064057 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

和牛おやじのチャレンジレシピ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ホームページ
フードサポート研究所
「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。

無料メルマガ登録
地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

ブログ書いてます
地元スーパーの元気な売場通信
地元スーパー店長のありがとう通信

Calendar

2020.04.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2017年に石垣島の方に行ったときに両方食べ比べしましたんや

何を食べ比べたか~って

ほら!ビーフステーキでんがないきなりステーキとやっぱりステーキの

食べ比べやね

その当時は、ほらもういきなりステーキがですな飛ぶ鳥落とす勢いでっさかいに

お店には平日の夜にも関わらずいっぱいに入っていたしね

ビーフステーキでもアメリカンビーフのアンガスリブアイロールが350gの

オーダーどうりに焼かれていてそりゃ!こんがりとなかはミデァムレアーに

焼かれてまっせ!うまいでんがな~

お値段のことさえ言わんかったね

一方でやっぱりステーキでんがな

富士山の溶岩石で焼いたかどうかはよくわからんけど

お値段からのボリュームは十分ですな

でも、ロースとかヒレとかではないでっせ

とりあえずのビーフステーキってやつですわ

でも、とりあえずは何といってもリーズナブルにビフテキが食べられる

っていう醍醐味はありまんがな!

やっぱりといきなりの戦いはここですわな

やっぱり!ビフテキというビーフそのものの素材をジュージューとのシズルとともに

ナイフとフォークでがっつりといただく醍醐味!

そりぁー!ハンバーグとはちゃいまっせ

やっぱりステーキごちそう様ということでございました



ありがとさん~






Last updated  2020.04.19 17:57:24
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.