1588788 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

2017年02月06日
XML

行ってきましたヴィッセルフェスタ。

先ずは想像してたよりもたくさんの人出に驚きました。
報道によれば3000人とのこと。
去年の2ndステージの快進撃や充実した補強の成果かと。
熱気もあったし、今年に賭けるサポーターの期待の高さを実感しました。

レアンドロとニウトンのトークコーナーも。

活躍が期待される2人ですが、ニウトンとじゅんいちダビッドソンのやり取りは特に面白かった。
ゴールパフォーマンスを伝授されていましたが、ぜひシーズン中に見たいなと思いました。

イベント全般を通してじゅんいちダビッドソンが大活躍。

良く分かったのはじゅんいちダビッドソンの実力。
トークが苦手な選手や素人相手に上手く盛り上げてくれた。
気温が寒い会場をかなり暖めてくれたけど、ここまで面白いとは思ってなかった。
さすがR1グランプリの覇者ですね。
競争の激しい芸能界で、生き残ってるのも分かる気がしました。

ヴィッセルセレイアの公開オーディションも行われた。

去年までのヴィッセルガールとクィーンを統合する存在の様です。
予想通りですが、クィーンとガールの経験者に新入りが入り乱れる展開。
活動の軸足がガール寄りかクィーン寄りかでだいぶ印象は変わりますが、どういう位置付けなんでしょうか?
うまく盛り上がる存在になれば良いなと思います。

フェスタ終了後に新入団選手のお披露目会も。

シーズンシートオーナー限定のイベントでした。
短い時間でしたが、それぞれの個性も少し見えた気がします。

一番印象に残ったのは高橋秀人。
ある程度は予想してたけど、かなり個性的。
強く感じたのは、愛される要素がたっぷりな人間性。
移籍が決まった時も東京サポーターから反響は大きかったし、愛される理由も納得出来た気がします。
良い人が来てくれたなと嬉しくなりました。

あと最後に神戸讃歌でフェスタを締めれたのは良かった。
サポーター団体ではなく、MCの林さん主導で公式行事で歌えたのは意味があることかと。
2009年の途中から、色々あってクラブは神戸讃歌とは少し距離をとってきたからね。
昔のように公認の位置付けは難しいのも理解してるだけに、少し前進できたようで嬉しかった。

やはり神戸讃歌を歌うと心が一つになれる気がします。
新入団選手も含めてみんなで気持ちを高めることが出来た。
本当に良い歌を持ってるね、僕たちは。
まあ、自画自賛ですが本気でそう思います。

天気も良くなかったので迷ったのですが、行って良かった。
この時期に新加入選手も含めてチームの空気を感じられる機会は滅多にないからね。
このメンバーとトモニ闘うんだと気分がかなり盛り上がってきました。
去年の新入団選手発表会も良かったですが、今回の企画も負けないぐらい良かったと思います。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2017年04月12日 13時00分17秒
コメント(0) | コメントを書く
[ヴィッセル神戸雑感] カテゴリの最新記事


PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.