000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旧Ozriko Journal

PR

Profile


ozriko

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

ozriko@ Re:んまそ~っ♪(04/25) >slippy456さん フランスはパンがおいし…
ozriko@ Re[1]:予約の取れない人気レストラン「L'EPI DUPIN」(04/25) >ギャブゥさん おいしそうでしょ~♪実際…
slippy456@ んまそ~っ♪ いやん。おいちそ^^* なかなか予約でき…
ギャブゥ@ Re:予約の取れない人気レストラン「L'EPI DUPIN」(04/25) どれもすごい美味しそうな料理!! 写真…
ozriko@ Re:良いねっ♪(04/17) >slippy456さん slippyさんもマドリッド…

Archives

August , 2020
July , 2020
June , 2020
May , 2020
April , 2020
February 25, 2008
XML
テーマ:海外生活(7569)
カテゴリ:日々のあれこれ
今日から2週間、パリの小学校はお休みです晴れ
それに伴って、小さな子供のいる親は、
お休みしたり、早く帰ったり、ランチに子供を連れてきたり。
フランスの小学校って、10週間学校に行ったら2週間のお休みがあるのですよ~。
そして7月と8月はまるまるお休み。
子育ての支援システムが非常に整っているとはいえ、
こんなに子供に休まれたら、親も大変だろうなーと勝手に思う今日この頃です。

そういえば私の周りは今まさにベビーブーム
同年代がパパママになると、自然と情報が入ってくるようになりますね。
最近パリでパパになったドイツ人の友人(男の子)が、
「子供を産んだ女性が3ヶ月くらいで仕事に復帰するのが当たり前でびっくりした。」
と言っていたのが印象的でした。
そう、私もずっと不思議だなーと思っていたのだけど。
周りに子供を産む人は沢山いるんだけど、
みんな産休のみで、育休は取らずに復帰しているのよね。
産休は法的には産んでから10週間、私の働く研究所では12週間。
私はそれが、研究という仕事柄、女性もすぐに復帰したいからだと思っていたんだけど、
研究者に限らずそうみたいなのです(もちろん私の知っている限りね)

同僚のフランス人(彼女は3人の子供のママ)が言うには、
「産休の期間はお給料全額がもらえるけど、
育休の期間は月に300-400ユーロくらいしかもらえないのよー。
そしたら生活していけないから、みんなすぐに復帰するのよ。」

だそう。
産休のときに給料全額もらえるのもすごいですが、
それ以上に納得してしまったのは、生活していけないからすぐ復帰する、
という後半の方。

フランスは女性の社会進出が非常に進んでいて、
子供を持つ女性の8割が働いている、すごい国。
だけどかなりの格差社会で、
1人の収入だけでは生活が厳しいという切実な背景もあるのよね。
確かにフランスの一般的なお給料だったら、
1人の収入で家族を一生養っていくのは大変かもしれない。
普通の人が余裕のある生活をしたかったら、共働きにならざるを得ないのかも。

私は、女性が出産を機に家庭に入らざるを得ない状況になりがちな、
選択肢のない日本の状況が好きじゃないんだけど。
フランスはこの逆パターンで、
子育てに専念したいのに生活のため働かなくちゃいけない場合が、
かなりの割合であるのね。
机上の空論かもしれないけど、やりたいことを選べる社会が理想だなぁ。

まあそういう状況を加味しても、
日本よりフランスの方が子供を産みやすいのに変わりないかも雫
悲しいことに。






Last updated  February 26, 2008 05:05:36 AM
[日々のあれこれ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.