022059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

焙烙の雑記帳~JR神戸線より~

2021.02.26
XML
テーマ:鉄道(16393)
カテゴリ:JR西日本
1月といえば、入学試験のシーズンですね。今年は共通テストの導入や感染症対策など変則的な年になりました。鉄オタとしては、この時期は入試に伴う増結が発生するため、沿線に繰り出す時期でもあるといえます。今年は津山線にて増結を撮影することに。岡山気動車区のLED換装が完了して以降、初めての本格的な津山線撮影となりました。


【列車データ】
日付:2021/1/17
路線:津山線
列車番号:944D
行先種別:津山行き普通
編成:キハ47形2両+キハ40形2両(47-1036+47+40-2134+2036:岡オカ)

 現在4両編成が所定の3931Dが、そのまま折り返した形です。本来は岡山駅着後に2両を切り離すのですが、入試に伴いそのまま運用を続けました。いつぶりかの津山行き4両、ノスタルジー車先頭は初の撮影でした。この車もLEDに換装されていますが、ノスタルジー車は電球に近い色となっています。


【列車データ】
日付:2021/1/17
路線:津山線
列車番号:951D
行先種別:岡山行き普通
編成:同上

 先の944Dの折り返し列車です。ハイビームであればまだ違和感の少ないLEDも、ロービームとなればどぎつい見た目に早変わり。この後この列車を追っかけ、岡山方面へ南下します。


 定番の鉄橋を下る列車。ここで撮る4両編成は、おそらく初めてです。この日は平日でありましたが、多くの鉄道ファンが追っかけで来ていました。


 さらに追っかけをして撮影。津山線は追っかけをして撮影するには意外と速い路線で、この場所を含め、各所とも到着してすぐに通過となりました。良くいえば効率がいいですが、ヒヤヒヤすることもありますね。

 この後、同列車は岡山駅で折り返し、さらに金川駅まで1往復して終了となります。金川行きが4両編成になるというかなり珍しい機会ということで、さらに続けて撮影。

【列車データ】
日付:2021/1/17
路線:津山線
列車番号:2926D
行先種別:金川行き普通

 時間の都合により、金川駅付近での撮影に。この行先の4両編成は、流石にちょっと特別感がありますね。入試当日の輸送動向がどの程度になっているのかは分かりませんが、この時間は果たして4両編成が必要な乗車数なのか、非常に気になります(お恥ずかしながら、駅付近で撮影していたのに降車客の方を見ていませんでした…)。


 その後、同列車は岡山駅へ戻ってきて入庫となりました。気づけば気動車区もLEDだらけ。インパクトがすごいですね…。電球ライトのキハといえば、近隣では高徳線・芸備線・播但線…全部遠い。

  さて、その後小休止を挟み、最後の撮影へ。夕方の下り列車が、4連で組成されるとのことで、再び定番へ。天気も持ち直してきたため、モチベーションは高め。

【列車データ】
日付:2021/1/17
路線:津山線
列車番号:955D
行先種別:岡山行き普通
組成:キハ47形4両(先頭29,以下不詳:岡オカ)

 この場所ではノスタルジー車先頭4連しか撮影しておらず、気づけば全てLED。後悔しても遅いのですが、オールタラコの4連も電球時代に撮影しておけばよかったです。しかし、普通の白色LEDは、ハイビームでも結構目立ちますね。

 というわけで、津山線の増結運用でした。久々に長編成ばかりで賑わった沿線でした。ちなみに、夜のLEDはマジで明るいです。運転手の視認性向上に間違いなく貢献しています。ですから、世の中の流れとしては、これでいいのでしょう。






最終更新日  2021.02.26 11:00:07
コメント(0) | コメントを書く
[JR西日本] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


焙烙

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.