774774 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヴィーテ・イタリア高岡(Hiruccio)のイタリアワイン&主夫日記

PR

Profile


Hiruccio

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

としのすけのワイン… @としのすけさん
青髭さんのテイステ… ニタサンタさん
kaoritalyたる所以 kaoritalyさん
北九州市小倉のソム… デリソムさん
BAR 月のかけら xerezさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:納豆の味に思う。(05/31) cialis kopen in europatestimonials viag…
http://viagraessale.com/@ Re:納豆の味に思う。(05/31) how long does a viagra pill stay in yo…

全1861件 (1861件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015/01/07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015年は、とりわけ伝統とプレステージと格付けを意識しながら新旧
織り交ぜた


   DOCGワイン


に注目してみたいと思います。


僕がイタリアワインの勉強を始めた94年頃は確か10個そこそこのDOCGしかなかった
かと記憶します。今や僕の知る限りで(じわじわと「気がついたら増えていた」という
感じで「増殖」しておりますゆえ^^;)


73


ございますm(_ _)m



代表的なものは別として、「なんでお前が!」というような銘柄もございますが(^^;)
しかしながら、ちゃんとした厳しい基準をクリアしていることでは全く異論の余地は
ありません。

そして、そもそもDOC法というものが「ワインの質を守る」のではなく「地域の
伝統とそれを継承する生産者を守る」ことを主眼に作られた法であることを考えれば
たとえ「ピンキリ」で「やっぱりイタリア的」と呆れ顔になるような現象が存在
したとしても、やはりリスペクトする必要はあろうかと思います。


それでサレッタでは、すでに名声を勝ち得た銘柄を中心に、新しいDOCGも
織り交ぜながらご参加いただく皆様=テイスター(伊語でデグスタトーレ degustatore)
とともに、検証しながら、じっくりと愉しみたいと思っております。


以下、上半期の予定です。生産地方とDOCGに認証された年を明記しておきます。


1月10日(土) フランチャコルタ(ロンバルディア、1995)
        バローロ(ピエモンテ、1980)
        バルバレスコ(ピエモンテ、1980)


2月14日(土) アルバーナ・ディ・ロマーニャ(ロマーニャ、2011)
        キャンティ・クラッシコ(トスカーナ、1980)
        タウラージ(カンパーニア、1993)


3月14日(土) フィアノ・ディ・アヴェッリーノ(カンパーニア、2003)
        モンテファルコ・サグランティーノ(ウンブリア、1992)
        ゲンメ(ピエモンテ、1997)


4月11日(土) グレコ・ディ・トゥーフォ(カンパーニア、2003) 
        ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(トスカーナ、1980)
        モンテプルチャーノ・ダブルッツォ 
             コッリーネ・テラマーネ(アブルッツォ2003)


5月9日 (土) ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ リセルヴァ(マルケ、2010)      
        ガッティナーラ(ピエモンテ、1990)
        カルミニャーノ(トスカーナ、1990)


6月13日(土) ガヴィ(ピエモンテ、1998) 
        カステッリ・ディ・イエジ・ヴェルディッキオ・リセルヴァ(マルケ、2010)
        チェラスオロ・ディ・ヴィットーリア(シチリア、2005)



1銘柄につき2アイテム、代表的な生産者の作品をテイスティングします。

時間はいつもの16:00~ 前半は真剣にテイスティングを、後半はおしゃべりも(^^;)
基本は一旦18:30ごろ終了ですが、だらだらタイム、いつも楽しんでます!

参加料金は 税込の8500円(パンとチーズをお付けします)

場所は、もちろん ラ・ヴィネリア・ブラヴーラ です!


ワイン初心者、全然知らない、という方も大歓迎! 好奇心いっぱいのあなたのご参加を
お待ちしております。


viteitalia@gmail.com
090-3973-6688

までご予約のご連絡を!!
        











Last updated  2015/01/07 09:59:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/01/06
カテゴリ:カテゴリ未分類
◎チネブラヴーラ 2015 上半期公開予定作品です!

1~4月は2000年代の傑作選

◎カンヌ映画祭パルムドール!
 ナンニ・モレッティ&ジャスミン・トリンカ、チネブラ初登場!

1月24日(土) 
「息子の部屋」 2001 la stanza del figlio di Nanni Moretti


◎「輝ける青春」「フォンターナ広場」のマルコ・トゥッリオ・ジョルダーナ監督作品!

2月21日(土) 
「13歳の夏に僕は生まれた」 2005
  Quando sei nato non puoi più nasconderti di Marco Tullio Giordana


◎巨匠プーピ・アヴァーティ監督、名優シルヴィオ・オルランドもチネブラ初登場!

3月21日(土) 
「ボローニャの夕暮れ」2008 Il papa di Giovanna di Pupi Avati


◎「グレート・ビューティ」のイタリア新感覚コンビ= ソレンティーノ&セルヴィッロ! 

4月18日(土) 
「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」2008
  IL DIVO di Paolo Sorrentino



5月、6月はフェリーニ白黒映画の大傑作2連発!
まだ観てない人も何度も観た人も絶対味わいたい、イタリア映画ファン必見!

5月23日(土) 「甘い生活」1960  La dolce vita ※
6月20日(土) 「81/2」1963  Otto e mezzo ※



※ 100 film italiani da salvare
後世に残すべきイタリア映画100選(イタリア人の意識を変えた映画)

上映期日は変更の可能性がありますので、必ずFacebook等で後確認ください。


参加料金は、映画鑑賞のみなら無料。ワインセット ¥4000 その他グラスワイン
ソフトドリンクもOKです。


では、来年もどうぞ、よろしくお願いいたします!






Last updated  2015/01/07 10:23:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/29
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月は、シチリア西部を中心にした世界、世界のワインマーケットにおいて
シチリアの存在感をいち早く知らしめた大御所たちのワインご紹介しました。

引き続いて、5月は、近年のイタリアワインシーンにおいて、注目度が最も
高いゾーン=シチリア東部のエトナ火山周辺のワインをご紹介します。


「地中海のブルゴーニュ」とはよく言ったもので、そのワインの佇まいを
そう形容するのは、あながち間違っていないと思います。


いくつもの要因がありますが、代表的なものを3つ挙げると

  1.固有品種=ネレッロ・マスカレーゼの存在

不思議なことに、バローロのネッビオーロのように色素的にはさほど強い
ものを表現しないのですが、香り→味わいと経過するごとにどんどんと
迫力を増してくる。これに、世界のワイン通はイチコロです(^^;)


   2. 標高高く樹齢の古い株の絶対的な多さ


灼熱のシチリアにあって、赤ワインの命であるタンニン分、酸をしっかりと
保つのは標高の高い畑だけです。

エトナ火山はヨーロッパ最大の火山であり、ブドウ畑は1000m級の所にも
存在しています。バローロ、バルバレスコやキャンティ、ブルネッロという
イタリアの偉大なワインの産地が300m平均の標高であることを考えれば
これは、ずば抜けた立地だと言わなければなりません。

そしてエトナ火山という「過疎化」した農村においては、標高の高い
耕作の困難な畑は、「放ったらかし状態」になったものが多かったのです。


だから再植樹されることなく、古い樹がそのまま残ることになりました。
「質のワイン」の常識で言えば、古い株が偉大なワインを生むことは周知の
ことです。おそらく「量のワイン」の常識しかなかったシチリアでは
幸か不幸か、畑は現地の農民たちから見放されることになりました。



   3.ワインメーカーたちのエトナ進出


そこに、目をつけたのが、すでに北部イタリアなどで偉大なワインを生産
あるいはプロデュースしていたワインメーカーたちです。


もちろん、現地シチリアのごく限られた有料生産者も、外部からやって
きたイタリア人たちとエトナの畑を買いまくりました。


そうして新しいメンタリティー、質的なワイン造りを知り尽くした
個性的な生産者、あるいは、質量を世界のマーケットで売りさばくことに
長けた優良生産者が、エトナのポテンシャルを世界中に知らしめることに
なりました。



そういう現代の歴史を経てきたエトナの偉大なワインたちをじっくりと
味わい尽くしましょう!!


現在、空き席は極わずかですので、お早めのご予約をオススメします(^^)


5月17日(土)  16:00~18:00ごろ

  参加費用: 8500円(今回よりワンコイン値上げですm(_ _)m)

  ご参加希望の方は、viteitalia@gmail.com またはviteitalia@maia.eonet.ne.jp
  までご連絡を!必ず返信を確認して下さい!









Last updated  2014/05/05 01:59:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/25
カテゴリ:カテゴリ未分類


今週末はチネブラヴーラでイタリア映画とイタリアワインで愉しみますよ!

映画は「木靴の樹」1978年の作品です。

撮影されたのはロンバルディア州ベルガモ近郊の村々で、19世紀末のカシーナ
(4、5世帯が住む大農家)に住む農民たちの厳しくも「ありふれた」生活が
淡々と切々と綴られて行くドラマです。

音楽はフーガに始まり、アリオーゾに終わる全編バッハ。

役者は全員地元の農民たち(全く信じられません!!)。


巨匠エルマンノ・オルミの感性が冴えに冴えわたった、これぞ映画の中の映画!
ワインや料理でイタリアに惹かれる人にとっても貴重な経験になると思います(^^)

興味ある人はyou tubeのこの映像をご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=Cd36T9U9tg4

映像はイタリア語バージョンですが、チネブラで観るのはロンバルディア方言
ヴァージョンです(^^;)同じ役者がアフレコしてます。以下、簡単訳。


男「会いたかったんだ」 
女「毎晩会ってるじゃない」
男「みんなと会うのと、二人出会うのは別ものだよ」
女「まだまだ夜は寒いわ」
男「そんなことないよ、雪、靄もなくなってるし、、マドンナの日まで2週間だ」
  「・・・・あなたにキスがしたい」
女「そんなこと、すぐにするものじゃない・・・私、行くわ、さようなら」
男「さようなら」


とっても美しいシークエンスでしょ?

二人はtu (君)ではなくvoi(君たち)という昔ながらの敬称で
呼び合ってるところもミソ。この二人がどういう結末を迎えるかもお楽しみに(^^)


その他に4、5のエピソードが同時進行していきます。

3月29日(土) 16時~ ワイン会前編と映画解説
         16時半ごろ 映画上映 一旦解散
         19時半ごろ ワイン会後編&ワイン談義などなど
         20時半ごろ 終了


場所は、ラ・ヴィネリア・ブラヴーラ


ロンバルディアワインやロンバルディアパンを含めた参加料金は4000円。

映画上映のみ参加の方は無料です。その他、ノンアルコールやグラスワインのみなど、時間の都合等でじっくりと参加できない人など、高岡にご相談ください!

viteitalia@gmail.com 090-3973-6688




http://www.youtube.com/watch?v=Cd36T9U9tg4






Last updated  2014/03/25 11:09:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/13
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月、5月のサレッタはシチリア島にスポットライトを当てて
「イタリアワイン界のニューワールド」とも言える地中海最大の
島のワインを楽しみます。

第一回は、シチリアワインの近現代史に注目して、


「大御所達の素晴らしいワインたち」


をその基準点として、じっくりテイスティングして


「質のシチリアワインの黎明期から現在」


を明確に認識しながらそのヴァリエーションを味わい尽くしたいと
思います(^^)


日時: 4月12日(土) 16:00〜18:30ごろ
場所: ラ・ヴィネリア・ブラヴーラ
参加費用: 8000円
※ 当日 お釣りなきようご準備下さい。

お申し込み: viteitalia@gmail.com 090-3973-6688
高岡まで(メールの方は必ず返信をご確認ください)



プレミアムなワインを6種、チーズ数種類、パンをご用意いたします。

決してお食事の会ではなく、ワインテイスティングとイタリア談義を
愉しむ会ですので、ご理解をm(_ _)m






Last updated  2014/03/13 07:57:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/27
カテゴリ:カテゴリ未分類
【送料無料】木靴の樹 [ ルイジ・オルナーギ ]

【送料無料】木靴の樹 [ ルイジ・オルナーギ ]
価格:5,040円(税5%込、送料込)



ここにも「究極のイタリア」があります(^^;)

すべての俳優はベルガモの農村の人たち、つまり素人役者。

シチリアの漁村を舞台にした1948年のヴィスコンティ監督作「揺れる大地」と
全く同じ手法です。

5時間や6時間という上映時間の映画(「1900年」「輝ける青春」など)を
撮ってしまうというイタリアの特殊性もそうですが、北部ロンバルディア地方の
農民の生活を丹念に描くために素人役者を100%使い、3時間弱の長編映画を
撮ってしまうという、その価値を作る側、配給する側、観る側が理解し、
受け入れ、映画の古典として残していくというイタリアの文化的な土壌が
スゴイと思います。

そして何と、これも非常にイタリア的ですが、全編ベルガモ方言で演じられ
イタリア公開に際しては、同じ役者がイタリア語バージョンを録音し直したと
いう経緯もあります(イタリア語の字幕ヴァージョンもありますが、誤訳など
もあるそうです^^;)


19世紀末の農村の小さなエピソード集のような滋味な作風の映画ですが
イタリアの食文化、特にサラミやワイン、あるいは様々なcucina povera 
直訳すれば「貧しい料理」=イタリア文化のエッセンスを更に身近に感じ、
愛着を深めることのできる1本だとも思います。

撮影地でありオルミ監督の故郷であるロンバルディアのワインと共に
愉しみましょう!全体の流れとしましては最初の30分でワイン
2種類をテイスティングしながらの映画解説、上映後にさらに
ワイン2種類(それ以上の時も)とともにおしゃべりタイムと
なります。


◆参加費用は?→映画鑑賞のみは0円。 
◆映画を見てワインを飲むなら?→ワイン数種類とこだわりのパンが付いて4000円です。 
◆飲めないんだけど参加したいな?→ぜひ!特別にソフトドリンクをご用意します^^ 

お申し込みは、Facebook上のイベントページで「参加」をポチ!または
ブラヴーラ高岡へ viteitalia@gmail.com 090-3973-6688

※返信を必ずご確認下さい!

【送料無料】木靴の樹 [ ルイジ・オルナーギ ]

【送料無料】木靴の樹 [ ルイジ・オルナーギ ]
価格:5,040円(税5%込、送料込)







Last updated  2014/02/27 06:10:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/26
カテゴリ:カテゴリ未分類
プレミアムイタリアワインを愉しむ会=サレッタ。

3月は南イタリアに舵を切り、半島を代表する黒葡萄品種である
アリアニコ種と半島、そしてシチリア島と近年人気を博している屈指の
白葡萄品種フィアーノ種にスポットを当て、その特徴的な味わいの
美味しさを探ります。


同じブドウ品種でも産地の気候、土壌、そして作り手の考え方などが
ワインの味わいに大きな影響を与えて、個性豊かな差異が出て、それで
いてブドウ品種固有の特徴も共有して、、、というワインの面白さの
極みをいっしょに愉しみましょう(^^)


参加費用は8000円。以上のワインとセレクトしたチーズとパンを
お付けした価格です。


前半はテイスティングに集中して、後半からは参加者とともにワイン談義
イタリア話に花を咲かせる、いつもの流れで行きましょう(^^)


 日時: 3月8日(土) 16:00~18:30ごろ

 場所: ラ・ヴィネリア・ブラヴーラ

 テーマ: 南イタリア アリアニコ種とフィアーノ種

 参加費用: 8000円

 ※当日、お釣りなきようご用意ください。
 
 お申し込み: viteitalia@gmail.com または090-3973-6688
        高岡まで ご質問などもお気軽にどうぞ!

 ※メールでのお申し込みは必ずこちらからの返信をご確認ください。

 ※当日キャンセルのみ、全額ご負担いただきますので、体調面、スケジュール
  調整など、くれぐれもご配慮ください。

 あなたのお気軽なご参加、心よりお待ち申し上げます(^^)






Last updated  2014/02/27 06:42:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/10
カテゴリ:カテゴリ未分類

[DVD] 無防備都市

[DVD] 無防備都市
価格:1,427円(税込、送料別)



1945年のロベルト・ロッセッリーニ監督作品です。「ネオリアリズム」と
呼ばれる一連の戦後イタリア映画作品群の代表的、そして記念碑的な作品であるばかりか
1950年代末からのフランスの「ヌーヴェルヴァーグ」作品群にも大きな影響を与えた
この監督の代表作品です。

って、何のことか分かりませんかね(^^;)

イタリア語のタイトルはROMA CITTA' APERTA、直訳すると「開かれた街、ローマ」
ということになりますが、日本語のポジティブな印象とは裏腹に、第二次大戦末期
イタリア降伏直後にナチスドイツに牛耳られたローマの庶民とパルチザン達が激しく
蠢く「無防備で」「丸裸の」ローマが描かれます。

ROMAというタイトルがつくだけに、この映画の主人公はローマの街そのものかも
しれません。ネオリアリズムの面目躍如たる、戦争直後の荒廃したローマの街角
そのままをセットに野外撮影された映画ですから、その映像のヒリヒリするような
生々しさたるや、映画史上屈指じゃないでしょうか。

はっきり言って、非常に暗い、悲痛な映画ですが、映画が大好きなあなたなら
その記録映画のような迫力、俳優(神父役アルド・ファブリツィ、そしてなんと言っても
イタリア映画のディーヴァ=アンナ・マンニャーニ!)の存在感、ロッセリーニの迫真の
演出に膝を打って喜ぶこと間違いなし!です(^^)

映画上映前と上映後におしゃべりとともに楽しむのはやはりローマのワインでしょう。
代表ワインである白、赤ともども色んなローマ県のワインをご紹介しましょう(^^)

開催日は2月22日(土) 時間は16:00 場所はブラヴーラです。

参加費用は、映画鑑賞のみなら、0円。
ワイン&パン付きで4000円
ソフトドリンク希望の方、いらっしゃいましたらお尋ねください。

もちろん廉価でDVDも出ている映画ですが、なかなかスクリーンで「共に観る」
という感覚が味わえない映画でもあると思います。イタリア好き、ワイン好きの
人たちとのひと時、おしゃべり時間を味わいにいらしてください(^^)


ご予約、お問い合わせ等は高岡まで、遠慮なく!
viteitalia@gmail.com
090-3973-6688

※メールの方は必ずこちらからの返信をご確認下さい。

無防備都市(DVD)

無防備都市(DVD)
価格:1,521円(税込、送料別)







Last updated  2014/02/18 06:04:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/04
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎月、最終土曜日にイタリア映画とイタリアワインを愉しむ会を
大阪、ブラヴーラにて開催しています。

2014年は以下のような感じで組んでみました。ご興味持って
くださると嬉しいなあ(^^)

最近の作品以外は、ヴェネツィア映画祭における批評家や監督たちによって
セレクトされた「イタリア映画100選」(直訳で「保存すべき100本の
イタリア映画」)に指定されているものを選びました。◎印つけてます。



2月22日(土) 16:00~  
    ◎無防備都市 (白黒)1945年 ◎100選第3番
    ロベルト・ロッセッリーニ監督 アンナ・マニャーニ

3月29日(土) 16:00~
    木靴の樹  (カラー)1978年 ◎100選第100番
    エルマンノ・オルミ監督 ルイージ・オルナーギ以下素人役者たち

4月26日(土) 16:00~
    黄金の七人 (カラー) 1965年 
    マルコ・ヴィカリオ監督 ロッサーナ・ポデスタ

5月31日(土) 16:00~
    昨日、今日、明日 (カラー) 1963年 
    ヴィットリオ・デ・シーカ監督 ソフィア・ローレン

6月28日(土) 16:00~
    青春群像  (白黒)  1953年 ◎100選第30番 
    フェデリコ・フェッリーニ監督 アルベルト・ソルディ

7月26日(土) 16:00~
    郵便配達は二度ベルを鳴らす (白黒) 1943年 
    ルキーノ・ヴィスコンティ監督 マッシモ・ジロッティ


8月30日(土) 16:00~
    僕は怖くない  (カラー)  2003年
ガブリエーレ・サルヴァトーレス監督 
ディエゴ・アバンタントゥオモ

    
9月27日(土) 16:00~
    明日のパスタはアルデンテ (カラー)  2010年 
    フェルザン・オズベテク監督  リッカルド・スカマルチョ

 
10月25日(土) 15:00~ 
    揺れる大地   (白黒) 1945年 ◎100選第8番  
    ルキーノ・ヴィスコンティ監督 アントニオ・アルチディアコノ

11月29日(土) 16:00~
    夏の嵐   (カラー)  1954年 ◎100選第40番
    ルギーノ・ヴィスコンティ監督  アリダ・ヴァッリ

     
12月27日(土) 16:00~
    イノセント   ●  1976年
    ルキーノ・ヴィスコンティ監督 ラウラ・アントネッリ
                   ジャンカルロ・ジャンニーニ


流れとしましては、開始時間から30分ほどワインを飲みながら
映画の解説などします。映画上映終了後もわいわいガヤガヤと映画や
イタリア、その他諸々の話して、解散です(^^)


映画作品にまつわるイタリアワインを高岡がチョイスして、パンや
おつまみとともに愉しみます。映画もワインも高岡の解説やほかの
人たちとの話で深めることができるので


 「家で一人でDVD観るより全然楽しい!!」


と好評博しております(^^)


参加料金は、映画上映のみでしたら無料。ワインやその他のおつまみ
などで4000円頂いております。

アルコールは飲めないけど、映画は観たい!という人も是非ご相談
ください(^^;)


毎月、随時、その月の映画をご紹介しますね。






Last updated  2014/02/07 01:30:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/02/03
カテゴリ:カテゴリ未分類
詳細決定していませんが、今年のヴィーテ・イタリアツアーの期間と場所だけ
決定しましたので、お知らせします。

7月29日(火)ミラノ、または30日(水)ヴェローナに集合

8月3日(日)ヴェネツィアを最終日として4日(月)の朝に
現地解散します。


つまり今年はヴェネトツアー!


ヴェローナ→ヴィチェンツァ→バッサーノ・デル・グラッパ→パドヴァ→
トレヴィーゾ→ヴェネツィアと巡ります。


因みに僕は今年は初めてトルコ航空を使います。すでにチケット購入しましたので
どんな形であれ必ず開催します!(今なら春、秋よりも安くチケット買えますよ!)


8月4日(月) 朝に解散しますが、僕はマントヴァを経由してミラノに
抜ける予定。

トランジットの時間を多くとって、行き帰りともイスタンブールにも立ち寄り
たいと思ってます。ヴェネツィア共和国とオスマントルコについて深めたいと
思っています。

お時間ある方、この前後期間、ご一緒してくださっても構いませんよ(^^;)


「ヴェローナワイン」「パッラーディオ」「グラッパ」「プロセッコ」
「アジアーゴ」「ヴェネツィア共和国」などなどがキーワードの旅です。


都合つけられる方、是非スケジュール調整を!こちらも詳細決定急ぎます!    






Last updated  2014/02/07 12:29:05 PM
コメント(0) | コメントを書く

全1861件 (1861件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.