000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

和牛おやじのチャレンジレシピ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ホームページ
フードサポート研究所
「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。

無料メルマガ登録
地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

ブログ書いてます
地元スーパーの元気な売場通信
地元スーパー店長のありがとう通信

Calendar

2021.01.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
オードブルお持ち帰り~というわけでおうちでいただきますな~

ほやけども、このコロナ禍での変化は今まで見られなかったような

ことが起きてますな~

例えば、100円ではなしにグルメ系の回転すしでは今まで提供しなかったような

鮮度抜群の活けのものや高級魚として料亭とかにしか流通しなかった

鮮魚、活魚が食べられるんやね

そりゃ~末端の飲食店舗だけが持続化給付金言うても配送業者も卸業者も漁師さんも

いてはるわけやから、そりゃホテルやら料亭やらで買うてもらへんかったら

回転すしであろうが買うてもらえるんなら売りますわな

こんな感じで価値観の高いネタが回転すしでもそろっているということでんな

肉でもおんなじことですな

銘柄産地の高級和牛がお安く買えることになります。

お正月の買われ方にもそのことがでましたな

やっぱりこういう時には魚、肉での求められ方は大きく違ってきます。

普通でしたらとんでもない高いお値段で取引されるもんが

高級部位として売れないもんやさかいに卸売業者では

冷凍にするということよりも手持ちの運転資金のためにも信じられんような

お値段が出てました。

まだまだこれからがたいへんでっしゃろ

なんせ~東京オリンピックを予定した高級部位が準備されていたわけや

から牛はどんどん大きくなるし、餌を止めるちゅうわけには

いきまへんさかいに大変です。

さて、お正月も過ぎて鏡開きとかありますな

お餅を食べるのにね~気いつけて食べてもらわんと

このコロナ禍でっさかいに救急でも出したらえらいこってすがな

よぉ~く噛んで食べてもらわないかん!

何回も、何回も、よぉく噛んでね

そやから昔から歌までありまっしゃろ

もちもちかめよ ってね!







Last updated  2021.01.11 15:18:52
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.