261776 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

小春日和

全109件 (109件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

ボランティア

2017年11月16日
XML
カテゴリ:ボランティア
        

     
         終わった~~
      今日、北区との区民合同ツアーが無事終わりました。

            
         区の観光キャラクター「りんりんちゃん」登場

           
          始まる前、りんりんちゃんと・・・余裕アリ??


      今年のテーマは「平和を願って・・旧軍事施設巡り」でした。
      板橋区とお隣北区には、戦時中「東京第二陸軍造兵廠」「第一造兵廠」が
      おかれていました。
      地域一帯に、全国最大規模の陸軍の造兵関連施設が集中していたのです。
      そのなかで、10月に板橋区の「陸軍火薬製造所跡」が国の文化財保護法の
      史跡として指定されました。
      今回は、この地域に現存している旧施設を案内していく旗内容でした。

      板橋区では、石神井川周辺のこの地域を史跡公園として
      整備していく予定があり、最近、調査が進んだこともあって、
      ガイドには、かなり事前準備が必要だったのですパンチ

      北区側の担当者とも情報のやりとりパソコン、ガイド資料作りえんぴつなど
      昨年もガイドリーダーだったのですが、
      自分では、今年のほうがずっとお勉強したノートと感じます。

      幸いお天気も良く、参加された皆さんからは「話を聞いて良かった」
      「いろいろな歴史があったことが分かった」などの感想を頂きました。
      ガイドメンバーの協力もあって、好評のうちに無事終わったことは
      ほんとに嬉しかったですオーケー

      肩の荷がおりたので、しばらくは遊ばしてもらえるといいなうっしっし






最終更新日  2017年11月16日 21時04分52秒
コメント(0) | コメントを書く

2017年11月12日
カテゴリ:ボランティア
 


     昨日、今日、赤塚で「もてなしたい」メンバーが写した
     写真展が開かれました。

        

     午後から私が当番だったので、行って来ました。
     お天気も良かったせいか、近くで開かれていた農業まつりの帰りに
     寄る人が多くて、今日だけで120人以上のお客様でした。

      

      

     私の写したカメラ写真も飾られています。
         

     昨日は、文化財ウィークのお手伝いでやはり赤塚の松月院で
     訪れるお客様の案内スピーカをしていました。

     明日は、地域グループの自主研修で、他のメンバーを
     ガイドする予定あり。
     そんなわけで、ここ毎日ボランティアに出かけてますわからん

     今週は合同ツアーもあるので、何とか頑張っていかねばパンチ






最終更新日  2017年11月12日 20時22分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月25日
カテゴリ:ボランティア
   


      今日は午前の勉強会えんぴつのあと、今年の文化財ウィークのコースの
      下見をしてきました。

      暑くなった午後、区の学芸員さんの案内を聞きながら2時間
      歩いてきました。
      私は、当日は歩いてガイドするのではなく、お寺の宝物館の
      館内担当なので、良かったちょき
      正直、土地勘のない道を案内するのは無理だと思いました。
      ほんとは、区内の地区どこでも案内できなきゃだめなんでしょうけど、
      そこまでお勉強できてない現実涙ぽろり

                 テレビ
      さっきの記者会見怒ってる
      「国難突破解散」ですって。
      なにが急に「国難」になったんでしょう。

      消費税の使いみちを変える?それは国会で審議すればいいこと。
      赤字分を埋めるのは別の財源があったってわけなのね。

      自画自賛の話を並べて、北朝鮮まで持ち出して
      わけの分からない解散をしたいと言う。
      「もりかけ」については「今まで丁寧な説明を積み重ねてまいりました」と
      臆面もなくしゃべった貴方  
      いつ、どこで、そんな説明あったっけ?

      貴方がいま、解散したいと言い張る真意なんて、みんなとっくに
      お見通しよ怒ってる怒ってる怒ってる






最終更新日  2017年09月25日 19時41分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月19日
カテゴリ:ボランティア
  


     朝一で、両国の江戸東京博物館へ行ってきました地下鉄

     9月に区外研修でここへ行くので、ざっと下見です。
     この研修は私の担当なの。

     お昼には帰りたかったので、開館9時半に到着。
     実はこの日は、ちょうどひと月に1回のシルバーデイで、
     65歳以上は、観覧無料なのです。
     なので、この日に急いで行ってきたわけ。

      

     東京都の施設なので、こういう制度がありますが、
     通常でもシニア割引があります。
     国立博物館とか美術館でも、せめてシニア割引を
     作って欲しいなあ。
     ロンドンでも全員無料とかシニア割引とかがあったもの。

     係員の方に、細かく聞くことができたので、やっぱり行って
     良かったわ。
     今日は時間に追われてたので、ガイドをお願いする予定の
     常設展示しか見ることが出来ませんでしたが、
     また次回以降のシルバーデイをチェックしましょグッド






最終更新日  2017年07月19日 17時11分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月11日
カテゴリ:ボランティア
        

              くまさんがお出迎え

     昨日の午後は、外国人向けツアーで江戸小紋染工房へ行きました。

     江戸小紋については前に書いたけど、昨日は本番のツアー旗です。
     19人のお客さんが集まりました。
     多くは、台湾の学生さんで日本語学校へ通ってる子たち。
     テーマのせいか、男の子はたった一人うっしっし

     前回も見えたフランス人女性は興味深深で、あとで質問もしていました。

            

     染めには、伊勢型紙を使います。
     これは、麻の葉模様、とっても細かい仕事です。
     麻の葉は江戸時代から赤ちゃんが無事育つように、との意味合いがありました。

     伊勢型紙の錐彫りという作業ができる職人さんは後継者がいなくて、
     あと4人しかいないとのことしょんぼり 

            
              これは、矢羽根

     矢羽根は、飛んでったら戻ってこない、ということで、
     お嫁さんに持たせた模様だそうです。

     では、染めの実演を。型紙でノリツケします。

      

     型紙をこうずらしてノリツケしていくのですが、
     一反の布に染めるのですから、作業は長いです。
     間に見えるか見えないかくらいの小さな点がついていて、
     その点を合わせていくのです。すごい集中力がいりますね。
      
       

     実演していただいたのはこんな模様でした。
     そのあと、それぞれがノリツケをちょこっとさせてもらいましたが、
     きれいに模様を出すのはむずかしいです。

     この後は、色付けがあったりしますが、体力もいるし、
     大変な作業だと思います。
     この体験ツアーを通して、需要減、後継者不足など先は厳しいが、
     なんとか伝統工芸を維持していきたいというご主人の熱意が
     感じられました。
     お客様たちにも伝わったと思いますが、我々日本人にとっても
     いい体験でした。
     区内にこんな伝統工芸を維持する工房が存在するのは
     もっともっと誇っていいものだと思いますパンチ






最終更新日  2017年06月11日 11時54分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年05月24日
カテゴリ:ボランティア
     

        (写真は、小林染芸さんのHPからお借りしました)

     今日の午後は、6月に行う外国人向け「江戸小紋染工房見学ツアー」の
     下見に地下鉄行って来ました。

     区内に、伝統工芸である江戸小紋の職人さんがいらっしゃるのです。
     都内で跡継ぎがいるのはもう5,6社のみだそうで、貴重な職人さんです。

     江戸幕府は武士に対し「贅沢禁止令」を出しました。
     そこで、遠目には無地に見えるけど、近くに寄れば分かるような
     細かい柄の模様を裃に取り入れたのだそうです。

                 
                 (これも小林染芸さんHPから)

     江戸小紋の代表的な柄が「鮫小紋」、無限を現します。
         

     藩によって、柄の定めがあったようで、
     徳川家も「お召十」という柄を使っていたそうです。
        

     次第に武士の裃から町人文化へと発展していって、
     麻の葉模様とか矢羽とか、なんと大根とおろし金の模様があったそうです。
     
     この着物の染めには、「伊勢型紙」を使います。
     三重県の伊勢ですね。
     実際は鈴鹿市に彫り師さんが三人しかいなくて、皆さんご高齢で
     跡継ぎはいらっしゃらないそうです。
     なので、これから新しい型紙はむずかしいとのこと。

     また着物自体も着る人が少なくなっている状況で、
     この工房でも、他の物の開拓とかを模索中だそうです。
     ぜひ頑張ってほしいですパンチ

     初めて「江戸小紋」の話を聞いて、実物を見て、素晴らしい文化で
     誇るべき、また残していかなきゃいけないなと思いました。
     教科書の文に「パン屋」じゃなくて「和菓子屋」だとかくだらないことを
     言ってないで、こういう本物の日本文化をとりあげられないのでしょうか。
     ま、本当の「美しい日本」が分かってない某総理じゃ無理だわね。






最終更新日  2017年05月24日 20時45分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月11日
カテゴリ:ボランティア

         板橋区のマスコットキャラクターりんりんちゃん

    今週は、月曜日に赤塚地区のA小学三年生、「地域を知ろう」のガイド
    昨日は、ボランティアの連絡会、
    今日は、某私立学校OB会ご一行のガイド、と
    ガイド2回のボランティアウィークになりました。

    月曜日のA小学校は初めてのガイドでしたが、
    とてもお行儀の良い子どもたちふたご座で、歩く時も列をくずさず、
    悪ふざけもせず、楽にサポートできました。
    説明を聞くときまでも前に集まらず、列のままなのは、ちと
    困りましたが。 

    感想は?と聞くと
    「楽しかった!」「いっぱい教えてもらってよかったです」
    ・・・あんまり良い子すぎるかなうっしっし  

    姫1とあまり変わらない子どもたちなので、可愛くて
    道すがらいろいろお話できて、こちらも楽しかったです。

    本日のOB会のお客様は10名、2班に分けてガイドスピーカしました。
    若い班とお年を召した班に分けて、私はあとのグループ担当になり、
    かなりの年配の女性がいらして心配しましたが、
    しっかり2時間歩いてこられました。
    若い頃は随分山へ登られてた、とのこと。
    私もこんな脚力を持っていたいなと思いました。

    久しぶりの通しガイドだったので、ことばが出てこなかったり失敗
    しましたが、何とか無事終えて、ヤレヤレですウィンク






最終更新日  2017年05月11日 21時34分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年04月08日
カテゴリ:ボランティア


     今日は朝から雨っぽい雨天気。
     でも区主催の赤塚地区ニリンソウ散策ツアーがある日。

     私はガイドはしませんが、役員なのでお手伝いできるかな、と
     行って来ました。
     ところが、元々の参加予定者が少ないうえに、このお天気で
     お客様がたったの10名わからん
     なので、お客になってお勉強して来ましたオーケー 

     トップの写真は、赤塚公園の中のニリンソウ自生地の様子。
     今回、公園内のガイドは、公園に属する緑のボランティアさんに
     お願いしました。
     おかげで、そこに咲くお花や木などとても詳しく説明いただいて
     知識を得ることができました。

     
 
     携帯で撮ったので、ブレブレだけど、一面の雰囲気は
     分かっていただけるかな?
     日が照ってないので、お花が開いていませんが、
     その分、お花の裏のピンクがちらり見えて、可愛かったです。
     そうそう、あの白い部分は花びらではなく、がく片が大きく発達した
     ものだそうひらめき

     ちなみにニリンソウは、区の花です。
     観光マスコットりんりんちゃんは頭にニリンソウを
     飾ってますよ。

     一面のニリンソウが素晴らしく、さすが都内最大のニリンソウ自生地きらきら 
     珍しいタカオスミレも教えてもらいました。
     今日は、植物のお勉強をさせてもらってラッキーでしたグッド






最終更新日  2017年04月08日 20時06分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年03月26日
カテゴリ:ボランティア


      今日は雨の中、4日に行う桜散策ツアーの下見に
      行って来ました。
      朝からしとしと雨

      こんな日は歩きたくないわからんけど、下見だし、研修も兼ねてるから
      決行しますパンチ
      王子まで、先輩ガイドの説明を聞きながら約2時間半の
      ウォーキング歩く人

     

      すこし咲いてるとこもあるけど、 
      遠目に見れば、枝の先っぽはみなピンクピンクハート  
      つぼみはみんな準備万端なのに、ねえ。

      もうちょっと待ってね。       
      今週末にはきっと、白い花びらが青空を覆うことでしょう。






最終更新日  2017年03月26日 17時13分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月12日
カテゴリ:ボランティア
   今日は、区の主催する外国人ツアー第二弾旗がありました。
     第一弾は去年9月の座禅体験で、今回は「鎧の着付けと茶道体験」です。
     「もてなしたい」から英語対応可能なメンバーと茶道メンバーが協力しました。

     区の郷土資料館で特別展「武具繚乱」を開催しているので、
     展示を見てから、武者行列保存会の方々に各人が鎧を着せてもらいます。
     16人の外国の方が参加しましたが、皆さん、鎧姿でとても嬉しそうダブルハート

          

     刀を構えて、サムライになりきったり、キャアキャアと
     お互いに写真カメラを撮りあったりして、楽しんでいました。
     私も着てみたかったな。

     また、郷土資料館の奥の古民家で、ひな人形七段飾りを見たり、
     女性は振袖を羽織ってみたり。

     次は、公園の梅を観賞しながら、いこいの家へ歩く人
 
     ここでは、茶道体験として、お抹茶をいただきます。
     茶道のたしなみのある「もてなしたい」メンバーが着物を着て
     おもてなししましたグッド
     日本文化の素養があるのは素敵です。
     あ~、若いときに習っておけば良かった・・わからん 

     半数の参加者がお茶をいただいてる間、残りはお隣の部屋で
     折り紙にトライパンチ
     
      
           かぶとの折り方をシートに作って準備しておきました。

     そのせいか、皆さん、かぶとは簡単に作れたみたいです。
     
      

     ところが、賑やかしに折っていった「着物」が気に入ったみたいで、
     女性陣に「折り方教えて」と言われてしまいました。 
     
     え~っ!びっくり
     この「着物」むずかしいのよ。
     でもご要望とあらばパンチ
     折り方が書いてある紙を持っていってよかったです。
     何とか、手とり足とりならぬ、手とり手とりで「着物」が完成オーケー
     鎧展示の説明で、うまく単語が出てこない失敗こともありましたが、
     参加された皆さんからは、とても楽しかったとの感想をいただきました。

     喜んでくださったおかげで、おもてなしした甲斐があり、
     私も楽しい時間を過ごせましたスマイル
     今は、荷が終わって一安心です。






最終更新日  2017年03月12日 20時44分39秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全109件 (109件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

カレンダー

楽天プロフィール


ヒメスミレさん

退職してから毎日、専業主婦を楽しんでます

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ハンドメイド  ヨガ  写真  山歩き  お菓子づくり  旅行 

お気に入りブログ

はなはな日記 lhmplusさん
女性でいること puffpuff828さん

コメント新着

ヒメスミレ@ Re[1]:榛名へ(11/11) lhmplusさんへ お天気とお休みの日があわ…
lhmplus@ Re:榛名へ(11/11) 今朝、さくらの散歩で表に出たら赤城山の…
ヒメスミレ@ Re[1]:秋の富士山(11/02) リッコ。さんへ 今年の秋は温度差が激しい…
リッコ。@ Re:秋の富士山(11/02) 紅葉と富士山、綺麗ですね。今年は天候に…
ヒメスミレ@ Re[1]:運動会(10/25) ウミネコ物語さんへ そうなんですね、確か…

フリーページ

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.