1506564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

2015年04月05日
XML
サンフレッチェ広島 0-1ヴィッセル神戸
   【得点者】  神戸:小川慶治朗(90分+3)
image.jpg
ゴールが決まった瞬間のゴール裏は、まさに歓喜の爆発。
ずぶ濡れだったけど抱き合った。
知り合いとだけじゃない、誰彼ともなく抱き合う歓喜の輪が広がった。

凄かったね。
普段ならハイタッチなんだけどね。
誰もが、ハイタッチでは許してくれないぐらいの喜び方だった。
これがアウェイでの劇的な勝利なんだね。

泣いてる人もいた。
「感極まった」「涙が出た」なんて声もたくさん聞いた。
ほんとそれに値する結果であり、内容だった。

でも、私自身は泣かなかった。
何だかもったいない気がしたけど、泣かなかった。
喜びに沸くと同時に、意外と冷静な自分もいたから。
勝てるという予感はあっったから、最初から最後までね。
負けはもちろん、引き分けすら頭に無かったと言い切れるぐらい。

広島サポーターのプレッシャーを、ほぼ感じなかったからかなあ。
「これ程迫力のない広島サポーターは初めてなんて」声もあったぐらい。
これまでアウェイで感じてきた圧倒的なホームの圧力は、少なくとも昨日は感じなかった。

やはり大雨の影響は大きかったね。
メインやバックスタンドの広島サポーターは沈黙したから。
やはり圧倒的なホームの雰囲気はゴール裏だけで出来るものではないんだね。

神戸のサポーターが出来たことなんて、ほんの少しなんだけどね。
広島のサポーターとは、数も声の大きさも全然違うから。
応援で圧倒出来たなんて口が裂けても言えないし、ほんの少し対抗出来たぐらい。
あくまで大雨を味方に付けただけ。

それでも、神戸のサポーターは、やるべきことはやれたと思う。
数が多かったとは言えないけど、雨にも負けず、やるべきことはやった。
気持ちで負けてなかったのだけは、自信を持って言えるかと。

もちろん、選手もやるべき事を良くやった。
冷静に振り返れば、試合内容は苦しかったけどね。
特に後半は押されたし、決定的な場面は何度もあった。
ただ、その度に海人を中心に体を張って守り抜いた。

監督を中心に万全の準備をして、選手がそれを信じてやれれば、互角に近い勝負はできるんだ。
どんな相手でも、アウェイでも。
それぐらいの力はあるのが良く分かった。

それにしても嬉しい勝利だね。
本当に「最高の勝利」だよ。
試合後あちこちで、皆が言ってたぐらいだからね。

監督を中心とするチーム力の高さが見れた。
体を張った選手の頑張りも見れた。
俺たちを誰より熱くするお前のゴールが見れた。
全て揃った最高の勝利。

鬼門を破っただけじゃないのかもね、この勝利の価値は。
最下位も脱出したし、もう上を向いて行くしかないよ。
首位まで勝ち点差は、たったの6。
歴史を創る快進撃の始まりの勝利になるんじゃないかな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2015年04月05日 21時06分27秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.