478280 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

アメリカ奮闘記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Favorite Blog

現代版攘夷論 アンレッドさん
─ 灼熱 ─ HEAT1836さん
海外&ビジネス、お… tkjoe@tkさん
FROM  NEW  YORK NYのゆーみんさん
ZAPPLEの部屋 マナティー2003さん
For world peace... Voielacteeさん
スクランド日記 素ーさん
福島 第一原発事故 … R-Ohさん
仕事に必要なスキル… kiminckさん

Comments

康一256@ Re:「硫黄島からの手紙」と加瀬亮 お久しぶりです。 硫黄島からの手紙は…
cnmi_joe@ シカゴ懐かしいです 留学してから現地の会社で働いて、7年間…
Voielactee@ Re:「硫黄島からの手紙」と加瀬亮(12/27) お久しぶりです。 よんでいるだけで感動…
Voielactee@ Re:「硫黄島からの手紙」と加瀬亮(12/27) お久しぶりです。 よんでいるだけで感動…

Freepage List

2005.04.03
XML
カテゴリ:ワイン

「わたしの心はカロンにある」(←なぜか声は低めで)


カロン・セギュールを飲みながら、この言葉を言いたいという夢が昨日叶った。


040105 Calon with Ryoma


■ シャトー・カロン・セギュール(Chateau Calon-Segur)


カロンセギュール(Chateau Calon-Segur)はフランスのボルドーワインで、サン・テステフ村でもっとも古いシャトーだ。18世紀、カロン・セギュールのオーナー(ド・セギュール公爵)は、ラフィット、ムートン、ラトゥールなどの3大シャトーの畑も所有していた。それら超有名なシャトーに比べれば、カロンセギュールという畑は無名に近い畑だった。それにもかかわらず、どの畑を愛しているかと聞かれたとき彼はこう答えた。



「私はラフィットやラトゥールもつくっているが、私の心はカロンにある



この有名な言葉にちなんで、カロン・セギュールのラベルには大きなハートが描かれている


■ カロンとの食事と僕の夢


こんなストーリーを知ったのが一昨年の話。いつかカロン・セギュールを飲みたいと思っていたのだが、シャトー第3級という格付け以上に評価が高いワインなのだ。つまり値段が高い!


2000年のビンテージはあまりにも評価が高く、小売価格で100ドル以上はしたので、とてもじゃないけど手つけられないワインだった。それが、おとといコスコにいったら2001年のカロンセギュールが35ドルで販売されていた。ちょっと高いけど、久しぶりにいいワインを飲むことにした。


040105 Calon with Dinner


かみさんの作ったナポリタンのパスタと一緒にカロン・セギュールを飲んだ。久しぶりの高級ワインにかなり興奮した。

ワインのコルクをあけて、「私の心は、カロンにある」(←なぜか声は低めで)

ワインをついで、「私の心は、カロンにある」(←なぜか声は低めで)

香りをかいで、「私の心は、カロンにある」(←なぜか声は低めで)

テイストして、 「私の心は、カロンにある」(←なぜか声は低めで)

パスタを食べ、「私の心は、カロンにある」(←なぜか声は低めで)


「もうしつこい」とかみさんに突っ込まれ、僕の夢は終わった。


■ テイスティングノート


Chateau Calon-Segur, 2001


色:濃いワインレッド


香り:まろやかな香り。乳酸菌のようなクリーミーさがあるので、オブラードにやわらかく包んでいるようなかんじ。ブルーベリー、花、プラム、木の切った香り。


テイスト: ミディアムーフルボディ。きりっとした力強い酸味に包まれるが、飲んだあとにジワジワーっと舌が腫れ上がるような滑らかなタンニンに包まれる。これがよく言われるシルクタンニンか?おそろしいほどバランスがよかった。2時間かけてこのワインを飲んだが、時間がたっても酸化することがなく、むしろ時間とともに酸味が和らいでいった。


文句なしのAです。(ちなみに4段階の勝手な評価で A:すばらしい B: 良い C:まあ、飲める D:飲めない)



シャトーカロンセギュール【2001】750ml






Last updated  2005.04.03 10:08:40
コメント(6) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.