1526957 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

他チーム選手関係

2015年05月01日
XML
カテゴリ:他チーム選手関係
早くも明日は鳥栖戦ですが、名古屋戦でもう少し気になったことを。
image.jpg
名古屋サポーターの応援はさすがでした。

声量は、かなりあった。
家族での参戦でしたのでバックスタンドのかなりホーム寄りで見てたのですが、
名古屋サポーターの声は良く聞こえた。

それに統制も取れていて、旗なんかのビジュアル的な美しさもあった。
何かが特別に凄いという感じではなかったけど、総じてレベルは高かった。

感心したのは、神戸讃歌の時の態度。
いつものことではあるが、しっかり聞いてくれた。
誰にも邪魔されず、静寂の中神戸讃歌が響き渡り、とても良い雰囲気だった。

やはり「相手にとって大切な歌の時くらいは、黙って聴いてあげようが名古屋流」なんだ。
ただ、相手をリスペクトしてるからと言うより、余裕があるから黙って聞ける様に見えた。

戦うべき時にだけ戦えば良いじゃないかと。
相手のやる事を、余裕を持って受け止めてから、やる事をやっても遅くないと。
やみくもに熱くなれば良い訳ではない、と言ってるようでもあった。
こういうのは、カッコイイなと思いました。

対する神戸は、スタジアム進行と合わず、ネパール地震犠牲者への黙祷の直前までチャントを続けた。
間一髪間に合ったけど、危なかった。
ホームなのに、スタジアム進行と合わないのは、ちと痛かった。

ピッチ上だけでなく、スタンドでのサポーターの勝負も名古屋が終始優勢だった気がします。
image.jpg
グランパスくんも来場と、場外でも名古屋の脅威の嵐が吹き荒れます。
image.jpg
せっかく家族で行ったので、娘とモーヴィのサインをもらおうと順番を待ちます。

名古屋からの大人のサポーターに大サービスで寝そべってサインをしてました。
この後もお土産をもらって、はしゃぎながら何度も写真を撮ってた。
終わったと思って近づいたら、ガラの悪そうな別の名古屋サポが数人合流し、
更にしつこく写真を撮ってた。
結局5歳の娘は、モーヴィにサインをもらえなかった。

せっかく名古屋から来て頂いたのだから、ビジターサポーターが優先との考えはある。
でも、こう言うのは、やっぱり子供優先じゃないのかなあ。

私の娘だけじゃない、他にも順番を待ってる子供がいた。
いくらはしゃいでいても、名古屋サポも気付いていたはず。
せめてモーヴィに付いてるVGには気付いて欲しかったな。

一番困ったのは、嫁が激おこだったこと。
待ってる子供を無視する名古屋サポーター、気付かないモーヴィやVGにも怒ってた。
試合に負けたのなんか、どうでも良いぐらい不機嫌だったのは本当に困った。

2年前にサインもらった時は、モーヴィもVG(ゆーなちゃん)も子供優先だったけどなあ。
モーヴィも性格変わったのかなあ。

場外では、マナーの悪い名古屋サポーターに大苦戦したけど、
スタジアム内ではマナーが良い名古屋サポーターに好印象。
なんか対照的な印象を受けたね。
まあ、いろんな人がいるのでしょうが、どっちが本当の名古屋サポーターなんでしょうね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2015年05月01日 23時27分36秒
コメント(1) | コメントを書く
2013年12月18日
カテゴリ:他チーム選手関係
昨日行われた合同トライアウト、神戸からは林、紀氏、ソンギが参加しました。

今季途中にセレッソから加入したソンギですが、期限付き移籍なのでどうなってるのか
気にはなってたのですが、やはり契約終了だったんですね。
一年間一緒に頑張った選手との別れを、トライアウトで知るというのも、どうかなという気がする。
同じく期限付き移籍で加入の杉浦と合わせて、もう少し満了なのか継続なのか、
クラブには情報公開をして欲しいなと思います。

実際、トライアウトもなかなか厳しそうですが、J3も出来るなど裾野が広がってるのは間違い
ないんで、参加した3人に、来シーズン良い活躍の場が与えられたらなあと思います。

あと、神戸がらみでは、昨年に続いて近藤岳登が参加。
image.jpg
積極果敢に駆け上がって攻撃力をアピールした模様ですが、
最後は足をつって途中交代するなど、ある意味岳登らしさ全開だったようです。

プレー以上に岳登らしいなと思ったのがコメント。

「自分自身も伸びしろはあると思っているので。カテゴリー問わず、サッカーができる喜びをまだまだ
続けられるなら。年俸が安くてもバイトすればいいし、僕はサッカーで人生を創ってきたし、
一人でも多くの人に情熱と希望を感じてもらえるように、続けられる限りはサッカーを続けたい」
「一つ選択肢として海外でというのも良いかなという気になりました。自分の成長のためにも。
今タイのチョンブリにいる和田さんが呼んでくれないかなと思ってるんですけど(笑)」

アルバイトしてでもサッカーをやりたいなんて岳登らしいよ。
て言うか、岳登以外言えないよそんな事。
仮に言えても、実際に実行出来るの岳登ぐらいじゃない?

これからも、サッカーをやれる喜びを伝えるために、俺たちに情熱と希望を届けるために、頑張れよ岳登。
お前なら50歳ぐらいまで出来そうだよ。

それにしても岳登とタイ、似合いそうだね。
和田さん、真剣に考えてみてもいいんじゃない?
安くても良いみたいだしね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2014年02月22日 13時02分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月10日
カテゴリ:他チーム選手関係
ちょっと時間は経ちましたが、これに触れないわけにはいきませんね。
image.jpg
嘉人得点王おめでとう。

ずっと信じてたよ、お前ならこれぐらいやれると。
中村憲剛も「最初から信じてた」なんて言ってたけどね。

でも、俺たち神戸サポの方が、ずっとずっと前から、ずっとずっと真剣に信じてたと思う。
その気持ちは川崎サポにも絶対に負けない。

だから驚かない。
点を取ることに集中すれば、お前はこれぐらいは出来て当たり前。

でも少しスッキリしない部分もある。

いくら環境が違うとはいえ、周りの選手が違うとはいえ、点取り過ぎじゃない?
役割が違ったり、中村憲剛みたいなパッサーがいるだけで、ここまで変わる?

チームが変わるだけで、周りが変わるだけで、本当にここまで変わるもんなんでしょうか。
まあ、明らかに神戸時代より守備の負担が減って、点を取ることに集中できる役割でしたがね。

確かに点を取れば取るほど嬉しかったけどね。
川崎の試合だけど、お前が決めて、お前が笑顔になって、俺たち嬉しくない訳がない。
でも、正直に言うと、ほんの少しだけど釈然としない気持ちもあった。

見るからに精神的、肉体的に去年とは違いを感じた。
明らかに体が絞れているし、警告も少なかった。
特に警告は、たったの3枚で、累積での出場停止もなし。

累積で休みまくってた神戸時代を考えると人格が変わったようで、信じられない話。
これは、得点うんぬん以上にしっくり来ない感じ。
まあ、これも嘉人が、新しい環境でそれだけ必死だったという事で許しましょうかね。 

あくまで、川崎の嘉人の得点王だからね。
俺たちが手放しで、何もかも喜べる話ではないけどね。
それでもこの一年よくやった。
おめでとう嘉人。
image.jpg
天国のお父さんも喜んでるよ。

来年になったら、また嘉人に会えるんだよな、嬉しいよ。

お前が手強いのは分かってる。
お前の力は俺たちが一番分かってる。
でも、簡単には決めさせないよ。

さあ、待ってろ嘉人。
絶対に負けないからな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年12月10日 14時26分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月18日
カテゴリ:他チーム選手関係
今シーズンのアウェイで圧倒的な威力を誇る翼のダンス。
image.jpg
そのダンスのキレが、アウェイでの神戸に驚異的な勝ち運を引き寄せてます。
安達監督もアウェイでの起用法については、考慮せざるを得ない状況に追い込まれているものと勝手に思ってます。

ただ、次の対戦相手の松本には、それ以上のキレを魅せるダンスの名手がいるそうです。
image.jpg
image.jpg
松本山雅ダンス部主将、楠瀬章仁。

どこかで見た顔だなと思ったら、アッキーじゃないですか。
松本では勝利のダンスを得意技にする男として活躍中とのことで良かったです。
アッキー&翼の名の通りサッカーだけでなくダンスもライバルなんですね。

アッキーこと楠瀬ですが、神戸には2009年から2011年まで3年間在籍。
入団時の前評判は、練習試合で日本代表をきりきり舞いさせた男。
キュンキュンドリブルを武器に大活躍するはずでしたが、けがもあり活躍することなく退団となってしまいました。
サッカー選手としては残念ですが、プレー面で特別に記憶に残るものはなかったと思う。

でもピッチ外では記憶に残っていることがある。
2010年最終戦、埼玉スタジアムでのサポミに来て盛り上げてくれたことはよく覚えている。

あの埼スタの奇跡のサポミでの選手挨拶で、楠瀬のものが一番輝いていた。
出身地にちなんで、ヴィッセルの坂本竜馬として「神戸の夜明けは近いぜよ~~~」と一発ギャグっぽく明るく叫んだ。
あの時は、その場の雰囲気に驚いたな。
選手もサポーターも、ここまで明るいものかと。
とても残留が掛かった大一番を前にした集団とは思えないほど明るかった。

そして楠瀬の一発ギャグで勝利を確信した。
この雰囲気なら力が出せる、絶対に勝てると。

あの場には、乗り越えるべきものを克服できた者のみが出せる、明るい雰囲気があった。
選手、サポーターが自然に一体となる最高の雰囲気があった。
後にも先にも、あれ以上に盛り上がったサポミはなかったと思うし。
そんな最高の雰囲気を一番分かりやすく引き出して、表現したのが楠瀬だったと思う。

あれで勝利を確信したのは、私だけではなかったと思う。
ほんと、みんなに勇気を与えた最高の一発ギャグだよ。
微力かもしれないけど、やはり彼も奇跡の残留劇の立役者の一人なんですね。

そんな思い出のある楠瀬ですが、松本ではそこそこ試合には出てるみたいで、サポーターにも愛されているようです。
まあ、人柄を考えたら当然でしょうけどね。

ただ、最近の様子を見る限りノエスタに来るかは微妙な模様。
ムードメーカーですからね、神戸としてもどうしても勝ちたいので、来ないほうが良いのかもしれません。

でも、やっぱり元気な姿は見たいな。
もちろんだけど、おもろいダンスはいらんけどね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年10月18日 21時11分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月30日
カテゴリ:他チーム選手関係
土曜日の対戦相手は水戸ホーリーホック。
水戸と言えば水戸納豆や水戸黄門と言いたいところですが、やはり俺たち的にはガクトでしょ。
そう、あの情熱の男、近藤岳登。

しっかり水戸に馴染んでるみたいですね。

【J2日記】水戸:近藤岳登がいる風景(13.05.21)
image.jpg
もともと心配などしてなかったけどね。
あれだけの人間力を備えた人物だから。

もう既にしっかり溶け込んでいるどころか、ある意味水戸を引っ張ってるのも当たり前か。
当然とは言え、岳登が水戸で愛されてるのが嬉しい。
それと同時に、今でも変わらず岳登が好きな自分を再確認できたのも嬉しい。

普通はチームを離れると少し気持ちが遠のくんだけどね。
これも、やっぱり岳登の人徳の高さやな。


三島をいじって、こんなんもやってます。

ラジオ関西「GOGO!ヴィッセル神戸」にも出演。

ふつう対戦相手の番組には出ないよなあ。
でも違和感が全く無いのが凄い。

相変わらずですが、トークは面白い。
普通に笑えます。
こういう選手トークは普通笑うとこ無いんですけどね。

前節札幌戦は、先発フル出場で勝利に貢献。
神戸戦出場の期待も高まってます。

久しぶりに遮二無二攻撃参加する岳登見たいなあ。
神戸がぶっちぎられるのは嬉しくはないけど、お前なら許すよ。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年05月30日 18時17分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月16日
カテゴリ:他チーム選手関係
本日行われた水戸とのトレーニングマッチは2ー1での勝利。
メンバーは非公開ですが、内容は悪くなかったみたい。
徐々に仕上がってると考えて良いのかな。

さて水戸と言えば、今シーズン黄門様になるべく、惜しまれながら移籍した岳登と、一年前からは、三島がお世話になっています。
そう、2010年万博ゴール裏コンビ。
偶然とは言え凄いですね。

2010年のあの日から奇跡の快進撃が始まったわけで、
彼ら自身はピッチに立ったわけではないけど、その功績は決して小さくはないかと。
選手とサポの距離を縮めると言う意味では、
あのシーズン彼ら以上の働きをした選手はいないのかもしれない。

それぞれの距離を縮めて一つになって闘う事の大切さ素晴らしさを、あの時味わった俺たち。
逆に、その難しさを去年痛感した俺たち。
はっきり言って岳登と三島が神戸で残した数字的な結果はたいしたことはない。
でも数字では計れない、大きなものを俺たちに残してくれたんじゃないかな。

水戸さんもハートのある良い選手を手に入れたな。
そういう意味でも、案外手強い相手になるかもしれない。
と言うか、そうなって欲しい。
水戸サポさんのブログによれば、今日は二人とも元気に出てたみたい。
今となっては敵とも言えるけど、この二人を悪くいう事は決して出来ない。
何せゴール裏まで来て、一緒に応援してくれた仲間やもんな。

ホームの水戸戦楽しみやな。
9月29日なんで、だいぶ先の話やけど、この二人との再会楽しみにしてます。
もちろん神戸が勝った上でだけど、二人の活躍も心から楽しめるような試合だったら最高やな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年02月16日 22時24分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月11日
カテゴリ:他チーム選手関係
J2神戸屈辱…移籍の大久保に2発くらった(デイリースポーツ)

昨日のフロンターレとの練習試合の記事。
「屈辱」と書かれています。
正直ピンと来ません。
前に所属した選手にやられたから屈辱だとしたら、あまりに短絡的な見出しかと。
実際記事の内容には、屈辱を感じさせるものは無いしな。

念のため辞書で「屈辱」を調べてみると、
「屈服させられて恥ずかしい思いをさせられること。辱められて、面目を失うこと」とあります。

確かに、試合に負けて、気分が良いわけ無い。
でも決めたの嘉人やしなあ、屈辱なんてないよ。
これぐらいやれるのは、俺たちが一番良く知ってる。
やっぱり嘉人には実力があるし、これぐらいは当たり前やろって気持ち。

もちろん、神戸がやられて嬉しいわけがない。
そう、今は川崎の選手。
でも、点取られて悔しいかと言えば違う。
嬉しいような、悔しいような、あるいは寂しいような、懐かしいような、何とも微妙な気持ち。

神戸サポの気持ちが皆同じではないかもしれないけど、大多数は嘉人の活躍を願ってる。
少なくとも、嘉人の活躍で屈辱を感じるなんてないと思う。

嘉人の活躍を一番祈ってるのは、俺たち神戸サポだよ。
そりゃフロンターレサポも期待してるだろうけど、その気持ちは負けてない。

ひょっとしたら、嘉人が全く活躍できずに叩かれるほうが、俺たちにとっては屈辱じゃないかな。
神戸不在の今期のJ1、嘉人の大活躍を期待します。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2013年02月11日 21時47分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月02日
カテゴリ:他チーム選手関係
どうでもいい話を。

川崎戦の日、スタジアム出発前の15時過ぎのこと。
他会場の結果が気になるので、テレビのデーター放送でチェック。

すると大宮が勝っている。
しかも3ー0。
「レイソル何やってんねん。ホームのくせに。やるきあるんか。」と心の中で叫ぶ。

すると、なぜか後ろで見ていた家族が笑っている。
しかもゲラゲラと。
大宮の勝利が嬉しいはずもないのに。
なぜ?

どうしたと聞くと「ズラ、ズラ」と嫁の口が動いている。
もう一度画面を見て納得。

得点 ズラタン
    ズラタン
    ズラタン

ズラが三つもあれば笑うわな。

大変失礼やけど。
言ってはいけないのは分かっているが。
「ズラタン」笑けてくる名前や。
こんなあだ名の人もいそうやし、場面によっては口に出しづらい名前。
チャントも言いづらそうやし。
もちろん本人は全く気にしてないので、別にいいのですが。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2012年11月02日 21時35分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月30日
カテゴリ:他チーム選手関係
昨日の夜、うつろな気持ちの中、BSでやってたんでレイソル対レッズ戦を最後の方だけ何となく見てました。
ロスタイムも時間が無くなり、引き分けかと思った時、ポポのシュートが決まりレッズの勝利。

どっちが勝とうが我々としては関係ない試合でしたが、ポポのシュートは興奮した。
「あれがポポのシュートだよ、あれがポポのプレーだよ、あれこそポポだよ」と家族へ叫ぶ。

広いスペースでDFやGKと競り合う、まさにタイマン。
持ち前のスピードと小柄な体からあふれる筋肉と言うかパワー。
方向性を間違っていると言う声もある筋肉の鍛え方は頼もしくもあり、滑稽でもある。

精神的に落ち込んでいる中、一瞬だけ心が明るくなった。
ポポと過ごした日々を思い出した。
それも素晴らしい思い出だけを。
そう、あの奇跡の残留劇の日々を。

前線でのポストプレーや献身的な守備、もともとの自己中心的な部分を抑えてチームのために体を張る姿。
ポポなくして、あの時の神戸のスタイルは完成してなかったと思う。

万能プレーヤーではない。
ブラジル人やけどテクニシャンでもない。
チームによって合う合わないが、かなり出るタイプやけど、間違いなく神戸には必要だったかと。

いなくなった選手、ましてや生え抜きでもない外国人選手の事を今さら言っても仕方がない。
それは分かっているけど、あんなシュート見せられたら言いたくなる。
それぐらい精神的にしんどいということやな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2012年09月30日 16時49分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年07月31日
カテゴリ:他チーム選手関係
本日発売のエルゴラ、熱戦の後だけに期待したけど、完全にはずれ。
心に引っかかる記事はなし。
その代わりといっては何だが目に留まったのがこの記事。
CIMG0279.JPG
オリンピックの永井の記事。
初めてJリーグのピッチに立った2011年の開幕戦のように「デビュー」と名が付く舞台では、必ず度肝を抜くようなプレーを披露してきたとの事です。

これでは、完全に2010年に神戸にいたことが、第2節で出場したことが抹消されています。
80分に途中交代でデビュー、10分ちょっとの出場でした。
ほとんど何も出来ずに終わった試合だったと思いますが、
やはり、印象に残っているのは「鼻血」でしょうか。

鼻血の治療に出場時間のほとんどをとられる、なんとも締まらないデビュー戦。
この試合以降もさっぱり活躍しなかったため、私の頭の中では、永井=鼻血となってます。
そんな自分にとっては鼻血の選手が、海外も注目する日本の救世主になるなんて、
なんかしっくりきません。
もうちょっと活躍してくれても良かったのになんて、恨み言でも言いたくなります。
まあ当時は監督があの人やったんで仕方がないかな。

あと調べてみたら、リーグ戦のデビュー戦は2011年でも2010年でもなかった。
2009にアビスパ福岡でJ2やけどJリーグデビューしてました。
神戸にいたことが世間で忘れられている以上に、福岡のことは忘れられているようですね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2012年08月26日 20時46分09秒
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.