060361 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

和牛おやじのチャレンジレシピ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ホームページ
フードサポート研究所
「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。

無料メルマガ登録
地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

ブログ書いてます
地元スーパーの元気な売場通信
地元スーパー店長のありがとう通信

Calendar

2019.07.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
確か鹿児島産だと思ったんやけど黒毛和牛の外モモのうす切り

したところを100gだけ買ってみた。

お値段は100gで1,000円となればジャスト1,000円。

売場は対面販売でいわゆる「シート」に合わさった状態で肉が

挟んである。このシート1枚当たりで約50gとなれば

100gではちょうど2枚分。

これはわかりやすいと思ったが不定形なモモ肉をどの切り方からも

50gの定量で切ることはできないんでこれは当然のことながら

挟んであるシートを風袋引きしたうえで不定量な単価になることを

お客様にわかっていただいたうえでの販売もあり。

これは、やっぱり高級和牛の対面販売ならではの売り方であり

私としても初めての経験と相成ったわけだ

買い求めた黒毛和牛外モモのスライスを時雨炊きにして

1杯1,000円也の牛丼として食べましたが

やっぱり味わいは噛みしめるほどにじんわりとあって

程よい噛み応えと味わいがよろしかったでんな~

100g1,000円の外モモをどう味わうかになるんやけど

意外とロースとか、

ほかの部位よりも味わい深いとの印象ありやで






Last updated  2019.07.03 10:06:31
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.