1535596 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

応援・ゴール裏関係

2018年11月28日
XML

清水エスパルスサポーター。

いつもながらの素晴らしい応援でした。
特徴であるサンバのリズムの応援はノリも良く迫力があった。
圧倒的なホームの雰囲気もさすがと思わせるものでした。

一つ残念だったのは、試合後の両チームのサポーターのやり取り。
現地でも少し感情的になっていたし、その後のSNSでのやり取りは最悪なもの。
お互いが自分勝手に繰り広げる誹謗中傷合戦は見てて気分のいいものではなかった。

ほんと、こういうやり取りは無駄だと思う。
相手サポーターとやり合うために頑張っている訳ではないはずだから。

一度みんな冷静にならないといけないはず。
「サッカーは味方も敵もいないと試合ができません。みんな仲間です。」
これは伊野波が試合後に言ってくれたこと。
だから、サポーターも単なる敵ではなく仲間なんだと思う。
いがみ合うのはつらいだけだから、相手を尊重しながらやっていきたいなと思います。

エスパルスの応援に関して試合後にしたツィートです。

この遠征で忘れられないのが試合終盤のメインスタンド総立ちの光景。

もちろん印象に残る場面は他にもあるけどね。

アンドレスのプレーも凄かった。
エスパルスのゴール裏の応援も凄かった。
我を失いピッチを漂う審判の青白い顔も忘れられない。
悲しいけど乱闘騒ぎの印象も強く残る。
勝利を奪われたショックも強すぎるぐらい残ってる。

でも何より印象に残るのは、終盤に起きたこの光景。
あれは絶対に忘れられないし、圧倒的なホームの空気は鳥肌ものでした。

やはり圧倒的なホームの雰囲気はゴール裏だけでは無理なんですね。
メインやバックスタンドの熱量こそがホームの雰囲気を完成の域に導く。
そのことを再確認させてもらえました。

一つだけ気になったのは、いつもあれぐらいメインも熱いのかということ。
どうしても確認したかったので、帰りの静岡駅で清水サポーターに話しかけてみた。
すると「さすがに特別」との返事。
そして「ここまでメインスタンドが総立ちになるなんて、今までなかった」と教えてもらえました。
まあ、さすがのサッカー王国でも滅多にない盛り上がりだったということなんですね。

確かに怒号が飛び交うような騒然とした状況だからこそ生まれたメイン総立ちなんでしょうが、それでも凄すぎるのではないでしょうか。
メインにはスポンサー関係者も含めて、最もお上品かつ冷静なサポーターが集まるものでしょうから、仮に全く同じ状況でもノエスタでは絶対にないと言い切れる。

このあたりがサッカー王国静岡の底力なんでしょう。
まあ、私たちが簡単に追いつけるゾーンでないのは間違いなさそうです。
苦しい状況を乗り越えて得た勝ち点1やJ1残留決定も大きな収穫ですが、長い年月をかけて築いてきたサッカー王国の底力、それを生み出すサポーターの熱さを感じられたのこそ、この遠征最大の収穫だった気がします。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2018年11月28日 18時12分57秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年10月24日
・ビクトル イバルボ選手 負傷のお知らせ

担架でピッチを去ったイバルボ選手ですが、やはり怪我してたんですね。
左大腿ハムストリング筋損傷で全治2週間とのこと。

でもスタジアムでは、ただの時間稼ぎだと思った。
わざとスンギュにぶつかり、怪我をした演技をしているように思えた。
だからとても腹が立った。
残り10分を切った場面で、あのやり方はずるいなと思ったぐらい。

この時の慶治朗の対応についても批判が多かったと思う。
「なぜプレーを止めるの?勝ちたくないの?」
「鹿島なら絶対に出さないよ」なんて声もあった。
スタジアムも騒然としたし、私も少しがっかりした。

確かに怪我をしているのだから、慶治朗の判断は間違ってないのかもしれない。
でも、審判はプレーを止めていない。
だから、プレーを続けて欲しかったのが本音のところ。
大事な場面だった訳だし。

でも、仕方がないのかもしれないね。
慶治朗らしい行動にも思えるから。
どこか優しさがにじむ行動に慶治朗らしさを感じるから。
まあ、それは甘さと紙一重なのかもしれないけどね。


この日は久しぶりに中央ブロック上段での応援。

ここに来るのは丸一年ぶりぐらい。
この場所を避けてた主な原因は視界を遮るフラッグ。
ただ、この日はほとんど気にならなかった。
チャントによって振る振らないのメリハリをつけてくれてたから。
これには助かったし、良かったと思う。

ただ、残念だったのは、空席が多かったこと。
せっかくの中央ブロックなのにガラガラで、座席数に対するサポーターの数は4割を切るぐらい。
おそらく両隣のブロックの方が人は多かったと思う。
中央の応援団体を避けて多くの人が席についている実態がよく分かった。

中央ブロックを多くの人が避ける理由は良く分かる。
特にこの2年ほど、自らの振る舞いで反感を育てているのは間違いないから。
この状態に驚きはない。

でも、ここまで来ると心配にはなるね。
ここまで中央がスカスカのゴール裏なんて他のJ1クラブでは見たことがないから。
さすがにヤバイ状況じゃない?
一体感のあるゴール裏を作るためにも、さすがに手を打たないといけない時期にきてるのではないでしょうか。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2017年10月24日 22時17分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月24日

横浜戦サポミ。

苦しいチームを支えよう。
俺たちの孝行を支えよう。
今こそ、俺たちの声と手拍子で選手を後押ししよう。

要約すれば、こんな趣旨だったかと。

気持ちのズレもなかった。
みんなの心が1つになれた。
今やるべきことをやらなければ、サポーターを名乗る意味がないと思えたぐらい。
それぐらい気持ちが盛り上がった。
ほんと良いサポミだったね。

サポミに出て良かったと思えたのは、いつ以来の事だろうか?
少なくとも、この一年半ぐらいはなかった気がする。
去年の吹田での一件も含めて心が寒くなる残念なサポミも多かったからね。

たまに疑問に思うことがある。
サポミって何のために、誰のためにするのだろうか。

チームのため?
サポーターのため?
応援団体の自己満足のため?

前は良いサポミが多かったのになあ。
2013年までの前々コールリーダーさんの時は熱くて素敵なサポミが多かった。
この日みたいなサポミならほんと良いのにね。
でも、何か年々ズレが大きくなってる気がする。
ひょっとしたら自分が年をとっただけかもしれないけどね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2017年08月24日 22時42分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年08月07日
大宮戦で披露されたポルディのチャントですが、さっそく改良版がリリースされました。
第2段階としてはドイツ語の歌詞が加えられています。


・【選手チャント】ルーカス・ポドルスキ (2017)

柏戦で練習している動画もいくつか上がっています。

・【#10 ルーカス・ポドルスキ】New!!ドイツ語


・ヴィッセル神戸 ポドルスキ選手のチャント練習の解説

かなり難しく感じますね。
英語と違ってドイツ語に馴染みがないのが原因ではないかと。
まずは理解しながら歌詞を憶えるために、シャララやオーポルディの部分は除いて、ドイツ語、英語、日本語訳を併記してみます。

・ドウー  ビス   マイン  ヘル   ポルディ
🇩🇪 Du     bist    mein   held ,  poldi
🇺🇸 You    are     my     hero ,  poldi
🇯🇵 俺たちのヒーロー、ポルディ

・ シース   アイン  トオ   フュ  ウンス  コウベ
🇩🇪schieß     ein     tor    für    uns ,   kobe
🇺🇸Shoot       a     goal    for    us ,    kobe
🇯🇵ゴールを決めろ、俺たちのために、神戸のために

やはり英語なら簡単ですね、すぐ理解出来ました。
このドイツ語の歌詞ですが、あまり評判は良くない。
憶えにくいとか、歌えないの批判は結構目立つ。

確かに歌いにくい面はあるし、批判の声が上がるのは理解できる面もある。
でも、チャレンジしてからでも遅くないとも思う。
練習して、努力して、それでも無理なら、その時考えるぐらいでもいいと思う。

やる前から無理だ、ダメだと文句を言うのは簡単なことだから。
馴染みのないドイツ語だから、ハードルが高いのも事実。

でも、母国語で伝えたいと考えた11stonesの想いも良く分かる話。
それに、ポルディだって慣れない日本で挑戦しているのだから。
俺たちだって、ドイツ語の歌詞を憶えるぐらい頑張ってもいいと思う。
とにかく先ずはやってみようよ。

それでも難しい歌詞だね。
特に「シース アイン トオ フュ ウンス コウベ」の部分が歌いにくいし、憶えてもすぐに忘れてしまう感じ。
かなり苦しんでいたら、神のような助け舟がツイートされた。


これは凄いです・・・

苦しんでた部分も嘘のようにすぐに憶えられた。
「my屁ポルディ」は意味不明ですが、「豆腐温州神戸」はイイですね。
スッと頭に入る感じです。
かなり強引な語呂合わせでも、やはり日本語だと定着しやすい。
受験勉強で、年号や英単語を語呂合わせで暗記した日々を思い出しました。

これで完璧だよ。
発音は少し怪しいけどね。
でも、そんなことは、どうでもいいから。
とにかく声を出し、気持ちを伝えよう。
ポルディに俺たちの想いは必ず伝わるから。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2017年08月07日 14時13分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年05月30日
セレッソ戦のサポミから。

三浦淳宏さんが来てくれ挨拶がありました。
「神戸で引退したかったけど、みなさんを裏切ることになってしまった。ずっとお詫びをしたいと思っていた」
すぐに神戸サポーターから声がとんだ。
「そんなことないよ。謝ることなんてないよ」

心が一つになる感動的な空間だった。
当時をリアルには知らない私ですが、素直に感動した。
あとから記事で読んだり、人から聞いただけですが、淳宏と神戸サポーターの関係も想像できた。

どれだけクラブやサポーターを愛してくれていたか。
どれだけサポーターから愛されていたか。
言葉でなく、お互いが心でつながっていたことも。
ほんと良くわかった。
これからも素敵な関係を続けていきたい大事なレジェンドですね。

ただ、天国のような素敵なサポミはここまで。

後半は地獄のような寒々しいサポミでした。

コールリーダーが話した内容については、書くに値する内容ではないので割愛します。
盛り上げたい気持ちから出た表現だとは信じたいけど、対戦相手への最低限のリスペクトは持つべきだと思う。

それと、水かけ問題については一言でいいから触れて欲しかった。
まさかの完全無視には、さすがに気持ちが冷めてしまった。
盛り上げるのがサポミの目的だとしたら、気持ちを冷ますサポミなんて意味がない。
まあ、しばらくサポミには出ないと思うので、関係ないかもね。

最後に結論の出た水かけ問題について。
言いたいことはたくさんあるけど、一つに絞るとしたら、失ったものは大きいということ。

問題を起こした個人が属する11stonesへの信頼、
うやむやな処分を選択したクラブへの信頼、
このあたりが少なからず失われたのは間違いない。

でも、何より痛いのは選手からの信頼を僕たちサポーターが失ったことだと思う。

もともとの信頼の積み重ねが、いかほどあったかは怪しいけどね。
残念ながら微々たるものだった気もするし。
でも、それすら一瞬の愚行で消し飛んだのだと思う。

もし将来、伊野波や中坂が引退して、この日の淳宏の様にゴール裏に来てくれるのだろうか。
何のわだかまりもなく笑顔で向き合えるのだろうか。
これからも僕たちの声援はストレートに彼らの心に届くのだろうか。

そう思うと、僕たちサポーターが失ったものは、とてつもなく大きい。
ほんと残念でしかない。

こんな結末にするぐらいなら、クラブも最初からリリースしなきゃ良かったのにね。
あれ見たら、きっちり処分すると誰だって期待するから。
ほんと、なんでだろうね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2017年05月31日 06時10分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年08月24日
最後にガンバ戦の応援について。
image.jpeg
新スタ効果もあり、たくさんの神戸サポーターが詰めかけた。
たくさんのサポーターで、一体感のある応援が出来た。
この一戦にかける想いをぶつけることが出来たし、アウェイでも滅多にない盛り上がりとの声も聞こえた。

コレオも綺麗に決まった。
image.jpeg
峻希のツイートです。

気持ちが伝わったようで嬉しいです。
応援については、ほんと良かったと思います。

あと、サポミについても書かないといけないね。
今でも書くかどうか迷いがあるけどね。
サポミで話されたことについては、詳細は書きません.
興味のある方はYouTubeで探してください。

サポミの趣旨としては「ガンバには絶対に負けたくない」だと信じますが、余りにも品が無い表現だった。
ただただ、ガンバとガンバサポーターへの挑発と侮辱とも言える内容なのは悲しかった。

やられた事が嫌だったから、やり返すなんて、相手と同じレベルまで落ちる必要があるのか。
そして、「汚い○キ○リ」は言い過ぎでしょう。
身内だけでない不特定多数の人がいる場所で使う言葉じゃない。

盛り上がってる人は多かったけど、正直ドン引きした。
相手をバカにするのがサポーターの目的ではないと思うから。
神戸の選手を後押しするのがサポーターだと信じているから。

相手がガンバだから気持ちが盛り上がるのはわかるけどね。
さすがにやり過ぎだよ。
この言葉を聞いてからは、気持がしらけてしまった。
声も出ず、立ち尽くすだけのサポミになってしまった。

もう少し冷静になる必要があると思う。
ガンバに勝ちたい気持ちは、神戸サポーターなら誰にだってある。
でも、それはガンバというクラブを認めているからだと思う。

金の力だけでなく、しっかりと下部組織からチームを作っている。
面白いサッカーを見せ、しっかりとしたスタイルを持っている。
数々のタイトルも獲っている。
関西のサッカーを引っ張ってきた事実は間違いなくあるから。

悔しいけど、ガンバというクラブを手本にして、追いつこうと頑張ってきた歴史はあるから。
そんなガンバを超えれば、俺たちが目指すべき場所も近いと、みんな思ってるはず。
だから、勝ちたいんじゃないかな。

決してガンバやガンバサポーターが嫌いだから、勝ちたい訳ではないと思う。
少なくとも、私はそう思います。
それに、相手をバカにするのが神戸スタイルではないと思うから。

もちろん応援をリードしてくれることへの感謝の気持ちはあるけどね。
こんな芸風は正直しんどいよ。
盛り上がってる人は多かったけど、今までで一番さみしいサポミでした。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2016年08月24日 12時35分34秒
コメント(6) | コメントを書く
2016年07月22日
明日の相手は広島。
ここ3試合勝利がなく、失点は9。
2ndステージも10位と乗り切れていない。

年間も順位こそ4位ですが、勝ち点は34と神戸も案外離されてはいない。
勝てばかなり接近できるから、何としても勝ちたい。

もちろん簡単な相手ではないのは、百も承知の話。
1stステージでの対戦もドローに終わった。
内容は決して悪くなかったけど、勝ち切れずに終わった。
小さいようで小さくない、力の差を感じさせられる試合だった。

明日は青山が復帰するとの情報もある。
広島の主将で中盤の要だから、かなり厳しい状況が予想される。
でも、チャンスはあると思う。

久しぶりにホームで勝利を上げた勢いはあるから。
横浜戦での悪夢のような記憶は断ち切れたから。
流れは悪くないはずだよ。

ニウトン、橋本の新戦力もよりチームにフィットしているはず。
ストロングポイントを発揮し、より戦える体制が整いつつある。
強い神戸をより味わえる、快進撃の予感は間違いなくあるから。

得点は取れるからね。
あとはどれだけ粘り強く守れるかがカギ。
これに尽きると思う。

とにかく勝ちたいね。
ネルシーニョの設定した勝ち点10のノルマのためにも。
2ndステージで上位に喰らいつくためにも。

明日は、たくさんのサポーターが広島へ向かう模様。
残念ながら広島には行けませんが、皆さんが勝ち点3をお土産に、笑顔で無事に帰ってくるのを祈ってます。
現地での後押し宜しくお願いします。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2016年07月22日 22時29分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月12日
鳥栖戦のサポミでは、伊野波の新チャントの紹介があった。
image.jpeg
良いタイミングでのチャント作成だと思います。
1stステージの終了時点で、伊野波とトモニ戦えた試合は通算で49試合 (リーグ戦44、ルヴァン杯5)。
そろそろ欲しいと思っていただけに嬉しかった。
image.jpeg
伊野波も感謝の気持ちを表してくれた。

気持ちが伝わったのは何より嬉しいこと。
チャントにも出来不出来は多少あるけど、大切なのは選手に気持ちが伝わること。
格好イイとか、歌いやすいとかは二の次なんだ。
お互いが、歌いたい、作って欲しいタイミングで作ることが何より大事かと。

奥井の退団の時に話をしたけど、やはり40試合を超えるくらいが一つの目安だと思う。
ある程度一緒に戦ってチャントがないのは、選手は寂しいものだから。

連合が作成基準を設けたのかは分かりませんが、奥井の時の反省を生かして努力する姿勢は伝わってきます。
ありがたいことですし、感謝したいと思います。

これでチャントのない選手は、出場試合が少ない選手だけになった。
その中で出場試合数が一番多いのは前田の29。
今はちょっと波に乗れてませんが、今シーズン中にチャントを作ってもらえるような活躍を期待したいね。

そして、明日は横浜戦です。

相手は2戦連続3ー0での圧勝と絶好調で首位に立つ。
もともと実力者の多いチームですが、勢いもある。
かなり厳しい試合が予想されるね。

1stステージの対戦では呆気なくセットプレーから失点し敗れた。
あの時の失敗を繰り返してはいけない。

いきなり精神論で申し訳ないけど、やはり粘りが大事かと。
鳥栖戦ではリードされてからだけど、しっかり粘れたから。
それに岩波の復帰も濃厚との明るい情報もある。
同点に追い付いた、あの粘りを見せれば勝機はあるんじゃないかな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2016年07月12日 20時59分51秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年04月05日
湘南戦の試合後に気になるシーンが。
image.jpeg
勝利のアウェイマーチですが、盛り上がってない様に見えた。
「盛り上がりや一体感を欠いている」との現地の声も聞こえてきた。
これまでも盛り上がりを欠く場面はあったと思うけど、ここまでノリが悪かったのは記憶にない。

アウェイマーチの対応についての難しさは、以前も書いたことがある。
・2013年11月14日最後のアウェイを勝つために~頼む安達さん、翼を連れて行ってくれ

ただ踊るだけだし、簡単そうに見えるけどね。
でも、はっきりと踊り方が決まってないのは、案外悩ましい問題。
真面目な人にとっては、これで一気に難易度があがる。
さらに陽気に務めないといけないのも悩ましい。

神戸は真面目で大人しい選手が多いから、余計に厳しいよ。
過去には岩波が前には出たけど、上手く踊れず撃沈した例もある。

翼やシンプリシオ、安田なんかは上手に踊れたけどね。
今ならヨンボか雄大だろうけど、それ以外は厳しい。
だから、彼らがいない時は少し考えたほうが良いと思うんだ。

サポーターとしては盛り上がるし、やりたいという意見は多いとは思うけどね。
私も経験があるけど、選手がノッテくれてる時は楽しいから。
でも、ここまでノリが悪いと考えてしまう。
何か負担になってるようでもあるから、毎回でなくて良いのかもしれませんね。

あと、この件については、ずっと気になっていたのはマナーの問題。
アウェイのマナーとして「勝てば必ず踊る」のは、良くない気がするから。
これは逆の立場になって考えれば分かること。
ノエスタで負けて、相手の選手とサポーターが一緒に踊ってたら、間違いなく嫌だよね。

優勝や残留決定など特別な状況なら分かるけど、毎度やられるのは勘弁してほしい。
それに血の気の多いサポーターなら、挑発行為と捉えてもおかしくはないから。

年に数回しかアウェイに行かない私の様な人間が、偉そうに言える話でないのは分かってるけどね。
でも、前から気になっていたから。
あくまでビジター(訪問者)で、よそさんのホーム(家)だからね、大はしゃぎは心の中で良いと思うね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2016年04月05日 18時22分30秒
コメント(5) | コメントを書く
2016年02月24日
PSM岐阜戦では新しいチャントの発表がありました。

・2016年 ヴィッセル神戸 選手チャント
さっそく動画がアップされています。

(歌詞も載せておきます)
・スンギュ
オー チキョラ スンギュ ✖️3 チキョラ キム スンギュ
(チキョラは韓国語で守れの意味)

・高橋峻希
オー 高橋峻希 ララーララーラー ララーラ ラララ

・三原
三原雅俊✖️3 アレ アレ アレアレアレ

・高橋祥平
高橋祥平 俺らの誇り トモニ行こうぜ 祥平 ラララー

・藤田
俺たちの藤田 熱き魂 俺たちの藤田 さあ見せてやれ

今回は一挙に5人も個人チャントが出来ましたが、スンギュと藤田は、いきなりのチャント作成。
代表経験のある実力者は、期待も込めてすぐに作る最近の流れに沿ったものかと。

峻希と祥平も人気選手ですから妥当なところです。
二人とも作成が後回しになりがちな守備的なポジションの選手ですが、
チャントを作って欲しいという多くの声に応えたものかと。

ここまでは予想通りでしたが、 三原にも作られたのは驚いた。
やはり奥井の発言が影響したのかもしれません。
私もチャントを作るなら「まず三原から」と訴えてきたつもりなので嬉しいです。
先ずは作ってくれた方に感謝したいですね。
そして、ある程度出場してる選手にはチャントを作る流れが、これを機会に定着してくれたらと思います。

さあ、しっかり歌って選手に気持ちを伝えよう。
僕らが心をこめて歌えば、きっと選手に伝わるから。
そのためにも、土曜までにしっかり覚えないとね。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2016年02月24日 22時14分28秒
コメント(0) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.