147253 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

vox mundi

Aug 26, 2005
XML
テーマ:言葉と物(6)
カテゴリ:言葉と物
「ヴェーバーに接する人々は一様に、彼の掲示する問題の深刻さに脅かされ、不安にとりつかれます。人々は、この怪物を自身の姿に引き寄せて解釈し、それによって不安を打ち消そうと試みました。(中略) 人々は、ヴェーバーという巨像を借用し、この巨像の模写を造型する作業を通して自らが抱いている時代への思い入れを語ったのでした。したがって、周囲の人々が彫りあげたヴェーバーの彫像は、多くの場合、実は、その評価者自身の似姿なのです。」

「一般に社会科学にかかわる者は、自分の知が何らかの偏見にもとづいているとは考えないのですが、ひとたびヴェーバーにつきあうや否や、客観的で公平だと考えていた自分の知が、実は特定の歴史的価値判断によって支えられているということ、あるいは無限に複雑な関係の上に成り立っている事態の一面的な単純化に他ならないこと、その意味であえて言えば、偏見によって根拠づけられているという事実を、否応なしに認めさせられることになります。」

山之内靖著 「マックス・ヴェーバー入門」 より






Last updated  Aug 27, 2005 08:37:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
[言葉と物] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


知と己との出会い   slowlysheep さん
認めることが、まず大切なのだと思います。
己の思想たるものが何ものなのか、そして何なのかということを知る片鱗(てがかり)と、はじめて相対(あいたい)する素晴らしい瞬間です。 (Aug 27, 2005 01:21:17 AM)

Re:知と己との出会い   vox mundi さん
slowlysheepさん、こんにちは。

「その評価者自身の似姿」であることを認めるのが大切という意味でしょうか? あるいは「己の思想たるものが何ものなのかを認めることが大切」という意味でしょうか? いずれの見方にも私は心から同意しますが。

そして自分が無意識に抱いている思想を理解し相対化することによってはじめて、己の思想を深めることも、あるいは異なる思想を選ぶことも可能になるのだと思います。
(Aug 27, 2005 01:20:04 PM)

PR

Category

Favorite Blog

なんちゃってデザート New! slowlysheepさん

幸せな投資家の徒然記 幸せな投資家さん
Kind of Blue(Second… kazu16231623さん
ayumixのバリ… ayumix7691さん
ゆうれい・くらやみ… 千年虫さん

Comments

vox mundi@ Gabbianoさんへ 先ほど電話で聞いたところ9月中旬で新規の…
Gabbiano@ Re:シティカレンシー(08/20) シティカレンシーの件、有益な情報どうも…
vox mundi@ kazu16231623さんへ ブログを書くのは久しぶりですが普通に生…
kazu16231623@ Re:position talk(08/18) お久しぶりです!お元気ですか??? 投…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.