187468 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2019.08.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2135240806769167&set=a.1383630205263568&type=3&theater

エンジェル研究家・山下花那です花
メタトロンキネシオロジー体験会に参加するため
新幹線に乗って大阪まで行ってきました。

魂の弟・齋藤慶太と最初に会ったのは2004年頃。
私のオラクルカード・ワークショップに参加してくれました。

その頃の私はヒーリングも教えていましたが
頭の中に解剖学や生理学が全く入ってこない状態でした。
だから、齋藤慶太の治療院でのセラピーを初めて見た時には
とても興味深かったです。

なんちゃってヒーリングではない
本当の治療とはこういうものなのか・・・と。

それからしばらくの間
齋藤慶太のセラピーを見る機会がありませんでした。
その間、整体を勉強しようとしたり
鍼灸按摩マッサージの専門学校へ通ったり
メタトロンセラピーを受けたり・・・

ついこの間まで、繰り返し体調が悪くなるので
いろんなものに挑戦してきました。

久しぶりに見た、弟・齋藤慶太のセラピーは
何年も前に見たセラピーと同じでした。

私はメタトロンを通して
セラピー前と後の体内の違いを
遺伝子レベルまで追っていけるなんて
面白いなぁ!と思っていました。

弟・齋藤慶太はキネシオロジーセラピーの最中に
「おい、そこの女、こっちへ来い!」と
私の方を指差しました。

まさか、自分がセラピーに登場するなんて思いもしません。
「えっ、私?!」と首をひねりながら登場。

セラピーを受けているゴジラ君に向かって
「叫べ~!」との指示に
ひたすら叫ぶ私。
でも、ただ叫んでいると馬鹿みたいなので
ゴジラの叫びや語りにも耳を傾ける。

ふむふむ・・・
アメリカでカウンセラーの認定資格を取るため
かなり勉強したので
客観的に相手の言うことを分析する私。
しかし、分析しながらでは叫べないので
分析した結果をまとめて母親役になって
また叫ぶ~!!!の繰り返し。

ユーチューブの動画で自分の姿を見た時に
ゴジラを相手に目の前で震えた自分の心と相手の心を思い出しました。
たかが母親という役割で叫んだとしても・・・ですよ。

弟・齋藤慶太が以前
「被爆するから窓を開けて!」と音叉を鳴らしながら言っていたことを思い出します。
人の感情や想いが空気中に振動して
それを受け取ると「被爆」するようです。

その被爆を回避するため
今回は「マンゴーを食べる」ことを慶太は提案しました。

***
傍から見ているだけでは分からない
ゴジラの心の震えを
目の前で体験しました。

たぶん、観客として見ているだけでは分からない。
これまで押し隠してきたゴジラの気持ち。
ゴジラの母親の気持ち。
生まれて来なかったゴジラの上の兄弟の気持ち。
見ている観客の気持ち。

いろんなものが混沌として
空間の中に浮遊します。

私はゴジラの母親ではないけれど
母親役でゴジラの気持ちを受け取りました。

ゴジラの言うことすべてに理解したわけではないけれど
言ったことはすべて受け止めました。

そして、その結果・・・






最終更新日  2019.08.17 23:00:04



© Rakuten Group, Inc.