000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

全42件 (42件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >

シーズン経過・展望

2013年12月23日
XML
第1位 
第13節 5月6日 ノエビアスタジアム神戸
 ヴィッセル神戸 2 - 0 ガンバ大阪
  得点者 田代 有三(49') 小川 慶治朗(65')

(関連記事)
・ガンバ大阪戦~21分の1では絶対に納まらないもの
・明日はガンバ戦~俺たちこそ最強の挑戦者
・第13節 ガンバ大阪戦~今日ぐらいは有頂天になっても良いよね
・ガンバ大阪戦~神戸の自信と決意の煽りV
・ガンバ大阪戦~生まれて初めてのブーイング

最高の舞台に、最高の相手、そして最高の勝利。
今シーズン、この試合以上に、俺たちを熱くした試合は無いよな。

やはりガンバ戦、他のホームゲームとはまるで違う、21分の1に納まらない感情的なものがある。
さらに首位攻防戦、これで興奮しない方がおかしいシチュエーション。

試合内容も完璧。
圧倒したわけではないけど、しっかりガンバを抑えた。
ゴールも美しく、痛快なもの。

決してガンバが悪かったのではなく、神戸がその上を行った感じ。
しっかりと、正面から組み合っての勝利だからこそ価値がある。

それにしても、この日の神戸は強かった。
後から振り返れば、一年通して、この試合の神戸が一番強かった気がする。
それも、余計なことを考えず、挑戦者の気持ちを貫いたからこそ。

あと、この勝利で生まれたのは、やはり自信。
J2でも、やれる。
自分を見失わなければ、心を一つに出来れば、俺たちは簡単には負けない。
ガンバとも互角にやれる。

実際、シーズンを通してガンバと真っ向勝負を出来たのは、俺たち神戸だけだったしね。
ほんと大興奮で最高に面白い試合だったけど、今年はやれると確信させてくれた、
自信を与えてくれたという意味でも、文句無しのベストゲームですね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年02月22日 13時10分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月21日
第2位 
第20節 6月22日 ノエビアスタジアム神戸
 ヴィッセル神戸 2 - 0 V・ファーレン長崎
  得点者  都倉 賢(38') ポポ(71')

(関連記事)
・明日は長崎戦〜番外編のダービーは分が悪いのでピッチ上で勝つしかない
・第20節 長崎戦~ポポの涙、トモニ闘うのはもう無いんだね
・長崎戦~大先輩長崎を港町ダービーに入れない訳にはいかないな
・コウモが見せた熱い気持ち

快進撃を続ける長崎を、シュート3本に抑えこんだ内容的にもパーフェクトな勝利。
今シーズンの中で、DF陣の奮戦が最も目立ったゲームと言っても良いのかも。

ただ当時は、ポポの退団騒動もあって、試合内容を冷静に振り返るのは難しいところもあった。
でも、この試合ほど対戦相手に、やりたい事をやらせなかった試合も無いと思う。
逆に言えば、プラン通りにやりたいことが、全てやれた試合ではないか。
長崎には悪いけど、勢いだけでは越えられないクラブとしての底力も見せつけた気もする。

頑張りを見せたDFだけど、やはりキャプテンコウモの頑張りこそ称賛されるべきかと。
脱臼しながらも、テーピングでグルグル巻にして、最後の最後まで見せた熱い気持ち。
口数は少ないけど、誰より熱くチームを引っ張った。
コウモの今期ベストゲームと言ってもいいと思う。

そんなコウモの頑張りが、 大事な一戦でのチームとしての踏ん張りを生んだと思う。
言葉でなく、姿勢で示すというコウモなりのキャプテンシーが、
いかんなく発揮されたという意味でも、良い試合だった。

やっぱり、お前こそキャプテンやし、お前がキャプテンでほんと良かった。
去年の俺たちに一番欠けてたのが、まとまりだけど、お前がいればまとまれるんだよ。
しゃべりは苦手だけど、その姿勢があれば十分。

俺たちに一番大事なものを、コウモの熱い姿勢が確認させてくれたという意味でも、
ベストゲームの価値は十分あるよな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年02月22日 13時08分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月20日
苦しかったJ2での2013年ですが、ベストゲームを選びたいと思います。
現地で見た、テレビで見た、ホーム、アウェー等条件は様々ですし、あくまで個人的な
ベストゲームなんで、みなさんの感想とは違うかもしれませんが、そこはご容赦下さい。

第3位 
第31節 8月25日 ユニバー記念競技場
ヴィッセル神戸 4 - 0 アビスパ福岡
  得点者 森岡 亮太(4')杉浦 恭平(44')小川 慶治朗(50')ポポ(64')

(関連記事)
・明日は福岡戦~必ず勝利の花火を
・第31節 福岡戦〜課題はあるけど、さすがに快勝ですね
・福岡戦〜去年の悔しさを晴らした奥井諒
・ほんと待ちくたびれたよ~2人の奏でる心踊るゴール

期待の2人がトモニ躍動し、光り輝いた、長い間思い描いていた理想のゲーム。

完勝であり快勝の試合。
ここまでやりたい放題の試合も滅多に無い。
そう、夜空に上がった打ち上げ花火も、かすむほどのお祭り騒ぎの楽しいゲーム。

それにしても、ほんと盛り上がったよな。
点がたくさん入ったので、盛り上がるのは当たり前という気もする。
でも、それだけじゃない。
ただ単に、たくさん点を取ったからだけじゃない。

森岡を中心にみんなが躍動したから。
本当にやりたいサッカーは、これだというのを見せたから。
俺たちが見たいサッカーがそこにあったから。

あと、忘れられないのが、待ちに待った二人の奏でる心踊るゴールが、やっと見れたこと。
埼スタの奇跡以来の、森岡と慶治朗の二人の連携で産まれた待望のゴール。
君たち二人の奏でる心踊るゴールを、俺たちがどれだけ待っていたか。
2年半だからね、ほんと待たせ過ぎだよ。

誰もが期待する森岡と慶治朗だけど、
神戸にとって名実ともに欠かせない存在になったゲームと言えるのではないだろうか。

やはり俺たちが見たいのは、この二人が眩しい輝きを放つ試合。
そして、2人の輝きに包まれて光り輝くのこそ、理想とする俺たちの神戸。
それに何と言っても、2人が輝く試合は楽しいに決まってるしな。

俺たちが理想とする、これからの神戸を見せたという意味では、ほんと価値ある試合だったね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年02月22日 13時07分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月09日
昇格プレーオフは、徳島の優勝で幕を閉じました。

これで長かったJ2リーグも本当に終わったね。
俺たちは2週間早く終わったけど、千葉、長崎そして最後の最後まで戦い抜いた京都、徳島のみなさんお疲れ様でした。

去年の昇格プレーオフは、他人事だったけど、今年はそうではなかったな。
この一年間昇格を争ったチームはライバルだけど、同じ目標を共有する同志でもあったから。
特に3位まで上がってきての直接対決でしのぎを削った、長崎、千葉、徳島、京都、この4チームへの想いは他よりも強い。
一年ずっと一緒だった仲間のような気持ちもあったかもしれない。
同じリーグで戦うチームに仲間意識を持つなんて、J1ではなかったと思うし、ちょっと不思議ですね。

だから、最後の最後で追い上げてきた松本や、札幌には悪いけど、この4チームでプレーオフが出来て良かった。
敗れた3チームは残念だったけど、どの試合も死力を尽くした良い試合でした。

それにしても徳島は良かったね。
開幕戦、ユニバーと苦しめられただけに、徳島のJ1昇格に驚きはない。
徳島は弱くないし、J1に上がれるだけの力は十分ある。
選手だけでなく、クラブとしての底力も鳴門では感じたし。
これは、大半の神戸サポも同じ思いじゃないかな。

でも、J1に上がる力と戦い抜く力は別。
昇格プレーオフ組が厳しいのは今年大分が証明したし。
まあ、ここについては俺たち神戸も似たようなもので、偉そうなことは言えませんね。

個人的には、また徳島へ行けるのが嬉しいですね。
これは近いからもありますが、何より暖かい歓迎が印象に残ったから。
これまで自分が経験してきた都会のJ1クラブにはない暖かいもてなしだった。
わかめ、阿波踊りなんかで神戸サポを楽しませようと頑張っていたし、何より居心地が良かった。

徳島の皆様、ほんとおめでとうございます。
また来年も、暖かいもてなしを味わいたいのでよろしくお願いします。

そしてJ2をトモニ戦った全チームの皆さん、本当にお疲れ様でした。
めちゃくちゃ苦しかったけど、最高に楽しかったよ。
本当にありがとうございました。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年12月09日 12時43分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月19日
image.jpg
この写真を見て、優勝おめでとうと言ってやりたい気分になりました。

もちろん悔しい気持ちが無い訳ない。
この写真見ても悔しい気持ちがこみ上げてくる。

もう少しだったのにね。
もう少しで俺たちも、こんな写真撮れたのに。
ほんの少しの差だったのに。

でもそれは、たらればの話。
現実はガンバの優勝。

これまでもガンバはたくさんタイトルを穫ってきたけど、それを見てこれまでは、悔しいとは思わなかった。
正確には、タイトルを争う以前の力の差に、悔しいとも思えなかった、と言うべきかもしれない。

これまでなら、羨ましかったり、ただ単に凄いと思うしかなかった。
でも、今回はそれだけではない。
明らかに悔しいという気持ちがある。

力の差はあったのかもしれないけど、優勝を争ったのは事実。
最後はあっけなく突き放されたけど、一年通してがっぷり組んで順位を競えたのも事実。

同じカテゴリーにいても、これまではタイトルを争うことは出来なかった俺たち神戸。
でも、今シーズンは争えた。
結果は負けてしまったけど。

そう、俺たちは初めて本当の意味でガンバに負けたんだよな。
たった1~2回の直接対決でなく、一年通して本当の勝負で負けたんだ。
この初めての経験こそ、俺たちの進歩じゃない?

負けたのが進歩なんて、おかしいと思う人もいるかもしれない。
でも、こういう経験を一つ一つ積み重ねて、自分の足りない所と向き合って、初めて上に行けると私は思います。

だから、ガンバの強さを認めた上で、自分たちの負けを認めた上で、敗者として胸をはって言いたいんだ。
「ガンバ大阪優勝おめでとう。」

これからはJ1でガンバとタイトルを争いたいね。
俺たちは、そんなぜいたく言える身分じゃないから、天皇杯でもナビスコでも何でもいいけどね。

とにかく、がっぷりやり合いたいね。
でも、今度は負けないよ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年11月19日 18時20分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年11月12日
昇格決定から2日経ちましたが、ブログ、ツイッターを含めて神戸サポーターから怒りの声や嘆きの声が続きました。
とてもJ1復帰を最短の一年で決めたチームとは思えないムード。 

史上最高に情けない昇格なんて声もあったし、この一年間やってきた事が全て無駄になったかの様な意見もあった。

確かに今月3日の京都戦からの8日間だけを見れば、そうかもしれない。
でも、それで本当に全てが無駄になったのだろうか?

悔しくもあり受け入れがたい結果だったのは間違いないけどね。
でも、一年頑張ってきて最大の目標を達成したのは事実。
それに、トモニしのぎを削った他のJ2チームの事を思うと、もっと素直に喜んでも良いと思うんだけどね、甘いかな。

まあ、みんなが怒りや嘆くのは良く分かるし、その原因は、試合結果よりもチームとの意識のずれなんだろうね。
昇格を目標にしていた監督や選手と、優勝を最終目標にしていたサポーターとの意識の大きなずれ。
その乖離の大きさが明らかになって、驚き、呆れそして怒りが沸いてきたんだよな。

確かに試合後の監督、選手の発言にはガッカリした人は多いと思う。
真剣にチームを思うなら、 その思いが強ければ強いほどガッカリしたと思う。

ただ、ここまで気持ちに乖離があると、一方的に監督や選手を責めるのも、どうかなという気にもなってくる。
共有すべき一番大事な目標設定が、そもそも一致してなかったという事だし。
共有できてない時点で、どちらかが一方的に悪いというものではないかと。

確かに、選手や監督も途中で優勝を口にはしたけどね。
ただ、絶対的な目標として、はっきり掲げていたのはJ1復帰だけという事は、我々もうすうす気づいていたと思う。
それにクラブの目標は終始一貫して「Returu To J1 」だったしね。

それにサポーターも優勝で、本当に一致団結出来ていたかは疑問だし。
コールリーダーさんは、中盤戦以降サポミで何度も何度も、優勝やてっぺん目指そうと話をしてくれた。
でも、それって大半のサポが昇格で良いと思っていた裏返しだと思う。
本当にみんなが思ってたら、あそこまでしつこく言う必要は無かっただろうし。

だとしたら日曜の結果はがっかりしたけど、分かる気もする。
それに選手が昇格が決まって安堵し、気が緩んだのも分かる気がする。
逆にこれだけ一年頑張ってきて、大きな結果が出て緩まないなんて凄すぎるのかも。
そういう意味では、ガンバと我々神戸には、まだまだ大きな差があるんだね。

こう言うと、お前は何て甘い奴なんだ、なんて声も聞こえてくる気がする。
確かに甘いのかもしれないけどね。

もちろん、昇格して緩んだチームにガッカリする自分もいる。
でも、昇格が決まった時、ホッとして緩んでる自分がいたのも事実。
だから、私は選手の緩さを、心から怒ったり、嘆いたりは出来ない。

とにかく、最大の目標は達成したんだ。
まあ、逃したものの大きさに目を奪われがちだけどね。
監督や選手がプレッシャーに負けず、達成したことは認めてやりたいね。

でも、まだシーズンは終わってはいない。
だからこそ、チームが成し遂げたことをしっかり認めて次に臨みたい。
選手や監督にしっかり感謝し、トモニ喜んで、残り2試合もトモニ闘いたい。
そして全力で闘って、孝行を送りたい。
優勝が事実上無くなった俺たちには、もうこれしかないよな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年11月12日 20時54分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年10月23日
最終戦が一月後に迫ってきた。。
長く苦しかったJ2リーグも、あと一か月しかないと言うこと。
とにかく泣いても笑ってもあと一月しかないんだよね。

泣いても笑ってもと言ったけど、とにかくこれから一月、大いに笑い、大いに泣きたいものです。
笑うのは分かるけど、なぜ泣くのと思う人もいると思うけど、最後は心から泣いて歓喜の瞬間を迎えたい。

ただ、先ずは笑いたいね。
J1復帰そしてJ2優勝、この二つを何としても成し遂げて、とことん笑いたい 。
そして、最高の笑顔で喜びを爆発させたい。
去年の最後、悔しくて泣くしかなかった俺たちだけど、今年は絶対笑ってやりたい。

でも嬉しくて笑うだけでは物足りない気がするな。
それに、嬉しいから笑うだけなら誰でも出来るし。

この一年ヴィッセルとトモニ闘い続けた俺たちだから、
懸命に闘う選手を信じ続けた俺たちだから、
あの日の悔しい思いを決して忘れなかった俺たちだから、

そんな俺たちだからこそ、心の底から湧き上がってくる感情があるはず。
そんな俺たちだからこそ、歓喜の瞬間、嬉しさを通り越して泣けるんじゃないかな。

いや、絶対に泣いてしまうな、私は。
笑顔だけで終われる訳がない。
そんな単純な話ではないし、それぐらいこの一年悔しくもあり、苦しくもあったはずだから。

ほんと、笑うのは誰でも出来るんだよ。
でも、泣けるのは本気で信じた者のみ。
悔しさ、苦しさを乗り越えて信じ切った者のみが本当の涙を流せるはず。

さあラスト一か月、歓喜の瞬間はもうそこまで来てる。
さあ、心から笑って、そして泣いて歓喜の瞬間を迎えよう。
去年の悔し涙をきれいに洗い流せるのは、歓喜の涙しかないのだから。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年10月23日 21時49分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年08月13日
あれだけ長く感じたJ2リーグも3分の2が終了しました。
残り3分の1の14試合。
あと少しとも言えるけど、まだ14試合も残ってるとは先は長いね。

さて、ここまでの神戸は、28節を終え 17勝5分6敗、勝ち点56の2位
自動昇格の目安となる試合数×2の勝ち点をキープしており、最低限のノルマは死守したイメージか。

これをホーム、アウェイ別に見てみると
【ホーム】
    11勝2分1敗・勝ち点35
      《2分:岡山、千葉  1敗:鳥取 》

【アウェイ】
    6勝3分5敗・勝ち点21
      《3分:富山、福岡、栃木   5敗:京都、東京V、岡山、ガンバ、岐阜》

ライバルとなるガンバは、さすがの 17勝9分2敗、勝ち点60で首位

【ホーム】
    7勝7分0敗・勝ち点28
     《7分:京都、横浜、千葉、東京V、鳥取、岡山、北九州》

【アウェイ】
    10勝2分2敗・勝ち点32
     《2分: 熊本、東京V   2敗: 神戸、千葉 》

これを見ると神戸のホームとガンバのアウェイでの好成績が目に付きます。

神戸はホームの利を生かせてるんでしょう。

やはりノエスタは独特の雰囲気ですし。
ほとんど屋内スタジアムみたいで、似たような雰囲気のスタジアムはなかなか無いし、慣れるまでは時間がかかるのでしょう。
去年までと違って、初めて戦うチームが多いのも、ホームでの好成績につながっている気がします。

ガンバはアウェイの方が成績が良いけど、これは遠征先で巻き起こるガンバフィーバーを上手く利用してるんでしょう。
行く先々で動員記録を塗り変えてますが、その大観衆に平常心を失ったホームチームをあざ笑うように勝利を重ねている姿が目に浮かびます。

大観衆の前で注目が集まる状況で試合をするのは、ガンバの選手は慣れてるでしょうし。
そういう意味では、相手が舞い上がってる分アウェイの方が楽なんでしょう。
ホームでガンバを迎え撃つには、とにかく平常心が大事なんでしょうね。
それが出来るのは、やはり神戸のように限られたチームと言うことですね。

ガンバはここまで2敗ですが、相手が神戸と千葉、しかもアウェイということで、「負けの質が高い」なんて声も聞きます。
たしかに、負けるべき時以外負けないのは、さすがガンバですね。

こう見ていくと、勝つべき相手に勝つより、負けてはいけない時に負けない事が大事なんですね。
これが、今の神戸とガンバの差なのでしょう。
どんな相手であろうと全力で勝ちにいく、ガンバに出来て、神戸は徹底できてない。
岐阜戦の敗戦の後だけに、より身にしみます。

神戸のアウェイですが、近・中距離の比較的行きやすい場所で勝てないのが目立ちます。
「俺が行くアウェイは全然勝てない」なんていう嘆きも最近よく聞きます。
アウェイで全然勝てないなんて、去年までなら当たり前なんですけどね。
でも、今年は不運に見えてきますね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村







Last updated  2013年08月14日 11時27分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月15日
今日のいぶき日記ですが、エステバンが順調な回復との事です。
すでにジョギングもスタートし、予定より早めの復帰もあるかもとのこと。
どちらにせよ、べレスの復帰は、そう遠くないとの事ですので、我々にとって何よりの朗報ですね。

さて富山戦から一日経ちましたが、サポーターの評価は割れてますね。
私のように、内容的にも負けなくて良かったと肯定的、楽観的に捉える人。
エステバン、ポポがいないとまるでダメ、このままでは先が思いやられると否定的に捉える人も結構いる。

ただ富山の方も、同じく評価は分かれてるみたい。
首位神戸相手に堂々負けなかったとみるか、明らかに勝てた試合を落としたとみるか。
どちらの側からみても、評価の難しい試合だったのかもしれません。

どちらにせよ、この試合をどう評価するかは、お互い次どう戦うかで決まるのかも。
そう、水曜日の北九州戦できっちり切り替えれるかで決まるのかも。
そういう意味でも、北九州戦大事だよな。

それと、富山戦で負けがちらついたので余計に思うけど、負けれないという意味でJ2は厳しいね。
勝ち点を稼がないといけないのもそうだけど、負けられないという方がより厳しい気がする。

自動昇格の2位以内で調べてみると、ここ数年、負け数は一桁が自動昇格の絶対条件。
いくら勝っても10敗以上すると、去年の京都の様に3位以下の成績が待っている。

J2は9カ月間の戦いなので、ちょうど一月に一回しか負けれない。
4月は残り3試合、本音は全部勝ちたいけど先ずは負けない事だよね。

すでに一回負けているので、あと8回しか負けれないとも言えるけど、
楽観的に言えばあと8回負けれるとも言える。
残りは34試合なんで、26試合負けなければ何とかなる。
そういう意味では、今はマジック26とも言えるのかも。

先はまだまだ長いけど、34でなく残り26試合と考えるとちょっと楽になった気がするね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年04月15日 21時43分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月10日
開幕まであと3週間となりました。
そして、キャンプも今日で終了。
みんな神戸に帰ってくる。
まずは、お疲れさまでした。

キャンプの成果がどうであったか、今の時点では分かりません。
全てはシーズンに入って見えてくること。
練習試合の結果についても、キャンプの成果とは別物と考えるべきものかと。
結果は2勝2敗ですから、良くもなく悪くもなくといった感じでしょうか。
メンバーを見ると、海人、茂木など試合に全く出てない選手が結構いるのが、少し気にはなりますが・・・・

あと、今日のフロンターレとの練習試合、嘉人に2点決められました。
移籍してすぐやし、神戸とはチーム内での立ち位置も違うでしょうし、必死やろな。
まあエースとしてレギュラーが約束されてた神戸とは違うわな。
そういう意味では、神戸では味わえない緊張感の中で、うまくやれてるのかもな。
まあ、これぐらいやれるのは知ってるしな。

でも何か微妙な感じやな。
喜んでいいのかどうか。

元気にやってるのは良いことやけど、神戸相手に爆発しなくても良いんじゃない?

まあ、ずっと一緒にやってたからな、神戸の弱点を一番知ってるのは間違いないな。
こりゃ新たなる神戸キラーの誕生やな。
困ったね、来年までに対策を考えとかな、あかんな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年02月10日 22時38分56秒
コメント(0) | コメントを書く

全42件 (42件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >

PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.