000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2016.07.18
XML
カテゴリ:color
一度、外に出してしまった洋服たちを
どう元に収めたら良いのかが分からないまま
外に出しっぱなしにしています。

何とかしなくては!
でも、まだずっと見ておく必要がありそう!と
整理整頓をしない理由を考えていますぽっ

以前、リーディングをばりばりやっていた時に
洋服の素材と色、柄に物凄い抵抗があったことがあります。

好きなんだけれど
このレース編みを着ると
オーラが抜ける・・・といった感じになったり。

だから、色も大切なのですが
柄もとても重要!

そう考えていた時に
知り合いが大胆な柄のトップを来て
待ち合わせの場所へ現れました。

小柄な方なのに
大胆な柄が合うって凄いなぁハートと感心。

その方はある歌手の大ファンで
その人の歌を聞くために働いているようなものです。

その時、たまたま
待ち合わせ場所に近いラジオ局に
出演するという噂を聞いたというので
私も近くまで一緒についていくことにしました。

情報が出回ったのが
間際だったにも関わらず
そのラジオ局の下には
何人も待っている人らしき人たちが立っていました。

待つこと30分。
その間にお茶をしたつもりで
コーヒーショップの前で立ち話。

しばらくすると
何やら窓の少ないバンが通り過ぎ
駐車場の方へと向かいました。

「何だかあのバンに乗っているみたいねウィンク」と私が言うやいなや
知人は、一目散に駆け出し
同時にファンの人たちも
一斉にそのバンを目指して走りました。

あっけにとられながら
知人のバッグと荷物を手に持ち
ひとり佇む私。

凄い情熱星
凄いダッシュ星

私は誰かのために
そんなに走ることができるだろうか?!と考えながら
ポツンとひとり。

しばらくして、知人が「見た見た!!!手書きハート」と
嬉しそうに戻ってきました。

渦のように大胆で
波のようにうねる柄が
とっさに動くために
助けてくれたのかな・・・と考えながら
嬉しさで興奮する知人と
さよならしてから
ずっと考えていました。

自分に合う
色と柄。

今の自分を象徴する色と柄。

それはどんなものだろう星









最終更新日  2016.07.19 22:33:13
[color] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.