068624 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とりあえずビール DE 通信

PR

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

ランキング市場

日記/記事の投稿

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

映画

2019.08.16
XML
カテゴリ:映画

ワイルド・スピード/スーパーコンボ見てきました。

 

TOHO シネマズ新宿にて、いやあ暑い暑い。


んで、暑い盛りに涼しい映画館で、とにかく能天気なアクションモノを見たいという向きには100点満点の映画でした、そもそもスーパーコンボってタイトルからして、もう背油マシマシって感じで、いや~面白かった。





さて、ワイルド・スピードのシリーズは、実に紆余曲折ありまして。


おそらく当初はシリーズ化を意識しておらず、脚本も若干場当たり的で。。。でも、そのぶん、結果がどうなるか分からない、自作もどうなるか分からないという面白さがあります。


途中で重要な登場人物が死んじゃったり、当初は敵だった人物が仲間になったりと。


実際も、主人公の一人であったポール・ウォーカーが交通事故で亡くなったりとショッキングな事件・事故が置きました。。


んで、今回の作品ですが、本来は外伝的な位置づけです。


ワイルド・スピードのシリーズに途中から参加してきた、いってみればサブキャラであるドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムという二大スターで、とにかくドンパチやってくれ、という作品でした、いやあ、楽しかった・おもしろかった~。



シナリオやシーン的には、ミッション・イン・ポッシブルやアベンジャーズなど、どこかで見たかなあという趣きもありますが、そんなのぶっ飛ばすぐらいのアクションでした。


とくに悪役イドリス・エルバがすごい。バイクシーンがすごい。あと、ミッション・イン・ポッシブル/フォールアウトにも出ていたヴァネッサ・カービーが良かった~。

とにかく暑い夏に見るべき映画でした。

★★★★★!!



楽天ROOMも宜しくお願いします!

応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.08.16 00:10:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.28
カテゴリ:映画
天気の子、見てきました。





TOHOシネマズ新宿 スクリーン9にて。

朝イチの回でしたが、結構入っていたなあ。
映画館まで歩いてくる道中で見かけたあの店(マクドナルドとか)やらあの道やらとシンクロしながら見てました、そういう意味では新宿で見たのはよかったかも。

絵の美しさ、そし手ストーリーのみずみずしさ、音楽、よかったです。

後半、そしてラストの展開について、アニメ特有の、そして世界系特有のストーリーには議論の余地あるんだろうけど、個人的にはしっくりきました。いやあおもしろかった。





写真は、映画を見終えて、自宅近くの空。見終わったら空を見上げたくなる映画ですねえ。

★★★★

楽天ROOMも宜しくお願いします!

応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.07.28 09:25:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.22
カテゴリ:映画
トイ・ストーリー4、見てきました。




TOHOシネマズ日比谷 スクリーン4にて、字幕版IMAX。
トイ・ストーリーシリーズ(サーガとも言えるかも)は、1~3、コンプリート済み。そもそも3の大団円で4はないかなあと思っていたので、今回公開直後に駆け付けました。
詳細ネタばれになりますので割愛ですが、切ない。。。
結構、ここ数年で一番気持ちがモヤモヤしている作品かも。
映像や展開、ここら辺はピクサーだからもう120パーセント完璧なんだけど、最後の展開がなあ~。これは確信犯で、ピクサーサイドは「こうしたい」っていう展開なんだろうけど、ちょっと受け止めきれずです。
それでも星は、★★★★です。

そうそう、バズの扱いがちょっと雑なのも残念。。

TOHOシネマズ日比谷から、毎度お届けしてます日比谷公園。今回も天気わろし。




応援ポチッとお願いします!



にほんブログ村










最終更新日  2019.07.22 00:10:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.13
カテゴリ:映画
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム、見てきました。




TOHOシネマズ日比谷 4番スクリーン、IMAX 3Dにて。

ふむふむ、面白かった~。

アベンジャーズ:エンドゲーム以降の世界観。

トニー・スターク=アイアンマン亡き後のピーター・パーカー=スパイダーマンの苦悩。

まあ、苦悩っていうにはガキなんだけど、夏休みの修学旅行(つまりはファー・フロム・ホーム)のヨーロッパ道程とかみ合ってなかなか楽しめました。

個人的にはニック・フューリーとバディを組むマリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)の出番、もっと欲しいっす。

★★★★

TOHOシネマズ日比谷から眺める雨の日比谷公園。



そして、映画のあとは、いつものカレー。



応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.07.13 00:10:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.17
カテゴリ:映画
先日のアベンジャーズの記事では、ヘタレのサノスの写真だけだったので、もう一回。



まずはアイアンマン。マーベルシネマティックユニバースの第一人者。
当然、アベンジャーズでも大人気。

一時期、痛くないトニースタークになりたいと思ったもんです。




キャプテンアメリカ。

アベンジャーズのもう一方の雄。

キャプテン・アメリカこそが、アベンジャーズに厚み・立体感をもたらしたと思います。

アイアンマン=トニースタークにない苦悩が物語に推進力をくわえました。



んで、サノス。ここ近年の映画における最大のヴィラン。単に強い・悪いだけでないサノス像にもしびれました。

アベンジャーズ エンドゲームの最後に、この3人がどうなるか。

いやあ、そういう着地でしたか!







応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.05.17 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.04
カテゴリ:映画
「名探偵コナン 紺青の拳」みてきました。

TOHOシネマズ日比谷にて。





ゴールデンウィーク中の午後の部、いやあシネコン全体が混んでましたね。

さて、コナンです。

なんとなく土曜の夕方のTVを見るようになって1年ほど、人物関係などもまあボンヤリ分かるくらいでしたが、映画には十分ついていけます。

そして本編そのものは、シンガポールを舞台にしての、謎解きというよりはアクションもの。あのマリーナベイサンズホテルを舞台にそこまでやる!ってアクションでした。

少年サンデー → TVアニメ、なめちゃいけません。十分に楽しめました。

そうそう、ラストのラストに2020年GWも映画やるよとの宣伝あり、行くしかないでしょう。

★★★★

TOHOシネマズ日比谷。

平成最後の一枚。

新緑が雨に煙っておりました。





応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.05.04 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.05
カテゴリ:映画
映画を見に行くというのも、波があって。

2か月くらい行かない時期があったり。

毎週、見に行ったり。

最近は、アカデミー賞の受賞作もあったり、マーベルものがあったりで、結構見に行ってます。

TOHOシネマズで見かけたバンブルビー。





ごめんね、見に行けないや。

ここまで手が回らないね。



応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.04.05 00:10:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.25
カテゴリ:映画
クリントイーストウッド 監督・主演作品「運び屋」みてきました。

TOHOシネマズ日比谷にて。

いやあ、よかったです。イーストウッドももう80台後半ですよね、不死身か。

グラントリノ以来の監督にして主演作品、テーマも非常に似ていたのだが、本作のほうが軽味もあって好きだなあ。



監督作品は、まだあるかも、だし、主演作品もあるのかも、なんだけど、おそらく監督・主演は本作が最後なのかもな~、その意味でもぜひ見ておくべき。

さて、TOHOシネマズ日比谷からみた日比谷公園。春の気配??





応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村






最終更新日  2019.03.25 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.06
カテゴリ:映画
​「グリード 炎の宿敵」見てきました~。

TOHOシネマズ日比谷にて。



『ロッキー4/炎の友情』で最大のライバルにして親友のアポロは、ロシアの王者イワン・ドラゴと対戦。壮絶なファイトを繰り広げた末に倒され、そのまま帰らぬ人となった。あれから歳月が流れ、ついにその息子同士がリングに上がる。シリーズに新風を吹き込んだ傑作と全世界から大絶賛を受けた『クリード チャンプを継ぐ男』でロッキーのサポートを受け、一人前のボクサーへと成長した亡きアポロの息子、アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)。対する相手はドラゴの息子、ヴィクター。ウクライナの過酷な環境から勝ち上がってきた最強の挑戦者だ。アドニスにとっては、父を殺した男の血を引く宿敵となる。アポロVS.ドラゴから、アドニスVS.ヴィクターへ。時代を超えて魂のバトンが手渡される因縁の対決。絶対に見逃すわけにはいかない。世紀のタイトルマッチのゴングが、いま鳴り響く!

言わずと知れた「ロッキー」シリーズのスピンオフ。

前作の「グリード1」が涙々の大傑作でしたので本作も楽しみに。

いやあ、期待裏切らずの大興奮作品でした。

クリード演じるマイケル・B・ジョーダン。

もう押しも押されもせぬ大スターなんだけど、やっぱり「グリード」役が似合います。

そして本作はなんといっても、ドラゴ親子。

「ロッキー4」以降、こうやって生きてきたんだ~というのだけで、ソ連→ロシアという時代変遷とともに感慨深いです。

最後のファイトシーン含めて、ロッキーの渋みも堪能できて大満足でした。

★★★★。

応援ポチッとお願いします!



にほんブログ村

​​






最終更新日  2019.02.06 00:10:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.24
カテゴリ:映画
映画「人生フルーツ」見てきました。

田端のCINEMA Chupki TABATAという小さな映画館でした。

​​名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンの一隅で、雑木林に囲まれ自給自足に近い生活を営む建築家の津端修一氏と妻の英子さんの日常を追ったドキュメンタリー。阿佐ヶ谷住宅をはじめさまざまな団地などの都市計画に携わってきた津端氏が自ら手掛けたニュータウンに居を構え、時を重ねてきた二人の暮らしを通し、日本が失った本当の豊かさを探る。ナレーションを女優の樹木希林が務める。​​

いやあ、よかった~。心洗われるというのはまさにこのこと。

今年、最初の映画が、素晴らしく美しい本作であったことに感謝感謝です。







応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村​​​​​​​​






最終更新日  2019.01.24 00:10:08
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.