000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蓮田市 わかば歯科のブログ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


berry0162

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Administrator@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

Freepage List

Headline News

2011.04.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
当院の院長は小児歯科の出身です。小児歯科は一般歯科と違う点も多々存在します。
   
当院の方針

 
 当院では、お子様を押さえつけていきなり歯を削るようなことは致しません!

 歯医者が嫌いだというお子様も、簡単な処置(ムシ歯進行止めの塗り薬や、フッ素塗布など)から徐々に練習していけば必ずできるようになります。
お父様、お母様と我々スタッフ共々励ましあって、お子様のお口の健康、しいては全身の健康を守って行きたいと思います。




お子様の正しい歯の磨き方
 
 ちょっとしたお母さんの気配りと努力により、お子様を歯の痛みから守ることができます。正しい歯磨きは、習慣づければ少しも面倒なことはありません。
お子様の為にも、しっかりとした歯磨きを心がけましょう。
 歯磨きは口の中の健康を保つためにはとても重要なことです。お子様によって個人差がありますが、次のことを目安にして下さい。

<上の歯が生え始めたら>
 水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻きつけて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取って下さい。このころは手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。
 また、お母さんはお子様の口の中を見る習慣をつけましょう。

<1才になったら>
 少なくとも、朝と晩の二回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

<1才6ヶ月~2才ごろ>
 自我がだいぶ強くなり、一人で歯磨きをしたがります。不十分ですから必ず後で見てあげましょう。歯ブラシはお子様の口にあったものを選んでください。

<3才過ぎたら>
 不十分ながら一人で磨けるようになります。しっかり磨けるように訓練を始めましょう。乳歯の虫歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げ磨きを行ってください。磨いた後は忘れずに褒めてあげましょう。












Last updated  2011.04.20 01:23:15



© Rakuten Group, Inc.