000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヴィーテ・イタリア高岡(Hiruccio)のイタリアワイン&主夫日記

PR

X

Profile


Hiruccio

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

「カリラ12年」を購入 New! vitaminlemonさん

としのすけのワイン… @としのすけさん
青髭さんのテイステ… ニタサンタさん
kaoritalyたる所以 kaoritalyさん
北九州市小倉のソム… デリソムさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:納豆の味に思う。(05/31) cialis kopen in europatestimonials viag…
http://viagraessale.com/@ Re:納豆の味に思う。(05/31) how long does a viagra pill stay in yo…
2013/02/10
XML
テーマ:主夫と生活(268)
カテゴリ:主夫
中学二年生になる息子は野球部に所属しています。

県下でも厳しいトレーニングと規律の正しさで有名だそうで
また中学のクラブとしては唯一「保護者会」なるものが存在して
やはり「少年野球」の延長戦を感じさせる雰囲気が充満しています(^^;)


ともあれ、朝家を出るときは「死んできます」と半分冗談で出て行く
だけに、ぐったりして帰って来る毎日。厳しい練習の後、帰宅して
さらにチームメートと走りに出るぐらいだから、相当な頑張りだとは
思います。


(ランニングの途中で道草して、コンビニ寄ったりマクドに寄ったり
 している(^^;)そういうところでガス抜きしてる・・・やれやれ)


その甲斐あって、地元の駅伝大会中学の部で優勝しました。ただ優勝は
野球部の伝統なので彼らとしてはノルマをクリアしたまで、という感じで
そんなに喜んでない・・・(^^;)


それで、夫婦都市である富士宮市に招待されて、彼の地で開催された
駅伝大会に出場しました。僕も妻と前日の夜に車で出て応援にかけつけ
ました。


ある意味わけがわからないのですが、近江八幡で開催される大会では
チームは部活動単位なんです。ところが、部活動単位ですと、招待される
富士宮チームも地元八幡の陸上部さえも野球部に勝てないということが
続いていて、富士宮市はここ2、3年ほど選抜チームを組むようになった
んです。


そうなるとさすがの野球部も勝てない。各クラブの一番早いのが出てきたら
そりゃ勝てんですわね。


なので「息子のチーム優勝」と偉そうに書きましたが、実は優勝は常に
富士宮の「選抜チーム」、そして二位が我が息子のチームなんです。

それで富士宮での結果は5位でした。


まあ何位かなんて、どうでも良いというか、何の評価の対象にもならない
というか、、、、相手次第の順番ですからね。


3位以内が目標だったそうですが、相手のことも知らずにその目標に何の
意味があるのかと思います(^^;)



まあでも、急勾配の富士の裾野を息子が全力で走っている。
そういう姿を見れただけでも、僕は幸せだと思いましたし、息子も
自分の実力を知って、良い思い出が作れて良かったのではないか。


久しぶりに妻と二人で旅行した感じもありましたし(^^;)
(小さな妹は僕の実家に預けました)


富士宮特産という「やきそば」を昼飯で食べられましたし、何が
特色なのか、麺の強い触感と比較的薄味のソース味、塩をし忘れた
ようなイカと豚が印象的でした(^^;)


しかし、何はともあれ、富士山の存在感が一番すごかったですね。

どんな何気ない場所からも、後ろにでんと控えている。
あまりにも偉大すぎて言葉もないほどでした。神の領域。


これを世界遺産にという運動があるようですね。
確かに富士そのものはその価値は十分にあると思うのですが、周りの景観が
かなり悲惨だな、と思いました。


海と富士の間は無秩序に広がる工業地帯と住宅群。見事に無秩序で
そこが日本の近代というか戦後というか、独特の「さもしさ」を
感じさせるので、世界遺産という名にはまったく相応しくない。


富士だけ切り取れば良いというものでもないでしょ?


そういう部分も含めて、日本はヨーロッパから学ぶべきものがあると
言うこともできるわけですが、でも、そこに住む人々の生活もありますし
なかなか難しい問題だなと思います。


地元近江八幡の旧市街の町並みの風景も然り。
同じように批判するのは簡単ですが、旧市街の家って、もう今の日本人の
サイズに合いませんからね(^^;)

僕の家は築150年ぐらいのものをわざわざリフォームして、昔らしさを
残しましたけど、場所によっては、いつも頭をガチンと打つ(^^;)


玄関も油断して少しかがまないと頭のてっぺんに激痛走ります(^^;)
生活様式、食生活が激変したわけですからね・・・。



でも、それでも、近代建築というのは虚しい感じがします。


ヨーロッパ的な美意識を押し付けてはいけないのかな。
日本においては「過去」を「偉大」と評価することがあまりないので
こうなってしまうんでしょうかね。


過去を評価する、食べ物を評価する、、、、、何かの刺激に対して
いちいち言葉で反応をして評価する。つまりいちいち好きか嫌いかを
考えたり、言い合ったりする。


生活の中で繰り返される、そういう言葉のコミュニケーションが希薄だと
経済、社会のリズムに景観が押し流されちゃう、そういう気がします。


反省ですね。


息子の駅伝大会の応援に行って、そういうことを考えさせられました(^^;)














Last updated  2013/02/14 12:06:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
[主夫] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.