189293 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2011.10.03
XML
カテゴリ:四大天使
本来ならば、トビト記の中で大活躍した
天使ラファエルについて書きたいところですが
途中で、いろんな資料に呼ばれてしまう毎日ですぽっ

「ソロモンの鍵」というのは魔術書で
噂では、ソロモンはエノク書を手に入れて
そこから悪魔を使役する方法を学んだと言われていますが
実はソロモンに魔法の指輪を渡すように神から命令を受けた天使は
「ラファエル」だと愛読書「天使辞典」に書いてあったのです。

しかし、エンジェル研究会の参加者から
「ソロモンに指輪を渡したのは
「ミカエル」だ!とウィキペディアにありましたよ」と
数ヶ月前に教えていただき
なるほど調べてみると
そこにはミカエルがソロモンへ指輪を渡したと書いてありました。

また、後日、トビト記に中のラファエルについては
詳しく書きますが
トビト記のラファエルは、魔術師的な要素が強いため
ソロモンにラファエルが魔法の指輪を渡しても
さもありなんと思い
ミカエルはイスラエルの守護天使でもあるので
ソロモンへミカエルが指輪を渡すのも
ありだなぁと思っていました。

ソロモンの指輪についてウィキペディア以外で
誰が渡したのかを調べてみようと思い
以前、ちらっとソロモンについての英文を見た時に
ミカエルと書いてあったので
そのページをプリントして
しっかり読もうとしたら
全然別の「ソロモンの鍵」がプリントされてしまったという
アクシデントがあり
「ソロモンの鍵」を読むことになったのです。

「ソロモンの鍵」のオリジナルはヘブライ語で書かれているものが
英国に残っているそうですが
それをもとにして1889年にマサースという人がまとめたものを
1999年にジョセフ・ピーターソンという人がまとめたソロモンの鍵を
読み始めています。

ですが、ざっと見たところ
天使とは書いてあっても
ミカエルもラファエルも
どちらの名前も出てきません。
とても読みにくいので
じっくり少しずつ読まなくては分からないです。

しかし、ソロモンの鍵という名の魔術書なのに
イエスキリストとマリア様の名前が沢山出てきて
第一ソロモンの鍵には「透明人間になるために」というのもあるんです!

でも、透明人間になるまでの道のりは結構長く
二三の修行を経て、魔法円についても詳しくなければならないようです。

以前、透明人間というか
いるのにいないように見られるという珍しい人たち数人と会う機会がありましたが
私の場合は、ひとりでお店に入っても
コップがふたつ出てくることがよくありましたびっくり

その当時は、忍術「もうひとり見せる術」でも使っていたのでしょうかスマイル

さて、本題に戻ります。
ソロモンに鍵を渡したのは
ミカエルが優勢。
ラファエルは少数派のようです。

http://www.esotericarchives.com/solomon/ad36674.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%8D%B5_(%E9%AD%94%E8%A1%93%E6%9B%B8)






最終更新日  2011.10.05 22:10:55
[四大天使] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.