030343 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

焙烙の雑記帳~JR神戸線より~

2019.07.31
XML
カテゴリ:阪神タイガース
こんにちは。前回に引き続き現地観戦レポートです。今回は中日ー阪神の14回戦、豊橋市民球場での試合に行ってきました。今年阪神1軍の地方試合はこれで最後になりますが、公式戦の地方開催全てに行けたことで、ひとまず僕の今年の目標は達成されました。来年は浜松で試合があるようなので、是非行きたいと思います。



 この日は名鉄特急での移動となりました。一応当日は平日だったのですが、この過密ダイヤは流石名鉄ですね。もちろん様々な系統の電車が集まるので末端ではかなり本数が減りますが…。



 荷物が多かったので、指定席をとりました。運よくパノラマ席をとれたので、景色を眺めながら1時間ほどの移動になりました。当該車両はパノラマ部分がハイデッカーになっているようで、一般的な先頭車よりも座席がやや高い位置になっています。マリンライナーではパノラマ席は運転席の後ろになるので、パノラマでハイデッカーは貴重な経験となりました。



 しばらく移動すると、緑に囲まれた田舎のような風景に。知立辺りまでは都会という雰囲気だったのですが、途中からはずっとこのような景色が続きました。

 豊橋駅からは路面電車での移動となりました。当日はかなりの暑さで、さらに荷物が多い、スタジアムへ向かう乗客ですし詰めとあって、正直ここからの移動は地獄でしたね…。松山に行ったときも1両のディーゼルでしたが、今回はさらに狭く荷物も多かったので、しばらく体験したくない経験をしました…。



 実際に来てみると、いかにも地方球場という感じのスタジアムでした。倉敷や松山は地方にありながらも大きな屋根とスタンドを備えた本格的なスタジアムだったので、「地方にある小さな球場」という意味では一番僕の地方球場のイメージに合致している気がします。


 入場口はレフトとライトで一ヶ所だけということで、阪神ファン中日ファン関係なく待機列に並ぶことに。外野の入場口でこのような光景が見られるのも地方球場ならではでしょうか。そして出入口が一ヶ所しかないので、開門から入場までそれなりの時間を要しました。



 この球場は外野が芝生ということで、シートを敷いての観戦。ベンチがない分、外野フェンスがかなり高く見えます。なにより驚いたのは、選手との距離が非常に近く感じられるということ。フランチャイズの球場では中々ここまでの近さは味わえませんので、とても満足しました。



 対岸を見てみると、中日ファンはかなり大きなシートを使用している人が多いようでした。自由席なのは仕方ないことですが、些か場所取りが過剰な気も…?



 試合は前日に続いての接戦になりました。望月の4失点が誤算だった格好に。初回から走者を出しながら粘っていたので、何とか抑えてほしかったのですが…個人的には大山のホームランを見ることができたので良しとしましょう。
 
 7回には屋外球場ということで、中日のホームゲームですがジェット風船。




 結局、球児が8回に中日阿部に勝ち越しタイムリーを浴び、このカード3連敗となりました。この記事を投稿している日はちょうど中日と甲子園での3連戦の最中ですが、相変わらず彼は大暴れしているようです。相性なのかは分かりませんが、今後も要警戒な選手ですね。

 この後、すぐに球場を後にしました。すぐそばにネットカフェがあるということで、路面電車に乗らなくても良いということで非常に助かりました(笑)一軍の試合を見るのは今年最後かもしれませんが、何とか今後の奮起に期待したいところです。

 それでは今回はこの辺で。






最終更新日  2019.07.31 23:42:34
コメント(0) | コメントを書く
[阪神タイガース] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


焙烙

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.