000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

焙烙の雑記帳~JR神戸線より~

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2021.04.08
XML
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:JR西日本
2月後半、京都鉄道博物館にてJR四国が所有する「藍よしのがわトロッコ」の展示が決定しました。そして、この日は展示車両を四国から京都まで回送する列車が運転されました。

 当日、僕は知り合いの方と九州での撮影からの帰り道でした。当初は行く予定がなかったのですが、思った以上に早くに着きそうであるということで、撮影に向かうことに。


【列車データ】
撮影日:2021/2/18
路線:瀬戸大橋線
列車番号:配9174
組成:EF65-1132[関]+キクハ32-501(四カマ)+キハ185-20(四カマ)

 夜間の輸送であるため、濃い藍色で塗装されているキハ185は分かりにくいですが、何とか撮影できたかなという感じではあります。この車両は通常徳島線で運転される車両で、行楽期の週末にはよく稼働しています。


 最後部には、JR四国のマスコットキャラクターである「れっちゃくん」のぬいぐるみが飾られていました。相鉄甲種のときもありましたが、最近はこのようなマスコットキャラクターを乗車させる取り組みが流行っているのかもしれません。


 ヘッドマークは「藍」と1文字でデザインされています。JR四国は観光列車に力を入れているようで、先日も「伊予灘ものがたり」のリニューアルが発表されました。一度は乗る側として利用してみたいものです。

 ちなみに、今回の列車にはJRの車両担当と思われる方が乗車されていましたが、吹き抜けのあの車両に乗って夜間の瀬戸大橋を渡ったのでしょうか?アンパンマントロッコという例もありますが、かなり寒かったと思います。夜間のお勤めご苦労様です…。






最終更新日  2021.04.08 11:00:06
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.06
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:貨物列車

 2日間にわたって北部九州で撮影を行ってきた訳ですが、撮影自体が終了したのは2日目の昼でした。というのも、高速が通行止めになっていたので、早めに帰らないといけない可能性を考慮しました。とはいえ、当時は九州自動車道も通行止めであり、北九州へ繋がる道は軒並み渋滞模様…。結局飯塚市を経由して本州へ戻ることにしたのですが、北九州へ辿り着くまでにそれなりの時間を要してしまいました。

 数時間(記憶が正しければ)の後に北九州へ入り、何か一つ撮って帰ろうという話になりました。そこで、この雪の影響で時刻が乱れていた貨物列車を狙うことに。上りの列車を撮影するつもりが叶わず、下り列車をダラダラと待っているとやってきたのがなんと銀ガマ。

 当該の列車はおそらく5053と思われ、通常はEH500[門]が本務を務める列車です。大幅に遅れた影響で、代走となったのでしょう。本来であれば編成全てが入る場所で狙いたいところでしたが、どうにも積載が良くなかったので、それは良しということに。

 結局、この後高速道路が開通したので、大きな問題はなく帰ることができました。いつ帰れるかという状況でしたが、スムーズに脱出できた上に思わぬサプライズまであったので、結果オーライということで…(笑)。






最終更新日  2021.04.06 11:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.03
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:JR九州
先日投稿したクモヤ443の九州検測ですが、その間で少しずつ撮影してた在来線の営業列車の記録です。


【列車データ】
日付:2021/2/17
路線:唐津線
列車番号:5827D
行先種別:西唐津行き普通
組成:キハ47形3両+キハ125形1両(本カラ)

 朝のラッシュ時ということで運行されていると思われる4両編成。唐津線では40/47と125の連結は普通に行われているようでした。この列車の組成についてインターネットで調べてみましたが、かなり組成にばらつきがありました。仕業としては明確に定まっていますが、車両やり繰りの関係でその通りにならないことが多いのかもしません。


【列車データ】
日付:2021/2/17
路線:筑肥線
列車番号:345C
行先種別:西唐津行き普通
組成:103系E12編成(本カラ)

 九州で未だ残る103系電車です。このような貫通顔なので、加古川線の103系を創造しますね。この場所については夏場に305系などの長編成列車を撮影しにきたいと思っていた場所なので、今後再び訪れる機会もありあそうです。


【列車データ】
日付:2021/2/18
路線:福北ゆたか線
列車番号:5641H
行先種別:博多行き普通
組成:817系4両(VG1102編成+後部不詳:本チク)

 福北ゆたか線で用いられる2両の817系です。福北ゆたか線は福岡市近郊区間でそれなりに利用者もいる路線ですが、基本的には単線のようです。415系も乗り入れる路線ですから、筑肥線同様今後訪れる機会もありそうな路線ですね。


 最後に福北ゆたか線内で撮影した813系です。この区間で雪の写真が撮影できるというのも珍しいかと思います。ここまで雪が降ると、どちらかというと伯備線のような印象も受けますが、これはこれで珍しい機会に遭遇できました。






最終更新日  2021.04.03 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.02
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:JR九州
昨日の投稿では、筑肥線へ送り込むための回送の撮影について書きました。今日は、いよいよ行われた本検測の模様について書きます。


【列車データ】
日付:2021/2/17
区間:筑肥線
列車番号:試9362C
編成:443系D1編成(近キト)

 列車は、西唐津を発つと筑肥線の沿線で有名な松原を走行します。この時間は雨だか雪だかよくわからない天候となっており、中々の悪条件下での撮影となりました。

 筑肥線は筑前前原まで単線であるため、道中では列車行き違いのために停車があります。九州所属の車両と交換する機会はこのときだけ。貴重な瞬間でした。


【列車データ】
日付:2021/2/17
区間:筑肥線
列車番号:試9363C
編成:443系D1編成(近キト)

 午後には一旦雪が止んだものの、非常に風が強くなりました。車のドアを開けようとしたら押し戻され、ちょっと手を離すと三脚が傾く…。今から振り返るとよくこんな状況で撮影をしていたなと思いますが、長距離を移動してきたわけですから、やはり少しでも写真の枚数は増やしておきたいわけです。


 西唐津まで1往復した列車は、入庫して明日以降の検測へ備えます。当日の夜には、再びDE10の牽引で南福岡へ戻り、そこからは再び完全自走で各線の検測へ向かいます。


【列車データ】
日付:2021/2/18
区間:福北ゆたか線
列車番号:試9627H
編成:443系D1編成(近キト)

 翌日、列車は福北ゆたか線をはじめとした、鹿児島本線から枝分かれする北部九州の各線を検測しました。この日は再び雪が強くなり、2度目の雪中行軍。こうも過酷極まりない遠征になるとは思いませんでした。

 以上、2日間にわたるクモヤ検測の旅は終了。思わぬ天候となりましたが、それはそれとして楽しむことができました。私事ですが、クモヤの検測撮影に本腰を入れた回が他社線の走行時しかない…。これではいけないと思いつつ、結局向かうことはないのでした。






最終更新日  2021.04.02 11:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.01
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:JR九州
2021年2月、443系がJR九州管内で検測を行いました。当然ながら検測自体は自走な訳ですが、筑肥線は接続する唐津線が非電化であるため、自走で検測に向かうことができません。従って、唐津線をDE10が牽引して西唐津まで運びます。前々からこの回送を撮影したいと思い、今回ようやく機会に恵まれたので行ってきました。


【列車データ】
日付:2021/2/17
路線:唐津線
列車番号:回9871
組成:DE10-1206[熊]+443系D1編成(近キト)

 この日は寒波が到来しており、北部九州は各所大雪に見舞われました。山陽自動車道走行中から大雪に見舞われ、九州内もふぶいてはやみを繰り返すといった状態でした。まさか雪カットを撮りに行くこととなるとは思いませんでしたが、これはこれでいいでしょう。

 その後、北上していくにつれ雪はさらに強くなりました。気づけばDEも完全に雪化粧をしており、一体どこで写真撮影をしているのか分からなくなってきました。


 443系が非電化区間を走行することは滅多とないので、こういうときは後追いも撮影します。完全に北陸か山陰の路線を走ってるみたいですね…。


 北上していくにつれ、雪は一旦小康状態になりました。この列車は西唐津で折り返し、筑肥線の本検測へ。まさかの雪中行軍はまだ続きます。






最終更新日  2021.04.01 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.30
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:JR四国
この日、私用で香川県の高松へ行っていました。友人となし崩し的に高松駅で待ち合わせをしていたのですが、友人の乗車する列車が遅延していたため、空いた時間で高松駅を徘徊することに。


 まずは8000系電車です。左は「モーニングEXP高松」の入庫列車、右は始発の「いしづち1号」(だったはず)です。8000系同士の並びというのは、少なくともしおかぜが交換する駅以外では中々見ることができません。これも「しおかぜ・いしづち」以外の運用が存在する朝ならではの風景といえるでしょうか。


 続いて2000系の「しまんと5号」です。丁度高松・岡山~高知間からの撤退を一か月後に控えていました。そのためか、ホームにはわずかばかり撮影者の姿も。


 正面は青の2000系です。この列車も引退間際にはそれなりの人が最後の雄姿を見送ったのだそうです。僕はその場にはいませんでしたが、あしずりと宇和海でもう一度会えたらいいなと思います。


 その後、友人と合流してキハ40・47の高松運用を撮影。平日は2往復が設定されていますが、土休日ダイヤでは1往復のみの設定となります(改正後も同様です)。高松口のキハも可能な限りカットを稼いでおきたいところですが、その機会がいつになるかは分かりません。

 この日はこれだけでした。結局これ以降改正後まで四国へ足を運ぶことはありませんでした。とはいえ、改正でまた面白い運用も生まれたようなので、それはそれで追っていきたいところです。






最終更新日  2021.03.30 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.28
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:貨物列車
この日の午後は、兵庫西部で貨物列車を撮影しました。EF66-27が2077で下ってきているということで、前を走る1071と合わせてお届けします。


【列車データ】
日付:2021/2/6
路線:山陽本線
列車番号:1071
運転区間:東京→鹿児島
組成:EF210-10[岡]+コキ26両

 2077の前走りとなる1071です。唯一の東京~鹿児島を走破する列車で、鹿児島には翌日早朝に到着します。兵庫県内の山陽本線は、この時間帯に走行する下り貨物列車が少ないため、撮影する上では貴重な列車でもあります。


【列車データ】
日付:2021/2/6
路線:山陽本線
列車番号:2077
運転区間:新潟→岡山
組成:EF66-27[吹]+コキ23両

 山陽本線を下る数少ないEF66の仕業です。0番台の27が充当されるということで、沿線はそれなりの人手でした。この列車自体も日本曹達など中々見れないコンテナが積載されており、積載が良ければ撮り甲斐があります。改正で本務がEF510に変わったので、いよいよ縦貫貨物をそのまま持ってきた感じになりそうです。






最終更新日  2021.03.28 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.27
カテゴリ:JR西日本
この日は色々と動き回っていたのですが、その合間に旅客列車も撮影しました。

【列車データ】
日付:2021/2/6
路線:山陽本線
列車番号:1708M
行先種別:岡山行き普通
組成:213系C-06編成+C-05編成(岡オカ)

 早朝の213系6連です。前日の夕方に糸崎へ向かった編成が、次の日に帰ってくるものです。随分明るくなってきて、この時期は既にややバルブには不向きの時期でした。


【列車データ】
日付:2021/2/6
路線:山陽本線
列車番号:967M
行先種別:播州赤穂行き普通
組成:223系V54編成(近ホシ)

 日中の赤穂シャトル1本目。基本的に日中は4両編成で運転されます。この列車には岡山在住中何度もお世話になりました。4両編成で不足ということはないですが、相生から座るのは意外と難易度が高いです。この前8両編成に乗ったら余裕を持って座れたので、今後は長編成を希望します笑。


【列車データ】
日付:2021/2/6
路線:山陽本線
列車番号:969M
行先種別:播州赤穂行き普通
組成:223系V63編成(近ホシ)

 JR神戸線内に籍を置いている身としては、223系の4両編成は常日頃から撮れるものではありません。行くとしたら京都以東、乃至姫路以西ということになります。もちろんこちらの方が近いのでこちらに来るわけですが。






最終更新日  2021.03.27 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.26
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:工事列車
2月上旬、向日町行きのレール輸送の返却列車を撮影しに行きました。


【列車データ】
日付:2021/2/6
路線:山陽本線
列車番号:工9381
組成:EF65-1135[関]+チキ3両

 ロングレール溶接用の列車は2021年に入っても何度か運転されました。ロングレール輸送自体は3月に入ってようやく始まったようです。今年は感染症の影響による減収もあり、保線部分の予算も厳しいかもしれませんね。その是非はさておき、工臨の撮影回数は少なくなるかもしれません。妄想ではありますけれども。






最終更新日  2021.03.26 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.20
テーマ:鉄道(16247)
カテゴリ:JR西日本
2月上旬にキハ120と12系が網干総合車両所を出場したのですが、今回はこの2両の出場が同時に行われるとのことだったので、一路関西(?)へ向かいました。


【列車データ】
日付:2021/2/5
路線:JR神戸線
列車番号:配9974
組成:EF65-1128[関]+スハフ12-129(近ミハ)+キハ120-304(近カメ)

 この形の出場回送は過去にもありましたが、今回は久々の施行となりました。しかし、沿線から駅から多くの撮影者で溢れており、非常に驚きました。もちろん毎回このような形の出場となるわけではないので多くはなるだろうなと思っていたのですが、それにしても予想より遥かに多かった。といっても、わざわざ岡山から来た自分の方が異端といえば異端なのでしょうが…。






最終更新日  2021.03.20 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.