187221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

2019.08.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
エンジェル研究家・山下花那です花

2019年8月16日
キネシオロジー体験会に参加しました。

魂の弟・齋藤慶太のキネシオロジーセラピーが
どれくらい効果があるのかを
メタトロン測定での
使用前、使用後の変化を見たかったからです。

前半は8月16日の楽天ブログ
メタトロンキネシオロジー体験会1をご覧ください。

***
体験会の翌日は予定がなかったので
帰ってから20時間眠り続けました。
途中、何回か起きたけれど
セラピーを受けたゴジラの気持ち、感情
私の母親としての思い
見ていた人たちの思い
いろんなものが混ざって
妄想なのか夢なのか
よく分からない状態の中
半瞑想状態で眠りました。

たまたま
「おい、そこの女。こっちへ来い!」と言われ
母親役として前へ出て叫ぶことで
言いたくても言えない自分の気持ちが浮上しました。

こう言いたかったよな~
あの時、悪態つきたかったよな~

セラピーを受けているゴジラの言葉と気持ちをすべて聞きながら
相手に投げつける自分の叫び声。

普通の生活で叫んじゃいけないでしょ。

役だとしても
叫べるのは良いことです♪

叫びたくても叫べない。
踊りたくても踊りまくれない。

20時間眠り続けるなんて
身体が動かない限りできません。
だから、余程、体力と精神力を使ったんですね。

***
さて、私が楽しみにしていた
メタトロンの結果です。

役にはまりすぎて
母親役の余韻が残りすぎて
メモをする余裕がなかったので
詳細は覚えていませんが
40%改善したゴジラの手首について。

普通、10数パーセントの改善のところ
40%の改善はビックリものなんだそうです。

齋藤慶太がゴジラに対して
音叉を回してみてと言いました。
左右の手首がちゃんと返されていて
綺麗に音叉を回していました。

ところが前回は
手首の返しがぎこちなかったそうです。

私がゴジラの手首のことを覚えていたのは
自分の右手首に力が入らなくて
ピアノがちゃんと弾けないことがあったからです。

手首を温めると
ちゃんとピアノが弾ける。
もしくは、目がしっかり開いて
楽譜を追うことができるんです。

でも、ただ手首を温めるだけじゃないなぁ・・・と
思っていたんです。

同じようなことが
左足にもありました。
バレエのレッスンの時に
左を軸にピルエットが回れない!

ところが20年後には左を軸でピルエットが回れるようになっていました。

どこに違いがあるのでしょう?

身体は20年分古くなっています。
普通はできたものができなくなるはず。

あの数時間という短い間で
改善した理由は
ゴジラの中で外に出せなかった何かが出たからなのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=dVSallcWSHs






最終更新日  2019.08.18 01:30:24



© Rakuten Group, Inc.