2386641 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2008/03/27
XML
カテゴリ:国産
メニライト

石です。
掌の上に乗ります。
でも、人間の背丈くらいに大きく拡大して公園等に置いて、
「現代美術の作品です」と言っても、誰も疑問に思わないのではないでしょうか。

念のため申し上げますが、自然の形です。
人工的に作った形ではありません。

でもってこれはオパールです。
……少なくともオパールの一種。
メニライトといいます。和名は珪乳石。

綴りはMenilite。
ジュディ・ホール氏の「クリスタル&癒しの石」に
メナライトとして掲載されているのと同じ石です。
実は、この本を見たとき、メニライトの誤植? と思ったのですが、
最近出た「クリスタル百科事典」でもメラナイト。
しかも綴りが「Menalite」。これならメラナイトと呼んでも仕方がないですが……
検索してみると、Menaliteでもヒットしますが、
ヒット数だけなら「Menilite」の方が断然多いです。
なので、やっぱりメニライト(Menilite)ということで。

不純物が多いオパールであるとか、
プランクトンの一種である珪藻の殻が溶けてコロイドとなり
脱水してオパール質の珪乳石となったとか、
珪藻土の珪酸成分が分離し沈殿したのだとか説明されています。

生き物めいた形をしているので、
別名を「こぶり石」「仏石」「菩薩石」とも言うそうです。
手触りは、オパールと言うより石膏(鉱物のじゃなくて「石膏像」の)っぽい。
石だと思って持つと、予想よりは軽いので、
その点はなるほどオパールかもと思えます。

でも……オパールどころか、石にすらみえませんねえ……この形。
誰も見ていない間にぐにょ~ん、でろ~んと動いていそうです。
動いていそうというよりも、いっそ動いて欲しい。
動いても驚きません。
そんな感じの、変な石。

気持ち悪い?
……私はどちらかというと好きですね。
この形。このライン。この質感。
よくぞ自然でできあがったものだと感心します。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008/03/27 10:02:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
[国産] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

フォレスト@ Re:”メタ”からアゼツを考える。(09/28) アゼツライトは水晶にもならないただの石…
スターブラリー@ Re:名前を使う、意味を使う(10/08) この写真に掲載されている水晶は、販売予…
spiranthes@ Re:Vサイン!(11/15) 55度24分のベローダ(Belowda)式双晶かもし…
販売者@ Re:分りやすいです。(09/30) スーパーセブンが、過去くず石だったとい…
通さん@ Re[4]:深紅であるはずの石(12/10) わ!わ!こちらにお返事をありがとうござ…

Recent Posts

Favorite Blog

石ころ館雑記帳 石ころ館店主さん
めいの一日 咲月さん
風の石達、花達、光達 coron2003さん
Rutile Cat The Twin Rutile-Catさん
まーの石と日々の色々 @まー@さん

Freepage List

Profile

KURO−M

KURO−M


© Rakuten Group, Inc.
X