185901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やましたはな「ANGEL研究会」

全9件 (9件中 1-9件目)

1

エノク書

2015.10.22
XML
カテゴリ:エノク書
「やがて来る祝福」というサブタイトル。

10章の終わりは

良くないものが一掃され
主をほめたたえ尊敬すれば
もう二度と
永遠に
主からのこらしめはない

とあり

続いて

勤勉に働いてきた人間のために
天にある祝福を地上へ与え

真実と平和にあふれる社会となる。

+++

ここまでが
「旧約聖書外典 下」
にない部分です。

6章から11章は
主が言われたことを
客観的に見た部分で

12章からは
主が直接エノクに命令されたことを
実際に行い
エノク自身の視点によって書かれています。






最終更新日  2015.10.23 11:48:02


2015.10.21
カテゴリ:エノク書
「隠された予言」
というサブタイトルの第10章。

この章はいつもより
文章が多いですスマイル

というか
その他の今までが
数行で「章」を使っていることを
疑問に思いますが

文章の裏に
いろんな意味が隠れているので
まあ、良しとしましょうウィンク

では、内容の概略に入ります。

***

主は
天使ウリエルを
レメクの息子ノアへ送り

大洪水が起こるので
逃れる方法と
大洪水以後のことを
知らせます。

天使ラファエルには
天から降りた天使
アザゼル、ドゥダエルを
最後の審判がくだるまで
閉じ込めておくように伝えます。

天使ガブリエルには
悪い奴をいなくさせるように。
永遠の命を望んでも
500年だけにするように。

天使ミカエルには
天から降りた天使たちを管理していた
セミハザと
その他もろもろの天使たちを
縛りあげるように。

人を殺したものは
その後、70代に渡り
地球の谷に縛り付けておくように。

悪い精神を叩き潰すように。

これらすべてを行うことによって
地上に正義と真実が現れる
はじめの一歩となる。

人の子は
私(主)を仰ぎ
崇拝する。

:::

主とは?
神とは?
と疑問が湧いてきませんか?

日本は
本当に珍しい国で
宗教を持つ人が少ないです。

お葬式に、お寺さんを呼び
結婚式には教会でハート
七五三は神社で。

宗教を持つ外国人には
理解できないようです。

私が一番最初にアメリカを訪れたのが1983年。
1989年にアメリカで住み始めました。

心から神を信じ
教会の教えを疑わない人たちに出会った時
私は衝撃を受けましたびっくり

教会にもいろいろあり
それぞれが
自分が通っている教会が素晴らしいと思うので
それ以外の教会については
良くないことを言う人もいました。

また、私が日本人であることから
あからさまに差別する人もいました。

私が間違ったことを言っても
非難せず
じっと黙っている
賢い人もいました。

日本で生まれ育った自分が
正しいと信じ込んできたことが
一秒で覆される中
笑顔で
渡り歩くには

やはり
自分が納得するバックボーンがないと
強い思いの人に
ああでもない、こうでもないと
批判されるのでした。

エンジェル研究会では
ひとつの宗教に固執するのではなく
広い観点から
天使という存在を
探っていこうという勉強会です。

自信をもって
天使はこうだ!とおっしゃる方がいても

それは、きっと
どこかひとつの点から見ているのではないかと
私は思うのです。








最終更新日  2015.10.22 09:16:28
2015.10.20
カテゴリ:エノク書
クール「地上における
人間の殺戮と士気消失を
心配する良い天使たち」
というサブタイトル星

6章からざっくり内容を紹介していますが
天から降りてきた天使と
人間との間に
巨人が生まれて

天からの降りてきた天使が
人間が今まで持っていなかった知恵を授け
沢山の人たちが亡くなります。

その時
天に向かって叫んだ
嘆きの声が天に届きます。

この章は、現代英語ではなく
聖書独特の英語で書かれているので
分かりにくいのですが

天に届いた声を聞いたのは
ここで良い天使といわれる
四大天使。

ミカエル
ウリエル
ラファエル
ガブリエル

堕天使の首謀者はアザゼル。

そんな天使たちを管理していたセミハザ。

セミハザは、自分のせいになるから
やめてよびっくり
と言っていたので
天に残るのかと思いましたが
みんなと一緒に地上へ降りたようです。

セミハザは管理能力を問われています。

しかし、神はなんでもお見通しだと思っていたのは
私だけでしょうか?

途中で
「君たち、やめたまえ」
と言えば良いのにと思ってしまいます。

++++

そういえば、前回のブログで
幾何学模様でメッセージをくれるのは
天使ラジエルと書きましたが
また大天使オラクルカードを出して
ぽろっと落ちたのが
"Chakra Clearing"
大天使メタトロンからのメッセージ。
「あなたのチャクラを浄化して開きたいなら
聖なる幾何学模様を使いなさい」とのこと。

幾何学模様はラジエルの専売特許かと思ったら
メタトロンも使うんですね手書きハート

そういえば、噂によると
メタトロンは
エノク書のエノクが
生きたまま天へのぼり
メタトロンになったと言われています。

ちなみに
エリアという人物は
聖書にも出てくる方ですが
その方も天へのぼり
サンダルフォンになったと言われます。

噂をどこまで信じて良いのか分からないので
どこか文献でみつけたら
また紹介させていただきますスマイル







最終更新日  2015.10.21 21:46:22
2015.10.19
カテゴリ:エノク書
8章のサブタイトルは
「天から降りてきた天使から学ぶ技と知識」

天使アザゼルは
剣やナイフ
盾や槍、甲冑など
金属を使ったものの作り方を
人間に教えます。

ものの作り方だけではなく
媚びへつらい方を教える天使もびっくり

占星術
星座について
天体について

色々なことを
天から降りてきた天使は人間に教えました。

***

8章を読んで思い出したのが
前1200年のカタストロフ。

紀元前1200年頃
気象の変化か地震か何かが起ったのか
または海の民がやってきて
地中海東部を制覇したのか
理由は定かではないのですが

この頃
ヒッタイトしか作れなかった
鉄器の生産技術が
ヒッタイトの滅亡と共に
地方へ拡散され

青銅器時代から鉄器時代へと変化するのです。

土器も
今までのシンプルなものから
幾何学模様の
複雑なものに変化。

幾何学模様といえば
大天使オラクルカードにも出てくる
”Spitiyusl Understanding”
天使ラジエルのカードを思い出しますハート
隠された秘儀とシンボルをもって
スピリチュアルな真実を与えてくれる
というカード。

ラジエルは
幾何学模様を通して
メッセージをくれるんですよねウィンク

鉄器時代には
天使ラジエルの全盛期だったのでしょうかぽっ

ちなみに
当時、イスラエルでは
サウルが王になり
ダヴィデからソロモンと
王が変わり
イスラエルの良い時期とも重なります。

それにしても
ソロモンが建てた神殿で
今、現在でも残っているのが
「嘆きの壁」星

ソロモンのところへ
天使が現れて
指輪をもらいましたよね。

まるで陰陽師のように
式神のようなものを使って
神殿を建てたと言われています。
ソロモンのお札(ふだ・護符)も沢山あります。

そうそう、護符に描かれている図が
幾何学模様的であったりします星






最終更新日  2015.10.21 20:11:55
2015.10.18
カテゴリ:エノク書
「空から降りてきた天使と人間との子孫」というサブタイトルの7章。

天で計画していたように
地上に降りてきた天使が
気に入った人間の娘たちをみつけて
妻とします。

子供たちが生まれましたが
とても大きな子供で
食べる量が半端ではありません。

人間が食べるものを食べつくし
鳥、魚、遂には獣にまで口にします。


***

日本でも「天孫降臨」があり
天からやってきた神が
人間の娘を気に入り
妻にして
そのまま地上にとどまるという物語があります。

2015年㋆20日に書いた
ブログ「エノク書のエノク」にもありますが
このエノクに星をつけました。

いのちのことば社の聖書の読み方とは
今回とは少し違い
ウィキペディアの日本語表記で説明すると・・・

   アダム
    ↓
   セト
    ↓
   エノス
    ↓
   カイナン
    ↓
   マハラレル
    ↓
   ヤレド
    ↓
  星エノク星
    ↓
   メトシェラ

エノクの祖先は、上記のようになります。

そして、今回のサブタイトル
「天から降りてきた天使と人間との子孫」は
何かの比喩なのではと思いましたが

ヨベル書によると
エノクの母親バラカの父親は天使ラスイエル
母親はカイナンとムアレテの娘マラルエルの兄弟姉妹
とあり
さりげなく、父親が天使と書いてあるんです。

また、エノクの妻エダニの父親も
天使ダネル
母親はマラルエルとディナの娘
イエレドの姉妹

エノクの息子メトシェラの妻エドナも
父親が天使エズラエル
母親はエノクの姉妹

今、現在確認したところでは
ノアの妻の父親まで
天使なのですびっくり

ヨベル書は手元に書物としてないので
いつか本で持っておきたいですねウィンク









最終更新日  2015.10.19 08:32:26
2015.10.17
カテゴリ:エノク書
ブラウン氏がまとめたエノク書を
2000年に購入してから
15年間、何度か読み直しています。

日本でエンジェル研究会を始めて
「旧約聖書外典(下)」
の中のエノク書
新見 宏 訳

も何度も読んでいます。

この間から二冊の本を同時に読み進めています。

そして、ようやく日本語の本にない部分があることに
気が付きましたびっくり

ちょうど、6章から11章がないので
ブラウン氏のエノク書を
簡単にまとめてみます。

星6章

地上には人間が増え
美しい娘たちが生まれます。

天に住む天使たちの中に
その美しい娘たちに
強い欲望を抱くものが現れました。

「人間の娘を我々の妻にして
私たちとの間に子供を産んでもらったらどうだろうハート

と思うようになり

200名もの天使たちが
地上へと降り立ちました。



***


欲望を抱く天使たちに反対する
天使のリーダー。

すべて自分たちの責任だから
安心しろという欲望天使たち。

地上へ降りた天使たちをまとめる
天使のリーダーを含め
20名の天使たちの名前が記載されています。

天使たちが降りた場所も
これまでエンジェル研究会の
「聖書正典と天使」で勉強した時と同じように
地名に意味が込められ
アンチレバノン山脈
現在も存在する場所が指定されています。

エンジェル研究会を始めてから・・・
というか
エンジェルリーディングを始めてから
自分の常識では考えられないようなことが
次から次へと出てきて
理解するまでに時間がかかります。

それにしても
天使は私たち人間の願いを
神に取り次いでくれる伝達役。

優しい存在だと信じていましたが
欲望を持つ天使がいるのは
納得できない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、昔の文献は
本当のことが書かれているというより
比喩を使って
分かりやすいように物語にしている場合が多いので
このエノク書も
何かのたとえだと思いたい方は
そのように思っていただければと思いますウィンク







最終更新日  2015.10.19 19:07:00
2015.10.16
カテゴリ:エノク書
Ronald K. Brown
ロナルド K. ブラウンという方がまとめた
英語のエノク書を片手に持っています。

ブラウン氏は
1999年10月12日現在・・・

聖フィリップ・バプティスト教会の牧師
グアダルーペ バプティスト神学校の副会長
サン・アントニオ水道システムのプロのエンジニア

三足のわらじをはいていらっしゃいます。

大学でエンジニアリングを専攻している時に
牧師になりたいと思い

その後、グアダルーペ・カレッジと
ウェイランド バプティスト神学校
で学びます。

この「エノク書」は
「愛」を形にしたもの。
特にキリストへの深い愛情が
書かせたものだと語っています。

面白いのは
エノク書の他の著書として
水道関係
下水配管についての本を
書いていらっしゃることですウィンク






最終更新日  2015.10.19 19:07:38
2015.07.20
カテゴリ:エノク書
エノク書に出てくるエノクも
旧約聖書・創世記に出てきます。

前回はアダムの子カイン、そのカインの子エノクについて
ちょっと説明しました。

カインは自分の弟アベルを殺したので
アダムの歴史からは外されています。

創世記第五章は
こんな風に始まっています。
「これは、アダムの歴史の記録である。」

アダムの歴史というのは
これから始まるイスラエルの歴史に関わりがある人物を
伝っていきます。

カインが親もとを去ってから
アダムとエバ(イブ)にはセツという男の子が生まれました。

セツはアダムの歴史の中に入っています。
では、エノク書のエノクまで順番に追っていきます。

アダム
 ↓
セツ
 ↓
エノシュ
 ↓
ケナン
 ↓
マハラルエル
 ↓
エレデ
 ↓
エノク

旧約聖書のこの部分を読んで
いつも思うことは
昔の人たちは長生きだったんだなぁということ。

アダムにセツが生まれたのは130歳。
その後800年生きたから
アダムは930歳で亡くなった。

問題のエノクは365歳まで生きていた。

今の人間の寿命を考えると
365歳は長いのですが
アダムの歴史の中に出てくる人たちは
800年~900年くらい生きているようなのです。

そうするとエノクの寿命は他と比べてかなり短い。

その理由も面白いんです。

「神が彼を取られたので、彼はいなくなった。」

つまりエノクは、普通に死んではいないということ。

そんなエノクが書き残したと言われるエノク書。
読み物として、とてもユニークです。

参考文献:いのちのことば社「聖書・新改訳」






最終更新日  2015.07.20 09:48:52
2015.07.01
カテゴリ:エノク書
エノクという名前はお聞きになったことがありますか?

エノクという名前は「賢く訓練された」「捧げられ聖別された」という意味があります。

ヘブライ語では「ハノ-ク」。

エノクという名前は旧約聖書正典にふたり載っています。

創世記4章17、18節
ここではエノクはカインの子。アダムから三代目とあります。

ちょっと旧約聖書をおさらいをしてみましょう。
アダムの妻はイブ(エバ)。
ふたりの間に最初に生まれた子供はカイン。
カインは土を耕すのが仕事。

カインにはアベルという弟ができました。
アベルは羊飼い。

神様はカインの捧げものではなく
アベルの捧げものを喜んだので
カインは怒って
弟アベルを殺してしまいます。

それでも、神様はカインを生かしておきます。

カインは結婚し
妻との間に「エノク」という男の子を設けました。

エノク書のエノクは
カインの子ではなく
もうひとりのエノクです。

もうひとりのエノクについては次回ウィンク








最終更新日  2015.07.01 19:56:21

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.