000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

全83件 (83件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

YBCルヴァンカップ

2015年03月27日
XML
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
明日からナビスコ杯です。

とにかく勝ちたいよね。
飢えてるからね。
もちろん、負けたくない気持ちもあるけどね。
どんな形であれ勝ちたい。

相手は山形。
過去の対戦成績的には悪くない相手。
でも、苦しい試合が多いイメージはある。
決して楽な相手ではないけど、とにかく勝ちたい。

今年も行きたいね決勝トーナメント。
いや、行かないと、何としても。

あの場所に立ってこそ、分かるものがあるから。
初めて見える景色もある。
あの場所でしか、味わえない喜びもある。
そして、悔しさも・・・
去年の万博での悔しさを晴らすのは、あの場所に立つしかないんだ。

それに決勝トーナメント進出を、去年だけの快挙にしてはいけない。
2年連続の決勝トーナメントはノルマなんだ。
それだけの力は間違いなくある。

半ば義務的に、リーグ戦への影響を気にしながら参加するナビスコは終わったと思う。
予選リーグ突破、その先のタイトルを堂々狙えば良い。
ただし、先ずは決勝トーナメントの常連になること。
それこそが、目指すべきクラブの姿かと。

とにかく初戦から突っ走りたいね。
去年は出遅れたし、どさくさに紛れての決勝トーナメント進出っぽかったし。
今年は、最初から堂々トップで行きたい。

さあ、新たなる歴史を創る初戦だ。
みんなで神戸の力を見せて、絶対に勝とうぜ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2015年03月27日 22時04分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月09日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
ガンバ戦の続きを。
CIMG1047.JPG
ユニバーからツアーバスで万博を目指しました。
姫路が出発点でしたが、乗り込んだユニバーから万博までは一時間弱で到着。
値段は3800円で、単純比較で鉄道と比べると決して安いとは言えない設定です。
ただ、もちろんメリットもある。
それはスタジアムのすぐ横まで運んでくれること。
CIMG1048.JPG
バスを降りるとすぐ万博競技場。

徒歩数十秒でスタジアム着です。
ツアーバスの利点でもあるけど、スタ横付けのため、
アウェイ醍醐味の一つとも言える街そのものを感じることは出来ない。
確かにせっかく行ったのに、一般論ではスタの記憶だけというのも勿体無い話。

でも、ガンバ戦だから、もういいかなと。
これまでで十分に吹田は満喫したしね。
危険なガンバサポとの接触も減らせるしね。
電車やモノレールを何度も乗り換える必要もないし。
いろんな意味で気楽な感じで、結構良かったです。

ただ、もう少し到着時間が早いほうが良いのかも。
せめて30分、できれば1時間ぐらい早く。
余裕を持った行動が出来るしね。
特にスタグルやイベントを楽しむためには、もう少し時間が欲しい。
そんな工夫次第では、もっと利用しやすい魅力あるツアーバスになるなと思いました。
CIMG1049.JPG
よくネタになってるゴミ箱です。

当たり前ですがガンバが、ゴミと言うわけではありません。
くどいですが、ガンバはゴミではありません。
分かってますが、何度見てもニヤついてしまいます。

開門後まず向かったのはスタグル。
CIMG1057.JPG
いつものたこ焼き。

スタグルのたこ焼きとしては納得の味。
レベルは高い。
ここまでとは言わないけど、ノエスタのたこ焼きも、もう少しレベルアップをして欲しいですね。
CIMG1058.JPG
箕面のからあげ。

ご当地名物と書かれてました。
良く分かりませんが、列が長かったので美味しいのかなとチョイス。
味もまずまず良いけど、それ以上に量が多い。
これで500円は凄いのかも。

ただ食べきれる量ではなく、少し残すぐらい。
おかげで腹一杯になりすぎて、応援に少し悪影響がありました。
スタグルは楽しみだけど、応援が本分ですからね。
まあ、食べ過ぎには注意ですね。

この日のスタグルは、リーグ戦の時に比べたらお店は少なめ。
それでも、ガンバのスタグルは質量ともに、なかなかのレベルですね。
この点は素直に凄い。
食い倒れの街大阪の空気が、ほんの少しですがありました。

つい先週同じ大阪なのに、スタグルを利用させて貰えず、ひどい扱いを受けたので、より万博が良く見えましたね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年09月09日 23時08分11秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
ガンバ大阪 3 - 0 ヴィッセル神戸
       得点者     阿部 浩之(2')  宇佐美 貴史(28')   倉田 秋(83')
image.jpg
試合終了のホイッスルが鳴り、何とも言えない空気が流れた。
単純な敗戦の落胆だけでない空気とも言えるかと。

拍手をする者。
ブーイングをする者。
でも、大半のサポーターは無言だった。

私も無言で前を向いていた。
ずっと前を。
うなだれる選手でなく、歓喜に沸くガンバのゴール裏を見てた。

結果に対する悔しさ。
ガンバに負けた怒り。
失望感。

でもネガティブな感じだけにはならなかった。
ここまで来れたことへの達成感が無かったと言えば嘘になるし。
いろんな想いが入り混じった不思議な時間だった。

単純に悔しくて泣けたら良かったのにね。
でも、泣けなかった。
ここまで力の差を見せつけられたのにね。
なんか変だね。

でも、ほんと悔しさだけじゃないんだ。

タイトルが初めて見える位置まで来れた。
遠くに、遠くに、本当に遠くに、うっすらだけど初めて見えた。
でも、同時にタイトルへの遠さも知った。
クラブとしての力の無さと言っても良いのかもしれない。

ナビスコが終わったから、
完敗だったから、
ガンバに負けたから、
悔しいだけでは片づけられない敗戦かと。

試合後コールリーダーさんは、こう言った。

準決勝に行くだけの力は無かった。
でも、やれるだけのことはやった。
リーグ戦に集中しよう。

私も、本当にそう思った。
その場を納めるだけの綺麗事と思った人も、いるかもしれないけどね。

まだまだ足りないんだ、タイトルには。
でも、足りないことが分かった。
それに、近づいてこそ見えるものもある。

それにしても、たくさんの神戸サポーターが万博に集まったね。
ゴール裏は、ほぼ互角だったし、ここまで集まるとは思わなかった。
期待が大きかったのは事実だけど、ナビスコ杯でこれだけのサポーターが集まるとは思わなかった。

他からしたら当たり前かもしれないけど、これはこれで進歩だよ。
これだけのサポーターが集まったことは無駄じゃない。
きっと次につながるよ。

ほんと、もうリーグ戦だけなんだね。
残りは12試合だけ。
史上最高の神戸へ、まだ最高のチャレンジが残ってる。
神戸の誇りを結集して、一つ一つ歴史を塗り変えよう。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年09月09日 06時33分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月06日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
長い長いハーフタイムが終わる。
タイトルへの扉を開く戦いが始まる。
死力を尽くすべき、残りは90分だけ。

ほんと最高の舞台が待ってる。
やはり万博こそ、俺たちがリベンジを果たす最高の舞台。

万博でこそ、ガンバを倒したい。
万博でこそ、歓喜のアウェイマーチを踊りたい。
万博でこそ、新たなる歴史を創りたい。

勝って大騒ぎがしたい。
アウェイだけど大騒ぎがしたい。
とにかく勝って、神戸の力を見せつけたい。

アウェイゴールを奪われたから、理屈上は神戸が不利との意見もある。
でも、本当にそうなのか?

不利なのはスコアレスドローの時のみ。
だから、ほんと関係ないね。
勝てばいいんだよ、勝てば。

ただ、ガンバが簡単に勝てる相手でないことは、百も承知。
その強さは、十二分に知っている。

でも勝てるよ、今の俺たちなら。
クラブ全体の勢いなら、俺たちの方があるから。
俺たちにあるのは、水曜日に見せた勢いだけじゃないから。

森岡が最高の雰囲気を作ってくれた。
ほんの5分だけど、俺たちに希望をくれた。
心がウキウキする最高のムードを俺たちにくれた。
今日本で一番意気が揚がるサポーターは、俺たち神戸だよ。

さあ、この勢いで万博に乗り込もう。
迷ってる人もいるだろうけど、迷うぐらいなら行こう。
神戸の力を全て結集しよう。
私もツアーバスで万博へ乗り込みます。
全ての神戸魂を結集して、絶対にガンバをぶっ倒そうぜ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年09月06日 22時38分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月04日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
ヴィッセル神戸 1 - 1 ガンバ大阪
      得点者    マルキーニョス(64')
                 (11')宇佐美 貴史
image.jpg
熱戦だったね。
神戸に係わる全ての人が熱く戦えた。

選手はもちろん、退席処分を喰らった安達さんを初めとしたクラブスタッフ。
ガンバに負けじと熱い声援を送ったサポーター。
他のどの会場よりも多くの観客を集めようと、営業に汗をかいたクラブスタッフ。
熱戦の主役が選手なのは間違いないけど、俺たちの神戸が一丸で熱く戦えた。

クラブ初の決勝トーナメントという記念すべき日に相応しい内容だった。
結果はどうあれ、俺たちは新たなるクラブの歴史を創ったんだよ。

勝てなかったのは事実だし、残念だけどね。
ベストな結果ではないけど、次につながる引き分けだよ。
これで、胸を張って万博に乗り込める。

ただ、試合終了を告げるホイッスルが鳴った時は、しばらく天を仰いだ。
前を向くことが出来ず、しばらく夜空を見上げ続けた。
こぼれ落ちそうになる涙を必死でこらえた。
手応えのある試合に、高揚感を隠せないゴール裏の中で、一人夜空を見上げ続けた。

次へつながったという想い。
しっかり闘えたという想い。
この夢舞台を経験出来た幸福感。
それでも勝てなかった悔しさ。

喜び、幸せ、期待、悔しさ、いろんな想いが交錯して気持ちが揺さぶられた。
でも、涙はこらえた。

そうだ、泣いている場合じゃない。
まだ、たかだか半分の90分戦っただけ、試合は終わってない。
長いハーフタイムに入っただけ。

ほんと、勝負は、これから。
万博で奴らをぶっ倒して、初めてこの試合が終わるんだよ。

感情を爆発させるのは、全てが終わってからで良い。
笑いたければ、笑えば良いし、泣きたければ、泣けば良い。
とにかく残り90分、やれる事全てを万博でやろうよ。

それにしても、ここまで試合を支配出来るとは思わなかった。
先制点こそ隙を突かれたけどね。
それでも、ここまで攻め続けられるガンバ戦も記憶にない。
ヴィッセルとガンバが入れ替わったかのような感覚もあった。

嬉しい誤算だったけど、森岡の不在の影響は最小限に抑えられた。
埋めたのは、やはりファビオ。
知ってたけど、コンディションさえ整えば、これぐらいは朝飯前の実力者。
今さら感も無い訳ではないけど、完全復活だよ。

森岡より癖のないノーマルな組み立ては、ガンバには有効だったし攻撃も活性化した。
田代も躍動したし、慶治朗も帰ってきた。
何よりファビオのパスでマルキがよみがえった。

アウェイゴールを奪われたので、神戸が不利なんて声も聞こえる。
でも、関係ないよ。
こっちもアウェイゴールを獲れば良いだけだし、絶対に獲れる。

最高の舞台は整ったし、歓喜のシナリオも出来た。
あとは万博で勝って、新たなる扉を開けるだけ。
ノエスタで味わった大敗の屈辱を、万博でこそ返そう。

タイトルへは、あと4つ勝てば良いんだ。
11月8日埼玉スタジアムへ辿り着くための、神戸の航海が始まった。
神戸サポーターよ、後れをとるな、あとに続け。
先ずは、日曜日みんなで万博へ集合だよ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年09月04日 19時30分30秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年09月03日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
さあいよいよ今日はナビスコ杯。
それも夢にまで見た決勝トーナメント。

たかが決勝トーナメントの初戦なのかもしれない。
何度もタイトルを穫っているようなチームからしたらね。
これしきで大騒ぎをすること自体、笑ってしまうことかもしれない。

でも、俺たちにとっては夢舞台。
誰が何と言おうが、クラブの歴史を変える大きな一歩。
その一歩を踏み出せる幸せを、今日は素直に感じたい。

ほんと俺たちは、幸せなサポーターだよ。
他のどこよりも誇らしく、胸を張って今日を迎えられる。
他の7チームにとっては、決勝トーナメント進出は当たり前のことだからね。
だから、どこよりも、幸せな一日を過ごせるんだよ、俺たちは。

そして相手はガンバ。
相手にとって不足なし。
この言葉こそ、奴らのためにある言葉。
今一番手強いのは間違いない。

今年5回も対戦するガンバだけど、ここまで2戦2敗。
屈辱的な大敗もあった。
今年唯一歯が立たない相手と言っても良いのかもしれない。

リベンジだよ。
正直この言葉を簡単に使うのは好きではない。
この言葉を気軽に連呼するのは、格好悪いと思ってるぐらい。

でも、今日こそリベンジだよ。
ここでやらずに、いつやるんだよ。
ガンバをぶっつぶそう。

日曜の万博へ、高らかに行進するために。
日曜の万博で、歓喜の瞬間を迎えるために。
タイトルを手にするために。
絶対に勝とう。

参戦出来る人は、とにかく全力で闘おう。
参戦出来ない人も、心はトモニ闘おう。
神戸の誇りを結集して、新たなる一歩を踏み出そうぜ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年09月03日 08時34分50秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年06月03日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
ナビスコ仙台戦の続きを。
CIMG0757.JPG
まずまずの賑わいを見せる場外。

リーグ戦に比べたら大したことはありませんが、ナビスコにしては、かなりの大賑わい。
招待の方も多かったとは思いますが、予定をキャンセルして急遽参戦された方も多かったかと。
歴史を変える一戦の熱気がありましたね。

CIMG0755.JPG
スポンサー企業を中心に各種招待企画が行われた。

限られた時間のなか、クラブ側も急遽大動員作戦を敢行しました。
確かに、スタジアムがガラガラでは話になりませんしね。
結果として11000人以上が集まりました。
無料招待の占める部分は大きいとは思いますが、それでも盛り上がりという意味では、
クラブのなりふり構わぬ姿勢が功を奏しましたね。

CIMG0749.JPG
サポミ。

いつもの試合じゃない。
ただ単に勝ち点3を取れば良いという試合ではない。
5点差以上つけて勝たなければいけない試合。
そして、ガンバの上を行く戦い。
選手もその気で戦ってくれる。
甘くないのは分かってるけど、我々は90分やるべきことをやろう。

いつもと違う特別な試合ということで、ふだんあまり挨拶されない方の挨拶でした。
前に立って挨拶されたのは、初めて見た気もしますが、良い挨拶でしたね。
変に気負わず、多くの人の気持ちを代弁する感じでした。
このあたりは、さすが年の功と言ったところでしょうか。

CIMG0768.JPG
かなり入ったバックスタンド。

上までぎっしりとまでは言いませんが、かなりの入りでした。
そのおかげか、かなり盛り上がりましたね。
選手の頑張りが引き出したものだけど、終盤の一体感、盛り上がりは凄かった。
初めての人も多かった試合だと思いますが、一人でもリピーターになれば良いですね。

CIMG0771.JPG
試合後たたずむ前リーダーさん。

ペドロのゴールでお祭り騒ぎになったゴール裏だけど、私のいたバック寄り前方ブロックの盛り上がりも凄かった。
その盛り上がりをさらに加速させたのが、前リーダーさんの行動。

座席を飛び越え、感情を爆発させながら私達の中に飛び込んできた。
そして、前リーダーさんに、みんなが飛びついて大きな輪が出来た。
吸い寄せられる様に、私も前リーダーさんに飛びついた。
みんなの気持ちが一つに成れた感じで嬉しかった。

ただ、前リーダーさんに抱きついた瞬間、嬉しいと同時にビックリしたことがある。
それは、体が汗で濡れていたこと。
それも、ぐっしょりなんてレベルを超えて、大雨にでも打たれた様にビショビショ。

はっと我に帰って自分のユニフォームを触ったら、全然濡れてないし、やや湿ってる程度。
体質的に汗をダラダラかくタイプではないけど、あまりの落差に驚いた。

遠目でみても、かなり汗を流して、熱く周りを鼓舞してるのは分かってたつもりだけど、ここまでとはね。
誰より声を出し熱く応援してるのは見て分かるけど、汗については触って初めて分かった。
とことんみんなを熱くするには、まず自分自身が熱々と言うことですね。

ほんと熱いね、この人は。
なんかジーンとしたね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年06月07日 18時13分33秒
コメント(6) | コメントを書く
2014年06月02日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
神戸 2 - 1 仙台
   【得点者】神戸:森岡亮太(1分)    ペドロ ジュニオール(90分+3)
                 仙台:藤村慶太(37分)

CIMG0760.JPG
自力ではなかったけど、ライバルチームが苦しむ中きっちり決めた。
決勝トーナメント進出を、20年目のシーズンで初めて決めた。
ほんと歴史を創ったんだよな、俺たちは。

image.jpg
まるで優勝したかの様に、水かけして大はしゃぎ。

たかが決勝トーナメントぐらいでとも言えるけどね。
でも、それぐらい喜びが大きかったのは事実。

タイトルを何度も穫ってきたようなクラブのサポーターからしたら、笑ってしまうような光景かもしれない。
まだ胸を張って何かを成し遂げたと言うには、一般論では早すぎるのかもしれない。

でも、いいんじゃない?
これが俺たちだし。
これまでの実績からしたら凄いことだし、はしゃぐだけの理由はあるよ。

後で分かったけど、結果論としては、あのまま引き分けでも良かったんだね。
ただスタジアムでは、情報を遮断してたので、かなりハラハラした。

引き分けで突破するという締まらない決め方もありえたけど、それが避けれて何より。
ほんと、去年の昇格決定の札幌戦のようにならなくて良かった。

こんなドラマティックな決め方も出来るなんて。
何か凄いね、今年の神戸は。

決まった瞬間だけど、絶対泣くと思ってたけど、意外にも涙は出なかった。
周りでは、喜びのあまり泣いてる人もいたけどね。
ほんと試合前の気持ちの高ぶりを考えると、自分でも信じられないぐらい冷静だった。

やっぱり決勝トーナメントに行くことが、目的ではないし。
あくまでタイトルを穫ることが目的だから。
カッコつけ過ぎな気もするけどね。
でも今の俺たちなら、もっともっと上を目指せる気がする。
だから11月8日の決勝まで涙は取って置きます。

それにしても試合は厳しかったね。
1分で先制したときは、楽に5~6点は取れると思ったけど、やはり現実は甘くない。

押し込まれる時間帯の方が長かったし、決定的なピンチも多かった。
3点ぐらい取られていても、おかしくない展開。

試合前の「倍返し」宣言とは真逆の苦しい展開。
ただ、はしゃぎ方や盛り上がりとしては「倍返し」だった。
試合後はホームだと、数年に一度あるか無いかの大はしゃぎだったし。
その点だけに限れば「倍返し」どころか「10倍返し」だったのかもしれませんね。

ほんと良い試合だったね。
外国籍選手や新戦力だけじゃない全員でつかみとった勝利であり、決勝トーナメント進出だったし。

前半戦を最高の形で締めくくった。
結果もムードも最高、ほんと言うこと無いね。
幸せ過ぎて、ちょっと怖いね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年06月02日 19時10分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年05月31日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ
ナビスコ最終節が、ここまで大きな意味を持つ展開は想像出来なかったけど、
とにかく明日は決戦だね。
でも勝つしかないからね、気持ち的には楽かも。
あーだこーだ考える必要もない訳だし。
とにかく、点を取って取って取りまくって勝つだけだよ。

相手は仙台。
すでにナビスコは予選敗退が決まってる。
モチベーションが俺たちより高いとは思えないけど、それでも油断はできないよね。
リーグ戦では、劇的な敗戦を喰らったし。
今でも思い出すと悔しい敗戦。
ただ、もう一度あれを喰らうほど、俺たちは物好きじゃない。

まあ、仙台に特別な恨みがある訳ではないので、簡単にリベンジなんて言いたくないけどね。
でも、あれだけの事をされて、あっさり勝つだけでは面白くない。
やっぱり、やられたらやり返さないと。
image.jpg
そう、4点取られたからね。
かなり盛り上がってたしね、仙台は。
やっぱ「倍返しだよ」
8点だよ、8点取ってやろうよ。
そしてあの時の仙台サポーター以上にはしゃいでやろうよ。

その代わりに、3点までならくれてやる。
とにかく、しつこいけど「倍返し」だよ。

やってやろうぜ。
決勝トーナメントへ、新しい神戸の歴史を創ろう。
自分たちの力でつかみとろう。

さあ行ける人はノエスタへ集合だ。

「ナビスコだからなあ~」と迷ってる人もいると思う。
でも、違うよ。
「ナビスコだからこそ」歴史を創るために行くんだよ。

ほんと、この一戦にクラブの命運がかかってる。
迷わず行こう。
そして、選手を後押ししよう。
行ける人は全力で、行けない人も心はトモニ闘おう。
さあ、全ての神戸魂を結集しようぜ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年05月31日 14時14分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年05月29日
カテゴリ:YBCルヴァンカップ

鹿島 0 - 3 神戸
   【得点者】 鹿島:
                  神戸:杉浦恭平(9分)、 大屋翼(57分)、 橋本英郎(75分)

「今シーズン一番てごたえがあった試合」と岩波が言ってたけど、まさにその通り。
こんな気持ちのいい勝利、何も言うことないよ。

勝つ可能性は十分あるとは思っていたけど、ここまであっさり勝つとは思ってなかった。
もっと際どく、どさくさにまぎれて勝つと思っていたので、この完勝劇は意外の一言。
まだ心底信じられてないのかもね自分自身、今年の神戸の強さを。
image.jpg
先制点の恭平は、意外にもJ1初ゴールだったんだね。

今シーズンの神戸を語るうえで大きいゴールになると思うけど、 恭平のサッカー人生にとっても大きなゴールになればいいね。
実質的に恭平のJ1が始まった記念すべきゴールだからね。
ほんとおめでとう。

ちょっと出遅れたけどね、まだまだ巻き返せる。
森岡との相性も良さそうだし、ここからの恭平の巻き返しを期待します。

image.jpg
翼のゴールは、ほんと痛快だった。

森岡の絶妙なスルーパスが生んだゴールだけど、一瞬逆にも見えた。
翼の動きだしが、森岡のスルーを生み出したように見えた。
どちらにせよ、二人の絶妙なコンビネーションが産んだゴールですね。

明るい性格やダンスが注目される翼だけど、もともとはセンスもテクニックもある。
守備的なポジションを主に務めてるけど、意外と言っては失礼だが攻撃のセンスもある。
ここ数試合は攻守両面で存在感を増しているけど、翼がピッチ上でも輝きだしたら、ほんと神戸は止まらないかもね。

橋本のゴールはおまけのような感じだったけど、 本音を言えばもう1点欲しかった。
鹿島相手に3点差ついてるのに、さらに点が欲しいなんて非常識だし、どうかしてる。
今までだったら口が裂けても言えない、恐ろしいほど強欲な話だよな。

この勝利で気が付けば、予選リーグ自力突破の可能性が出てきた。
5点差以上で勝てば、ガンバを上回って2位以上が確定する。
それにしても、最終節に自力で決めれる可能性があるなんて凄いね。
連敗で始まったことを思うと、夢のようだ。

正直厳しい条件だけど、絶対に無理な条件じゃない。
今の俺たちなら、あってもおかしくは無いよ5点差は。
しかもホームなんだ、やるしかない。

それに、選手や監督は自力突破を絶対に狙ってる。
だから、私たちも仙台に大勝することに集中するだけだよ。

まだガンバが一番有利なのは間違いないけどね。
でも、気持ち的にはガンバ、清水、俺たち神戸、どこも五分五分。
ひょっとしたら失うものが無い分俺たちが一番有利かも。

とにかく、日曜はノエスタに集合だ。
みんなでクラブの歴史をつくる瞬間を見とどけよう。
決勝トーナメントは夢じゃない。
自分たちで勝ち取ろうぜ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村







Last updated  2014年05月29日 18時22分41秒
コメント(2) | コメントを書く

全83件 (83件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.