151043 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 ダーリンはブラジル人

遺教経

「遺教経(ゆいぎょうきょう)」

        釈迦がなくなる間際に残した訓えの内の六つ


   ・心を摂ること。
       
        人の心ほど気まぐれで恐ろしいものはない。
        心をよく制御して放逸に流れる事を固く戒める事。

   
   ・食を節すること。

        食物、飲み物は一種の薬である。美味なる物を
        追い求める事や、大量に摂取する事は
        健康を害するもとである。

   
   ・恥を知ること。

        人として世に迷惑をかける事、人格に問うて
        恥ずかしいことをしてはならぬ。

   
   ・堪忍すること。

        世の中は辛い事が多い。
        それをじっと我慢するものが大成する。

   
   ・独処すること。

        人は一人静かに座し、書を読み、沈思黙考しなければ
        ならぬ。


   ・口を守ること。

        人は口を開くと人の悪口を言いやすくなる。
        沈黙は金。言葉を慎め。


     

    良寛さんが日常の規範とし、これを守っていたそうです。 


            


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.