622834 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あゝ平凡なる我が人生に幸あれ

竜の寺殺人事件

流れ橋殺人事件~竜の寺殺人事件~   【流れ橋殺人事件】所収


好奇心が旺盛なキャサリンは、古銭収集に夢中になっていた
そんなある日、事件を報じるあるひとつの新聞記事に目が留まる
それは、嵯峨野の天竜寺の駐車場で、村岸伸夫という証券マンの絞殺死体が発見されたというものだった
記事によると、被害者の財布のなかには、とても高価な、竜が描かれている一円金貨が入っていたという
最近古銭に夢中になっているキャサリンは、その点に注目したのである

数日前の新聞で、竜安寺で女性の死体が発見されたという記事のことを思い出したキャサリンは、京都府警の橋
口警部補に問い合わせたみたところ、亡くなった女性、小田和子が竜のペンダントをしていたことを聞き出す
竜の寺で事件が起き、被害者は竜の古銭を持っていた…
キャサリンは直感で、この二つの事件は関係しているのでは?と思うが、亡くなった二人に全く接点が無いことから、恋人の浜口一郎でさえ聞く耳を持とうとしない

そんななか、第三の事件は起きた
東福寺の竜吟庵の横で、病院の院長である堀内信之助の服毒死体が発見されたのである
そして、被害者のポケットの中には竜の十円金貨が入っていた…

竜の寺で相次ぐ連続殺人
そして、被害者が持っている竜の古銭
竜に込められた犯人からのメッセージに、キャサリンが挑む!



~感想~
偶然に頼りすぎていて、うまい具合に都合よく話は展開していくし、話の筋も粗めなのだが、ラストの急展開にグイグイと引き込まれてしまった
あまりにも切なく哀しいラストに余韻が残る

という事で、私的評価は星【★★★★☆】4つです



◆この原作のドラマ化作品◆
金曜エンタテイメント
平成7年9月22日放送
山村美紗サスペンス
『京都竜の寺殺人事件・私の夫を殺したのは誰?』
出演/立花僚子…斎藤慶子/船越栄一郎/小田直美…岡本舞/狩矢警部…若林豪/野上加奈子…蜷川有紀/麻生万里…可愛かずみ/早乙女春子…山村紅葉/石田千晶…藤田佳子/村上直人…草川祐馬 ほか


…ドラマの内容
嵯峨野の天竜寺の駐車場で、俳優・村上直人の死体が発見された
死因は首を鋭利な刃物によって切られたことによる失血死
撮影所ではその話題で持ちきりとなり、村上と恋仲にあり、最近関係がうまくいってなかった大女優の野上加奈子や、ライバル俳優が犯人なのでは?と、噂話が飛び交う
そんななか、駆け出しの女優の立花僚子は、京都府警の狩矢警部から事情聴取を受ける
それは、僚子が古銭収集を趣味にしているからであった
というのも、村上が明治の十銭銀貨のペンダントをしていたからである
さらには、この事件が起こる数ヶ月前に、竜安寺の駐車場で、医師が首を切られて殺害され、十銭銀貨のペンダントが残されていたことを知る
竜の寺、竜の古銭…
二つの事件は繋がっているのだろうか?

警察に疑われた僚子は、好意にしている大部屋俳優とともに、独自に事件を探る
そんななか、僚子の親友で、女優仲間でもある石田千晶から、「村上直人と付き合っていた」と話を打ち明けられる
意外な事実だったこともあり、僚子は驚くが、ショックを受けている千晶を励ますのだった

程なくして再び竜にまつわる寺で、同様の手口の事件が起きた
被害者は千晶で、またしても遺体のそばには竜が描かれた古銭のペンダントがあったのである
犯人が竜に込めたメッセージとは?
親友を殺された僚子が、事件の真相を追い求めたとき、あまりにも意外な真実が待ち受けていたのであった


…ドラマの感想
原作の骨格を残しつつ、うまくアレンジされた作品になっている
撮影所の賑やかな舞台裏に、連続殺人と内容はテンコ盛り
ご都合主義で、色々とツッコミ所が満載ではあるが、それだけに最後まで飽きさせない




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.