000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2014.03.27
XML
カテゴリ:聖書正典と天使
ブログを書き始めたのが2001年。
かれこれ13年前のこと。

その間、あまりにもいろんなことがありすぎて
どこで何をしていたのか
記憶がごちゃ混ぜになっていますぽっ

この五日間はお休みだったので
休みの間にできるだけいろいろなことをやることにしましたが
あまりにもハード過ぎましたびっくり

しかし、この五日間で
1999年11月を境に
天使の絵と出会う前と後の
自分の人生のパズルがようやくピタッとはまったような気がします星

今、自分の人生がどこへ行くのか分からない!
使命、目的を知りたいと望んでいる方でも
今、この瞬間を大切にして
やることに集中していれば
いつかきっと、自分の使命がみつかるに違いないと確信しています。

そして、使命や目的は
それほど大したことではないと思った方が良いと思います。
重い使命や目的を与えられている人には
それだけ重い人生を与えられるのだから。

大変な人生だ!!
と思っている方でも
ただ、思い込んでいるだけで
本当に大変な人は他にもいる
そのひとりが、ヤコブなのではと思うのです。

聖書の中に出てくるヤコブには
誰よりも主や天使、神のみ使いなどが近くに現れましたが
自分の人生を振り返って
「もの凄く大変だった!」と言っています。

でも、神から選ばれて
ヤコブからイスラエルに名前を変えなさいと言われ
イスラエルの12部族の父親になります。

12部族の父親はヤコブひとりですが
子供たちの母親は4人います。
ヤコブも大好きなラケルと一番最初に結婚できていれば
他の女性たちと関係を持つことなく
平凡な暮らしをしていたのでしょうが
姉より先に妹を嫁がせることはできないという理由で
知らないうちにラケルの姉レアと寝てしまいます。

今の結婚からはとても考えられませんが
姉と妹と、ふたりと結婚して
その上に、自分に子供ができないことを悩み
自分の女奴隷をヤコブに差し出し
何とか自分と関わりのある人からの子供を産んでもらおう星と考えるラケル。

自分に子供が生まれなくなったので
今度は自分の女奴隷に生んでもらおうと考えるレア。

女性達の熾烈な戦いの渦に巻き込まれるヤコブ。

大好きなラケルが生んだヨセフがいなくなってしまって
嘆き悲しむヤコブ。

その前にも
母親にそそのかされて
兄が受け継ぐはずだった長子の権利を奪ってしまったヤコブ。

本当にヤコブの一生は苦労の連続だったと思います。

どうして私がこんなにヤコブにこだわるのか?

もちろん、天使や主がヤコブの前に現れたり
メッセージを送るからというのもひとつの理由ですが

もうひとつ、別の理由があるからです星








最終更新日  2014.03.27 22:46:03
[聖書正典と天使] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.