177205 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【モンタのあれこれ日記】

【モンタのあれこれ日記】

たま~に書いたワインの事


知識がなくてもワインは好きだ 5月23日(金)


昔はワインってすごく高級で華やかな飲み物だと感じていました。

しかし、今ではどうでしょう?
何回かのワインブームも去って、ようやく日常の食卓や
生活の中に自然と溶け込んで宴会の席でもワインが出てくる
のが珍しくありません。

なかにはワインに全てを注ぎ込んで彼女も見つけられずに
スカスカになっている人もいますし、狭いマンションに
高価なワインセラーを買って後悔している友達もいます。

それを一概に愚かだと言ってしまっては、あまりにも
自分自身を完全に否定しているようで、そっけない。

「ワインはむずかしい」「舌を噛むようなカタカナばかりで
わからない」「自分がお金を払ってワインを飲むのになんで
こんなに緊張してしまうんだ」「ソムリエはそんなに偉いのか」
等など、・・・

わからないことが確かに多いけどそれは恥ずかしい事では
ありませんし、無理に判ろうとしてワインの本を見ながら
飲んでもおいしさは半減してしまいます。

ソムリエやワインアドバイザーは一種の職人ですから
その知識や技術に長けていなければなりませんが
それはあくまでもお客様が楽しく飲むためのアシストで
なくてはなりません。

ぶどうの品種やフランスの地理がわからなくても、
たとえそのワインがなんと言うシャトーのワインであっても
好きな人と飲めれば私にとっては一番の幸せな時間である。

ということは、ワインは好きな人としか飲めないという
ことでもある。
(べべべつに日本酒やビールは嫌いな人でも
飲めるという意味ではあ~りません。)




© Rakuten Group, Inc.