000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ヘイルトゥ一休さんっ!!

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

一日一枚絵(11月… New! みはちろ〜さん

ビブリオマニアへの道 海堂さん
馬鹿はシネマで直ら… 真名千さん
少年チャンポン しろくまさゆきさん
マリアさんビーム killer nyanconさん

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

レイモンド

December 3, 2007
XML
カテゴリ:レイモンド
おうちの庭に妙ちくりんな、でけえ墓などたてられて、追求すると「でかいシガイを運んでいるとひと目がちょっと」と返されて、なんかどうでもよくなって、とりあえずトイレに向かった西村くん。

(「ちっさくして運ぶことは出来なかったんかい!?」とツッコんだりするのは、シロウトのすることなのだ!!)


個室にこもり、ズボンを脱いで、うんうんしようと座ったそのとき、目の前にいるハルエさん。


 ハルエさん
 うんこを見てるハルエさん。


「……ハルエさん?」と尋ねられます西村くんに対し、彼女は至って冷静に「ああ お気になさらずに」などと、そのまま脱糞し続けるのを促されたりするのでした・・・。


このハルエさんの態度の急変の全ての理由は、先日の刺客さんが一件のため。


そう、西村くんの命を奪うために派遣をされた輩どもが現実に来てしまった今、もはや少しの油断も許されないのでございます・・・!!


その後も、他にもいろいろ見張られたりするハルエさん。

もうオフロのときもネンネのときも片時離れず、いつでも人を殺す目で、見張り続けていらっしゃいました・・・。



・・・と、いうことがありまして、西村くん、さすがに疲れて相談をしに瑞希さんちに行きました。

そして提案されるナイスなアイデア「チェインジ作戦」。

どっちがどっちを守っても結果はさして変わらぬ筈だし、そういうわけで試しに数日、レイモンドとハルエさんを交代しての生活をしてみることにするのでした。




・・・

で、その晩。

西村くん、見張りがないので気楽にお風呂に入り出て、それから部屋に戻ってくると、そこにはベッドでくつろぐレイモンド。

くつろぎまくるレイモンド。

監視が緩くなったのはよいけれど、あまりの緊張感のなさにちょっと小言をおっしゃる西村くん。

そして、それに対してめっさカッコヨク答えたりするレイモンド。


 レイモンド
 四方八方に気を配ってるとかなんとか。


と、いうわけで西村くん、口笛吹きつつレイモンドの気を逸らし、隙を見て、バットを持ってひと思いに振りかぶっておろしてみたのございます・・・・・!!




















しらは
フューチャー式真剣シラッ。















・・・こうして見事バットを喰らったレイモンド。しかしそのまま終わるわけにもいかず、


 ガジャ
 痛いやんけ。


と、日本人ばりに流暢な日本語で返しましたあと、外人ばりにカタカナ言葉で言い直したりしているうちに、鼻オイル(人間でいうところの鼻血)をツツーと垂れ流し、気絶するのでありました・・・。


奇しくも、こんなところでかつてのトラウマものの拘束劇の仕返しを果たされました西村くん・・・。

そしてこの現場を「どこにでも小窓」からこっそり見ていた瑞希さんとハルエさん、問題アリと判断し、すぐさま元の状態にチェンジするのでありました。


あと、この、頭の前バリみたいなのボッコボコ事件、レイモンドったら若干トラウマになったみたいです。ドンマイ。








・・・・・
こんな、間もなく新しいのがハツバイするような時期になってアレですが、このおはなしの載ってる12月号の田丸汁詩は、田丸先生の同人誌うんぬんについていろいろ語られたりとかしている、とっても興味深い内容でした。わたくしとしては。

漫画家として、あとは編集として、そういう見方で同人誌とかどう捉えているのか、描いているのか、見ているのか、見られているのか、そういうのんが分かったりして、なんかうっとりしてました。いや、うっとりはしませんね。


・・・とにかくそういうわけで日を追うごとに弱くなってく護衛ロボットレイモンド。

次はどんなヤツラに負けるのか、あるいは勝つのか、楽しみにしながらまっていましょうね。










おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  December 4, 2007 04:51:41 AM

October 13, 2007
カテゴリ:レイモンド

ハルエサン

こんなん具合にド肝を抜かれる、みんな大好きスーパー家政婦護衛ロボット・ハルエさん at 瑞希さんのお部屋。

と、いうのも、彼女がこちらの時代を訪れてから60年間、まったく何も起こらなかったから。

とはいえ、いよいよ刺客が送られてきたとあっては、今度っからは気ぃ引き締めて、次の刺客が来てしまうのを注意しないといけません!!


・・・と、そんなバトルな流れを彷彿させる会話がある一方で、妖しげな雰囲気をまとった托鉢僧が、ひとり。

そう

瑞希さん宅へと、一歩一歩、近づいてくるのでありました。

玄関前。

インターホンを鳴らす、托鉢僧。

ほどなくしてから、この妖しきひとを「一休さんに通じる何かを持ったお坊さんと友達だったなんてヤルわね!!」などと、疑いもせずに通してしまうコアな一休ファンたる瑞希ママン。


-----出会ってしまった、托鉢僧と瑞希さん。


で、ここで、笠を外して明らかになるその正体、な、なんと昨日ワナに仕掛けたあの刺客!!

瑞希さん、すかさず彼に、どうやって現代にまで来たのかなどを尋ねられます。

そうして語られる、刺客さんのご説明。

それは、とてもとても長い年月の、愛と涙の物語なのでした。





・・・

そう、あれは置き去りにされて間もないとき。

途方に暮れてしゃがみ込んでいたところへ、話しかけてきた娘がおりました。

彼女はやさしく自分に微笑みかけ、いっしょに来るよう誘ったりとかするのでした。

千代
 
彼女の名は、千代。

身よりのない子供を引き取り育てていた、とても優しき娘でした。

しかし、いかんせん盗みを生業として暮らしていたためか、千代は子供らとともに矢に射られ、儚く命を落としてしまうことに・・・。


彼女と子供たちの墓を立て、その前にて呆けていると、千代をよく知っていた和尚が現れ、自分に「この大きな墓石を1人で動かしたのか?」みたいなことを言ってきました。

ロボ


「路傍の石ならわしの寺に来ぬか?
 僧となり弱き者の助けとなるのじゃ

 ・・・千代もそれを望んでおろう」


こうしてこの和尚の下に師事し、「魯坊(ろぼう)」という名を授かって、仏の道を歩み続けてきたのです・・・。



・・・

そんな感じで500年。

そしてある日、風景がタイムマシンで送り込まれた時と同じであることに気づき、おぼろげな記憶を頼りにここまで来たとか、そんなん。



で、早速、敵が来たというわけで、「セッ!!」とか言って右ストレートを放ってみましたレイモンド。

しかし対して魯坊さん、実に静かな身のこなしでこれをいなし、制するのでございます。


いなす


そう、いくつもの戦争を生き抜き、技を磨いた彼に、もはやレイモンドなど相手にはならなかったのでございます・・・!!

とはいえ、この魯坊さん、別に刺客としての仕事をこなしにやって来たわけではないとのこと。

むしろ、瑞希さんらを殺そうとしてた、500年前(瑞希さんらにしてみたら昨日)の自分の非礼を、詫びに来たのでありました・・・!!



誓う
涙を流して誓いを立てる魯坊さん。

































パンチ
パンチ。




この勢いで相手に反撃させる余裕を一切与えぬまま、ボッコボコにボコりまくったハルエさん・・・。


その後、頭の前バリみたいのがべっこんべっこんいうようになり動かなくなった魯坊さんをかつぎ、ハルエさんはおっしゃいました。



敵
昨日の敵は今日も敵。




こうして彼女はそのポンコツをどっか山奥に捨てるべく、にこやかに瑞希さん宅を去ってゆくのでありました・・・。












・・・・・
と、いうわけで、置き去られてから500年ストーリーを展開してくだいました今回。

やはし前回の終わり方は、今回のこの悲劇を見通してでの、伏線だったわけです・・・!!

ほんと、泣けましたよね? ええ、少なくともわたくしは泣けました。


とにかく、これで初めての刺客さん(魯坊さん)は倒してしまったわけでして、次の新たな刺客が現れるのが予想されるところです。

そして、刺客以外にも、例えば山添くんの元家庭教師とか、浮かばれずにこの世をさまよい続けるコメツキムシの霊とか(これについてはあり得ないとは思ってますが)、あとはとか、他にもたくさん敵はいます。

こういう敵さん候補から、果たして次回は誰がやってくるのか、あるいは誰もやってこないのか、そういうことをいろいろ想像しながら、次回をぬるーく待っていましょうね。








(余談)
「ほぼ二周年記念人気投票」を行っていますが、間もなく終了します(10/15まで)。
ひとり1票までということにしておりますが、まだ投票してないで、それで投票してもいいかなあ、とか思っていらっしゃるおかたは、是非ご協力お願いします。

『レイモンド』人気投票

終了したら、簡単にまとめた記事を書こうかと思っています。



(余談2)
そして今回の「田丸汁詩」は、漫画家さんと編集さんの、〆切に面したときの血で血を洗う攻防戦にまつわるステキなおはなし。そしてそこから明かされる、担当Tさんはコメツキロケットが超お気に入りだったという新事実。そんなこんなで、なんかとっても楽しめました。








おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  October 13, 2007 10:23:31 PM
September 21, 2007
カテゴリ:レイモンド


一休さん
一休さん。



一休さん、お忍びでオフを愉しみながらお外を歩いておられたら、あらヤダふしぎ、目の前で上半身すっぽんぽんなアゴヒゲマッチョが光臨してるじゃありませんか・・・!!

なんかとっても珍しいし、そのまま傍観していると、この男、メガネオパイな成人女性と男性の写真見ながらブツブツ文句をたれていたりとか。


けす
「消す」とか言ってるアゴヒゲマッチョ。


『倉橋瑞希』・・・聞き覚えのある名前・・・。

なんとなーくその写真をのぞき見てみるに、やっぱしあの小娘に似ている姿が写っていたり・・・。

そういうわけで一休さん、彼にこの小娘を知っているとかいないとか、ちょろっと話してしまうのです。

・・・その話を聞き、喜び勇むアゴヒゲマッチョ。

ここで彼は、自らの正体を華麗に明かしてくるのでございます・・・!!



ロボット
みらいからやってきたろぼっとなのだ!!



そしてこのイキオイのまま、刺客さんは一休さんに瑞希さんたちの居場所を追求し始められるのです。

対して一休さん、伊達に長年大量殺人鬼をやってきた身ではありません、この追求をキッパリ断り、それからアツク語り始めるのでございます。


「フ・・・ちんけなガキ共だが
 今のわしはヤツラのおかげみたいなとこがあるからのう・・・

 というワケで」



 かかってこい
 かっこよくコブシで語らんとする一休さん。
















・・・

その後。


まけた


と、いうわけで、瑞希さん、ピンチ。ていうかめっさピンチ。

そんな事態にもかかわらず、こういう時に限って、護衛ロボたるレイモンドったら外出中・・・。


さて、刺客さんからすればンモウこれ以上ないくらいの大チャンスなわけでございますが、この物語はタイムマシィンを利用して時間の合間をごっちゃに行き来できるミラクルストーリーであるわけで、先に護衛のほうを倒しておかねば、いざ目の前のターゲットをヤろうとかした直前にひょっこり出られて返り討ちに遭うなんてことが起こるのも、容易に考えられたりするわけです。

そして、当の刺客さんには、その、ある意味最強道具なタイムマシィンは支給されていないご様子。

こんな悲劇な状況をみかねまくった心優しき瑞希さん、手元にあったタイムマシィンをお見せして、さらにご丁寧にも護衛のロボの居る所まで案内などしてくださるのです。



案内
ロボの所へ案内される瑞希さん。
あとそれについてく刺客さん。






・・・と、いうわけでやってきました室町時代

目の前には、血のりがのった看板かかえて殺さんとする一休さんと、それに追われる瑞希さん&護衛ロボ。

獲物が前に現れたとあっては、追って殺しに取りかかるというのが刺客としての本能。


刺客だっす
刺客さん、まっしぐら。


・・・夢中になって追っかけられたる刺客さんをよそに、瑞希さん、さっさと現代世界に帰られました。

で、追っかけられてたちょっと過去でのふたり組も、無事に振り切り現代に帰還・・・。





置き去り作戦、大成功・・・。










・・・

後に、瑞希さん家に帰ってきましたレイモンド。

なんか、今の今までハルエさんに命令されて墓穴を掘っていたりとか、そんなんだったり。ドンマイ。



命令


(個人的にはよし子と和男のものと思しきお墓も立っていたのがツボ。)


















・・・・・
そんなんわけで、一休さんの再来をありがたく拝むことが出来、さらにはじめての刺客さんまで現れてしまった今回のお話、これ以上ないくらいボリュームでございましたね。

これからも次々と刺客さんとかそういうものが出てくるかもしれないこの壮大なる物語、ほんとに、ますます目が離せないものです。

ときに、"刺客"というと、田丸先生は、過去に『課長王子 外伝』にて宇宙のヒットマン・大森ヒデヒコ係長なんていうキャラを出現させ、その紳士っぷりとか屈強っぷりとか、あとサラリーマンのつらい性(さが)とかを存分に表現などしてくださいました。

 係長
 大森ヒデヒコ係長。
 (『課長王子 外伝』より)

今回の刺客さんも、彼に負けないくらいの純然たる紳士。実に男臭いまでの男の生き様を我々に示してくださいましたね。

オチとして、「過去に置き去りにした」ということなので、壊れてなければ、またいずれ再会することもあるのでしょう。おそらくその辺のことを考慮してでのこの話の終わらせ方、ほんと、「さすが」の一言に尽きるのではないかと思います。(考えておられてないかもしれないけど。)



で、さて、話は変わりまして、人気投票を久しぶりに始めました。

と、言うのも、『レイモンド』が間もなく2周年を迎えてしまうわけでして、恐らく唯一であろう「『レイモンド』ファンブログ」であるうちとしては、これはやっておかなあかんわなー、と、そう思っているからです。

ひとり1回限りの投票で、10月ちょいで切り上げます。

終わったら、ちょろっとわたくしの見解を添えてまとめてみようかと思っています。


そんな感じで、『レイモンド』を読んでいらっしゃる方々、是非、ご協力くださいませ。

投票まってますですー。

『レイモンド』人気投票実施中!!


















おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手








最終更新日  September 22, 2007 06:40:02 AM
August 25, 2007
カテゴリ:レイモンド
その日、西村くんはいつものように、学校からおうちに帰ってきました。

そうして、これまたいつものように自分の部屋の扉を開けた西村くん。

すると、そこには謎のパツキンメガネ欧米人が、自分の机に足かけて、くつろいでるではございませんか・・・!!?



 きんぱつ
 欧米人におそれおののく西村くん。


しかしこの女、なにやら自分のことを知ってるご様子・・・。

と、次の瞬間この女、カツラをカポッと装着とかして笑顔でこちらを見てみたり・・・!!

ここで分かった新事実、な、なんとびっくりこのお方、ハルエさんではありませんか・・・!!!


同時に、いままであんなに優しく尽くしてくれたあのハルエさんが、なんちゅうかもう見知らぬ世界の欧米人(ていうかロボットやねんけど)にトランスフォームを遂げてしまったことに驚きを隠せない西村くん。

過去のあのとても甘い思い出が、走馬燈のように脳裏をよぎってくるのです。



 思い出
 ハルエさんとのとても華やかなる思い出の数々。



自然と涙が出てきてめそめそしていた西村くんでしたが、彼女のオパイのたゆんたゆんっぷりに励まされ、元気を取り戻すことに成功するのでございました。






・・・

さて話は変わって本性をさらけ出しましたハルエさん、早速、海兵さん式訓練法(?)で西村くんを強くしようとし始めます。

具体的には自分が用意した相手と戦ってもらうという方向で。

で、そういう経緯で出してきましたステキアイテム、



ライト
『巨大化ライト』~~~~ッ!!



そして巨大化させた相手のキャラとは・・・!!?




相棒
和男の相棒。




そう、未来の世界で超ヤバ激レアアイテムとされるこのコメツキムシ、レイモンドったらちゃっかり股間のポッケにしまい込んでいたのでございます!!

んでそれを、ハルエさんにしばかれた際に貢いだりして許してもらい、なんかこうして今ここにあったりとか、そんなん。


とはいえ、和男の相棒からしてみれば、相棒とその妻(?)を殺ったヤツと対峙できるとは、願ってもない大チャンス。



 なんて
 やる気まんまん、和男の相棒。




 とにかくやらねば食われるのみ!!

西村くんもファイティングポーズをとり、このでっかい昆虫・激レアアイテムに立ち向かってゆきました。

そして、すかさずかます右ストレート!!

しかし、ダメージを受けたのは、和男の相棒ではなくむしろ西村くん。

かれら昆虫の固い外骨格に生半可な打撃は無意味・・・。

もっとコウ、サブミッションとかでねちっこく攻めるべきだったのです!!


が、時既に遅し、西村くんの実力を見限った和男の相棒は、虫語(?)で

「フ・・・ どうした小僧・・・・・
 貴様のコブシはその程度か?
 今度はこっちからイクぞ!!」


と豪語すると、あの超絶必殺技でキメてくるのでございます!!




ロケット
コメツキロケット!!!






・・・紙一重のところでどうにかよけた西村くん。

一方で、和男の相棒、窓を破って外へとそのまま跳んでゆきました・・・。



おそるおそる窓から外を眺めた西村くん・・・。







とらうま
トラウマ確定。






そして、自分の用意した屈強なる戦士に見事勝った彼に涙を流して喜ぶ、ハルエさん。



 ごはん
 胸いっぱいでゴハンがどうとか。

















・・・・・
副題『刺客』と付くも実際にはこれから来るであろう"刺客"のために、西村くんが強くなろうとするお話だったりました。

ていうか、レイモンドと瑞希さんが登場しなかったのは、今回が初めてだったりもします。

そういう意味で、なんか何かがちょっと動いたような気がする今回でした。


さて次号、『レイモンド』ではどういうびっくりが出てくるのか分かりませんが(個人的に一休さんが出てきてくださることを願っているのですが)、それはともかく別冊付録で田丸先生が"ブルマ"イラスト描き下ろしに参加される模様!!

なんかそっちもとっても楽しみだったりします。

そんなわくわくなドラゴンエイジ10月号は、9月8日ハツバイ。












おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手








最終更新日  August 25, 2007 09:36:11 PM
July 17, 2007
カテゴリ:レイモンド
未来の世界でジャイ子ちゃんと結ばれる運命になることを目の当たりにし、それに抗うべくして努力し始め、結果としてしずかちゃんとの未来を勝ち取っちゃったのび太くんのごとく、キヨオカくんへの愛のために動き始めた瑞希さん、そしてその護衛ロボット・レイモンド。

さっそく瑞希さん、キヨオカくんの好みのタイプを探って来いとレイモンドに命じたりとか。


・・・


程なくして帰ってきましたレイモンド、手にしていたのは意中の相手の愛用エロ本。

その表紙には、こちらにケンカを売らんばかりに挑発的にパンパンな、バインバイーンな外人さん。


と、いうわけで瑞希さん、具体的な目標として巨乳になるのを目指すのでございました。

そしてそれに伴い、最適な未来道具を出すレイモンド。

その驚きの道具とは・・・!!?








ポンプ
吸引ポンプ。





レイモンド曰く「便所ノアレヲ元ニ開発サレタ未来ノ頼モシキ豊胸マシーン」たるこの道具、どう見ても便所のアレの先っぽにホースくっつけただけのものにしか見えなかったり。

そして、この道具には専用のコンプレッサーがあり、それで吸引することになっているのですが、その出力が強すぎて、中身が全て内出血という赤オパイが大量生産されたとかいう素晴らしき事実があったとか、なかったとか。


ちょっちびびる瑞希さん。


しかしそんなん具合におびえる彼女に、レイモンドは至って紳士的に、鼻水垂らしながら、「大丈夫! 私ガクチデ吸ウカラTPO強弱ツケラレマース!」とか言って、むりやり安心させるのでした。


で、実践。








末
「吸え!!!」
「クラエッ!!!」





・・・と、そんな現場に入ってこられた山添くんと、暫定未来の夫・西村くん。

恥じらいながらテキトーに誤魔化さんとした瑞希さんをよそに、レイモンドったら、彼らふたりに秘密のオパイ計画を、サラッとあっさりバラしたりとか。




 やぶさか
 納得される猛者ふたり。




あとその後、自らの胸を以て吸引ポンプを試したりした西村くん。








痛かった



















・・・・・
個人的には、山添くんの「巨乳なら棒を・・・」発言にかなり心トキメイてしまった今回、とてもステキな新アイテムがお披露目しましたね。

さあ次はどんなステキアイテムが、あるいはステキハルエさんが、あるいはステキ刺客さんが登場なさるのか、んもうわくわくがとまりませんね?

期待して待ちましょう。

でもその前に、今月はラブやん新刊が出てきたりするので、そちらも要チェックなのですよ?










おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手







最終更新日  July 17, 2007 09:18:39 AM
June 23, 2007
カテゴリ:レイモンド


そもそも、なんで西村くんが自分と同じ守るべき存在なのか・・・



そんな、当然思っちゃったりする疑問を、過去から居てる未来ロボット・ハルエさんに投げかけられる瑞希さん。

するとハルエさん、穏やかなる微笑みを浮かべてポムンと彼女の肩をやさしくたたき、言いました。






父
トンデモナイことサラッとバラすハルエさん。







 困惑する、西村くんと瑞希さん。



 ショックを受ける、西村くんと瑞希さん。



 ショック
 イキナリ殴る瑞希さん。




そう、彼女が今思いを寄せているのは他のクラスの別のひと

間違ってもこんな鼻水でソデのテカッたヤツではないわけなのです・・・!!


・・・と、そんなんことを宣言してたら、異議とか申し立ててくる、未来のダンナとそのツレ。






棒
棒。




・・・

このままグデングデンになっていくのもアレなので、その場はなんかてきとーに流し、話題はハルエさんご本人へとうつってゆきます。

早速、レイモンドと初めて親しくなったときと同様に、未来の道具をおねだりとかする子分ふたり。

さあこれに対してハルエさん、胸の谷間に右手を突っ込みモゾモゾさせて、出してきました未来アイテム、変身ポンプ・・・・・。




めっさヒキまくる、ふたり。

なんつうか、このアイテムってばレイモンドがもうイヤって言うほど出していて、もはや新しさのカケラもない感じ。

それをまた、改めてモッタイぶられて出されたところで、何のありがたみもないような・・・。



・・・意外なヒキッぷりにハルエさん、あせりながらも「でもコレ60年前のだかた変質してて使うの怖くてドキドキのワクワクですよ?」などと、実にいらないドキドキ感を猛烈にアピールしてみたり。


そんなところへ・・・!!




殴る






レイモンド、涙を流して彼女を殴り、そして言うのです。


「オマエノ使命ハ便利アイテムヲ出シテ
 ゴ機嫌ヲトル事カ!?

 変質シテヤバクナッタ薬ヲ出シテマデ!!

 違ウダロウ!!」




 涙










で、このあとハルエさんに部屋の外へと連れていかれたレイモンド。

なんか、いろいろ聞こえる、声とか音。

「レイモンド オマエ今何した?
 アタシを殴ったよな?」



 痛い



・・・この後、ほっぺにお茶目な返りオイルを垂らしつつ帰ってこられたハルエさん、何事もなかったかのように改めて西村くんに未来アイテムリクエストを尋ねたりするのでございました。



















・・・・・
てゆうか、先の"総天然色レイモンド"にてちょこっと出演しておられたパツキンロボット、その人こそがハルエさんだった!!とかいう重大事実が判明した今回(もっと重大なこともあったかもしれないけど)。

さあこのハルエさん、これからこの物語のなかでどのようにからんでくださるのか、その辺を期待しながら、つづきを楽しみに待っていることにいたしましょうね。








おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手






最終更新日  June 23, 2007 01:01:25 AM
May 14, 2007
カテゴリ:レイモンド
西村くんち。

丁重にもてなしてくれるメイドさん。




ハルエさん




・・・見慣れぬメイドの待遇に、どびっくりする山添くんと瑞希さん。


驚愕している二人に対し、メイドというよりは女中さんなのですよ?とか言う西村くん。



で、その渦中の女中・ハルエさん、なんでも西村くんが物心ついた頃からずっと家にいるのだとか。

西村くん、話が弾んだ勢いで、彼女が写ったアルバムの写真なんかを見せてくれるのでした。



 写真1
 西村くんがちっさい頃のハルエさん。




「ホントだ へ~~
 今とあんまり変わんないね ハルエさん」


と、彼女の若作りっぷりに感心なさる瑞希さん。

しかし、西村くんが「元々はばあちゃん家で女中さんやっててうちに来たんだ。」などと申して次に差し出した写真を見て、事態の異常さに気づくのでございます。



 写真2
 西村くんの祖父母さまがたとハルエさん。




若作りっていうよか、なんか全然歳とってへん・・・。


さあたいへん。


これはやもすると、待ちに待った未来の刺客やもしれません。

なので瑞希さん、大急ぎでレイモンドを呼び寄せられます。






出産
瑞希さん、ご出産。 注1)

注1) 瑞希さんは、第四次元ファスナーが股間のチャックになってるズボンを履いているため、いついかなるときでもレイモンドを出産できてしまうのだ!!




出産されてやってきたレイモンドに、事態の深刻さをさらっと告げた瑞希さん。

レイモンド、とにかくあせりながらも護身用のピストルを第四次元ファスナーから出すように瑞希さんに促しました。


あたふたしつつ股間をもぞもぞやりながら、ピストル探す瑞希さん。

しかし、なかなかピストルを捉えられない彼女に居ても立ってもいられずに、レイモンドったら、自らそれを引っ張り出そうとするのです。




はらす
セクハラ戦隊ハラスメン。




そんなところへハルエさん、突然現れレイモンドを足蹴にするのでございました。

「坊ちゃんのご学友に何をしているかッ!!」



そうして、ひととおり踏みつけてみたあたりで、レイモンドの顔を見て何かを思うハルエさん。

「・・・お前 どっかで見たな」

しかし、どうにもはっきり思い出せなかったり。



西村くん、必死になって弁解します。

あやしい






・・・"レイモンド"の名前を聞いてようやく全てを思い出したハルエさん、すぐそばにいた瑞希さんの名前を言い当て、そして高らかに宣言するのでございました・・・!!




ろぼ
未来のロボット・ハルエさん。





この事実にめっさ動揺する、あたまのわるい西村くん。


ふたご
「え? ふたご?」


あたまがよわい西村くんをなだめつつ、ハルエさんの語る真実。

それは、守るべき人物は瑞希さんだけではなかったということなのでした。

そして、後から気づいた未来の瑞希さんたちは、西村くんを守るべくハルエさんを過去に送られたのだとか。レイモンドが来るよりも60年も昔に。



そんなんわけで、晴れて仲間も出来たことだし、俄然やる気まんまんになるハルエさん。


なみだ
 心強くて涙を流すハルエさん。




瑞希さん、もののついでに今までに来た刺客の数とか尋ねてみました。



ぜろ
「ゼロ。」とおっしゃるハルエさん。













・・・

と、いうわけで、刺客はないけど仲間は増えた、頼もしき瑞希さんとその他大勢。

次回も、存在しない刺客にハラハラドキドキ警戒しつつ、前向いてGoだッ!!















おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手







最終更新日  May 14, 2007 03:02:30 PM
April 20, 2007
カテゴリ:レイモンド


虫



こんなん具合に虫を"ペクッ"と後ろに反らせて、地面にあおむけに置いてみたレイモンド。

瑞希さんに「そっそれは残酷なんじゃないの!? イキナリ虫をツブすなんて」などと非難されるも、彼曰く「大丈夫 ヨク見テ下サーイ。」


で、彼の言うままに、虫を凝視していたところ、ある瞬間・・・、



 ぺし



な、なんと、この虫、飛び跳ねるではございませんか!?

興味しんしん西村くん、目を輝かせてレイモンドにどういうことか尋ねます。

そして、レイモンドが語った真実とは・・・!!









語り
超ヤバ激レアアイテム。








と、いうわけで、おもろいオモチャが見つかったんで、んもう狂ったように何回も背中ひねったり飛び跳ねさせたりしてあそぶ3人。

そうしているうちに、コメツキムシの跳ねっぷりも次第に弱くなってきたりとか。

なので西村くん、強めに背中をひねってみました。

すると、今まで"ペクッ"てなってた心地よい音が、なんか今回は"クチャッ"・・・。


















よしこ
「よっ よし子~~ッ!!」







和男の相棒は続けて彼を説得します。

「聞こえたろう よし子の骨が砕ける音を!
 肉が爆ぜる響きを!!」





汁
「よし子はもうよし子ではなく汁なのだ!!」








未だに信じられぬよし子の結末・・・。

この結末に報いるためにも、和男は一大決心をするのでした。







相棒
「コメツキロケットを食らわせてやるのか!!」









・・・そして、ロケットは放たれ、高く、高く飛んでいきました。









 あいた




・・・しかし哀しいかな、この究極兵器ロケットも人間側にしてみれば金魚のフンより些細なもの。

人間・西村、この攻撃でギャフンと言わされるというより、むしろ新たなオモチャの出現に喜んじゃったりとか。


再びコメツキあそびを始めたりする無邪気な子らとレイモンド。








しく
























(オチ省略。)












・・・・・
結局は、前回のおはなしの直後の出来事だった今回。

和男が、とても輝いていましたね。

そんな和男に負けないように、わたくしたちも頑張っていきましょうね。









<お知らせー>
1巻ハツバイ記念人気投票などをやっています。
できたらコメントとかも入れてくれるとうれしいです。

『レイモンド』投票


あと、1巻でどのお話が好きだったかのアンケートとっています。
こっちはコメント必須です。よかったらなんか言葉をくださいませー。

『レイモンド』1巻「どのお話が好き?」投票


よろしくお願いしますー。






おもろかったらおしてくださいませ。
web拍手






最終更新日  April 20, 2007 09:15:51 PM
March 22, 2007
カテゴリ:レイモンド
お外で楽しくキャッチボール。

ひょんな拍子にボールがそれて、他人のおうちに入っちゃいます。

なので、ボールを取りに、こっそりお庭に忍びこんだ山添くん。


そして出くわす、

びびる、山添くん。


びびったままに、犬小屋んなかに避難するも、そのまま出られなくなったりとか。




・・・と、いうようなピンチがありまして、西村くん、レイモンドに泣いて助けを乞いました。


と、いうわけでレイモンドと瑞希さんと西村くん、ピンチの現場・のところへ移動しました。

で、現場。

鎖でつながれてはいるものの、ドッシリと威厳を保ってお庭におられるに対し、山添くんったら、おびえる子羊のごとく、犬小屋の隅でひとり震えてたりとか。


犬小屋
犬と山添くん。


この悲劇を見ちゃったレイモンド、いつものように解決すべく未来の道具を出しました。

変身ポンプ。

それを利用し、 の主人になりきって、をあやして、が心を許したその隙に、山添くんを救出せよとか、そんなん。

もちろん変身するのはわれらがオパイーンヒーロー・西村くん。

さっそく西村くん、記憶に薄いの主人の顔を、必死になってイメージしました。

そして、ポンプを注入されて変身した、彼の姿とは・・・・・!!









じじい
顔だけ。




なんか、中途半端になってたり・・・。

しかしそんなの全く気にしない、ある意味とっても大物な西村くん、のもとへとゆっくり近づき、そして手なずけようとするのです。



歩智
「オオ・・・オオ ポチ・・・よーしよし」
(ホントの名前はペス。)


・・・しかし、いかんせん変身ポンプの能力は変身するだけ、嗅覚を最もアテにしている生物のには、全く通用しなかったりとか(そして変身したのも顔だけやし・・・)。


牙をむいてめっさ吠えられ、びびりまくる西村くん(ver. の主人)、びびったままに犬小屋んなかに避難・・・。



さあ、いよいよ手詰まり。絶体絶命の大ピンチ・・・・・!!

そおんなときです、


 レイモンド
 頼りになっちゃうナイス海兵・レイモンド。


"どこにでも小窓"を通してひょっこり現れなさったレイモンドさんは、おっしゃいました。

「モウ一度 チャンスヲ アゲマース!
 今度ハ 君ノ考エル 最強の生物ニ 変身シテ
 奴ヲ ヤッツケルノデス!!」


このレイモンドさんによる魂の語りかけに応え、燃え上がる山添くん。

ポンプを打たれて最強の生物へとトランスフォームを果たすのです・・・・・!!











家庭教師
悪の女家庭教師。





・・・しかし、いかんせん変身ポンプの能力は変身するだけ、いくら悪の女家庭教師が最強の生物であっても、その実力までは反映されなかったりとか。


でもでも、そんなんことなどお構いなしに、山添くん(ver. 悪の女家庭教師)は渾身の右ストレートを放ちます。


それを受け流す、


そしてそのままバックをとって、発情期をむかえたりして腰ガクガクする、


オッパイーンな女家庭教師が襲われるのを目の当たりにして、犬小屋の中でひとりハアハアする、西村くん。


なんかもうのなされるがままに抵抗できず力尽きる、山添くん(ver. 悪の女家庭教師)。





・・・

一部始終を眺めておられた瑞希さん、「さっき小窓で引っぱり出してやった方がよかったんじゃないの?」とかレイモンドにツッコミ入れるも、もはやあとのまつり。

このままそこにいても、もう何もすることないし、仕方がないので帰ったとか。


















・・・・・
今月の2本目で、こっちが本編です。そうは言っても何も話が進展しているわけでもありませんが・・・。

とりあえず、本編を確認して嬉しかったことは、ドラっぽいロゴが、まだ生きていること。

なんかもう、このロゴを拝めるのは、雑誌買って直接読んでる人たちだけの特権なんだと思いましたです。

なのでみなさま、雑誌買ってー。そしてアンケートハガキにレイモンドを投票して送ってー。






<お知らせ>
キャラについての人気投票やってますー。2日に1回投票できます。ご協力くださいませー。
『レイモンド』投票

あと、1巻において、どの話がステキだったかも気になってるので、よろしかったら教えてください。
『レイモンド』1巻「どのお話が好き?」投票

すんませんけど、こっちはコメント必須にします。簡単でいいんで、どこにトキメイたのか、声を聞かせて下さいませー。こっちは1日1回投票できます。














おもろかったらおしてーん。
web拍手






最終更新日  March 22, 2007 07:08:42 PM
March 15, 2007
カテゴリ:レイモンド

レイモンド

こんなん具合でロボットなクセに無駄な筋肉美を誇るレイモンドさんに、感嘆の声をあげる西村くんと山添くん。


しかし、ただ感嘆するだけでは終わらないのがこのふたり。もののついでに「やっぱ他にもいるのか? バリエーションの違うタイプの肉体美とかが」などと聞いたり。

具体的にはお姉さんタイプとか、お兄ちゃんの事が好きでたまらない妹みたいのとかがいらっしゃるのかどうか聞いてみたり。



そして答えるレイモンド、「モチロン 居マース!」




パツキン
メガネでオッパイバインバイーンでハスッパな
パツキンナオンチャン型戦闘ロボット(得意技:家事)




この新たなる真実に、驚愕するふたり。

特にオパイの超好きな西村くん、鉄砲水のごとく涙を放出、それからその場に崩れ落ちたり。


で、このあとパツキンでもバインバイーンでもないレイモンドに、いらん文句をかますのです。


さあ困ってしまったレイモンド、「そもそも自分を送ったのは未来の瑞希とその息子。」とか、そういうことをおっしゃったりとか。


そこからふたりの怒りの矛先は、瑞希さんへと向けられます。


 アホー
 ヘンな海兵のせいでキレまくる3人。







で、当のヘンな海兵レイモンド、悲しくなって泣いてその場を去りました。








・・・ほどなくしてから戻ってきましたレイモンド、








 レイモンドパツキン
 パツキンのナオンチャン。









ステキなまでのトランフォームを完了させて、新たな姿で現れてきてくださいました。









レイモンドパツキン2
パツキンのナオンチャン。













・・・・・
1巻ハツバイ記念企画の「総天然色レイモンド」。

コレ意外にも今月は通常連載が1本あります。

そおんなことよりここみてくださってるみなみなさまがた、アレです、山添くんが最後のコマで「だからアンケート悪いんだよ」とか言っています。

なんだかわかんないけど「レイモンド」存亡の危機っぽいです。

どうか、雑誌買ってアンケート送ったってくださいっ!! ぜひっ!!

よろしくお願いします。


*雑誌:「ドラゴンエイジ」です。富士見書房から出てる月刊誌です。













<お知らせー。>
うちのブログでも1巻ハツバイ記念で「レイモンド」投票をやっていますー。

2日に1ぺん投票できますー。

ご協力お願いしますー。

『レイモンド』投票









おもろかったらおしてーん。
web拍手






最終更新日  March 15, 2007 04:23:04 PM
このブログでよく読まれている記事

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.