に動くと帰れなくなる!!



あと、なんか滑ってころんでスカート絡んで動けなかったり!!



しかもハヤテくんと密着!!



ピンチ!! 大ピンチ!!





らち
ラチがあかないマリアさん。



とはいえ常に穏やかであり続けるのがマリアさんのよいところ、冷静に、そして的確に状況を判断し、まずはハヤテくんを抜け出させてから、スカート脱いで先に進むことにされるのです!!






スカート
スカート脱いだマリアさん。





・・・

この後わたくしたちのマリアさん、ハヤテくんに「振り抜いちゃイヤン」との厳重命令を下し、一気に出口に突き進むことになるのでございますが、途中でエロハヤテくん、命令やぶって振り向いたりとかしてきましたので、牢屋に入ってもらうことになさるのでした。ドンマイ。







神聖マリアさんビーム killer nyancon
サウナ。

トラックバックお送り先

ゲームの戯言+α れろさま
今回のおはなしでのマリアさんの表情ひとつひとつに美しさを見いだしつつ、そもそもこういう状況になったのは実はハヤテくんの陰謀だったに違いないと、嫉妬じみた推察をしてくださってます。

ひなぎくのなく頂に葱 こぱさま
マリアさんスカート脱ぎ祭会場を催したり、あとパンツに浸ったりとかしてくださってます。

360度の方針転換 こいんさま
ナギお嬢さまが最もかわいいというようなことを冒頭で豪語しながら、マリアさんのお話をざっと振り返り、そして、今回のん事件はマリアさんが自ら企てられた「工作」であるという推論なども展開してくださってます。






おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手








最終更新日  November 30, 2007 02:18:37 AM
November 21, 2007
カテゴリ:ハ!
落ちる、墜ちる、堕ちるううううぅん・・・!!

愛に飢えてた東宮の坊ちゃん、そんな感じでまっさかさまにおちようなどとしておりました。


そんなときです!!



手
愛の手さしのべ。



そう、愛にはひときわ敏感になるようにマリアさんから躾けられてたハヤテくん、すかさず手を差し伸べるのでありました。

そして、そんな愛を、後ろで支える誇らしき運命のひと・虎鉄さん。

あと、自分の生徒達の愛に全力でぶつかる、桂先生。

さらに、困ったひとを助けるというのが勇者なので、とにかく助けるワタルくん。



じゅず
愛の人間連鎖。








・・・

そんなんわけですんでのところで助かった東宮のぼっちゃん。

助けられた際に直接手をつないでしまったハヤテくんに、ンモウどっぷりホの字になってたりとか。


この後、無事にハヤテくんら愛の一行は、無事ナギお嬢さまがたと合流。

合流するや、ナギお嬢さま、今回の山での一件で愛の絆を深めちゃってた東宮の坊ちゃんに過剰に反応、すぐに牽制なさったり。



リアル
愛への牽制。



・・・しかし、ハヤテくんが真に心を許していてるのは、わたくしたちのマリアさんを除けば、あとは幽霊さんと虎鉄さんのみ。

そういう事情をお見通しな虎鉄さん、余裕を持ってその場に対応なさるのです。





虎鉄
愛。










こうして、死人も出ずにめでたく遠足は終了。

次からは、一話完結スタイルに戻すそうです。








神聖マリアさんビーム killer nyancon
山?

トラックバックお送り先

ゲームの戯言+α れろさま
みなが無事に山頂にたどりつけたのも、すべてケレ・ナグーレちゃんのご加護のおかげであるところを力説すると同時に彼に猛烈に感謝をし、それから最初も最後も結局の所はマリアさんであったという今回のシリーズお話を通して思い出しつつ感慨深く締めてくださってます。
あと、余計ですが、ハル子さんだけに尊敬語(「仰る」)を使って他の人物さまがた以上に持ち上げてる意図がいまいちわからなかったり。語呂合わせのためだけというのであれば、なるべくやめた方がいいかもです。うちも気ぃ抜くとけっこうやっちゃってるんですが。

360度の方針転換 こいんさま
微々たる匂いをも逃さずに千桜さんからオタクな気配を鋭く感じ取っておられるナギお嬢さまを大絶賛してくださってます。

星の海へ行こう! 戒斗さま
東宮の坊ちゃんのハヤテくん愛への目覚めっぷりに非常に興奮してくださってます。




おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手








最終更新日  November 24, 2007 06:47:21 PM
November 19, 2007
カテゴリ:ラブやん
アメリカ人(宇宙人)たるラムチェンさん、いつまで経っても強くなるような修行をさせないジャモジさんにシビレをきらし、直訴をしたりしてしました。

するとこれに対してジャモジさん、「もう既にやってるよう?」と言わんばかりに「ワックスかける!」と掛け声かけて彼女にフライパンアタックを敢行したり。

そしてそれをワックスかけたりふきとったりする要領でさらっと受け流しちゃうラムチェンさん。

そう、彼女は、しらないうちに亀仙流な修行のごとく、何気ないお手伝いだけで相当な腕前にまで成長していたのでございます・・・!!

しかし、そんなことだけで浮かれていてはダメなのよと、きちんと諭したりするのが、ジャモジさんのいいところ。


おなか
おなかが痛いわ!!


彼は、その強さをきちんと完成させるべく、心の弱さを取り払うさらなる修行を浴びせてくださるのでありました。








しゅぎょう1
修行中。












しゅぎょう2
修行中。







・・・こうして、食の道を通じて非情さを教え込まれたジャモジさん、最後の締めとして、先程シメた牛を食わせ、そしてそれから彼女の敵・カズフサさんの周りのヤツラをひとりずつ倒して回るようご指示をされるのでありました。





・・・

で、やってきましたBOOKS橋本。

お店の前には、ヒデヒコさんとミノっちさん。


当初の予定では闇討ちかますということでありましたがそこはこれでもアメリカ(宇宙)の王位を継承しようという身、正々堂々と正面から突入してったラムチェンさん。


繰り出すパンチ。あとキック。


それらをことごとくかわし、自らは攻撃してはいなかったヒデヒコさんでしたが、一発きれいなキックが入ると態度を一変、一気に、かつてあのラブやんさんをも一撃で仕留めたヒデヒコ神拳奥義・通天双指肛(具体的にはしりあな2本指突き刺し攻撃)に打って出るのでございます。しかし・・・!!






ワックス
ワックス拭きとるッ!!!



日頃のワックスの成果が光り、ラムチェンさん、紙一重のところでヒデヒコさんの究極奥義をかわし、そしてそのまま仕留め撃つのでありました。

さあ、男の方は倒したし今度は目のほっそい方の番だッ!!という感じで次のターゲットたるミノっちさんを探してみるに、いつのまにやら逃げられてたり。


彼女が逃げていってた場所それは、敵の本丸・カズフサさんとこ。


この逃亡劇により、カズフサさんとラブやんさんはラムチェンさんが動き始めてしまったことを知ることになったわけですが、当のラムチェンさんとかジャモジさん、そおんな事情を知る由もなく、ただただ「疲れたから明日にすゆー。」とか言って余裕をこいてその日はすぐに引き揚げたりとか。



その現場をこっそり観察していたカズフサさんとラブやんさん。


 まったく、ツメの甘いことに程がある!!


と、いうわけで、ならばこっちから乗り込んでやるというのがスジというもの。




ずばん
ズバーン。





さて、「本場アメリカン」。








泣き顔







見事にシバかれなすったジャモジさん、大人しく相手の要求を呑み、白状なさるのでした。



のうない
アメリカの王様。




その後、カズフサさんたち、このシバかれジャモジさんに「翌日5時に河川敷」たる挑戦状落書きをしてラムチェンさんアパート前に放置。

ラムチェンさん、挑戦状にしたがって、果たし合いに赴き、そして無事に宿敵・カズフサさんを撃破。


ぱあ
任務を終えてお帰りなさるラムチェンさん。


心残りなこともなくなり、清々しき笑顔でアメリカ(宇宙)へと帰って行くのでありました。



みまもる
アメリカ帰りをじっと見守るジャモジさん。

































アメ車
「アメ車いいなー。」


















・・・・・
そんなんわけで、まもなく発売になるアフタ1月号では表紙になっちゃうような、ますます波に乗り続ける『ラブやん』、ラムチェンさんは帰ったけれど、たまに顔出すやもしれぬというセリフもあったし、もう出てこないわけでもなさそうなので、とりあえず安心しながら次回を待ちましょう。









おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手







最終更新日  November 20, 2007 03:02:43 AM
このブログでよく読まれている記事

全511件 (511件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 52 >


© Rakuten Group, Inc.