360817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Via USA

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Profile


CSS2003

Freepage List

Favorite Blog

FXで夢を叶える TiffanyFXさん

Comments

マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) 最近読んだブログで1番気にかかってしま…
hutamisatio2@ ロレックス 新品一覧 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
yinnbeda-k@ ゴルフ ウェッジ 選び方 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…
yikedamako1@ タグホイヤー レディース 突然訪問して失礼しました。 ありがとうご…

Free Space

QLOOKアクセス解析
2019/04/21
XML
カテゴリ:旅行
今ニューヨーク。
タックスシーズン後は毎年恒例となっている。


rblog-20190420222521-00.jpg
国連本部
今回初めて行ってみた。が、閉館されていて入れなかった。

現在、メトロポリタン美術館で「源氏物語展」が開催中。で、ぜひ行ってみたいと行ったが、何を間違ったかMoMAに行ってしまった... 完全に私の勘違い。ふつーに考えれば、源氏物語はモダンアートではないことはわかりそーなもの。ただただアホなだけ、私が。

夫よ付き合わせてすまん。というのも、とんでもない人混みで、エンパイアステートビル以来の人混み。鑑賞もへったくれもあったもんじゃない。DCのスミソニアン博物館のゆったりした静かな空間に慣れている私達は地獄だったさ。

夫がそれ以上に驚いたのが、入館料がかかること。$25。まぁねぇ、スミソニアンの世界最大級の美術館、博物館がぜぇんぶただなんだもの、夫の気持ちもわかるさ。老若男女、貧富の差カンケーなくみんな平等に見られるのよ。ゲージュツがもっと身近にあるさ。ホントーに恵まれるているんだと実感したさ。あくまでも私見だけど、スミソニアンの方がいいざんす。MoMAの良かったのは、触れるくらいまで近づけることか。

で、1番人気だったのがゴッホのThe starry night(星月夜)。とんでもない混雑ぶり。近づけやしないさ。が、その横にあるゴッホの肖像画。ほとんど人がいない。オマケにピカソの青の時代の作品の前には誰もいないっ!マチスやセザンヌの前にも。なんでぇ〜? 夫ピカソに興奮。一緒に撮ってあげましたがな。

そんな中で一際目立ったのがこれ。

rblog-20190420222521-01.jpg
T T兄弟 イヤ、確かLetter from peopleだったっけ? 見た瞬間、T T兄弟の歌が頭を過ぎったさ。


今回で3回目となるトランプタワーにも。
rblog-20190420222521-02.jpg
来年が最後になるかな?


んで、お約束のダイヤモンド街にも。
ピアスのダイヤを大きくしようかと。今回はちゃんと前回買った時のレシートも持って来たざんす。これでアップグレードしてもらうのさ。

ダイヤモンド街はキラキラの問屋街。フツーの小売店の約1/3の価格。ティファニーなどだと小売価格プラスブランド価格がかかる。問屋街ということと、鑑定書がつかないためこの価格。1度鑑定されてしまうと、この値段では買えない。

欲しい石を選ぶが、ピアスの場合2つとも気に入った石に揃えてもらう。その際、価格を提示してもらい、その価格で透明度、カラー、カット、特にテーブルの%などを注文しどんどん石を変えてもらう。虫眼鏡(?)を借りてじっくり選ぶ。やっぱねぇ石が大きくなるとカット、カラー、クラリティが重要になるさ。

最終的に気に入った石が出揃ったところが値段交渉の出発点。そこからどんどん交渉するのさ。で、結局今回は見送り。石のサイズで迷っているから。少し大きくするか、それとも約倍の大きさにするかで迷っている。どーしよ。

4Cにこだわっているとお決まりの質問が。「出身どこ?」日本だと答えると「やっぱりな」だと。ダイヤモンド街では日本人はサイズより質にこだわると有名らしい。

その後、疲れた夫は1人ホテルに帰り、私は紀伊国屋で本を買い漁りましたとさ。






Last updated  2019/04/21 11:26:58 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.