065199 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とりあえずビール DE 通信

PR

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

ランキング市場

日記/記事の投稿

2019.08.11
XML
テーマ:徒然日記(16380)
カテゴリ:ありふれた午後
​​​最初に「カルロス」を意識したのはカルロス・トシキさんです。

完全に、カルロスは後天的です。

例えば、「ジョン」とか「メアリー」とかって、中学の英語の教科書を待たずとも、なんとなく知っていたという感じで、山田太郎さんとか佐藤花子さん的です。

それに対して、カルロスは完全に後天的なのです。

そして、そのトップバッターがカルロス・トシキさんです、という話です。

「君は1000パーセント」という話です、本日は。




次の「カルロス」は、カルロス・サンタナさんです。

年代・年齢的には、当然ながらトシキさんよりも上の世代なのですが、サンタナさんの曲を聴いたのが、個人的に後だったということです。

サンタナは、オヤジギャグの世界で​「カルロス・ヨンタナ」​と言われたりしておりますが、ラテンロックのギタリストとして至宝、実にセクシーです。




全然関係ないのですが、ロックの世界の親父ギャグとしては、このカルロス・ヨンタナと双璧をなすのか、「牛も知ってるカウシルズ」だと思っております。

ちなみに、聞けば誰もが知っているカウシルズのThe Rain The Park And Other Things.

邦題は「雨に消えた初恋」はこちらです。



こちらは、かの大橋巨泉さんが言い始めたとか。親父ギャグの創始、さすがです。

さて話を戻して。次のカルロスはもちろん「カルロス・ゴーン」です。



一時、カルロスの株を上げ、そして今ではカルロスの株を失墜させたゴーンさんです。


カルロス・サンタナさん、1947年生まれの72歳。

カルロス・ゴーン、1954年生まれの65歳。

カルロス・トシキさん。1964年生まれの55歳。

並べることに意味はありませんね、暑い暑い。


楽天ROOMも宜しくお願いします!

応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村
​​​






最終更新日  2019.08.11 00:10:06
コメント(0) | コメントを書く
[ありふれた午後] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.