000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2012.01.24
XML
カテゴリ:聖書正典と天使
創世記16章では、ハガルがアブラムの子を身ごもり
ちょっと得意になってしまい、サライを見下します。

サライはアブラハムに相談して許可を得て、ハガルをいじめることにしました。

いじめられたハガルは、耐えかねて家を飛び出してしまいます。
そこに主の使いが現れます。
ハガルに、サライの元へ戻り身を低くするように伝えました。
そして、ハガルは男の子イシュマエルを産みました。

***
サライからサラに名前が変わり
三人の人が予言したように
サラは高齢にもかかわらずアブラハムに男の子を産みました。
その子には、主が言われた通りイサクという名前をつけました。

アブラハムはイサクが乳離れをしたお祝いのパーティを開くことにしました。
そこで、またサラは見てしまうのですびっくり
今度は、イシュマエルが可愛いイサクをからかっている姿を!

サラはアブラハムに言います。
「ハガルとイシュマエルを追い出してください!」

アブラハムにとってはイシュマエルも自分の子どもなので、もの凄く迷いましたが
神が現れて「サラが言うことを聞き入れるように」と言われ
ふたりにパンと水を持たせて、家から追い出してしまいました。

荒野をさまよい、持っていた水もなくなり
意識がもうろうとしているイシュマエルを
灌木の下に投げ出したハガル。
自分の子どもが死ぬ姿を見たくなかったのです。

そんなハガルの前に神の使いが現れました。
「恐れないで!
神はあそこにいる少年の声を聞きました。
少年の元へ行き、元気づけて起こしなさい。
私はあの子を大いなる国民とする。」

神の使いの声を聞いたハガルの目が開き
井戸をみつけることができました。
その水を子どもに飲ませ
イシュマエルは命拾いしたのです。

メールハガルはサライを見下し
その子イシュマエルはイサクをからかったにもかかわらず
神の使いは、ふたりを助けるために姿を現しました。






最終更新日  2012.03.30 22:25:55
[聖書正典と天使] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.