000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2012.02.13
XML
カテゴリ:聖書正典と天使
ヤコブは母親の兄「ラバン」の元へ逃げて行き
一ヶ月滞在しました。

ラバンには娘がふたりいました。
姉は「レア」。妹は「ラケル」です。

ヤコブはラケルのことが大好きで
結婚したいと申し出て
ラバンのところで七年間仕えることで、承諾を得ました。

愛するラケルのためなら、七年なんてあっという間。
遂に結婚の祝宴が開かれましたが
ラバンは姉のレアを送り込みましたびっくり

父はお祝いに、レアへジルパという奴隷を与えました。

翌朝、自分の所へやってきたのが
愛するラケルではなくレアだと分かり
ヤコブはラバンに抗議しましたが
長女より先に二女をお嫁に出すことはできないとの理由で
まず長女と一週間結婚の週を過ごし
その後、ラケルと結婚することになりました。

しかし、ラケルとの結婚の承諾を得るため
もう七年間、ラバンの元で働かなくてはなりませんでした。

結婚のお祝いに、ラケルは奴隷のビルハを与えられました。

ヤコブは愛するラケルのために、また七年間働きました。

手書きハート手書きハート
さて、実はここからが大変なのです!
女同士の戦いが繰り広げられます。

聖書の中のお話では
女性は子どもを産まないと
まわりから白い目で見られます。
*一昔前の日本のようですねウィンク

手書きハート
ラケルはヤコブから愛されているけれど
子どもができない。
姉のレアは、ヤコブから愛されていないことを分かっているけれど
みごと、男の子を産みました。
ヤコブのためにこどもを産んでいるのだから
自分のことを愛してくれるだろうぽっと思いながら
四人の男の子に恵まれました。
ハートルベン
ハートシメオン
ハートレビ
ハートユダ

ラケルは自分に子どもができないので
奴隷のビルハをヤコブに与え
ふたりの男の子を産ませました。
ハートダン
ハートナフタリ

レアは自分が子どもを産まなくなったので
奴隷のジルパをヤコブに与え
男の子をふたり産ませました。
ハートガド
ハートアシェル

子どもを産まなくなったと思っていたレアは
ラケルに息子がみつけた恋なすびをあげることと引き換えに
ヤコブと一夜を過ごすことになり
めでたくヤコブに男の子ふたりを産み
ハートイッサカル
ハートゼブルン

女の子もひとり産まれました。
手書きハートティナ

やがてラケルにも子どもが授かり
男の子を産みました。
ハートヨセフ
しばらくして難産でラケルは死んでしまいますが
息をひきとる少し前に
男の子を産み落としました。
ハートベニヤミン

聖書の物語としては、微妙に生まれた順番が違うのですが
母親別にヤコブの子供たちを並べてみました。
ヤコブはこうして沢山の子に恵まれました。

息子ヨセフが生まれた後
ヤコブは、そろそろ生まれ故郷に帰りたいと
ラバンにお願いすると
ラバンはヤコブに報酬を与えたいと申し出ました。
ヤコブは
「ぶち毛とまだら毛のものを全部
羊は黒毛のものを全部
やぎはまだら毛とぶち毛を全部報酬としてください」と言いました。

ヤコブはラバンの家畜の世話もしていましたが
自分の群れの中の強いものだけをつがわせたので
ヤコブの群れは強いらくだとろばが増えました。

メールようやく創世記31章へ突入します。

しかし、ラバンやその息子たちは
ヤコブだけが豊かになっていくのが気に入りません。
冷たく当たるようになりました。

そんな時手書きハート神の使い手書きハートがヤコブの夢の中に現れました。
「ラバンがしてきたことはみんなお見通し。
ヤコブ、この土地を出て、生まれ故郷へ戻りなさい。」

そこで、ヤコブは子どもたちや妻たちをらくだに乗せ
今まで彼が築いた財産や家畜などを全部持って逃げました。






最終更新日  2012.03.30 21:55:50
[聖書正典と天使] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.