021907 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

焙烙の雑記帳~JR神戸線より~

2021.03.09
XML
テーマ:鉄道(16387)
カテゴリ:JR西日本
1月末、関西の友人と米子へ行ってきました。メインはやくもですが、同日に施行されたHOT7000の回送も合わせて撮影に行きました。

 今回は関西発で、深夜に中国山地を一路北へ。途中休憩を挟みながら、まずはサンライズからのスタート。

【列車データ】
日付:2021/1/27
路線:山陰本線
列車番号:4031M
行先種別:出雲市行き寝台特急サンライズ出雲
組成:285系I4編成(海カキ)

 東京発の寝台特急は、米子に到着の時点で既に9時前に。岡山着は6時半くらいなのですが、伯備線では速度を出せないためゆっくり北上してきます。ひと昔前の寝台特急であれば、これも旅情として受け入れられたのかもしれませんが、せわしない現代では、これでも遅いのかもしれません(とはいえ、羽田から朝一の飛行機に乗るよりは随分早いです)。


【列車データ】
日付:2021/1/27
路線:境線
列車番号:配8666
組成:DE10-1159[後]+HOT7000系1両(7021)

 冒頭で紹介した、HOT7000の回送です。この車両は中間車の入場を牽引するために後藤へ来たようで、自走で返却されました。しかし、後藤総合車両所から米子駅の間の区間は、DE10が牽引します。


【列車データ】
日付:2021/1/27
路線:山陰本線
列車番号:231D
行先種別:米子行き普通
組成:キハ47形5両(米トウ)

 米子に到着したHOTが出発する前に移動し、キハの5連を撮影。この列車は鳥取圏の通勤ラッシュ用に5両で米子を出発した後、そのまま米子に帰ってきます。この時間になると5両というのは過剰かもしれませんが、運用を回すためには、この方が都合がいいのかもしれません。


【列車データ】
日付:2021/1/27
路線:山陰本線
列車番号:240D
行先種別:倉吉行き普通
組成:キハ126系11編成(米トウ)

 倉吉行きの普通列車です。この日は「山陰海岸ジオライナー」車両の充当でした。この編成は豊岡~鳥取間を走る快速「山陰海岸ジオライナー」で走る姿しか想像できなかったため、同列車が運休しているから米子圏の運用に入っているのかと考えていました。しかし、実際には定期列車の模様。平日は通常の運用に入っているのかもしれません。夜は境線の運用に就いていました。


【列車データ】
日付:2021/1/27
路線:山陰本線
列車番号:回8294D
編成:HOT7000系1両(7021)

 その後、米子を出発したHOTを撮影。気づけば全車両ヘッドライトがLEDになりました。岡山に続いてこいつもか…と思っていたら、なんと岡山より先に換装を完了してしまうのですから早いものです。この車両については、正直LEDライトになっても嫌いという訳ではなく、引き続き撮影していきたいと考えています。


【列車データ】
日付:2021/1/27
路線:山陰本線
列車番号:289M
行先種別:西出雲行き普通
組成:115系G-07編成(岡オカ)

 僕自身は岡山に帰るため、一足先に離脱して米子駅へ。寄った先で撮影したのがこの列車です。実はこちら側の顔は初めての撮影でした。

 この後、やくもに乗車して岡山へ帰宅。減便前ではありましたが、たしかに4両編成ですら1両に数人といった乗車率でした。これでは減便されるのも理解できます…。






最終更新日  2021.03.09 11:00:06
コメント(0) | コメントを書く
[JR西日本] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

プロフィール


焙烙

カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.